ラッシュ

退団ラッシュ

今日は、雪組公演の集合日。
そして、ゆり香ねえさんとたにやん、はるなちゃんの退団発表がありました。

ゆり香ねえさん、気取らないあったかい人だなぁと感じていました。
先日、青年館公演中に、すれ違いました。残念。

たにやんとはるなちゃん。86期です。昨年から今年にかけてラッシュです。残念。

かなめ氏、がっくりしてられる事でしょう。きっと泣いちゃってるかな。
でも、それは避けて通れない宝塚の決まり事。スターさんと呼ばれる人達は、その寂しさを経験して強くなっていくのだと思います。
受験の時から、将来を嘱望されたであろうかなめ氏。ほわほわっとしていても、必死で今までやってきたと思います。それこそ、1段1段階段を昇ってきました。
3人姉妹の末っ子、うちの姪は逞しいですが、かなめ氏は甘えん坊な気がします。
かなめ氏も、研究科10年。大きく強く心構えをして新たな道に向かって行って欲しいですね。
こんなにも夢をみさせてくれる男役さんになってきたのですもの、もっともっと大きくなって欲しい。
そう願っています。


忘れ雪が終わって春に向かうので、テンプレ変更←ただ以前のに戻しただけ。穏やかに~。


ゾロの配役表。
オリバレス総督がかなめ氏。その他の役名などを見ていると、楽しそうな活劇場面を見られそうな気がしてきました。可愛いあんなさんがかなめ氏の奥さん?妻帯者役なの?初めてですね。さて、どんな役なのでしょう。善か悪か。悪かなぁ?

コメント

拍手コメントへのレス

>Kさま
いつもありがとうございます。

客席の空気が違っていましたか?
私は、千秋楽だーとちょっぴり緊張していました。
そして、なんとなく、舞台上のかなめ氏も緊張してたように感じました。なんとなくですよ。

どんな作品でも、懸命に演じる生徒さん達。昔よりずっとプロ意識を持っていると思います。
観にくるお客様が居てこそ興行が成り立つ。
これからも厳しい時代は続く。その中で何ができるか?最大限の努力をして舞台に臨む。
そして、それを観て心の糧にする。
これからも、どんな環境であれ、観客を引き込む。それが一番でしょうね。
様々な魅力で。
舞台もジェンヌも。
これからも宝塚を楽しみましょうね。


えっと、今日は雨の中、宋家の三姉妹を観て来ます。
みきちゃん、ヤンさん、ほさちちゃん。楽しみだな。
宝塚では、雪組集合日。
人事の動向が気になりますね。

観てるような観てないような。

千秋楽を観て来ました。

オトヅキさん、とっても熱演。
最後はまるで瀕死の状態なのに、ベンチに座らず痛みに耐えての熱演が、もう哀しくて。

かなめ氏は、心持ちテンションが上がってて、台詞不鮮明だった気がします。

そしてバーカウンターで足をぶつけていました。
昨日もぶつけたそうで、サービスなのかな?大受けバカ受け!!
みんな、Sだよね。あ、かなめ氏がMなのか?(笑)

最後は、なんだか複雑で、またもや、不覚にも・・・・でした。
だって、組長さんのご挨拶を聞いているとダメなんですよ。あったかくて・・・・切なくて。。
(私って、左目だけ涙がにじむの・・)
ご挨拶が始まる時、かなめ氏、右目の涙をそっと拭いました。一度だけ。

だから、全体に観てるような観ていないような曖昧な感想です。

カーテンコールでは、大量のキラキラ星とふわふわ雪が。
それを手に客席に放り投げる出演者さんたちが、無邪気でした。
それを見るこっちも無邪気にはしゃぐ。

宝塚ファンとスターって楽しいあったかい関係ですよ。これが、長年続く所以でもあるのかな?
みんなが身内意識を持って見守ってるの。
そういうのを、茶化す人も居るけれど、概ね、すぐに親しみを覚える仲間意識を持っていて。
それが楽しいのよね~。

今回は、色々な人とおしゃべりしました。
普段お話ししないオトヅキさんのファンの方とか。
ここで知り合った方とか。
下級生ファンの方とか。
同期ファンの方とか。

すべては、組替え発表のせいだと思う。離れ難さからだと思う。

でも、最期にかなめ氏の笑顔を見てホッとした。

贔屓目でしょう・・・・・、

忘れ雪
観劇の回数を重ねると、お話しの酷さは、さておいて、皆さんの真摯なお芝居にラストは切なくなってきました。情が移る?
出場人物それぞれが哀しくて切なくて。

だからか、それとも、かなめ氏の雪組最後の東京公演の惜別感からか、フィナーレで悲しくなりました。
劇場全体がぱぁ~っと明るくなって、舞台と客席が一体となって、温かい。
だから、悲しい。

ドライなkaoriya、不覚でした。

鳴海の最後の深雪ちゃんを見る目と表情が良いですね~!!!!!!
贔屓目でしょうか・・・・・






あぁ、大好き。



追記
鳴海が一希をバー・アルカトロスに呼び出したところで、一希が来ていないかな~?と回転イスで見渡し、一希が来たので、慌ててくるっとまわるのですが、今日の2時公演で、勢いつきすぎてお尻が落っこちそうでした。(観てるほうが焦ったわ。)
楽に向かって、どんどんエスカレートしてきてるようです。
気持ちがどんどんハイテンションへ~。

かぶる?

じんじんへの拍手の事を書きましたが、友人から「オトヅキさんの台詞にかぶるから出来ないらしいよ」と聞かされました。
うーーん、そういう決まり事があるのね。暗黙の了解?面倒だな。

今日、午後を観てきました。
一希と鳴海の掛け合いでの抱きつき方が激しくなってきていました。また、
「俺たち友達だろう~、ね~、カ・ズ・キちゃ~~ん~」の後の一希の背中ポンッが一段と強くなってるような。

かなめ氏の組替えが「大劇場公演後でよかったね」と友人が言っていました。
ゆうひ君のように、いきなりはカワイソウって。

忘れ雪、(やっと)ラストの遺灰を手にした深雪の「来年も来ようね」の台詞がじーんと来ました。
でもね、途中だれることなく見入っていました。それはハートを感じようとしているからかな?
つまんない!と放り出す事ができません。
かなめ氏の雪組でのラスト東京公演だからかな?

公演はあと6回です。

ピルエット

昨日書いた、じんじん(神さん)のピルエットは、8回ぐらいまわって最後ダブルターン(?)。
バレエには詳しくないのですが、そんな感じ。踊れない私は、尊敬します!!

それが、今日の11時公演では、パラパラと拍手が聞こえました。
明日観るときは、もうちょっと大きく拍手しようと思います。
スターだから拍手する。スターじゃなきゃ拍手しない。それ、変ですよ。
あったかい~い雪組ファンなんだもん、少しの勇気を持ちましょう。(えらそうな・・・)

恋のキューピッドに愛の拍手を!!

今日の鳴海くん、サックスの音が2箇所ほど飛びました。朝の公演だから指を動かしづらいかな。
お蔭で、ドキドキ。多分、舞台上のかなめ氏も緊張だったでしょうね。ナマは大変。


鼓笛隊の大太鼓のあずりん(梓さん)、頑張ってます。これも素人の私は尊敬します。
太鼓は、スサノオ経験者も居るかな?ジェンヌの根性って凄い。


忘れ雪

青年館初日を観劇。

オトヅキさんの初東上、そして、かなめ氏の雪組ラスト東京公演。
突っ込み所満載。サックス&鼓笛隊のサプライズ。
そしてそして、今までとは違う線の太いプレイボーイのかなめ氏。
前作、マリポーサの花で、また一段と成長したんだなぁと感じました。

辻褄合わない歌詞や台詞、そして、友人も拒否反応を起こした暴力シーン。それも長い。
それを演じてるぐっちょんの迫力とか、キタさんの2枚目な眼鏡男とか、オールバックの下級生とか、
見所はあるものの、長いです。
今、世の中には、理不尽な殺人が多発しているのに、なんで夢の世界に来てまで、あんなにぼこぼこにされるのを見なきゃいけないの。
そして、外科医である鳴海が「死ぬな!」って。ひどいわ。見殺しじゃない。ひどい・・・。
ええ、私はそう思いました。児玉先生、ひどいよ。
深雪も静香も、いびつ。まあ、深雪は生い立ちを考えると、さもありなんですが。
鳴海だって、心に闇を持つ人間同士の惹かれあいみたいに、いつの間にか深雪を好きになってて、それを、大嫌いな父親にペラペラ話してる。
なんか変。
でも、そうしないと、最後に繋いでいけないのか。。。。とか、色々思いつつ観ていました。
客席では、あちこちで涙をふく人が。
でも、私は泣けなかった。

ああ、ワンコの登場は意外でした。客席は笑いがおきていました。
でも、どの登場も可愛かった。うまく映像と合体させてて、可愛かったですよ。

遊園地の場面の鼓笛隊は、本格的でびっくり。
真ん中でヒュッテピルエットしてる神さん、拍手したかったけれど、誰もしないし・・・。
まあ、やっぱり、一番に驚くのは、かなめ氏のサックスでしょうか。
見ようによっては、「本当に吹いてるの?」とも思えるかな。でも、本物。
吹奏楽経験が生かされてますね。
そして、毎日4時間の練習の賜物。(意外に努力家。ゴメン)

原作を一度だけ読んだので展開は少しはわかりました。
まあ、やっぱり、これを選んだ時点で間違ってるな。

でも、ファンとしては通うんです。
そして、鳴海君、カッコよかった。もう、それでいい。
オトヅキさんも頑張ってはった。それでいい。

心のうち

れおん君とかなめ氏
太陽と月

大昔のツレちゃん&ミキちゃんのダブルトップを思い出します。
今でこそ大スターと言われるお二人でも、ゴンちゃんが辞めた時には、心配なものでした。
(だって、ミキちゃんなんて、歌は上手だけど、台詞がヘロヘロで、いつもハラハラしてた。^^;)
でも、二人のキャラと若さと大きさで何年かを乗り切りました。
学年が1年しか違わないので、二人が舞台に立つと、そのイメージが重なりそう。
確かに、実力には差がありますが、若いお二人に期待しています。
でも、かなめ氏が2番手なのか3番手なのかは不明ですから~。

100周年に向けての大改革の始まりでしょうか・・・・。
宙組トップ問題もあります。まだまだ、わかりませんね。

そして、

れおん君、ねねちゃん、トップ就任おめでとうございます。

れおん君は十分に大丈夫だと思う。頼もしくなったものね。


それから、雪に来る、チギちゃんも新天地で新境地をひらいて下さい。
大好き?な、ジュンコさんのようにひまわりのように咲いてください。

カナキタ解散は、寂しい。水5も、ギリギリまで活動してください。
カタキタMCのトークも組替までに収録してください。
お願いします。



追記
ぶっちゃけ、動揺してます。
組替が全く無いとは思っていませんでした。
でも、やっぱり動揺してます。
明日、初日なんですけど・・・・・・・
ああ、でも、凰稀かなめに変わりは無いのだ!!
そのままかなめ氏なんだ!!!
成長を見守るのだ!!!!

組替

発表ありましたね。
星組へ。(やはり噂は本当だった!?)

ZORROの東京は来ない・・・・一瞬、焦る。
大劇場公演、観なくっちゃ!!

詳しくは、公式→こちらへ

凰稀かなめさん、ご栄転ですね。おめでとうございます♪

今日のスカステニュースより

珍しくニュース語り。

まずは、花組新人公演。
ふうと君って、初舞台から注目されてませんでしたか?
えっ、まだ新人公演なの?って。そして、えっ、初主役なの?
いきなりの大役ではなくて、徐々に登ってきた結果の主役ですね。
横のすみかちゃんが落ち着いてて、流石だなぁと感じました。

次は、ゆみこさんのDSお稽古場。
もうね~素晴らしい歌声!!!心地良いですね~!!真の充実期ですよね。
あんなに歌えたら気持ち良いだろうなぁ・・・・。

そしてトークも流れましたね。
この3人は、O型さんですよね。ポジティブシンキングの明るい3人でした。
オーケストラの方達も、ゆみこさんの歌声に「ブラボー!」ですって。そりゃそうだわ!!

新人公演インタビューは、みりお君。
彼女は、可愛いけれど、一本芯が通ってる。パキッとしてる。コムさんに似てると言われるのもわかりますね。
そして、私、遠目には、タモさんチックに見えるんですよ。まあ、美しいと言う事かな。
そして、歌がしっかり歌えて良いなぁと。

あ、タニちゃんの退団発表もありましたね。
タニちゃんって、常に明るいイメージでしたね。
激動の宙組さんはどんな方向に向かっていくのかなぁ?

宝塚GRAPH2月号表紙

はい、今日、本屋さんで買ってきました。

うん?はれぼったい?いや、眉が細くて薄い。これ、メイクさん仕様なんですよね。
二人とも、メイクが薄い。あ、ナチュラルって言うのね。
最近のかなめ氏は、メイクがずっと濃かったので、戸惑います。
でも、3年ぐらい前のナチュラルかなめ氏の方が好きだな。
今でも、当時の写真を飾ってます。(あ、オタッキー>自分)
すっごくナチュラルだったから~。
でも、まぁ君を足蹴にしているのには、萌えました。(ははは・笑)

しかし・・・すごく高いヒール。私には履けない。(^_^;)

ところで、
ねぇねぇ、最後の水さんのポート、良いですね。こちらもナチュラルです。久々の自然志向。
水さん=ばっちりメイクが固定観念化してましたもの。  ねぇ、Kさん(^^)v

これからは、水5もナチュラルに変身して欲しいなぁ~。


そうそう、
宝塚スペシャル2008の写真集を通販で買い、今日、届きました。
そして、ページをめくる。
浴衣着流し、横顔あった。次は、沖縄鳩間節、端っこで2枚写ってます。
次のページ、おお、皆さん並んでる中に、存在してました。(嬉しい)
マリポーサの花は、勿論黒髪オールバックです。
ラテンは、写ってましたよ。雪組の場面もOK。

さて、スパニッシュのポーズ位置の名前の順序が違っています!!
あのね、かなめ氏の所は、まっつさんですよね。
上手端後ろがかなめ氏です。
編集部さん、校正&訂正お願いしますよ!

あとは、水5の写真ですね。
フィナーレは、ありません。絶望的な下手立ち位置でしたから・・・。

この時のかなめ氏は、うんと若い頃のような髪型でした。なんだか、とっても新鮮で、でも、懐かしかった~


追記
昨日今日と異常にアクセス増えてて、変だなぁと解析見たら、迷惑コメントアクセスが150以上も。
もう、止めてよ===!!!ぷんぷん<(`^´)>

忘れ雪記事

宝塚歌劇支局に「忘れ雪」記事が載っています。
記事はこちらへ
オトヅキさんとかなめ氏の写真もありました。
写真はこちらへ

明日から青年館の舞台稽古ですね。

今日は[大寒」寒かった。昨日が変に暖かでした。
公演中は、雨降りませんように。少しでも暖かい日が続きますように。
そして、千秋楽こそ雨が降りませんように!
退団の方(あーたん)が楽屋からきっと袴姿で出てらっしゃると思うので。

脇で良い演技をする人がどんどん辞めていく。
特に雪組、そんなケースが多いんじゃない?
ほんと、寂しいな~。

ゴールドなタニちゃんも辞める。
大輪の花のとなみちゃんも辞める。
歌声ナンバーワンのトウコさんも辞める。
86期の和君もリセちゃんも辞める。
星のしゅんちゃんも辞める。
昔からの繰り返しだけど、寂しいな~。


追記
今日のユミコさんの第一ホテルDSには、雪組っ子多数居たようですよ。カナキタ、ハマコさん、組長さんも。

タニオカさんが・・・

次の大劇場公演で退団なのですね。

宙組で誰かが辞めるって噂があって、私は(こっそりと)ウメちゃんかなぁ?と思っていました。
そしたら、タニちゃんが!!
まだまだ若くて早いかなぁと思います。
でも、本音としては、歌だけは聞くのが辛かったので、そう長くは無理かなぁって。
ファンの方にはゴメンナサイ。

タニちゃんは、月組下級生時代から観てきました。
今振り返ると、下級生の頃の方が下手でも一生懸命で、私は微笑ましく感じてました。
知人のお嬢さんが歌を習った時に、そこにタニちゃんが休演日に上京してでも歌のレッスンをしている事を聞き、陰ながら応援していました。
トップになるのは待たされた感があったけど、歌が思うように上達しなくて・・・。
でも、トップになってからは、精一杯元気に健気に頑張っていたと思います。
月組のくささを引き継いでいたような気もします。
宙組って、未だにイメージが固まらない。またもや、組っ子達はオタオタするのでしょうか。
そして、ヅカファンも気を揉む事になりますね。あ~ぁ・・・。

激動の95周年です。


追記
拍手コメントへのレス
黒猫さん、初めまして。拍手コメントありがとうございます。嬉しいです

基本的には、コメントを頂いたら、ブログ内でお返事書いています。
拍手コメントって、何を書いたか忘れちゃいませんか?
私は、よそ様でコメントしてもすぐ忘れちゃう。(困ったもんだ)
どうぞ遠慮なく表でもコメントなさってくださいね。(無理にとは申しませんが)

さて、一度しかご覧になれないのは、ちょっと残念ですね。
でも、しっかりと目に焼き付けてきてください。
回りの評判では、なんたってカッコいいらしいですよ。
私も自ら気持ち引き上げ中です。(^^ゞ

かなめ氏は、まだまだ発展途上だと思う甘いファンです。
きっとまだまだいっぱいの可能性を見せてくれると信じています。
『忘れ雪』ご覧になったら、是非感想を教えてくださいね。拍手コメントで構いませんので。(^^)v

あと、個人的にメールしてみたいなぁと思われたら、左のkaoriyaへのメールでどうぞ。
必ずお返事いたします。でも、それも変ですね。ブログは意見交換の場でもありますものね。

ではでは、歳も忘れてこんな書きたい放題の拙いブログですが、どうぞ宜しくお願い致します。m(__)m


>なつさん
意外に可愛いものも好きみたいですね。うふふ。
以前、友人がデジカメで出の時のかなめ氏を写してくれたのです。
見てると表情変わってないなーと思ったのに、現像したら、わずかに口元が緩んでました。
その一瞬しか切り取れていない写真でしたが、隠されたものを見たような気がしました。
むしろお茶会で見せるお茶目なまったりしたかなめ氏が本来の姿に近いのかも知れません。

出の・・・

千秋楽楽屋出のかなめ氏、にこやかだったそうです。
うん、笑顔は良いね。やっぱり笑顔が一番。
普段おすまし風なだけに、余計にそう思います。
まあ、そこんとこが、かなめファンの辛さと言うか、我慢のしどころと言うか。
スカステやお茶会では見えない部分ですね。でも、それはポーズだと思うようにしています。
根は普通に明るく優しいんだと思いますよ。
確かめた事は無いので、あくまでも思っているだけですが。

久々のかなめ氏語りですかね。

生徒さんもファンも、2本のレールのようなもの。
時々、ポイント切り換えで交差するけど、同じ方向、卒業という終着駅に向かって並んで
伸びていくレール。宝塚の舞台と言う列車を支える2本のレール。

今年も応援していこうっと。
まずは、忘れ雪青年館公演から。(^^)v

楽ですね。

今日は、バウ千秋楽。おめでうございます。

もうとっくに楽屋入りしてますな~。
明後日以降のスカステニュース放送を待ちましょう。

そして、なにやら、青年館はチケットあるみたいですよ。
お時間のある方は、「熱演してる舞台の生徒さんたち」を観にいきましょう!
駄作としても、見所は色々ありそうです。
かなめ氏ファンとしては、アルトサックスを吹く姿や、パパとの場面の泣かせ所(多分そうだと)と、
オトヅキさんとの掛け合い漫才・・・じゃなかった掛け合い歌を楽しみましょうや~。
あ、でも、その歌の歌詞が問題あり・・・うーん、突っ込まないで聞けるかなぁ・・・?????

まあ、その検証の意味でも、いっぱい観ましょうね!!>自分

・・・・・はい。(引き上げ完了・苦笑)

追記
見所は、まだまだありますよ!
キタさんのメガネ。そしてぼこぼこしてる時の後姿。
オトヅキさんの熱い演技。心地良い歌声。
ミミちゃんの可愛さ。
みなこちゃんの芝居。
ソラちゃんのダンス。
笑ってしまいそうなワンコちゃん。

などなど・・・らしいです。(^^ゞ

かちゃ・・・かぁ・・・


エリザベート役が、宙組のかちゃって・・・。
劇団は、少しでも話題性を持たせたいのかな?
もう、どうでもええわ~って気持ちです。        
食指が動かん。。。

・・・なので


ええ、いまいちなので、ネットをブラブラしていたら、ナツキさんのお茶会レポに出くわしました。
読んでたら面白くて楽しくて癒されてきました。ありがとうございました。>Rさん

明日から31日の集合日までお休みのはずなのに、水5の為に「空けとけ!」との劇団指示とか。
でも、オトヅキさん、かなめ氏は、29日まで公演。
数えるほどの空白日に何をするのでしょう?
休日返上は納得の上の水5活動とか。でも、そのお蔭でファンは楽しめるというもの。

・・・というわけで、単純に気持ちが軽くなりました。にっこり(^^)v

いまいち・・・

気分が盛り上がりません。
12日はかなめ氏お茶会だったんですよね。
その様子は、ちらほら漏れ聞こえてきました。
ご機嫌よくて、退場後、サックスを持って再登場だったようです。
ま、その辺は、実際に見聞きしていないので、想像するとして。

ニュースの初日映像を昨夜もリピートして見ました。
が、しかし、盛り上がりませんね。良い場面がないセレクト。
私は、あまり叙情的では無いので、あの原作を読んで泣いたりしませんでした。
だってね・・・・・・ラストに向けては、「どうなるの?」の興味があり、深夜読み進みましたが、読み終えたら、主人公が死んで静香は後追ってるし、深雪は目が見えるようになって獣医院ついでるの。え?
純愛はいずこへ?そこら辺は、舞台は違ってるらしいですよ。
原作は読まない方が良かったかな。
まあ、ナマで観るまでじっと我慢ですかね。

(あ、韓流の恋愛ドラマは好みじゃありません。)

ということで、いまいち・・・なんですよ


ああ、でも、ちょっと気分をアップさせるべく、ブロマイドでも載せましょうか。
「忘れ雪」鳴海君です。

090114_202117.jpg

ネクタイとポケットチーフは、濃い紫色です。

あれ?キャトルに寄ったのに、忘れ雪のプログラムを何故買わなかったの???(ーー;)

カラマーゾフなど

観てきました。赤坂アクトシアター。

面白かったです。1幕を終わったところで思ったのは、ミーチャが単純すぎて、阿保やな~って。

2幕裁判の場面は、真相が明らかになっていき盛り上がりましたね。

フィナーレは、意外だったけど、サイトウ先生らしくて、それに、ファンとしても楽しめて。

ひろみちゃん、良かった。
ゆみこちゃんも今までに無い役でよかった。
水さん、可愛い。
ハマコサン、マリポーサの延長に見えた。
リサちゃん、可愛い。
しゅうちゃん、カッコいいと思ったら悪人でびっくり!
アリョーシャ、コマちゃんがぴたり!
となみちゃん、悪女すぎないでホッとした。
さゆちゃん、綺麗だった。1部はちょっと普通すぎた?この役は、ラストの証言を翻すところが見せ場!?
まゆみさん、面白い存在でした。でも、怖かった。
たにやん、色々だったけど、屋敷の主は、面白かったよ。
ゆめみさん、ほっとできる存在でした。

帰りに友人に会い、感想を話しつつ帰宅。
原作を読んでいると、もっとそれぞれに抱えている問題があるそうです。
でも、そこまで描くと奥が深いから、外の劇団は上演しないとか。
様々な人物が居て。誰もが背負わなくてはいけない罪があって。
原作を知らない私には、それこそ劇的で面白かったな~。

音楽や装置も良かったです。もう一度観ても良かったかな。


今朝、家を出る前に、スカステニュースの「忘れ雪」初日の模様を見ました。
あれだけでは何とも言えませんね。
とくに、我がご贔屓さん、髪型乱れてるし(わざと?)、メイクもなんか変だし(あら!)、衣裳もポスターの薄紫色のスーツはいいけど、他は難しい色合いだったし。
私、ちょっと気落ちしてます。うーーーん・・・・
やっぱり、あれだけでは何とも言い難い!!この目で観るまではイメージは保留ですね。



追記
カラマーゾフを休演していたユマちゃんは復帰していました。


やっと新年会

今日は、義妹の家で新年会でした。帰りは私が運転するので、アルコールは飲めません。
飲んでいないのに、眠くて眠くて。でも、どうにか渋滞の中、無事に帰宅。

次は、下の妹の家が完成した後、新築祝いで集まるようです。
我が家よりも更に田舎。北側にレンコン畑が広がる田舎です。まあ、親子でのんびりと暮らして欲しいです。

上の妹は、今年で定年。夫婦共働きで、娘3人を育てました。その分、年金も多いし、のんびりと老後を暮らせそう。人それぞれの人生の歩み方の価値観の違いがあります。だから、羨ましい気もしますが、我が家は我が家流で!

主人は妹2人の3人兄弟の長男。そして、私は長男の嫁。嫁入りして32年。まだまだ人生は続きますね。
うっかりしたら、30年は続くかも。気が遠くなりそう・・・・苦笑。


帰宅したら、知人から「忘れ雪」観劇したとメールが届きました。
かなめ氏は、美味しい役だって。ワクワク

明日は、ムラのお茶会ですね。友人からレポは来るかな?(^^♪
そして、何度も書いていますが、「カラマーゾフの兄弟」観て来ます。(^^♪