気付かなかった・・・

星組公演PR映像があったのですね。
どうぞご覧になってね。→こちらへ (ポスター撮りの3人です。)
一瞬ですが、かなめ氏も映ります(^^♪


テンプレ再変更。
そして、ブラウザも変更してみました。←そうすると、タイトルが消えないとか。
本当かな?ちょっと試してみます。

それ!

あ、大丈夫でした!(笑)(^^)v

GISELe

届いて、ぺらぺらめくったけれど、ページがくっついていて発見困難でした。(笑)

感想としては、「カッコよく決めて、モデルの夢が叶って良かったね!」ってところかな。
“ロックスターのオフ”と言うコンセプトでの撮影ですが、全面的に暗くて・・・。
でも、今の彼女の好きなスタイルは、ロックテイストのようなので、ドンピシャ企画かな?


それよりも、他のページのモデルさんの写真撮影を、都内某所にて私は目撃してました!
ああ~これだったのか~です。もしかして、そのモデルさんの後ろに居る人かも?←写ってません!

こっちの発見の方がインパクト大きいkaoriyaです(^_^;)

ふふ、これでも、かなめ氏ファンですよ。

やっぱり2番手となって、様々な面での変化を感じますね。

それは、それぞれに彼女が向上心を持ちブラッシュアップされてきている証かも!?

頼もしいわぁ(*^_^*)

これからも、Let's challenge!! >ご贔屓さま

銀座博品館劇場にて

銀座浪漫派物語を観てきました。
銀座のお蕎麦屋さんの女主人はかつて歌劇のトップスターだった。
そして今は3人の娘と暮らしている。昼は蕎麦屋、夜はレビュー座のママ。
女主人には秘話があった・・・。

突然にレビューシーンから始まりびっくり!!
女主人の安奈さんの歌もあり、ヅカファン的には心ときめく瞬間だったかも。
その他、元SKDの男役さんとか、前田耕陽さんとか、TV映画で御馴染みのすまけいさん、
徳島のミュー時カルスクール出身者とか。
元気いっぱいのメンバー。
レビューシーンから始まり、どのように話が展開するのかなぁ?と思っていたら、新喜劇のような軽快なテンポの芝居が。ところどころにレビューシーンを織り込み飽きさせない演出でした。

すまけいさんと三女を演じた久下さん(ハスキーな声とキュートな容姿)は、かなめ氏と同じ9/4生まれだわ。←どうでもよろし。
あ、TVの刑事役で見覚えある小林健さんとか。
胴布団巻いてこっけいなメイクで達者な芝居を演じてたのが、野原Sひろみさん。フィナーレで見たら、若い人でした。彼女の上手さがこの舞台の引き締め効果だったかな。

笑い、そして、ラストはホロッとして。
三女が歌う劇中歌(脚本・演出・作詞・作曲)の「スターへ」は、夜の星空のイメージの中聞くとホロッとする良い曲でした。

安奈さんは、久々の舞台で、レビューシーンでの歌う姿は、水を得た魚のように輝いて見えました。

昔の乙女心を思い出させてくれた?

いや、やっぱり「タカラヅカが好き!」と思ったのでした。


※テンプレ変えても、記事の内容を変更するとタイトルが消えるのでした。
質問をFC2に送りましよー。なんとかしてよね!

突然ですが

テンプレートを変更しました。
一気に夜の空です。星の空です。

後で訂正して更新すると、タイトルが消えるので、気分転換です。
何故だろう・・・。

エトセトラ

今日は午後空白の時間があったので、録画を見ました。

月組新人公演をやっていました。

みりお君、スマートになってキリリと好男子。やっぱりどことなくコムちゃんに似てるかな?
歌は、伸ばしてビブラートのところがアサコちゃんにとても似てる気がしました。
演技は丁寧だったような気がします。

そして、驚いたのは、キリヤン役の珠城りょうさん!!
えっと研2ですよね?
それにしては、声もスタイルも動きも男役になってるし、演技が上手い!たったあれだけでもそう感じました。
みりお君よりずっと大きい(172センチ)。こりゃとんでもなく将来が有望な新人さんですよね。

私はこっそりと鳳月杏ちゃんが気になるんですけど・・・。
ニュースで映ったから主要な役ですよね?
こちらも172センチ。
やはり大きい方が好みなんでしょう・・・かね?


そうそう、友人がスターカレンダーのかなめ氏のだけ送ってきてくれました。
若さが出ていて綺麗というより可愛いかな。
カレンダーは、FCに頼んだのでまだまだ届きません。
今から眺めてて大丈夫だろうか?いや、飽きませんよ。大丈夫。

月組のもりえちゃんが休演ですね。
つい先日知人二人がお茶会に行ってきて楽しかったと聞いていたのですが、どうしたのでしょう・・・。
水瀬さんは休演のまま退団となりますね。かわいそうだな。

あ、ジゼルは取り寄せ中です。楽天ブックスでは11/4まで送料無料なんですよ。是非どうぞ。

全ツは、今日は青森ですね。寒いだろうなぁ。
元気に北海道、岩手と回って帰ってきてください。
あ、岩手が終わったら青年館を観劇に行かれるのかな?と予想しているのですが、さて?
あと8回の公演で終わりです。
松戸でお待ち申し上げております。>宝塚歌劇団星組全国ツアーご一行様

「GISELe(ジゼル)」12月号にかなめちゃんが記載されているそうです。本日発売。
12月号から宝塚の記事を連載され、その1回目ゲストですって。
テーマはロックスター!?はてさて、どんなお写真が飛び出すのか?\(^o^)/

Sさん、情報をありがとうございました<(_ _)>\(^o^)/

最近のかなめ氏は、穏やかで豊かな表情ですよね。元々おっとりタイプだけどね。
まあ、彼女自身が大人になったって証拠かな?
・・・なんて思います。>Sさん


あと、Kさんが、月組スカピンでのショーヴランは誰なのか?と気にされています。
うーん、私は他組から異動してくるかな?と思うけど・・・>Kさん

余談ですが・・・

星組のどいちゃん(鶴美舞夕さん)が気になって気になって。
あまり星組さんに馴染みがなかったので、かなめ氏が組替えになってからしか知らないのですが、
あの大きなお目メは、チャーリーさんみたいで、でも、伏し目にするとマリコさんに似てませんか?
今回特にそう感じるのです。顔の輪郭か?メイクか?

やっぱりダンサー好きなのかな?
あら、日舞の名取さんでもあるのですね!
それは、尚更ツボにハマるというものです。ふふふ。

全ツ再会では老人に扮してコトコトさんとお芝居。なかなかうまい!!
本当は、もうちょっと癖があるダンスが好きなんだけどね。。。
あ、星組のダンスはよく揃ってますね。
ショーのラスベガスのクラブのホストダンス、フィナーレの黒燕尾、凄く揃ってる。
比べると雪組の方が個性的かも?

どっちが良いとかって事じゃなくて、それぞれを楽しもうと思いますね。

さて、雪組育ちのかなめ氏のダンスは、星組の中でどのように見えるのでしょうね?
全ツのダンスは100%じゃないですからね。(多分、いや、きっと!)


ああ、グラフ買いました!
ベニー君との対談。
見た目のスタイルは良く似てる。
でも、舞台上の印象は、確かに正反対。
でも、だからこそそれぞれが引き付け合う物を持っているのかもね?
今までは同期中心の生活だったから(勝手にそう思ってる)下級生との接点って新鮮なのかもしれません。
これからも愛をはぐくんでください。(笑)

虞美人・スカピンそして君津

来年のラインナップ一部発表されました。

花組虞美人は大作ですね。
また、月組のスカピンは、キリヤンにお似合いだと思うし、まりもちゃんは新公経験済み。
いいんじゃないの?
それにしても、またまた一本物が多いです。
欲求不満になりそう?
いや、見応えある作品となれば、それはそれでよしなので。

今日、君津、思い切って昼公演を観てきました。(当日券ありました。2階ですが。)

楽しかった!!

目に付いたのは、ねねちゃんのびん底メガネのサンドリーヌのお芝居がうまくなってたこと。
テンポよくて大げさで大笑い。
全体にテンポが身体に馴染んだようで、それぞれが役で息づいていました。
かなめ氏は、クリームイエローのスーツ姿が抜群にお似合い!!マイお気に入り。
ショーのかなめ氏の歌も充実してきましたよ。
美しくて堂々としてて、でもキュートな一面もあって、地方でファンを増やしてそう。
勿論、ちえちゃんもパワーがみなぎってて、カッコいい!!

肩のこらない楽しいコメディーは全ツには最適だったと思いますね。
前列の4人家族らしい人達は、フィナーレの羽根に驚きの(ああ、これか!的な)反応していました。
そして、盛り上がるんですよね。うわーって感じで。
それから、「中に外人居る?」「日本人だけと違うの?」なんて会話も聞こえました。

あ、ちえちゃんのアドリブは、「轟さんに生まれ変わりたい」
お金を渡して「日本青年館の話題のお芝居を観て来い」「コインブラ物語か」←これかなめ氏
ショーの着替え中のぶつぶつは「轟さんが来てくれて嬉しいな」とかなんとか。

そうなんです。トド様以下コインブラメンバーがご観劇。
ばらばらに座っていたそうですが、多分、どなたかに向けての、3人(ラスベガスのちえ・あかし・かなめ)で踊るラスト、かなめ氏は、振り向きざまにバチッとウインクを
見ちゃった~、得した気分です。

舞台上の皆さんが楽しそうで!!
こっちも楽しんでて。
楽しいのが一番!!

かなめ氏記事

友人が教えてくれて、ネット検索して読みました。→こちらへ

今までも読んだような内容ですが、舞台人としての逞しさを身に付けたのが伝わります。
タカラジェンヌに限らないでしょうが、舞台に穴を空けまいと怪我でも熱でも頑張るのは、舞台人として必要不可欠なこと。実際は、辛い事でしょうが。
それだけでも、平凡な私には、頭の下がる思いです。

脱皮しようとしても自身が気付かなければ不可能なのでしょうね。
やっと脱皮できたかなめ氏にエールを

同じ記事内容ですが、asahi.comの方が掲載写真が大きいですね(^^♪→こちらへ

ビバ・ラ・ビーダ

♪ ビバ・ラ・ビーダ  素晴らしいこの人生・・・ ♪ (これしか覚えていません^^;)

紫色の衣装の時の曲です。
この時に手拍子が入るようになったと、パープルさんとこで知りました。
嬉しいですね
でも、歌詞をちゃんと聞き取りたいのに、できなくなるなぁと複雑。

あの場面は新しい場面で、明るい曲調といい歌詞の内容といい、かなめ氏へのエールの場面ですよね。
オリジナルですよ。
にこやかに楽しそうに歌っていて大好きな場面。
良かったねぇって目を細めて観ていました。
藤井先生って、生徒さん一人一人のキャラに当てはめて作ってくださる。感謝です。
そして、2番手になるとそんな場面も貰える。やっぱり違うのね

埼玉を観た友人二人は、楽しかった~、もう一度観たいって。
ちえちゃん、ねねちゃん、かなめ氏、あかし君、そして周りのメンバー。
この4人が中心となってチームワークがよくて、星組の楽しさ、充実振りを見せてくれています。
それぞれの個性が生きてる。
良いですよね!!

やっぱり来週は君津・・・かな?


追記
「この場面、DVDでは、楽曲差し替えが心配です」とSさんからコメントを頂きました。
確かに、その可能性は大ですね。

ああーん、ちょっとちょっと、お願いよー

今日は埼玉かぁ・・・

埼玉公演、私は行ってません。でも、友人が観てる筈なんですが・・・

まだレポありません。

記事が書けない。何か情報おくれ!!ですわ。(苦笑)

訂正してたら・・・

訂正箇所をいじっていたら、何故か20日、21日、本日のタイトルが消えて入らなくなりました。

20日は「スカステニュース雪組千秋楽」
21日は「舞台写真」
22日(今日)「販売写真あと1枚、そして、日常。」

だったかな?ほんと、何故に?不思議だわ。



ここで、拍手コメントレスします。

>Sさん

「美しき生命」の曲♪ラビ・ラ・ビータ♪の歌詞のこと、私は、殆ど聞き取れていなくて覚えていなかったので、教えていただきありがとうございます。
藤井先生が組替えしてきたかなめ氏にあて書きの歌詞だったのかもしれないですね。
次はしっかりと聞いてきますね。(ぼぉ~っと聞いていたみたいです。(^^ゞ)

それから、袖でパタパタとちえちゃんを扇いでいたあの白い衣装、シンプルで綺麗でしたよね。
舞台写真に含まれていないのは私も残念です。
コメントありがとうございました。

パープルさんとこを覗いたら、あと1枚ありました。
サンドリーヌにギャラを払いにくるマーク(笑顔)初めのバッティングセンターでの3人
」だそうです。
合計14枚で、ひとり写りが8枚とか。


今日は晴天で特に用事も無いので、義母の為に富士山を見に出かけました。
お昼ごろすっかり晴れて、富士山の姿が見えました。
リベンジ成功!

昼食に入った忍野の有名な(旅本などで紹介されてる)T庵というお蕎麦屋は、駄目でした。
蕎麦が十分に茹で上がってなかったり、そば湯を食事の先にだしてくる。
そんなん冷めてしまう・・と不満に思いながら出てきました。
それで、店を出てしばらくしたら、またお腹がすいてきて・・・。
山中湖半のリンガ・リンゴというおしゃれなお店に。
私はケーキセット(え?)夫と義母はピザを。このピザの生地が柔らか目で美味しかったです。
勿論、ケーキ(さつまいものタルト、バナナタルト、りんごのタルト)も手作りで美味しかった~。
店内には、薔薇の模様を中心に選んだ雑貨品がたくさん。
カップを一個買いました。(マイカップ)
オーナーさんは、30年前に大阪から移り住んだとのこと。(急に親近感が湧くこの単純さ)
姪御さんがキッチンを担当されてました。
湖畔を見ながらお茶と軽食を楽しめる可愛いお店でした。

爽やかな空気と紅葉し始めた美しい景色、ゆったりとお茶の時間を持ててリフレッシュ(^^)v
運転は夫が。お疲れさまでした。

ちなみに、山中湖は気温が15度、東京は21度。6度の差がありました。爽やか~♪

もう販売されているようですよ。
そこで、ブログを読んで下さっているSさんからの情報を。


☆お芝居
1人写りが3枚(花婿さん・ソロの時のスーツ・オレンジのスカーフをしている時) 
ちえちゃん・あかしくんと3人写り1枚(最後バッティングセンターで種明かしをする場面) 

☆ショー 
1人写りが5枚(幕開きゴールドのお衣装・中詰め?羽をつけたシルバーのお衣装・地毛でされてるピンクのお衣装・紫のお衣装・フィナーレの羽を背負った姿) 
ちえちゃんと2人1枚(ピンク) 
ちえねねと3人写り2枚(トリプルダンス・パレード) 
燕尾のちえちゃんの後ろにボンやり写ったのが1枚。全部で13枚でした!
 
でも、よく見ると白ターバンのお写真がなくて・・もしかしたら見落としているかもしれません(汗) 
残念なのが、舞台稽古で撮られたのか、紫のお衣装とパレードの時が鬘じゃないんです(泣)

Sさん、ありがとうございました!!
ごめんなさい、勝手に載せちゃいました。<(_ _)>
わたしも未確認なのですが、きっと皆さん知りたいでしょうから、許してくださいね。

さて、鬘じゃないのは残念だけど、それはそれで貴重かも?
当分日比谷へ行く予定はありませんが、出かけて行こうかな?お財布と相談して・・・(苦笑)

昨日はスカステニュースでの全ツCMで、客席下りのマークが映っていて、きゃぁと喜んだのですが、初日の映像だから歌が一番緊張の日ってことで・・・苦笑いでした。
でも嬉しかった。
DVD収録は横浜よりも進化していると思います。ほんと、楽しみ♪

あと、ショーで紫の衣装で明るく歌っている ♪ビバ・ラ・ビーダ♪ が気になって検索して見つけました。
この曲ですね。→こちらへ

放送されてる今日は全ツ集合日。あっという間です。

千秋楽のアドリブは楽しそう。退団者の5人も爽やかで終始笑顔で。
その後のカーテンコールで水さんが5人の印象を話すのを聞いていて、水さんは人を思う心のある人だと改めて感激していました。
お話を聞いていると、宝塚ファンで良かった!宝塚って良いね!と思わせてくれます。
そんな思いのキャッチボールが宝塚の魅力。
それは昔の家族的な雰囲気からずっと続いてるような。
ファンあっての宝塚ですよね。やはり。
どんなに作品が「あれ?」であっても、舞台上では真摯に演じて見せてくれます。
その思いを受け取りに、そして、その元気を貰いにファンは足を運ぶ。
その繰り返し。
何が何でも100年まで続いてください!みんなでお祝いしたいですよね。

えっと、千秋楽の話が100年になってしまった。

戻して、
いづるんの髪型が「あれ?ショート?」と思っていたら、やはりばっさり切られていたのね。
男役も娘役も大切にしてきたからこその決断かな。
いづるんの男役は小さいけれどパワーはいっぱいで綺麗で上手な人でした。
いつの頃から激やせして、でも、リフトもこなして。
「ソロモンの指輪」の六本木での上映の会場で、アクア5のコンサート会場で見かけたいづるんは、ひとりの宝塚ファンだったようで親近感を覚えました。

5人の皆さん、お幸せに♪
雪組さん、お疲れさまでした。

全ツDVD

昨日の仙台公演で販売DVDの収録をしていたそうです。
1月1日発売。大劇場公演初日ですやん。

千秋楽はCS放送ですよね。多分。

首都圏に近づきまた北の国へ。そして、松戸で終わります。

かなめ氏は、今すごく吸収力が高まっている気がして、進化、成長が楽しみです。

次公演のポスターの麗しさもたまりませんねぇ



しかし、先週の横浜での公演って、東京公演から一ヶ月しか経ってなかったんですね。
サイクルが早い!!生徒さん達は忙しい!怪我も治りにくいよね・・・

コメントレスでーす。

>Sさまへ

沢山コメントいただいているのに、ブログ上で通知されていないので、気付くのが遅くなってゴメンナサイ。
Sさまも同じ感想を抱いてらっしゃったのですね。読みながら「同感!同感!!」でした。

>雪と星って組カラーが全然違うので、ショーになるとそれがもろに出るんですよね。

確かにね、男役のかっこよさとか気障リとか、組に依って印象が違います。
そのせいもあるし、かなめ氏自身の個性の違いもあるのでは?
それに、今回は、かなりダンスでも動きをセーブしてると思いました。
振りも緩いですし、動きも本来ならもっと大きく動けるはず。
ドクターに「激しく動くな!」とでも言われてるのかな?と勝手に妄想。

お正月公演にはきっと完全復帰してくださると期待しましょう。
そして、徐々に彼女の個性も星組の中で調和していくと思いますよ。
見る側も慣れますから。

歌は、横浜ではそんなに下手だと思わなかったのです。
ただ、エコーがあって良いのか悪いのか?響くけど歌詞が聞き取りにくくなる。
淡々とした歌い方が悪い癖のような気がしますが、歌いこんでいくうちにカバーする技術も学ぶだろうと。

2番手になってからも学ぶ事が多いはず。
多くを学んでから2番手になる方もいらっしゃるけれど、そうじゃないのだから、まだまだこれからも成長を続けると、今までほど心配していません。

かなめ氏は、もう「自分」を持っていると思います。その「自分」の表現を私は感じ取っていきたいな。
抽象的ですが、そんな風に。(確実にかなめ氏に対する見方、捉え方が変わりましたね。)

このあと、松戸の千秋楽には行きます。
その前に、やはり君津へ行く・・・かも?です。
またレポしますね。

コメントありがとうございました<(_ _)> 励みになります(^^)v 嬉しいです\(^o^)/

ポスター画像

ポスター37217546_379038625
これだそうです。素敵ですねBrilliant豪華ですねBrilliant.期待感増しますねLOVE

ワクワクふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート


公式ポスター画像は、こちらへ

雪組公演

今日は千秋楽です。おめでとうございます。
上々の好天気。水さまパワーは昨日放出?(少しだけ雨が降りました。)

実は、昨日午後公演を急に観ることになり行ってきました。

意外に前方席で喜んで観劇。
何度もリピートしてればもっと楽しめただろうコメディです。
巻物広げてのアドリブは
水「・・・(中森明菜の歌詞)」
ゆみこ「お好きなそうで、物まねでお願いします」
水「・・・(勘弁してという風な動き」
ゆみこ「では・・・分かりました」

ゆみこ「蛇を探して来い!」
さゆ「蛇~?」
ゆみこ「中森明菜がお好きなようで。ド・ストライクですね!」
客席爆笑。

さゆ出てきて「どうせなら、私の好きなデザイヤーでも良かったのに~」

まあ、そんな感じです。記憶力低下なので、かなりいい加減ですが。

みなこちゃん、かなり慣れたのか、楽しそう。そして、踊り出すと俄然元気!!
水さんと踊ってる時が最高かな。

あ、水さんが笛の音で「変な音」とか言うところ、みなこちゃん下手に向って歩いてますが、顔は後ろ向いてます。笑ってるんでしょうね?(^^♪水さんにはいっぱい笑わされてる事でしょう。
私、みなこちゃんのダンスが好きです。だから、歌は無視して見ています。苦笑。

客席には君島ファミリーが。

ぽんぽんは、お隣のご婦人がひとつ貸してくださって、一緒に振って楽しませて貰いました。

おとなりの方も、オールドなファンで、休憩中お話して盛り上がりましたのよ。
ヅカファンって良いなって思いますね。
そんなちょっとだけの時間でも仲良くおしゃべりできるのが嬉しいです。
無防備と言えばそうなんだけど、仲間意識が強いのでしょうね。
ひと時、幸せな時間と空間を共有する。それに尽きます。

かなめ氏の居ない雪組さんを観て感傷に浸りつつ元気を貰ってきました。

かぐやさん達5人の退団者の皆さん、晴れて(お天気も)ご卒業おめでとうございます。
(かぐやさんは、ホップスコッチのデュエットお相手を初め色々とお世話になってきましたね。淋しいです。)
皆さん、お幸せに♪
雪組の皆さん、お疲れさまでした♪



追記
気付けば16日の拍手が「20」にも増えていました。
ご賛同(?)ありがとうございます。\(^o^)/
み~んなで凰稀かなめさんを見守っていきましょう!いぇーい(←この表現、ちょっと若すぎる!?笑)

寝る前に・・

またマイブログを覗いたら、
拍手が増えてました!!「13」に!!!
嬉しいな。
さあ、これをまた励みに応援を、ブログを、続けようっと(^^)v
ありがとうございました。 オヤスミナサイ

頼りないですか?

うーん、「再会」のマークってあんな役なんだよね。明るい、軽い、そして浅い。
あれ以上は深められない。元々濃くできる人じゃない。
押し出し弱くても仕方ないやん。
ショーだって、下手・下手と言われ続けてきた人があんなに歌ってるの。それも短い稽古期間で。
板に乗ってからが勉強なんだと思う。
それでは困ると言われそうだけど、もうここまで来たら、歌に関しては急速な上達なんて望まない。
いつの間にか、上手くなったねって言われるようになってください。

褒めてるのかけなしてるのか、どうなんでしょう。

でも、それも含めて好きなんだものなぁ・・・。

基本的に歌える人は良いなぁと思いますよ。
でも、だから、全て好きになれるか?と聞かれたら、「なれない」と答える。
今まで歌唱力ある人で好きになったのは安奈さんだけだから。
だからこそ、上手くなって欲しいのだけれど。
本当に、「歌が上手いね」って人、好きにならないな。いや、普通に好きだけど、特に好きではない。
上手い人の歌は聞き惚れるけどね。
それだけ偏った好みなんですね。
男役の魅力って様々だから~。

書いてて堂々巡りしそうなので、今日はここまでに。



追記
あらっ、ドキッ。びっくり。何が?

今、ふと自分のブログを見たら、拍手が「7」になってました。
それで驚いてるんです。
歌の上手い人好きな人が読んだら怒られそうな事を書いてるのに・・・。

皆さん、かなめ氏を温かく見守ってらっしゃるファンだからかな?
嬉しいです。
私もそのひとり。

なんだかんだと言いつつも、楽しみにしているのですよね\(^o^)/

ありがとうございます(^^♪

全ツCM

スカステニュースの中で「明日の公演は・・・」とCMしてますよね。
昨日は、初日映像の後に、かなめ氏バージョン(ショーでの各場面)が流れました。
一昨日は、ちえちゃんでしたね。
やっぱり2番手さんになると違うのねぇと、得した気分でした。

全ツで印象に残ったのは、コトコトさんとドイちゃんの老人になっての芝居でした。
うんうんとうなづける台詞。お二人とも上手いの。良い場面です。
石田先生特有のちょっと女性を馬鹿にした風な台詞も、「PCの初期化」という言葉に置き換えて随所に出てきます。

かなめ氏、やっぱりお芝居は上手いなぁと。
鳴海君仕様なのだけど、屈折してなくて、明るく軽く演じていて、屈託無い好青年。
似てるようでも違った見せ方できちっと演じてると思います。
うーん、上手い!と唸るほどではないにしても、的確に演じるって大切。
そして、よく通る声で台詞が聞き取りやすい。
ま、後は、歌声がもっと響いて欲しいのと、歌のテクニックかな?これからもっと身に付けて欲しいな。
今回は、エコーに誤魔化されてる気がしないでもない・・・苦笑。
でも、凄く頑張ってますよ。あんなに歌うのは初めてですもの。
何事も経験です。やっぱり経験と勘かな。

と、また贔屓の話で終わります。