今日のお買い物

さて何を買った?

それは、ポストカード♪

最近、我が在庫が底をついていたので買いたいなぁと珍しくもロフトへ。

それが、ここは田舎なので電車を乗り換えて行くのですよ。
以前の住まいでは、バス一本だったのに。。。
あ、バス一本でも行けるんです。でも、時間がかかる。。。やっぱり田舎だわ。

さて、可愛いポストカードを何枚も買って、やはり近所では手に入らないベーグルパンを買いました。

ベーグルは冷凍保存して毎朝トースターで焼いて食べます。ベーグルが好き。
あと、ドイツパンっぽい固いのや、レーズン&くるみの入ったものも好き。
食パンは、以前、元町で一本買いしていた小さなパン屋さんのが好きだったな。
そこは、あのKマークの「キタムラ」に店舗を貸していてその裏側で営業されていた小さなパン屋さん。
まだ続けてらっしゃるのかな?
その裏の新しいパン屋さんや、ウチキパンが有名なんですよね。
でも、そこの食パンの味が大好きでした。
今は、そんな味のものは見つからない。懐かしいなぁ。

でも、基本は拘らない性格なので、何でも食べます。どんなパンもOK!
私は、ご飯よりもパンが好きなんですよ。だから、朝食のパンとコーヒーが楽しみ♪


えっと、何の話でしたっけ?

あ、今日のお買い物はそれだけ。はい、それだけ。
だって、チケット代を確保しておかないといけないですからね。
無職は辛い。(苦笑)
でも、無職だと家を出る機会も減り、洋服や靴を買う事も少なくなりましたね。
そういうものなんですね。

義母のお昼寝時間中に大急ぎで出かけた、でも、主人が奥多摩まで出かけて、のんびりとしたGWの一日でした。



そうそう、録画したCSニュースを見ていたら、鳳月杏クン達の新人公演メンバートークをやってました。
ふふふ、真ん中で司会してました。


宝塚おとめ

はい、取り寄せましたよ。

そして、ペラペラとめくっています。

皆さん、写りが良いように思いますが。

そして、宙組。

ペラペラ。

あらら、左ページにかなめ氏。右ページに大ちゃん。
こんな風に並ぶ日が来るとは・・・・・。
私の中では美形が二人なんですよ。
それにしても、かなめ氏の頬がほっそりで。
そして、真っ四角なおでこ。あれが、きつい印象に輪をかけてる(?)

かなめ氏そのまんま。来年は笑ってくださいね。
でも、この強調した目が良いんですよ。引き込まれちゃう


拍手お返事です。

>メロメロさん

お久しぶりです!
お忙しいのかな?どうされてるのかな?とちょっと気にしていました。
ノバボサ、楽しいですか?
あのサンバのリズムと濃い面々が演じる束の間の恋模様。
やっぱり『太陽』の様なちえちゃんが演じるソールは適役では?
星組だからこその熱さでもあるのでしょうね。
ナウオンステージを見ましたが、
小柳先生のお芝居も明るく軽いコメディのようで楽しそうですよね。
どちらも観るのが楽しみになります。
そして、そんな前方でご覧になったら、余計にノリノリでしょうね。(^^)v
楽しいコメントをありがとうございました。<(_ _)>



余談ですが、
昨日のバウのニジンスキー初日では、雪組全ツメンバーが大勢いらしてたそうです。
友人がその集団に囲まれての観劇だったとメールをくれました。
羨ましい・・・。
でも、夢を売るフェアリーさん達の香水の香りに、ちょっと大変な思いをされたそう。
うーん・・・良し悪しですね。
生徒さん達は、香りに慣れっこなんでしょうが、一般人は色々と複雑です。



お返事の追記、行きます!

>maiさん

はい、ニジンスキーと思って書いたのに、オネーギンって。(^^ゞ
裏でパープルさんに突っこまれていました。毎度のことですね。(^_^;)



>メロメロさん

Bパターンのご報告をありがとうございます。
ゆうひさん、すみかちゃん、かなめ氏のお三方が観劇だったのですね!
貴重なお姿をご覧になれてラッキー!!

>どうやらAパターンが一番嵌っているように思えます。
夢乃オーロのきざり、紅マールの嘆き、コケティッシュな真風夫人が良かった。

ああ、Aパターンはベストかも?ですか。
東京は組み合わせがちょっと違い、以下となっています。


ノバ・ボサ・ノバ』役替わり日程
         オーロ     マール   メール夫人  マダムガート
6/3(金)~6/10(金) 夢乃 聖夏  真風 涼帆  紅 ゆずる    毬乃 ゆい
6/11(土)~6/24(金) 真風 涼帆  紅 ゆずる  夢乃 聖夏    音花 ゆり
6/25(土)~7/3(日) 紅 ゆずる  夢乃 聖夏   真風 涼帆    花愛 瑞穂

私が観る予定は、ちょっぴり弱い(であろう)マカゼ君のオーロですねぇ。。。。う~ん、どうなんでしょ!?

あと、外でのFCの並ぶ位置も役替りを反映しているとは・・・それこそ劇団⇔FCの繋がりでしょうか?
確かに熾烈な争いを強いられていますね。


是非Cパターンもご覧になって教えてくださいね♪お待ちしています。<(_ _)>

あのね・・・つぶやきです。

月組さんのお稽古場映像を見てたら、

月組組長りゅう様がうつむき加減に座っている姿がかなめ氏に見えて・・・

あわわわ。(^^ゞ

でもね、つんつんヘヤーといい、似てるよね。


それに、りゅう様は男役全開で色っぽいしカッコ良いからねぇ。

似て見えてOKじゃないのかな?



あははは。(^^)v  つぶやき。

過去に

このブログを始めた2007年2月の日記を遡ってたら、
こんな事を独り言として追記していました。

ファンって、わずかな時間で些細な事で何かを感じ取る力を磨いていると思う。(笑)
入り出待ちしているとね。
それと、忍耐力も身につけている。そんな仲間がたくさん居るから、あの行動をとれるのだと思う。
単独行動の一匹狼なんてできない。みんなで分かち合うから楽しい事っていっぱいある。
その反面、寂しく思う事もある。
その狭間での揺れがアップダウンさせるのよね。
ヅカファンの一般的な悩みですな。うん。
あの時(どの時?)から5年半。そして、あの時から、4年半。
あっと言う間に、以前のご贔屓さんとの時間に迫りつつあります。


いわゆるFC活動についての私の考えでした。
これを書いてから4年が経ち、今は少し考え方が変わって来たと実感しています。

自分の時間を割いて入り出待ちのわずかな時間を得ようとしていないという事。
大切にしたい仲間も限定されてきて、ある意味、一匹狼でも構わないと思っている事。
このブログを通じて知り合った方達と分かち合う楽しみができたという事。
周りに左右されるのではなくて、あくまでもマイペースで楽しみたいという事。
などなど。

以前のご贔屓さんとの時間を超えてしまいました。
振り返るとアッと言う間です。
そして、当然ですが、対象であるかなめ氏のポジションも変わって来ました。

私を囲む状況が以前とは違ってきているのもありますが、ブログを書く事で変化してきたのもありますね。
大した事は書いていないけれど、毎日のように更新を続けて来られたのは幸せな事です。
このまま続けていけたら良いなぁ。


何故こんな事を書くか?というと、「宝塚ファンの社会学」なるものを買いました。
読み始めて途中で止まっているのですが(ここが私らしい?)。
宝塚歌劇団とファン、とりわけFCとの結びつきは切り離せないものです。
筆者自身がFC活動を経験して、その目に見える事を書き連ねてありました。
それを読んで、改めて自分は?と問いかけると、まさにその代表的なファンスタイルでありました。(笑)

このように書かれています。
「遠くても全く近づけないわけではなく、言わば近くて遠い存在であることが、タカラジェンヌ独特のスターとしての地位だろう。」

それを作り出しているのがファンクラブなのですよね。一般的な芸能人とは違う距離感。これが、ファンの心を捉え、劇団としてはFCを無視できない重要性を持つという事のようです。

そんなこんなを読んで振り返ってみたくなって。
それで、ふと目に止まった追記に触れてみました。
ま、それだけの事、自分語りなんですが・・・。



そうですねぇ・・・

>はんなりママさん

コメントをありがとうございます。

ええ、ゆうひさんファンの方達のお気持ちは複雑だと思います。
まだ正式に発表があった訳では無いので、書きながらも、どうしよう・・・と思ったのですが、
正直に感じたままを書きました。

ファンとしては、かなめ氏にはまだまだ学ぶことがいっぱい有ると思っていますので、
もっとゆうひさんの元でいっぱい学んで欲しいのが、本音です。
なので、それが例え短い期間であっても濃密な時間をゆうひさんと過ごして学んで欲しいなぁ。



>めいかさん

拍手コメントをありがとうございます。
そちらにも書きましたが、私ももっともっと学んでもらいたいです!!
でも、きっと吸収力が違ってきているでしょうから、2作品の中でグッと成長されるかも知れませんよー。
そう思っています。(^^)v

その他

花組さんの「小さな花がひらいた」はジーンと来る作品だったはず。
そして、ル・ポアゾンの再演ですね。
人が変わるとどうなるのか?花組蘭トム君にも似合いそうな気がします。

月組さんは、次の大劇場作品のショーと「わが愛は山の彼方に」の再演。
これもまた、涙・なみだの作品ですよ。

星組さん大劇場は、小池先生の新作ミュージカル。ミュージカルが多いですね。ちえちゃん、流石です!!

あと、壮さんの「カナリヤ」これはチャーリーさん主演の作品。これは観ましたよ。
大鳥れいちゃんが上手かったのよね。そしてオサさんも良いキャラクターで演じてました。
勿論、チャーリーさんもヨカッタ。好きな作品でした。

どれも観たいなぁと思うけれど・・・。

あとは、月組の東上付き作品です。
みりお君かなぁ?と思っていますが・・・。

そして、

宙組さんは、ゆうひさんは、バレンティノに続いての(続いてと言っていいのかな?)イタリア人。
でも、カッコよく演じてくださりそう。
そして、藤井先生のショー。最近、さよならは藤井先生と相場が決まってる。だから・・・。
それに、ゆうひさんの集大成っぽいですよね。

公演ランナップ発表

公演ラインナップが出ました。→こちらへ

ひとまず、宙組のみ載せます。
う~ん、ショーの内容が・・・・もしかして?・・・?
     ↓

2011年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
<10~12月・宙組『クラシコ・イタリアーノ』『NICE GUY!!』>

■主演…(宙組)大空祐飛、野々すみ花
◆宝塚大劇場:2011年10月7日(金)~11月7日(月)
一般前売:2011年9月3日(土)
◆東京宝塚劇場:2011年11月25日(金)~12月25日(日)
一般前売:2011年10月23日(日)



Musical 『クラシコ・イタリアーノ』
-最高の男の仕立て方-
作・演出/植田景子

イタリアの一流紳士服ブランドの代表的な存在である“クラシコ・イタリア”。その源流となったナポリ仕立てのスーツを世に広め、発展させた一人の男の夢と現実……。戦後の経済復興を遂げた1960年代のローマを舞台に、栄光に彩られた虚飾のベールと、その内側に宿る自らのルーツへの希求を、ハートウォーミングにアップビートに織りなすスタイリッシュなミュージカル。



ショー・アトラクト 『NICE GUY!!』
-その男、Yによる法則-
作・演出/藤井大介

「いい男」「格好いいやつ」をテーマに、「男の美学」を追求した作品。“その男、Y”とは、もちろん大空祐飛のこと。バラエティ豊かな構成の中で、現代的なスタイリッシュさ、大人の男の優しさ等、大空祐飛の持つ様々な魅力を存分に見せる、ダイナミックで華やかなショー。


スカステニュース

何気なく録画したものを見たら、

昨日の花組公演千秋楽の模様がもう流れていました。
いつもより早い?
あとは、雪組全ツの初日も。

まとぶんのご挨拶ではないけれど、何事もなく無事に終わってヨカッタなぁと思います。
関東は余震が続き、色々と不安な中の公演。
それも退団公演だから、余計に「今」の大切さを痛感された事でしょう。
花組の皆さん、お疲れ様でした。


雪組全ツの初日。
「黒い瞳」は、観ていなかったので反応しがたく、
「ロックオン」も何度も観た訳ではないので、細かな事は覚えていなくて。
ただ、ロックオンは、やっぱり「水さんじゃなきゃ」って感じたぐらいでしょうか?


花組千秋楽

今日はそうでしたね。
お天気が良くて良かったなと思ったものの、入りのガードは無くて出のパレードだけだとか。
こんな時期の退団公演なのでたとえ通常通りの事ができなくても、その想いは通じ合っていると思います。

花組さん、お疲れ様でした。
そして、退団の皆様、ご卒業おめでとうございます。
これからの新たな人生に幸あれと願います。



追記
昨日は、雪組全ツの市川初日でした。
Kさんが簡単にご報告くださったのですが、
「黒い瞳」は、作品が良いって。そして、まっつブガチョフが良い!と。
雪組は不思議とロシア物が多いですね。暗さがあるけれど、それが意外に宝塚には嵌る気がします。
「ロックオン」は、さすがにアテガキのショー故の難しさを感じたようですよ。
さもありなん。。。でも、きっと元気いっぱいに頑張ってられることでしょう。
ご贔屓が出演しない全ツは殆ど観ないので、今回は観る予定は組みませんでした。



動く疾風

今日のWhat'up宝塚#89で宙組ポスター撮影の様子がちょっとですが、放送されました。
2回画面に出ましたよ。
一応放送日と時間を載せておきますね。

23日(土)16:45 24日(日)26:45 26日(月)11:45 
27日(火)21:45 28日(水)16:45 30日(土)25:45


あとは、youtubeにもアップされているようですよ。


メイクはシンプルであの長髪の前髪アリの鬘、青っぽい衣装、お得意のミステリアスなムード。
うん、カッコ良かったです!!


追記
お返事です。
>Kさん
懐かしい思い出の銀薔薇でしたか!思い入れが強いと忘れないものです。(^^)v

私の場合は、あの思い出したくない「忘れ雪」が、組替え発表の直後だったので思い入れは実は強かったという。(苦笑)


ちょっと、ご紹介を。

かつての憧れの君の舞台のご紹介を。


Yves Monntand  彼を憎んだ女と男

明日から26日まで東京日本橋三越劇場にて上演されます。
井上順さんがモンタンで、取り巻く女性陣を安奈さん、大鳥れいさん、美南まりさんとOGが出演→こちらへ

久々にご紹介です。
ちょっと面白そう。安奈さんはお元気そうですね。ヨカッタ。


追記
共演の野原みのりさんって、若干20歳の可愛いお嬢さんですね。
どんな方なんだろう・・・。

まだチケットがあると小耳に挟んだのですが、ネットチケットは品切れ表示ですね。(^^ゞ

銀薔薇

今日も義母がお昼寝中にちょこっとスカステを見ました。

「シルバーローズクロニクル」(2007年10月)が流れていて、
ちょうど、酔っ払いみなこちゃんがかなめクリストファーに絡んでいるところを見る事ができて、ニヤニヤ。(#^.^#)

あのシーンが好きなんですよ。みなこちゃん、可愛いくて色っぽい。
私は、下級生の頃からなんとなくみなこちゃんを見てた気がします。
表情を色々と変化させて楽しそうに踊るみなこちゃんを。
トップになったら、頑張り過ぎてたような気がしたな。
そして、銀薔薇のかなめ氏が好きでした。
あの鬘も、衣装も、メイクも、芝居も、歌も、振り付けも、全て好きだったなぁ~って。(遠い目)
うん、まあ、歌はちょっと頼りないところもあったかな?
でも、カッコ良かったから、帳消し。(苦笑)

真ん中のゆみこさんが二の線を崩しての好演技で、楽しい作品でした。(^^)/

ずっくんも居たしね。(^^)v

宙組お稽古場レポートなど

今日のニュースで流れました。

組長さんとゆうひさん。
お二人とも黒×白でお洒落!!

えっと、お芝居は大石先生の温めてきたものが、宝塚にぴったりのようですよ。
七本槍は、三成とは対極の演出らしい。
お小姓もつけずに孤独な光成となっていて、その中で疾風とは唯一男同士の友情を通わせるようです。
最後には感動の場面もありそう。
疾風は、茶々のストーカーで、ゆうひさんとすみかちゃんのラブシーンも見ていると。
大島ミチル氏の曲が大きくて良い曲とのこと。それとは対極で戦国ロックもあったりとか。

あ、組長さんが、かなめ氏を「リカちゃん」と呼んでいました。

ショーは、幕開きがコーラスで始まり、ゆうひさんとすみかちゃん、かなめ氏の3人がせり上がってくる。←なにげに凄い!?
そこが、クリムトの絵のようで・・・こういうのは初めてとゆうひさんが。
中詰めは、久しぶりに名倉先生の振り付けで、御織先生とみつえ先生のプロローグなど。
今回は下級生まで一人一人の顔が見えるようにと稲葉先生が考えておられて、色彩も綺麗らしく、
出演者もワクワクしてくると話されていました。


やっぱりワクワクなんだぁ。嬉しいですね♪ 楽しみになってきました。!(^^)!


ちょうど、今、「タランテラ」が放送されていました。
荻田先生のショーは、好き。あのアダルトでアンニュイな雰囲気。良いな。
そして、懐かしい~♪です。
やっぱり、かなめ氏に目が行く・・・当たり前やん。(^^ゞ
あ、でも、コムさんもミズさんも素敵でしたよ。


あとひとつ。

昨日発放送の「風と共に去りぬ・専科・雪組編」を録画してチラッと見ましたが、
研3になり立てのかなめ氏、初々しいですね♪
ちゃんと台詞もあります。やっぱりあの立ち姿が綺麗です。(等身バランスの良さ!!)
美形、美スタイルが大好き!(笑)

星組初日映像

スカステニュースで見ましたよ。

ああ、やっぱりワクワクしてきますね。
ちえさんのパワフルさが活きるように思います。
すずみんも、良い味出してて若いですよ。(^^ゞ
ともみんも紅君も熱い。
そして、マカゼ君、やっぱり「おっとり美人」でした。
お芝居のねねちゃんが可愛い。
ちえさんやすずみんの鬘が良いなぁ。
ノバは、まあ、殆ど初演に近いみたいなので、ちょっと古い感じがするかもね。
でも、ラテンやボサノバのリズムって好きです。
ノバは、役替わりもあって楽しみですね。私は一度しか予定していませんが。(^^ゞ


あ、さっきは、「アパショナード」の放送を見ていました。
何故か、この公演は観てなかったなぁ。
あの熱いラテンの乗りって、喜多先生のダンスナンバーを思い出させる。
ああいうのって好き。
横で義母は居眠りしていました。(幸い、主人は旅行中)(笑)
最後まで見ちゃった。

さあ、宙組の「ルナロッサ」は、どうなるんだろう。
ワクワクさせてください!
ご贔屓さんを観るだけでもワクワクしそうですが。。。。もっともっとワクワクを!!


宝塚おとめ

今年はゆうひさんが表紙ですね。→こちらへ

ちえちゃんかな?と思っていたのですが、ゆうひさんが先でした。
来年はちえちゃんで、再来年はオトヅキさんかな?

赤い背景というのは珍しいかな?
私は1991年度版からずっと買っています。(私がファンに復帰した時期です。)
その20冊には、赤い背景はありません。
元気に、目立とう!でしょうか?(笑)
毎年見比べると、ああ、若かった!とか、痩せたね!とか、好きな役や演じてみたい役などの変化もあって、面白いです。
まぁ、かなめ氏に関しては余り変化が無いんですけど。(~_~;)
でも、写り方やメイクが気になったりしますよね。





正しい理解を!

最近、福島から避難してきた人達や子供たちへの心無い言葉が取り上げられていましたね。

友人がこのブログの事を教えてくれました。
是非読んで正しく理解し、今後悲しい事が起きないようにして欲しいです。
また、少しでも早い解決を祈ります。

東大病院・放射線治療チームのブログ→こちらへ



お返事です。

>rereさん

初めまして。
コメント(&訂正)をありがとうございます。
リサちゃん、間違えてしまって、スミマセンでした。
宙組ファンの方たちのお仲間に入れて頂く事になりました。
宙組は創設当時はご贔屓さんが居たので観ていました。
だから、上級生は分かるのですが、下級生には疎くて、これから覚えていきますね。

かなめ氏が入った事で起こる「化学変化」は、私も楽しみにしています。
そして、かなめ氏自身の変化もまた楽しみです。

そして、大劇場までは出かけていけませんので、公演が始まったら公演の様子など教えてくださいね。
拙いブログですが、こちらこそ宜しくお願い致します。<(_ _)>




そう、宙組ファンの方もこちらへ立ち寄ってくださるのですね。
こんなに渡り歩くとは思っていませんでしたよ。
でも、色々な生徒さんを知ることができて、それはそれで楽しみが増え、嬉しい事です。
改めまして、
宙組ファンの皆様、宜しくお願い致します。<(_ _)>


ところで、お昼前に強い揺れが。(ここは震度4でした。)
ちょうど、5歳の孫が我が家の玄関を入ったところで、「あ、地震!早く、早く!テレビつけて!」と言いながらバタバタとリビングへ。
地震慣れしてきているのが、良いのかどうか?
地震が日常茶飯事となるとは・・・・。
茨城県で震度5強、5弱と強かったものの、被害は無さそうでホッとしました。
揺れるたびに、我が身よりも被災地での災害がおきないか、福島原発は大丈夫かと心配になります。
まだ先が長そう・・・。




美しき生涯・・・新人公演一部配役

公式に出ました。→こちらへ

三成は、愛ちゃん、茶々は瀬音リサちゃん。(スカイフェアリーズでしたっけ)疾風は、りく君。
前回に続き、同期で主演と二番手。
愛ちゃん、押されていますね。持ち味の違う二人だから切磋琢磨して伸びて欲しいですよね。

・・・って、あんまりよく知らない。
ただ、新公主演したのをニュースで見た程度ですが。(^^ゞ

まあ、まだ新人公演を観たい!とまでは思わないですね。
これからぼちぼちと宙組を知っていこうと思います。


アシックス 宝塚!!

あれ?男役っぽい声が・・・ふとTV画面を見たら、アシックスCMに

な、な、なんと!マカゼ君たち星組男役が・・・・!→こちらへ

つい、いましがた、おおっ、と驚きました。
あれ、宝塚の男役って分かるのかしら?

期間限定のCMです。私はTBSで見ましたが、各局流れるのかな?

美しき生涯*人物相関図

公式に出ました。→こちらへ

七本槍・・・うまく宙組メンバーがはまりましたね。
疾風は孤独な忍者ですね。
さぎりとたつのも忍者だけれど、仕える相手が違うので敵対するわけ?

ある程度の構想があって、そこにトップコンビ、二番手とはめる中、架空の人物が生まれたのでしょうかね?
かなめちゃんの為に?恵まれていますね。しっかりと演じて頂きましょう。
とても楽しみ♪