スペシャルトーク

 昨夜は新橋まで出かけてきました。新橋駅のむこうとこっちでトークショーか。(水さま達は、第一ホテルです。こちらは、ヤクルトホール)
 かなめ氏、セシルくん、あゆっちの3人です。新鮮でしたよ。特に、セシルくんは、関西なまりがあって親しみやすく、本音ばんばんだったような気がします。終始笑顔で楽しい。あゆっちは、緊張したまま終わったらしいです。かなめ氏は、場慣れもしてきて落ち着いた受け答えでした。昨夜もふんわりとした笑顔のかなめ氏でした。
 最後のお見送りでは、3人に接近できて(?)楽しかったです♪

お芝居って。

 ちょっと立ち寄ったブログに「ちかりんのトートは全てを掌握した上で演じられている。その根本は、月組の芝居に感じる」というような事が書かれていました。
 
 そう言われて振り返ると、久世さんの芝居と共通していると思ったのです。久世さんは、トップ直前から見始めたので、それまでは、そんなに美しくも無いのに、どこがいいの?なんて思ってた程度でした。でも、トップになられてからの芝居には、芝居巧者と言われるだけの魅力を感じましたね。まず、どーーんと筋が通っている。ブレが無い。そして、リアル。なのに、温かい芝居なんです。ぐいぐいと見る人を引き込む。あの独特の語り口と声がじわーーっとしみこむのです。美形好きの私がハマった人です。その芝居と通じるものを水さんにも感じています。
 水さんは、久世さんの大劇場お披露目のCAN-CANの新人公演で、単独主演でした。芝居の組、厳しい組の月組時代に彼女のベースがあるのでは?と思います。
 あ~、久世さんの声と芝居がかなりツボだった私です。かなめ氏が目指す「演技派」とはどんな風なんだろう。聞いてみたいですね。
 


 今日、7/29は、安奈さんの還暦のお誕生日です。おめでとうございます。うちの長男の出産予定日が今日だったのです。でも、初産は4日遅れました。残念だった!(苦笑)
安奈さんには、お体を大切になさって頑張って欲しいものです。くれぐれも無理なさいませんように!!

友人に誘われて

 大月さゆちゃんのお茶会へ行ってきました。エリザベート新人公演の話、本公演の話、水さん、アヤブキさん、オトヅキさん、かなめ氏の話も出ました。大劇場よりも、一層組がまとまってきたと感じていて、残りの公演も、次の公演も楽しみだそうです。組の良いムードが伝わってきました。さゆちゃんは、前向きでしっかりしている人ですね。とても知性と品を感じました。難役も楽しんでチャレンジしているようでしたよ。歌のプレゼントは、エリザベートのナンバー「私だけに」。生の歌声のプレゼントでした。楽しかったです。\(^o^)/可愛かった~♪

歌声

 今夜もまたスカステニュースを見てしまった。義母が入院中なので、遠慮なくね。(苦笑)そして、オサさんの後のレオン君の歌を聞きました。いいな~、本当に格段の成長ですよね。トウコさんという歌手の下で学ぶ事も多いでしょうし、レオン君の努力の賜物ではないかと思いますね。私は、やっぱり、しっかりと本物の声を聞きたいですね。あのぉ・・・ほら、伸ばすところで変なビブラートをつける人が最近多いです。私は、駄目なんです。あの~~~~チリメンみたいなのが。だから、某組の某スターさんや、某中堅さん、辞めたトップさんが苦手。
 いや、歌の好き嫌いは個人の好みの問題なので、聞き流してください。でも、やっぱり、あのビブラートは違反だと思う。あの歌唱指導をされる人ってどんな方だろう。腹が立つ!
 話を戻して、私は、レオン君はまだまだ成長されると思いますね。ダンスが得意で歌も歌えて良いなぁ。大きな大きなスターさんになってください!!我がご贔屓さんとは別の次元で応援しています。う~ん、比べれば、まだまだ本物の声じゃないと感じますね。そう、やっとスタートしたばかりだと思います。これからも日々精進してください!!>我がご贔屓さま

 また、うんと話が変わって、ニュースのスカイフェアリーズのお二人、キサラギレンさんとキトリマリアさん、お上手だと思いませんか?6代目ともなると、落ち着いているし、初代とは随分違いますね。あ、かなめ氏は初代でした。失礼しました。

昨夜のCSニュースで

 星組巴里祭の模様を放送していましたね。そのレオン君の歌がとても上達していて驚きました。「あさき・・・」のオサさんの歌をたっぷり聞いた後なのに、遜色なく(と、言ったら言い過ぎかな?)聞こえました。響きが良いのー。ハートも感じられます。2年前のベルばらアンドレ銀橋での歌に「上手くなったな」と感じたものです。2番手となって自信や余裕が生まれてきて、かなめ氏と1年しか違わないのに凄いな~とプチ感動。
 オトヅキさんといい、レオン君といい、歌唱力アップは心強いですね!!(このお二人は、共に一人っ子教育ですから、さもありなん!?いや、でも、タニちゃんの例もあるので、それだけとは言い切れませんが。^_^;)
 レオン君、お化粧も髪型もタカラヅカ!!”スタイルも最近はスマートになり、しっかりとスターさん!!”頼もしい!!\(^o^)/

またもや変更

 テンプレ変更しました。読み易いでしょ。しばらくシンプルにします。

なんだかね~

 楽しい事で盛り上がると、その後の落差が大きく感じられるものです。
楽しいお茶会は終わり、公演は後半戦です。
毎回、観劇に力が入るので、ちと気持ちが疲れ気味です。「無条件で観たい」という気持ちが起こらない。きっと自分の中でハードルを上げたままクリアーできない、だからと言って見つめ続けられない。とても抽象的な表現ですが、そんな気持ち。ちょっと萎え気味。本来なら燃え上がっても良いものを、何故か鎮火中。そう、何かが火を消そうとしてるの。それは、自分の内的要因のせいだったり外的要因のせいだったり。
 
 ところで~、DANCIN'CRAZYのチケットが手元に届きました。観劇日は東京の8月下旬。うまくすればもう一回観られそう。関西の友人が「良いなぁ、なーちゃんのダンス観たいなぁ。」と言うの。もっと早く言ってくれれば申し込んだのに~。そうそうたるメンバーなので、舞台のどこを見ても満足できそうです。エリザベートのフィナーレナンバーは、何度観ても前のご贔屓さんを思い出してしまうので、楽しめない。その欲求不満は、こちらで解消しようっと。

 安奈さんの「赤毛のアン」も一度観る事になったし、来月はお楽しみがいっぱい!
だから、ほら、もっと気持ちをさせようよ!>自分



  帰宅したら、いつも愚痴を聞いてもらってる知人からメールが。
「トークスペシャルも公演もあるのに、凹んでる場合じゃない!」とお叱りの言葉を貰ってしまった。
  ああ、そうだった。その辺は忙しいので、つい忘れていました。
そうか、まだかなめ氏のお話を聞けて、姿を見られるのね。楽しまなくてはね。(ちょっと心がほぐれてきました。。。)
  ありがとう!○○○さん、△△△さん m(__)m

昨夜のお茶会

 昨日はかなめ氏お茶会でした。
帰宅が遅く、今朝は出かけたので、今、やっとPCの前に座りました。

 うふふ、昨夜のかなめ氏は、なんと言いましょうか~、装いは、カーキ色のブラウス、インにキャミ、白いベージュのパンツで白い靴のカジュアルファッション。だからかどうか、少し肩の力が抜けたようで、ほっこりふんわり、そして、キラキラ(メイク)と輝いていましたね。(でも、お疲れモードだからの雰囲気だったのかどうかは不明。)

 何度経験しても、握手タイムはドキドキものです。こんなおばさんでもドキドキ。でも、これが若返りの秘薬ですからねっ!
舞台上での貴族の雰囲気をそのままに会場に現れたような穏やかな空気をまとっていましたね。
 
 お稽古も舞台も孤独らしく、お茶会に集うファンとの交流を楽しんでいる風でした。出番に集中するあまり、夜は9時9時半には寝ちゃうとか。なんだか、品行方正なルドルフそのまま。

 困った事に、細かい事はすぐに忘れるんです。でも、和やかで良いムードのお茶会でした。皆様、チャンスがあれば、是非ご参加を。\(^o^)/

1年前

 バウホールでは、ヤンブラをやっていた。かなめ氏主演。
芝居は、かなめ氏の切ない表情の良さを生かそうとしたような気がする悲劇でした。ショーは一応主演だけど、オーディションで選ばれたメンバーがダンサーだったからか、あまり踊らず、歌っていた印象が強い。
そして、精一杯の表情から「やるっきゃない」所に追い込まれていたような気がする。千秋楽の挨拶で、同期のマナミソラちゃんが「リカに拍手を・・・」というような事を話していた。連日の深夜に及ぶ稽古と精神的プレッシャーからか、クタクタだったよう。体力的なペース配分やらセンターに立ち引っ張るパワーとか、色々な事を考えさせられたのではないかな?
 この経験を経て、新公堕天使ルシファーを演じきれたのではないのかな?いや、今思うのが、まずエリザベートが決まっていて、その配役上、ヤンブラ主演と新公主演が不可欠だったような気がします。

 え、誰に聞いた話でもなくて、私の妄想ですよ、妄想っ!!^_^;

何度目かの観劇

 エリザベートは、何度観ても引き込まれる曲ばかりで、見応えあります。

 さて、本日11時公演のルドルフは、革命の失敗により一層うろたえているようでした。国の為にと考えていても、パパに叱責されて落胆し、自らが「反逆者」と思ってしまう。その意思がぐらついているのに、トートと革命家達にそそのかされとうとう事を起こしてしまう。それも失敗し呆然としている所をトートに振り向かされる。そう、そこの演技が以前よりも「うろたえて」いました。ルドルフの輝かしい時は一瞬にして泡となって消えて行った。だからこそ、トートの誘いに負けてしまい、命を終わらせてしまう。
あの背中をこちらに向けて涙するルドルフ。その時の心の底を覗いてみたいな。明日のお茶会で疑問が解けるかしら?
 
 毎回、緊張感を持って丁寧に演じています。日に日に変わるトート閣下、エリザママ、フランツパパに必死で付いていこうとしているようです。こちらも毎回緊張してしまいます。儚く脆いルドルフの夢の時と絶望の時を感じとっていきたい。あと何回か?の観劇でもっと感じ取りたい。
 
 そして、トート閣下は、人間っぽい感情をあらわにするのですが、エリザに拒否され、ドアを閉めて苦悩する場面で、苦濃度がちょっと下がってました。初めの頃はもっとドロドロしていた。ちょっとした変化です。
 子ルドルフ君、とても上手くなったなぁ。少年らしい歌い方がいいな。
 かおりちゃんマダムヴォルフは、頑張りすぎ?いや、凄い変化です。
 重臣のラギちゃんの表情と低ーい声がツボ^^です。(やっぱり好き)
 カフェの場面の、アオイさんケンザキさん?が良い声です。
 黒天使は、一段と濃くなってるよう。
 マデレーネの色気に毎回やられてます。(また書いてる)
 はまこさんゾフィーのドスの効いた♪お断りよ!!♪がツボ。
 ドクターかなめのへたれ具合が面白い。
 今日のかなめハンガリーの青年は、心持ち正面向いてた???あ、違う、私の席が下手端だったからかな?
 あ、フィナーレ群舞で、かなめ氏、一箇所ですが、濃ゆ~い表情を見せました。
 これから千秋楽に向かってもっと熱く濃くメリハリつけて魅せるダンスを踊れるように頑張って欲しいなぁ・・・・・・。

ある話題

 時々、凰稀かなめで検索するんです。昨夜も検索したら、こんな書き込みがみつかりました。
 エリザベート実況CDのブックレットの事なのです。
 『あっ、でもTCAさん!ブックレットにミスがありましたよ!!
最後のパレードで大階段で歌う人たちの名前がかいてあるところに「凰稀かなめ」だけが抜けてました。
かなめ、ここは怒っていいところだぞ!!』
 そりゃ、失礼ですよね。早く訂正してください。>TCAさん


 ところで、某サイトでは、またまたかなめ氏が叩かれています。最低なルドルフだそうです。そうですか?まるで観ていた人が全員拒絶したような書き方。自信満々な書き方。酷いな~。すっごく偏った見方ですよね。
 まだ頼りないなぁとは私も思います。(あれっ???) 宝塚って、そんなにけなし合うところですか?それじゃ、愛もロマンも夢もなくなる。ただただ悲しく虚しくなるばかり。
 そんな事言ってたら、かつてのトップさんやスターさん達が万能で誰からも批判されなかったわけではありませんよね。傷つく人間が居る事を忘れないで欲しい。

昨日今日

 実は、義母が、明日、ペースメーカー埋め込み手術を受けます。少しは心構えしていましたが、一昨日のドクターからの電話でバタバタしています。高齢になると色々とリスクは出てくるものですね。でも、それで、少しは不安が取り除かれれば良いですね。なので、明日の観劇予定は中止です。
 
 今、7年前の義父の入院騒動の事を思い出しています。その時、その日は、前のご贔屓さんのお茶会の日でした。入院手続きなどでバタバタ。一通り終わって帰宅したら、もう午後6時。でも、結局はその後お茶会に行きました。少し遅刻でしたが。
自分の中での宝塚の存在の大きさに唖然・愕然でした。一般的に考えたら、「そこまでするか?」ですよね。でも、それがファンゆえの悲しさ!?大げさだけど「生きがい」と思ってる人も居ますもの・・・。
 
 実は、日曜日はお茶会なんですよね。またか・・・・・・・(^^ゞ

もっと昔むかし。

 私の記憶の中では、初めて心ときめかせたのは、那智わたるさん。そして、何故か花組でダンサーだった亜矢ゆたかさん、ベーボ(ベビーぼうや)さんの笑顔で踊る姿に惹きつけられたのです。そしたら、ベーボさんは雪組へ移動。そこで安奈淳さんにすっかりハマってしまったのでした。(当時から今の代表のような存在のオバサマ方がいましたよね。)
 それからは安奈さん一筋!脇目もふらず!気が付くとオスカルをやってて凄いスターさんでした。まさにあの10年間は青春真っ只中!!
 昨年、OGさんのチャリティーの舞台を観に行った時に、後ろの列にえびちゃん(大原ますみさん)達OGさんに並んでベーボさんらしき方がご主人らしい方とご一緒でした。声を掛けようかどうか?迷っているうちに終わってしまった・・・昔のままにスラリとスマートだった。
 でも、安奈さんが退団された頃からは、観劇しなくなりました。子育てに忙しく、また大阪出身なのでこちらで共に観る友人も居なくて。

 二日続けての昔語りでした。

ちょっと昔語りを。

 私ね、実は、一時期タモさん(愛華みれさん)ファンでした。昔からの友人がヅカファンを続けていて、当時、里帰りの折に、花組公演を観せてもらったのです。(イッツアラブストーリー)その前に、雪組の忠臣蔵を久々に観劇していて、「ああ、ご贔屓さんの居ない舞台を観るのはつまらないなー」なんて感じていた為か、綺麗で華やかなタモさんに目が行きました。それで、それからファン生活が復活したわけです。
  
 その後、東京で月組の「ハードボイルドエッグ」を観た時に、ある下級生に目が止まったのです。「とっても気になる~」ので、その次は「ローンウルフ」も観ました。そしたら、すっかりハマってしまって・・・。その次の公演は「ミー&マイガール」です。たった2回しか観られませんでしたが、お茶会に参加してみたのです。(ミーハーですので)
 
 そして、年が明けて、初春公演の花組「花は花なり」を観に行きました。でも、心がときめかない・・・。勝手に意気消沈して帰宅したら・・・・・・な、な、なーーんと、その下級生の方から年賀状が届いていました。FCにも入っていないのに、手書きの年賀状が!!とてもファンには優しい方でした。それで、すっかりとタモさんを追わなくなりました。でも、退団されるまで必ず一度は花組公演を観てきました。
 
 今トップの水さまも、当時の月組時代から観ていますよ。だから、コムさんも好きでしたが、コムさんよりもより身近に感じて好きなんです。
 そういえば、かなめ氏も、タモさんがお好きだったとか?初舞台のトップさんだからね~。

 今は、その2番目のご贔屓さんについては、語りたくないのです。このブログを始めた頃に少し書いたのですが、やっぱり削除しちゃった。当分は心に秘めておきたい・・・。
 エリザベートのフィナーレナンバーは、その人への思い入れが強いので、今も、かなめ氏を観るよりも、その人を思い出す方が勝っています。
 
 安奈さんファンだったので歌には厳しく、ダンサーファンだったのでダンスにも厳しく見てしまいます。♪冷静に~厳しく~冷酷に~♪この冷酷に~は絶対ありませんよー。(笑)そして、どちらかと言うと・・・と言うよりもやっぱり美形好きです。(#^.^#)

台風

黄色いバラ

 台風が近づいています。こちらも風雨が強くなってきました。蒸し暑い!
 この写真は、雨の中、咲き始めた黄色いバラ。トキワマンサクの垣根が一本駄目になり、そこに植えてみたのです。先月買い求めたバラの苗。可愛く咲き出しました。もう一本の紅いバラはまだですね。

 昨日は、非常に負の感情に流されたので、PCを落す時に、いつものように削除しました。ああやって、書き表す事で自分の気持ちを確かめる。でも、ここを訪ねてくださる方達には、迷惑な事ですよね。かなり楽天家なのに、つまらない事でく凹む。ねぇ、いくつになっても成長しないわーと自己嫌悪です。でも、生きる事には何も影響しない事です。
「ああ、阿保やん」で切り替えまーす!

アクア5

 スカステニュースでの記者発表の模様を録画して、さっき見ました。
5人は、モノトーンの装いですっきりとカッコ良いねぇ。その中でのかなめ氏は、前日ファッションビルで見たマネキン(ボディー)のようでした。インナーが白でロングシャツブラウスが黒。一人だけ雰囲気が違って、ちょっと大人っぽい美人さんでしたね!(*^。^*) あ、水さまは、黒の透け感のある可愛い?ブラウスで、バッチリメイクでした。
 しかし、どんなイベントになるのか、さっぱり見当がつきませんね。



またテンプレを変えました。
 この一週間は、綺麗だったのですが、日記が読みにくくて・・・。
 今度のは、chiwawaさんのHPに通じるムードかな?リンクしてても良いよね。  

 と、思って、HPを覗いたら、グリーンバージョンに変わってた!
 なので、再変更。(飽き性です。苦笑)

ちょっと反応して

 水さま以下かなめ氏までが、8月25日の世界陸上開会式イベントに参加なんですね。全国的な放送でしょうから、大変にメジャーな事です。嬉しい・・・な。熱い時期ですが、どんなイメージなんでしょう。コテコテ大阪・・・ねぇ。
 ところで、くいだおれ人形、懐かしいですね~。幼少の頃、大ッ嫌いでした。いや、怖かったんです。そして、戎橋筋にあったマムシ屋さんの店頭(2階)に飾ってあったマムシのアルコール漬け(標本)も怖かったです。戎橋⇔心斎橋は、母、祖母と連れ立ってよく歩いたものです。
 
 夜中に録画したナウオンステージを見ました。水さまは、本当に頭の良い人だなって思いますね。そして、苦労人だなって。かなめ氏も、大いに刺激を受けて学んで大人になって行って欲しいですね。水さまが「言葉に出さないと伝わらない」と言っていましたが、本当にそう。口下手なキタロウ君同様に、かなめ氏も見習ってね~!!