色々発表あり過ぎて・・・

2013年度のスケジュールが出ていたなんて・・・

Baidu IME_2012-7-31_22-54-27(公式より)

ところで、よく見てみると、

雪組ベルばらフェルゼン編に、特出なんですね。
オスカルですか???
わーい!と喜ぶべきか?はてさて・・・私はアンドレ希望です。


また・・・べるばら???

そろそろ登場すると予感していました。食傷気味なんですが。

来年月組と雪組が再演。「オスカルとアンドレ編」「フェルゼン編」です。

その前に、雪組次期トップコンビは、壮さんとあゆっちと決定ですね。
壮さんの勢いからはあっても不思議じゃないですね。雪組に戻ってのお披露目。トップ内定おめでとうございます!!
あゆっちがトップかぁ・・・

そして、その壮さんがDSです。

宙組1月に銀英伝で博多座。

それから、

ともちんでDC青年館が「逆転裁判」
まっつさんでDC青年館が「ブラックジャック」

それぞれに任に合ってる作品ですね。おめでとうございます。


ああ、それから月組の振り分け、花組の振り分けも発表されました。


色々な発表に振り回されています・・・


追記

ロズさんからお知らせ頂きました。


8月14日発売のスポーツ報知大阪版にかなめさんのインタビュー記事が掲載されるみたいです★

ありがとうございました(^0^)/

読売演劇大賞上半期

読売演劇大賞上半期5部門ベスト5 に、『ロバート・キヤパ 魂の記録』と『華やかなりし日々』演出家の原田 諒氏と衣装の有村淳氏が選ばれました。

さっき、知人から教えて貰いました。

原田先生、おめでとうございます。


ひとまずお知らせまで。


追記

読売演劇大賞上半期
演出家賞(5人のうち)原田諒
スタッフ賞(5人のうち)有村淳
いずれも「ロバート・キャパ」「華やかなりし日々」にて。

それぞれについては、
宝塚歌劇団の若手で脚光を浴びたのが、宙組の公演で作・演出を手がけた原田諒。
「『ロバート・キャパ』はミュージュカルだが、せりふ劇としても十分面白い」「『華やかなりし日々』は、自分が知らない一昔前を描く手腕が、久世光彦を思わせる」など、若い才能の出現を感激する声が相次いだ。衣装の有村淳にも、「時代を理解しながら、美しい色遣いでデザインしている」と支持が集まった。(読売新聞記事より)



ついついオリンピックに気を取られ、2012夏ポートレイト・舞台ポートが発売されていたり→こちらへ、スカステニュースで銀英伝のCSのインタビューが流れたりと色々の報告が遅れていますね。(^^ゞ

暑いなあぁ・・・

そう、暑いなぁ・・とぼやいているうちに、月組は千秋楽を終え、花組が初日を迎え、星組も新公を終えてあと一週間程となりました。
そして、宙組かなめ氏お披露目まで34日となりました。

あ、BEST STAGE9月号を手に入れました。
ペラペラとめくっていると、イケメン君達が写っています。
男役さん達のヘヤースタイルは、メンズと同じなのねぇ。まぁ、それがより男(男の子)らしいと言えばそうですが、その昔の男役さん達の独特なスタイルを知る者としては、それが懐かしく思えます。
どうであれ、特殊性は消えないのでね。

さて、かなめ氏。
ぐる関ほどの囲みラインメイクではありませんが、目を強調されています。
ピンクのブラウス(去年の12月のお茶会で着用されていた)が柔らかで女性を感じさせる。

記事の中で、キタロウ君に触れています。
「ファンの方が一番喜んでらっしゃるかもしれませんね。」
「宙組に来てもらえたのは凄く嬉しいです。」
「良きライバルであり、わかり合える仲というのが、役にもそのまま当てはまるんですよね。」

そう、そうなんですよ。だから、期待しています。ずっと一緒に宜しくお願いします。



新人公演

一部の配役・・・主演だけですが、発表されました。

主演2回目のりく君とまりあちゃん。

りんきら君は主演取れなかったのね。ま、仕方ないか。
これからはどんどん下級生を押さなきゃです。

でも、今回は男役陣に役が多いので若手君達の活躍の場が広まるかな。
その分、娘役はどうなんでしょうね。



まあ、また観ないかな  新公は月組だけというエコなファンライフです。


当たるものですね。。。

開局10年記念 
タカラヅカ・スカイ・ステージ オリジナルカレンダー 
スカステカレンダー
クリックすると大きくなります。


毎日のオープニングコールを並べたカレンダーです。
ふらっと?申し込んだのですが、当たりました!

当たるものなんですね~(^^♪




それから、昨夜、やっとWhat’s up 宝塚#122を見たのですが、
宙組銀英伝の制作発表の時に収録されたかなめ氏のコメントがあり、ニュースとは違う少し砕けた雰囲気のものでした。
What’s up 宝塚では、ニュースで放送されたもの以外の映像を流す事が多いので要チェック!!(^^♪


コメントお返事を畳みます。(パープルさん、かっちゃんさん)
Read more
パープルさん、かっちゃんさんへ

お二人とも当選ですか。おめでとうございます。
相当数当選しているのかな?(笑)
何年かたって、あの人この人辞めちゃったねぇとか思うのかな。。。
Hide

ベストステージ9月号

明日27日発売です。かなめ氏の写真が掲載されます。→こちらへ


ロズさん、お知らせありがとうございます<(_ _)> (^0^)/



ダンサ・セレナータ/セレブリティ

観劇してきました。

う~ん、マリポーサとブエノスアイレスを混ぜたような?
舞台全体暗いシーンが多く眠くなりそうに。
ちえちゃんが居てねねちゃんが居て・・・二番手らしい紅君が居て・・・どうでも良い役(kYなヘタレ)のマカゼ君が居た。(笑)
すずみんは、印象が薄いです。れみちゃんはいつものごとく頑張ってました。
紅君も頑張っているのですが(歌は上手くなったと思います)、秘密警察にしては優しくて。
お話し全体に無理やり感が。。。
あと、ねねちゃんのダンスが良かったな。鍛えられたね。
残念なのは、わかばちゃんとマカゼ君。厳しいようですが、お芝居の成長を感じない。。。ファンの方、すみません。でも、そのダメダメ感が狙いなのかな?
あ、マサコさんが居ました。ねねちゃんと兄弟ってお似合い。そして、違和感なく見ていました。
ラストのちえちゃんとねねちゃんがキスしながらクルクル回っているのが素敵でした!!

ショーは暑苦しい衣装が多くて。(苦笑)
稲葉先生、テーマはあってもちょっとバラバラ?
すずみんは最後だからか、かなり真ん中が多かったですね。
そして、マカゼ君がかなり押されてて。

でも、星組らしい元気の良い豪華なショーで、お芝居の割り切れなさを吹っ飛ばしているような。
そして、やっぱりちえちゃんがパワフルでカッコよかった!



今夜は新人公演ですね。
マカゼ君とわかばちゃん・・・う~ん。。。


グラフ8月号を買いました。
かなめ氏の―アソート―、男子でした。カッコイイ。
表紙のまさお君がかなめ氏に見て見えるショットがありました。
細身な男役だからね。
「初・スチールと初・グラフ1人撮りスナップ」どちらも懐かしい
「凰稀かなめを3Wordsで表すと?」→変わってる・ミステリアス・一途という答え。
変わってるかな?ミステリアスはある、ある。一途・・かもね~が、私の印象です。
そして、「こんな時代もありました」は、追憶のバルセロナの解放された囚人のこの役が印象的でした。


では、コメントお返事します。(メロメロさん)
Read more
メロメロさんへ

コメントありがとうございます。
ぐる関のメイクは濃いですよね!そう、力が入りすぎたのかも?

ちぎちゃんバウは、好評なようですね。
月組公演が始まる前に、青年館公演を観劇してきます。


Hide

お返事です。

かっちゃんさんへ

コメントをありがとうございます。

そうですかぁ、フットルースは、かなめ氏では無くて、キタロウ君とまぁ君がご観劇だったのですね。
では、友人の見間違いかも知れませんね。
22日は、大劇場、バウ、梅芸と3ヶ所で公演中。生徒さんもどれかをご観劇でしょう。

>双曲線上のカルテはいろいろツッコミどころはありますが、まずまずの作品でした。泣けます! 笑えます! 考え
させられます! またチギちゃんとトモミンがかっこよくて!! やっぱり白衣は反則です(笑)

観劇予定ですので、楽しめそうですね。感想をありがとうございました。







昨日は

宙組のお稽古はお休みで、キタロウ君とかなめ氏が「フットルース」をご観劇だったようです。
久々に同期で並んでの古巣・雪組の舞台観劇、きっと楽しまれた事でしょうね。(^0^)/

ところで、友人がぐる関の録画を送ってくれまして、流して見たのですが、
しきりとかなめ氏の様子を伺いながら話すみりおんちゃん。まだまだ緊張なのでしょうね。
でも、かなめ氏のメイク、濃すぎませんか?折角の美しさが・・・・
ニュースで見た「10周年イベントトーク」の紅ちゃんも濃いけれど、紅ちゃんの方が綺麗だなって。
うん、目の周りを囲いすぎだなぁ。。。。
役を意識したのかな???でも、過ぎだなぁ。。。。残念。


内容はまた明日にでも。


見逃した。

今日のMXTVのカフェブレイクでは、銀英伝制作発表とその後のインタビューが流れたようです。

見逃したので、土曜日の再放送をチェックしようと思います。






プルミエールとぐる関

ロズさんからは、WOWOWプルミエールとぐるっと関西で流れたかなめ氏とみりおんちゃんの様子を教えて頂きました。(写メ付き)

プルミエール
WOWOWでは制作発表の模様と、その後トップお二人の会見の模様が流れました!
「トップスターとして初仕事でしたが」の問いに、「とても緊張していました。胸がドキドキして、1人で隠れちゃいました。あまりにも緊張し過ぎて隠れちゃいました。」と話されていました♪
「新生宙組のキャッチフレーズは?」のムチャぶりに、いきなり!?「ムチャぶり苦手なんだよなぁ」と言う、かなめさんです。周りから笑いが起こっていました(笑)
そんなかなめさんが考えたキャッチフレーズは、「よく食べ よく寝 元気な宙組」でした(o^∀^o)



ぐるっと関西
こちらはぐるかんのお二人です。
ラインハルトの様にカラコンを付けての登場でした!
コンビを組んだばかりのお二人にお互いのことをもっと知ってもらおう!と言うことで、「聞いてびっくり!5つのクエスチョン」を○×で答えるというコーナーがありました。○×の札を出すときにかなめさんの様子がうかがう凛音ちゃんが可愛かったです。
キャパやカナリア、制作発表の映像も流れました。制作発表の映像は、スカステとはまた違うアングルで新鮮でした。


ロズさん、ありがとうございました。そのまま写メも載せさせて頂きました。(^^♪

配役表改訂版(メロメロバージョン)

メロメロさんより改訂版が届きました。ありがとうございます。


ラインハルトとアンネローズゼの生い立ち、宮廷での権謀術数のなかでラインハルトが野心を持つ様子が描かれるのでしょう。
銀河帝国の中でラインハルトが実績を重ねたのち大貴族連合と対決するリップシュタット戦役が主なストーリーになるようですね。
銀河帝国と対立する同盟側にも内包した争いがあり、経済力で自治を維持しているフェザーンとの絡みもありそうです。
なんといっても、ラインハルトとアンネローゼの豪華に美しい姉弟、その二人を慕い続けるキルヒアイスの三人の麗しい心情が見どころです。
ヒルダを どうからませるのか、見てのお楽しみですね。 
                 
銀河英雄伝説配役表(byメロメロさん)

配役5
配役6

配役の背景

メロメロさんより配役の参考にと、資料を頂きました。


1111-1.jpg
1111-2.jpg


あら、うららちゃんは美少年役なの?それはお似合いかもしれませんね。
メロメロさんの仰るように、圧倒的に帝国軍が多く並ぶと壮観かも。
今後、人物相関図が出るまでこれとにらめっこかな?(^^)
メロメロさん、ありがとうございました。<(_ _)> 




宙組配役

某所よりコピペ。


銀河英雄伝説配役
ラインハルト・フォン・ローエングラム 凰稀 かなめ
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ 実咲 凜音

ブラウンシュヴァイク公爵   一樹 千尋
リヒテンラーデ/ムーア中尉   磯野 千尋
皇帝フリードリヒⅣ世    寿 つかさ
アマーリエ         鈴奈 沙也
ベーネミュンデ侯爵夫人   美風 舞良
パウル・フォン・オーベルシュタイン  悠未 ひろ
ドミニク           大海 亜呼
ヤン・ウェンリー       緒月 遠麻
ジークフリード・キルヒアイス  朝夏 まなと
オスカー・フォン・ロイエンタール  蓮水 ゆうや
アンスバッハ/ラップ少佐    凪七 瑠海
ジェシカ            純矢 ちとせ
アンネローゼ          愛花 ちさき
ウォルフガング・ミッターマイヤー  七海 ひろき
ルビンスキー         鳳樹 いち
クリスティーネ         花音 舞
リッテンハイム侯爵      風羽 玲亜
マリーンドルフ伯爵/ラオ少佐  天風 いぶき
サビーネ           花里 まな
ラインハルトの父/シトレ     天玲 美音
ビッテンフェルド         澄輝 さやと
エリザベート          綾瀬 あきな
アンネローゼの女官       舞花 くるみ
フレデリカ          すみれ乃 麗
フレーゲル           月映 樹茉
ルッツ             凛城 きら
グレーザー(医師)       松風 輝
ワーレン           愛月 ひかる
トリュー二ヒト        星吹 彩翔
アンネローゼ(少女時代)   瀬音 リサ
ケンプ            蒼羽 りく
ヴェストパーレ男爵夫人    夢涼 りあん
リンチ             美月 悠
ラインハルト(少年時代)    彩花 まり
キルヒアイス(少年時代)    真みや 涼子
ユリアン            伶美 うらら



細かな事は全く分からない私です。詳しい方の解説を聞きたいな。。。


あと、今夜の月組さんTV出演(VTR)は、20時半から21時の間とか???ほんま???
ちょっと見てみよう。。。映ってるかな???(^^ゞ







せしこさん(大湖せしる)

セシル・・・のまんまじゃ変ですよね。
もしかして「せしこ」さんになるのかな?←冗談ですよ。

朝日新聞デジタルに「双曲線上のカルテ」舞台写真が。→こちらへ
綺麗な女役さんに変身しています。

青年館公演を観る予定です。
その変身ぶりを。そして、ともみんの雪組デビューぶりを見てこようと思います。



色々と放送が。

まずは、関西地方限定で、
ぐるっと関西お昼まえ7/21(土)11:20~12:00

そして、WOWOWプルミエールで、
7/21(土)15:30銀英伝制作発表→こちらへ

色々とという程でもなかったかな?(苦笑)



銀英伝、集合日以降連日遅くまでお稽古(自主稽古?)されているようです。
いつものことですが、気合十分!!



明日、ご覧になる関西方面の皆さん、楽しみですね(^0^)/


そうそう、明日のFNS27時間テレビでは、月組さんの「いいとも~」が流れますね。
どの時間に放送されるのでしょうね?


宝塚歌劇団のメディア出演が続きます。


宝塚ジャーナル

銀英伝制作発表の模様が詳しく書かれています。写真も多いですよ(^0^)/→こちらへ

かっちゃんさん、お知らせありがとうございます。(^^♪

Part2へ続く・・・とあります。見逃さないようにしなくては!





追記
お返事です。(あさきさん)
Read more
あさきさんへ

コメントありがとうございます。
色々ご覧になるのですね。羨ましいですよー。こそっとレポしてくださいね。(^0^)/



Hide

新生宙組スタート!!

今日は宙組公演集合日でした。
まだお稽古は終わっていないようです。
お稽古初日からヒートアップしていることでしょう。

さて、
お披露目公演なので退団者が居ないと思っていたら、じゅまちゃんと雪乃心美さんが辞めるのですね。

ちなつちゃんと同期のじゅまちゃんです。ロイの子供時代を熱演していたのに。。。


ところで、東京ウォーカーが発売されていたのですね。
すっかり失念。スミマセン。<(_ _)> 

でも、ここでは大きな本屋さんが無くて・・・どうも乗り遅れてしまいます。(-_-;)


追記
かっちゃんさんより

今日のスカステニュース、制作発表会の直後に、ラインハルト様が公演について話されてる映像流れてましたね。お初かな。。。と思うのですが。

かっちゃんさん、ありがとうございました。
ニュースはまだ見ていませんでしたので、今、早速再生して見ました。
公演PR映像ですね。
当分はこれが流れるのでしょうね。(^0^)/





スカステ10年の軌跡

番組を早送りしたり戻したりして見ていたのですが、スカイステージの今後にやって欲しい事をOGさんや現役さんたちが話していて面白かったです。
生徒さん側でも、舞台とは違うオフの顔を知って欲しいようですね。
フェアリーであっても生身の人間。ファンとのより大きな結びつきを求めてられるのかな?
そして、やっぱり生徒さんも宝塚ファンなんだなって。
また、大劇場や東京宝塚劇場へ足を運ぶ事ができない方達にも楽しんで欲しいと望んでられる。
これが開局時の一番のテーマだったようです。
対談メンバーは、現役は、オトヅキさん、まっつ&キタロウ。まさき、みりお&みやるり。ねねちゃん&れみちゃん。みりおん&ちゃぴ。ちぎ、コマ&ともみん。まさこ、紅&まかぜ。などなど。
あとは、石田先生、檀ちゃん、水さんとユミコさん、コムさん、さえちゃん、などなど。

ちえさんとかなめ氏をもう一度見直そうと思ったら、義母がお昼寝から目覚めまして、また夜まで不可となりました。
ええ、起きたら、お相撲の放送を見る義母なんですよ。(笑)

しかし、前回の7時間と今回の5時間、すべてをコピーするのは長いですし、見直すのも時間がかかる。
面白かったので全て残したい気もあるのですが、さて、どうしよう。



ここで、はんなりママさんからコメントを頂きました。

マント捌きもステキで、眼は色づいてましたね。華麗なる軍服姿でセリも使って振りもあって大がかりな製作発表は宝塚の力の入れ様を表していますよね。
今、娘に借りて原作を読み始めました。壮大な宇宙戦争なので、アナログ人間には分かりにくい箇所も有りますが、なんとか予備知識を得たいと思っています。
かいちゃんは『銀英伝』の大ファンらしく語る語るなので、かなめちゃんもいっぱい聞いていることでしょう。
と~ま君のヤンは敵ながらアッパレな方なのでうちの娘もキャラクターに思い入れが大なのです。期待されると頑張ってくれるのがタカラジェンヌなのでクールさが斜めで戦略に長けるヤンを舞台で確認したいです。
そして、キルヒアイスまあくんがラインハルトかなめちゃん大好きになってくれたら二人の関係性が親密感が増して舞台で醸し出してくれるかな?と期待してます。
楽しみですね~(^-^)v


ママさん、いつもコメントをありがとうございます。
私は相変わらず予備知識無しで向かいそうです。(苦笑)
東京に来るまでに色々と情報を得ることができますので、それで十分かなと。(負け惜しみ???苦笑)
壮大な舞台、さて、どんな舞台に仕上がってくるのか、私達ファンのみならず、銀英伝ファンの方たちにも興味あることでしょうね。
まぁ君は、グラフ表紙でご一緒しているのできっと大丈夫だと思いますね。大いに楽しみです

動くラインハルト様

ニュースで、やっと見られました。

セリ上がりのラインハルト様に続き、メンバーが次々と。
喜怒哀楽の激しい、でも、少年の心を持つラインハルトとか。
大きな男役さんばかりなので、みりおんちゃんが更に小さく見える。(^^♪
ワクワクしてきましたね

かっちゃんさん、コメントをありがとうございます。

小池先生の話では、2巻が中心になるとか。読んでいないのですが、私もますます期待感が増してきました。
楽しみですね~



あと、

ポートレイト・舞台フォトポストカードが発売されます。→こちらへ


スカイステージ特別番組の録画を見ていました。
ニュースの初回放送がかなめ氏!!
その映像が度々出てきましたね。
10年間を振り返っての映像では、見てないものもあり、楽しいです。
ちえさんとかなめ氏のトーク。
ちえさんのパンツの色に合わせて、黄色いトップスで登場。
仲の良い二人のリラックスしたトークでしたね。
途中までさぁ~っと流しただけですので、夜になったらもう少し詳しく書けるかな?


制作発表の模様は、

明日(月)のニュースで流れるようですね。
ニュースの最後のお知らせでチラッとだけ動くラインハルト様を確認。(^^♪

そして、火曜日は集合日。いよいよ始動なんですね。

いよいよ・・・か。


いよいよ・・・だ。




フットルース

かっちゃんさんから「フットルース」観劇感想を頂きました。



こんばんは。ぐるかんのゲスト出演楽しみです。ちーちゃんが、どんな質問してくれるのかも(笑)

さて、今日はフットルース観劇してきました。

実はあんまり期待してなかったのですが、キャストの皆さん、アテガキっていうくらいにハマってまして。高校生は高校生に見えるし、大人たちは老けメイクしてなくても大人に見えるし。
国と時代背景は違えど、普遍的なテーマなので、心に染みる舞台でした。
特に、まっつの牧師(ミミちゃんアリエルのパパ)が秀逸でした。
親子のバトル、大人(まっつ)と青年(キムちゃん)の真剣なぶつかり合い、客席参加型のダンス場面もあり、とっても興奮した舞台でした。笑いあり、涙ありです。
まだ観てない方、観ないと後悔するかもです(笑)


かっちゃんさん、ありがとうございました。

私の知人も先日観て「楽しかったよー」と言っていました。
映画はTVで二度見た覚えが・・・ダンスシーンが好きでした。
オトヅキさんは、こんな風に明るく若い役が一番お似合いだと思いますね。(見ていないけど)
そして、
最期の「仁」は日本物。オトヅキさんの日本物も観たかったので、良い巡り合わせで良かったなぁと思います。

取り急ぎ

お二人から頂いた情報を。

ロズさんより

ぴあのサイトにも昨日の記事が載っていましたよ!
ぞくぞく出てきて動く姿が楽しみですね♪→こちらへ
↓うわっ、大きな写真が!!
Baidu IME_2012-7-14_15-18-21


あと、「月刊COMICリュウ」の編集者?さんのツイッターに、今日かなめさんをインタビューされたと♪
その模様は8月18日発売の「月刊COMICリュウ10月号」に載るそうです!!
「月刊COMICリュウ」の公式から見れるので覗いてみて下さい☆
今までになかったジャンルですよね。

----------

かっちゃんさんより

制作発表、写真見ているだけで、ドキドキしっぱなしです。動画になったらどうなるんでしょう!!

さて、写真家吉原朱美さんのブログブログな毎日に制作発表の様子と、ユズルン、チエちゃんの写真撮影の様子がアップされてます!



お二人とも、ありがとうございます(^^♪


今日はお盆のお墓参りに行きますので、取り急ぎ。


追記
関西地方の方へ~7/21ご出演→ぐるっと関西お昼まえ
みりおんちゃんと二人です。生で並びを見てください。

公式より

公式に制作発表の様子が出ています。→こちらへ


また、特設サイトでは、こんなの(プロフィール)も!→こちらへ

制作発表

その模様が掲載されています。a>こちらへ


ひとまずお知らせまで。





追記

あと、こちらも(^^♪

ニュースには来週流れるのかな?

8/3からの放送が待ち遠しい。