華・虞美人

観劇してまいりました。

項羽と劉邦、虞姫の物語は元々悲恋もの。
久々に涙してきました。
良かったです。

かなめちゃんの虞は、優しく知的で勇気ある女性。
彼女の持つ「儚げさ」「美しさ」が活かされていました。
ユナクさんの日本語が流暢ではないので台詞がボソボソとしていて、寧ろ歌っている方が声が出ている。
一途に虞を思い続ける優しい劉邦。
徹底して優しい人に描かれていました。
かたや池田さんの項羽は権力欲の強い、でも情のある人。
ただ、虞の心を知って後の帝王にならんとする傍若無人ぶりにはびっくり。怖かった。
回りの助演陣も演技力歌唱力に優れている人ばかり。
高橋由美子さんもなかなかの演技巧者。
男優陣はアクロバットな動きで闘いの迫力を生んでいます。
アンサンブルも然り。力強いメンバーでした。

かなめちゃん、台詞は丁寧で美しく文句なし。
ただ、歌声、発声がまだ弱いです。
カーテンコールではお茶目なかなめちゃんを見られました。

退団されて2年。やっとの主演。来年は再び「1789」が待っています。
再演はその力を改めて問われます。
頑張って頂きたいです。

あくまでも私的な感想でした。





関連記事

Comment

No title
kaoriya #N.vW.TCs - URL
2017/03/30 (Thu) 18:25

sisi-chloeさん
こんばんは。
お返事遅くなりました。すみません。
宝塚ジャーナルには舞台写真も!!
とても綺麗だけれど派手ではなくて優しい色合いの衣装でした。
22日まで色々と妄想が膨らむでしょうが、気持ちを押さえて(笑)お待ちください。
とても良い舞台ですからお楽しみに♪

宝塚ジャーナル
sisi-chloe #- - URL
2017/03/29 (Wed) 23:57

こんばんは!
「花・虞美人」始まりましたね。私の観劇は来月22日、先にご観劇された皆様の感想を参考に、たった1回きりの観劇なのでしっかり脳裏に焼き付けなきゃな・・・・と思っております。
当日の終演後はアフタートークショーも開催されるようなので、ダブルで楽しみですv-238

早速、『宝塚ジャーナル』に「花・虞美人」アップされていました。

No title
※ #N.vW.TCs - URL
2017/03/29 (Wed) 23:32

ALICEさん
こんばんは。コメントをありがとうございます。
一回の観劇でもすんなりと入ってくる悲恋でした。
よく演じられていたと思いましたが、
ナチュラルで外の演劇との演じ方の違いのような物を感じました。
私には何が正解か分かりませんが。
ユナクさんのおとなしめの演技と呼応しているような?
でも、ユナクさんも最後は力を振り絞って演じてられましたよね。

No title
ALICE #- - URL
2017/03/29 (Wed) 22:48

こんばんは。早速の感想をありがとうございます。
項羽は池田さんでご覧になったのですね。
私は先日も明日も黒川さんです。本当なら両方見たいところですが、チケットはずいぶん前に申し込んだのでその時から事情が変わりましたのでね・・・。

黒川さんはなかなかハンサムで力強くて分かりやすい人物像を好演なさってました。演劇より歌の方だと思うのですが、違和感なくお上手でした。

劉邦はユナクさん本人もお優しい様ですから地でいけたのかもですね。 台詞をもっとメリハリをつけるだけでも変わるのに惜しいな~~と思いました。
でもさすがスターさんだし、歌声は力強くてさすがですね。
かなめちゃんは役に入り込んできちんと表現されてました。いろんな役に取り組んでほしいです。
ストレートプレーも良いですしね。
来年の1789に向けて、更にお歌も磨かれると良いでしょうね。1789の時はハイソプラノで歌われてましたよ。今回は低めでしたね。ファルセットになっても良いと感じました。明日、観てきます!!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する