感想を。

(やはり、かなめちゃんにメロメロな・笑)メロメロさんより新人公演の感想を頂きました。

  

遅ればせながら、新公の感想です。
全体に本役さんたちのクオリティの高さを実感した公演でした。
りくちゃん、ビジュアルは良くかっこいいんですが歌が不安定。うまくなってきていると思っていたので意外でしたが、ラインハルトの、特にリンデンバウムの歌は難しそうです。舞台が進むにつれて落ち着いてきましたので、胸をなでおろしました。
最後の挨拶は二度も声がひっくりかえってしまい、可愛いやら可笑しいやらで、客席は湧き、新人の良さを堪能させてもらいました。ニュースではうまくカットされてましたね。
まりあちゃん、可憐でした。あの学年で初ヒロイン、上出来でしょう。
りんきら、安定のうまさですが、ヤンはもう少し力を抜くと完璧です。
みなとくん、歌えるんですが、小柄で可愛いのがキルヒアイスとしてはニンが違うのかと。場面短縮のためにでしょうけど、キルヒアイスが言いそうにないことを言わされていて、気の毒でした。
あいちゃん、ともさんを良く研究してました。ガタイがいいので、似合ってますし、よい勉強の機会だったことと思います。
うららちゃん、綺麗なんですが、娘役としてはやはり大きく感じます。
留依さんと和希さんのうまさに瞠目しました。なんて下級生でしょう。

不覚にも春瀬くんにときめいてしまいました。発声が出来てないので、男役としてはまだまだなんですが、あの目の使い方、ビジュアルの美しさは目を引きます。こうして宝塚はわたしを引き留めるのね(-_-;)

いつも思うのですが、素のお化粧で見たらどの子も目を引く美しさなのに、舞台では見つけられなくて、そのギャップに驚きます。玉石混交だと辛いねぇ。



メロメロさん、ありがとうございます。
人それぞれの感じ方がありますので、こうやって感想を教えて頂くと参考になります。
生憎、都合がつかず新公はパスですが、本公演で若手さん達を見るように心がけたいと思います。
ただし、限られた観劇回数ではそこまでの余裕は無いかも知れません。

        


追記
こんなのも予約販売されるのですね。→こちらへ
色々ありすぎて、ついて行けていません(>_<)


追記その2は畳みます。
Read more
追記その2・・・つぶやきとも言える。
大劇場は、客席の入りがイマイチ伸び悩んでいるみたいですね。
でも、東京はすでに○が4個に。チケ難となるのかしら?
月組さんもロミジュリで沢山入って盛り上がったように、銀英伝も大盛り上りしますように♪


そう思っていたら、ぴあの戻りがあったらしくぴあのサイトでは○が増えています。

ガンバレ~!!



Hide

オールスター感謝祭

ご覧になりましたか?
いきなりベルばらで始まりましたね。予告もあったし。
ちゃぴちゃん、みみちゃんが可愛いこと!!
最後は大階段を使ってのミニフィナーレもあり、テキスト版でした。
桂ちゃんとまさお君の最初で最後の共演。
見ている芸能人の人達も真剣な表情でしたよね。
観覧席?とあの距離で踊る生徒さん達も緊張されたかな?
桂ちゃんとみみちゃんの「仁」のデュエット曲が良かったです。
如何にも宝塚!!らしくて美しくて良かったと思います。

ひと時、楽しませて貰いました。(^_^)


追記
みさきさんより
>時間短くて残念。あのメンバーで舞台メイクしてもったいない。。
仁とベルばらの宣伝なんですね。二人とも歌安心でOK。娘役も可愛くてOK。
司会者観たことないとか~~関西の芸人でそれは勉強不足!!
まあ、臨時?に楽しいもの見た~~で納得でした。。。


そう、今田さんは勉強不足ですわね。それでも、初心者の驚きが伝わったというのもありますが。
そして、やっぱりあのメイクと衣装でないと宝塚じゃないと思います。
生徒さんたちは、公演のお稽古に加えて大変だったでしょうが、宝塚を広める良い機会だったと思います。
外部出演の度に、毎回同じ繰り返しのように思うけれど、定番が一番!
(生徒の)皆さん、お疲れさまでした。

今夜は

オールスター感謝祭

どうやら、21時以降に出演らしいですよ。
久々の全国区のメディア出演です。録画しておこうっと。


その前に17時からプルミエールでゆうひさん特集ですね。
我が家はWOWOWは加入していないので見られません。
ご覧になれる方、レポを頂けたら・・・<(_ _)> 



そして、パープルさんとこでこんなんを知りました。

0401500000314.jpg0400670002302.jpg

パスケースとエコカイロ。色々と発売されますね。→こちらへ



かる~くお知らせ

天霧真世さんのブログに宙組観劇時の事が書かれています。
検索して訪ねてみてください。

ロズさん、教えてくださってありがとう<(_ _)> (^^♪



追記
かっちゃんさんよりコメントが。

>マヨマヨのblog見てきました。すごいお宝ショットですね!!
情報ありがとうございました。
私の観劇はしばらく先になるので、カナメさん欠乏症になってたところでしたので、救われました(笑)
春日野先生の劇団葬、カナメさん、髪の毛を黒にして臨まれたようですね。頬が痩けてるようで、お疲れたまってないか、ちょっと心配になりました。



はい、下級生からの贈り物・・・嬉しいですね♪

やはりトップは重労働なのでしょう。痩せるのは、トップの宿命。(そうでない方もいらっしゃったけど)
それに、いつもより一週間長いですから・・・あと一週間余り、がんばってぇぇぇぇぇぇぇ!!(^-^)/


青年館公演など

「ジャン・ルイ・ファージョン」観てきました。
1幕は裁判や獄中の場面が繰り返され照明が暗くてテンポも遅くて。
でも、2幕になると、ファージョンの香りやアントワネットに対しての真摯な態度が大きく出てきて、また、弁護士(さやかさん)とのやり取りなど緊迫してきて面白かったです。
紅君のコスチューム物がぴったりで、また、演技や歌も良くなっていました。真ん中の貫禄のような物も感じました。
マカゼ君のフェルゼン・・・なんとなく印象に残らないんですよね。もっとメリハリのある演技を・・・
アントワネットのわかばちゃんが、予想外に良かったです。歌も無難にこなしていたし、少し小さめではあるけれど優雅さと可憐さと美しさがありました。
奥さんのあいりちゃん。CSの初日の映像で見た時よりは良くなってたかな。でも、感情が高ぶった時の声が別人のように叫んでいてびっくり。まだまだ声のコントロールができていない。ただ意外に大人っぽかったです。見た目は良いのでお芝居を頑張って!
さやかさんは、やっぱり上手い!味わいあって盛り上げていくのが上手い!!
しゅう君も男っぽくて良かった。
そして、漣れいらさんがとても好演していた。目につきました。
あとは、全く顔の分からない下級生が多くて。
主要メンバーを全ツに持っていかれていたようですが、コーラス・群舞は少人数でも見せ方が良かったかな。
見終わって、良い作品だったなぁって。

終演後のオマケ、ミニトークショーは、ロクシタンの広報さんが出て、主にロクシタン話題で終わったきらいが。
でも、レンタ君の司会と紅君のしゃべりで大笑い!!楽しませて頂きました。



tomojinさんより観劇レポが届きましたのでご紹介しますね。

 

こんにちは!
新人公演観がてら、二度目の遠征に行ってきました。
前観劇は初日明け三日目でしたが、今回は大分日も経ち変化振りも楽しみでした♪

前回のお話の鬘とメイクですが、少々変わってました。
鬘は脇のふくらみがなくなり(少なくなり?)上に立て気味になった感じでした。ただ・・・後半に行くとペタッとしてきてしまうようで残念><;
メイクもシャープになって、少しすっきりしたかな・・・?という感じです。
いろいろと研究されているのだと思いました。

新人公演はりく君大健闘でした。幕開きはド緊張なのがよくわかり、歌は危なかったです。でも、一曲歌って落ちついたようで、あとは危なげなく安心して観られました。
りくハルトはスカステニュースでもご覧になられたことと思いますが、なかなか男前で素敵です。でも・・・人間的で(そりゃ人間なんですが・・)、あのかなめちゃんの超人的な雰囲気というか佇まいは何なのだ?と改めて感心した次第です!

新人公演ですから若いのは当たり前のことですが、本役さんコンビに比べて、一世代前のラインハルト&キルヒアイスというところでしょうか。
本公演ではどうもまあ君キルヒアイスが年上に見えて・・・(私だけかもしれませんが・・)かなめハルトよりもさらにピュアでならねばならないのが、どうもそう見えず・・・かなめハルトの透明感が凄すぎ??
大声では言えませんが(でも言いたい!)、キルヒアイスはミスキャストだと・・・個人的には思います。
その点新公のキルヒアイス(桜木みなと)は何とも可愛らしくてピュア感満載で、ちょっと幼い感じはありましたが、この純粋さをかなめハルトに向けるキャストだったらなぁ・・・と思いました。ラインハルト大好き感も見えていて(失礼ながら本役さんにはあまりない感覚です。もしまあ君ファンでしたらお許しを)、技術以外の重要さとそれにより相手役さんの輝きを増せる重要さのようなものも感じました。
私的にはカチャがキルヒアイスだったらもっと良かったように思えます(言ってみたところで仕方ないことですが・・)その方が多分かなめハルトの色合いはもっと原作に近づいた気がします!

あと愛ちゃんのオーベルシュタインが素晴らしかったです。このまま博多座は愛ちゃんでOKと思いました。

次観劇は東京初日です!
うだうだと長文失礼致しましたm(_ _)m


tomojinさん、ありがとうございました。
スカステニュースで新公の様子を見ましたが、あれを見た限りでは、皆、歌えていて悪くないじゃないって感じました。でも、やはりあれだけでは感想としては偏ってしまいますね。
また、本公演でのまぁ君の事も、また違った目線で書いて下さり、参考になります。
残念ながら東京の新公は観られないのですが、よりステップアップして欲しいと願っています。
そうそう、博多座では、ともさんが主演公演で抜けるので配役が気になるところですね。さて、どうなるのでしょう?
まだまだ先の事。まずは、東京公演が待っています。よりパワーアップした舞台を期待しています。



追記
明日の夜、TBS系の「オールスター感謝祭」に月組全ツメンバーと音月さん&みみちゃんが出演→こちらへ



色々と

maiさんから新人公演の簡単なレポが。
ロイエンタールの春瀬さんがカッコ良かったとの事です。←えっ!?
まぁ、ある意味新人らしい公演だったみたいですね。(ーー;)

さきさんからお返事が。
さきさん、そう、恋なんですよ。
私、ブログを始めた頃に「片思いの恋」と書いた覚えがあります。男も女もなく「恋する気持ち」いいですよね。
ウキウキ・ワクワク・ドキドキ。これ、若返りの秘薬です。(^_^;)

みさきさんからは、青年館「ジャン・ルイ・ファージョン」楽しかったとレポ頂きました。

また、今、友人から「青年館客席にとよこさん、れみちゃん、まゆゆが来ています」と連絡がありました。
うわっ、豪華な客席ですね~。


ほんと、今日は色々です。(^_^)






続けてお返事ほか

ロズさんから昨夜コメントを頂きました。
  

こんばんは☆

ラインハルト様の目元の水色が全然気にならなくなってきました(笑)
1人あの鬘にあのメイク、浮いてもおかしくなさそうなのに馴染んでるって凄いッ!って思います。
1週間ぶりの観劇でしたが、かなめさん痩せてきたみたいで更に小顔に…補正もたしたのか、ラインハルト様が気持ち大きくなってました(笑)
たくさん食べて頑張って欲しいですが痩せてしまうのは仕方ないのかな(´Д`)でも声量は落ちてないので凄いッ!!
歌も観るたびに落ち着いていってます。

りおんちゃん、今日のパレードはヒルダちゃん仕様のショートでした♪
たまーーにショートになるみたいですね♪


ロズさん、ありがとうございます(^_^)
そういえば、皆さん、かなめちゃんの事がメインでみりおんちゃんの事は余り書かれていませんでしたね。
役の比重的にヒロインよりは軽めなのかも知れませんが、突撃舞台レポートでは、慣れたと話されていて「おおっ」とその舞台度胸に驚きました。なかなか大物?いえ、天然ちゃん?はてさて???
今までは、何分にも地味なイメージを持っていたので、どんなヒルダちゃんを見られるのか、そして、パレードの鬘チェック!を楽しみにしていましょう。


今日は紅君の青年館初日ですね。私は明後日のトークショー付き(運良く!)を観てきます。

そして、今夜は、宙組新人公演ですね。
友人は観る筈です。感想を聞けるかな?




追記
公式の特設サイトでは、舞台写真が更新されいます。→こちらへ

私、鬘無しの紅い衣装のデュエットダンスが楽しみなんですよ!せわしない振りみたいですけどね(^^;)
ずっと鬘を被っているので、あれを見たらホッとするような気がしています。(^^♪


お返事です。

みさきさんへ

今のテンプレート、読みやすいですか?
黒い背景できついかな?と思ったのですが、字が大きめなので選んでみました。
私も含めて(笑)字は大きいのが良い!




さきさんへ(今回はこちらでお返事します)

>わたし あのインタビュー観て 益々かなめさん大好きになりました(笑)
今は 銀河に行けない分 リラ壁や美しき生涯など周りが呆れるほど観てます(笑)中略
かなめさんの持つ優しさがにじみ出て・・本当に 真面目で優しい人なんでしょうね
一生付いて行きたい(笑)


あっ、あのぉ~、一生は無理だと・・・(^^;)
でも、そのお気持ちは「恋」ですかしら?
恋する気持ち、よく分かります。はい!(*^_^*)

レポなど

昨夜、かっちゃんさんからレポを寄せて頂きました。
 

こんばんは
1週間ぶりに観劇してきました
実は体調が絶不調だったのですが、カナメさんの麗しい姿を見た途端、回復してました(笑)
何よりの薬だねって友人にも言われました

さて、今日はいつも笑いのツボを共有できる友人と、超良席で観劇してまいりました(宝塚友の会様、ありがとう)
友人は銀英伝のファンでもあったようで、それはそれは楽しんでおりました
「ラインハルト様が翻したマントから良い香りが漂ってきた」と申しておりました(私はわからなかったです。。。ファン失格)
こんな前で観たのは初めてでしたので、ラインハルト様のアイスブルーの目が肉眼ではっきりとわかりました!!
ロイエンタールのカラコンもわかりました
壮大な舞台なので、遠景で十分楽しめ、また全体を観るには後方席とか2階席がオススメなのですが、た~まには前方席でピンポイントで観るのもいいですね

今日はあるスターさんにウィンクを2回もされてしまい、固まってしまいました(笑)
カナメさんが出てらっしゃらないところだったのでよかったものの、心の中で「私はカナメさんのファンです~」って叫んでました(笑)

初日以来の観劇の友人にも出会い、彼女いわく「すごくよくなってるね」って、とてもうれしかったです




かっちゃんさん、ありがとうございます。
そう、たまには前方席でドキドキするのも楽しいですよね。(って、そんな機会はなかなか無いのですが)
私も、東京公演では2列目ですが友の会席をゲットしています。(←かなり楽しみ♪)
スターさんのウインク!!嬉しいですね。かなめちゃんだったら大変な事になったでしょうね


ところで、銀英伝DVD発売(11/10)の事が→こちらへpc1_m.jpg

お彼岸など

お彼岸という事でお墓参りへ。
都内に向かう道はやはり混んでいて、義母はくたびれたようです。
30~40分程の移動ならまあ平気なのですが、1時間半もかかると・・・もう無理そう。
可愛そうですが、次回からはお墓参りはお留守番かな。(少しずつ体力も筋力も何もかもが衰えていきます
まあ、義母だけでなく、助手席に乗っているだけなのに風邪気味の私も疲れました。


さて、昨日のコメント欄にコメントを頂いたので、そのままコメント欄にお返事書かせてもらいました。
さきさん、昨日のコメント欄を読んでくださいね。ありがとうございました。(^_^)


tonyさんは、明日、職場の方達と観劇されるようです。職場の皆さんの反応が気になりますね。
tonyさん、楽しんでらしてくださいね~♪

トップスターロングインタビュー

遅くなりましたが、昨日やっと放送を見ました。

インタビューを受けたのは、初日の幕が開いて一週間ほど経った頃でしょうか?
音楽学校入学以前からの事や、初日の感想、これからの事など(話すことが苦手と言う)彼女なりの言葉で淡々と綴っていました。


若い頃、もがいてもがいてもがいていたそう。
(そうかもね。一作ごとに与えられた課題をひとつずつクリアしてきた印象があります。)
自分が嫌で嫌いでなんとかしたくて。そんな頃に「あの日みた夢に」では、一から「男役とは?」と教えてもらい、「堕天使の涙」では、トップのコムさんから多くのことを学んだと。水さんがトップになって「エリザベート」のルドルフは本当に苦労したと。そして、AQUA5のメンバーになってトップさん、二番手さん、三番手さんの近くでお話できて学んだこと。星組への組替えでは、「失敗しても恥ずかしくない、自由にやって良いんだ。」と学び、宙組に組替えとなったら、ゆうひさんから「自分の感性を大切に」と教えられたと。
そして、今、トップに居るけれど、それは皆さんのお陰だと。
宙組は組子みんなで作るもの。若い人たちには、それぞれの思いをぶつけて演じて一人一人が輝いて欲しいと望んでいると。
そして、すべてに「感謝」していると。

ざっと書くとそんな内容でした。




彼女を初めて認識した時には私も「宝塚の男役の為に生まれてきた」と感じた一人です。
そして、漠然とですが、トップスターになる人だと思い続けてきました。
一段ずつ階段を昇ってきてた辿りついたトップの座。
それは、劇団が用意したものかも知れない。そして、それを課せられて必死で昇ってきたのかも知れない。
でも、努力するのは本人。くじけずに続けてきた本人の力。そして、その周りの人達の協力無しでは成し得なかっで事しょうね。
かなりの期間彼女の舞台を見続けてきましたが、そんなにもがいていたとは露知らず、単純にその舞台姿を愛でていた気がします。(劇的に変化する事は余り無かったので、不器用ながらも努力しているとは感じていましたが。)

さて、私の感動の瞬間は一体いつ来るのでしょうね?
これでも、その時々で感動・感激してきたのですが、恥ずかしながら、この目で見るまでなかなかスィッチが入らないらしいので(^_^;)



ここでコメント紹介。
メロメロさんより

贔屓が退団してさびしかった頃、かなめちゃんを見つけて「おったー!」と心で叫びました。「あの日見た夢に」では、あんな大きな役だとは思わずに観劇し、目を見張りました。器用だったら、もっと早く上り詰めたかもしれません。不器用だから必要だった時間、不器用だから与えられた時間を経てきたからこそ、感謝の思いが溢れるのでしょうね。トップとなった姿を目の当たりにみても、彼女の言葉でいう「序」、これからだと感じます。申し分のない美しさに自信が備わった時が楽しみです。わたしはドヤ顔は好きではないのですが、おとなしめの彼女のドヤ顔なら見てみたい(*^_^*)


そうそう、私も同様に「あの日・・・」のロッキーで「男役開眼」したと感動したものです。(今でも好きな役)
書き漏らしましたが、「これからやりたいのはコメディ!」と話していました。
コメディならドヤ顔を見られるかもしれませんよ。(笑)
そして、全てはまだ始まったばかり。これからの楽しみは今までとは違うものとなるのでしょうね。
コメントをありがとうございました。(^O^)


追記
先日のスカステニュースでの「キーワード7」で花組同期のふみかちゃん(紫峰)が「予科時代の授業で教室を歩く姿がカッコよくてスターになると思った」「トップになって嬉しい」と話していました。
嬉しいですね~(^_^)


Read more
かなり以前、かなめファンの友人達と語らっていた時に、ある人が「何でも思う通りにはならないよ!」と私に言った。
確かにそう。こちらがいくら望んでも叶う訳はない。そんな事は重々承知の上で願望を語っていたつもり。
でも、その時ひどく「カチン!」と来たの。もしかしたら、何かが伝わるかもしれないのに~・・・という気持ちだったから。

そして、最近、ある場で知人に対してその言葉を投げかけたくなった。
そこで、ふと、「あ、あの時の言葉だわ」と思い出し、
「買いかぶっちゃいけないよ」のつもりか?それとも「嫉妬」から出る言葉なのか?どっちなんだろう?と考えてしまった。
Hide

日経新聞web・公式より

銀英伝記事が書かれています。→こちらへ


公式では、ともさんとまっつさんの作品の説明、そして、轟さん主演の星組公演のことなどが出ました。→こちらや、こちらへ

轟さん主演はどの公演?と思っていたのですが、台湾公演メンバー外で公演されるのですね。
今頃気づいたのですが、来年はバウホールを使わないの?発表されたのは全て梅芸。(気づくのが遅すぎ!!)



追記
メロメロさんへ

そう、バウホールは改装するのかも知れませんね。

かっちゃんさんより

昨夜のお茶会レポを頂きました。

かっちゃんさん、長文のレポをありがとうございました。
私も過去にレポを書いた事がありますが、思い出しつつ書き出すのは疲れますよね。
本当にありがとうございました。<(_ _)> 

では、以下、レポとなります。

  
今回は超盛りだくさんでした。

トップ就任お祝い、カナメちゃんbirthdayお祝い、カナメclub10周年お祝いっていいくらいにお祝い尽くしで、カナメさん、新郎さんみたいに真っ白のスーツ。

では断片的に思い出せる範囲で。
トップの羽根、通常の羽根より10キログラムほど重く、衣装全体で30キログラムくらいらしいです(場内どよめき)。
ナイアガラバッサーについて、体への負担はない(良かったです)。
好きな衣装、後半の黒い軍服でゴールドの縁取りある軍服。
アイメイクについて、10種類くらいのグラデーションにラメラメが重たくないかっていう質問(場内爆笑)に、重くないです!!ってバッサリ。
カツラはポスター撮影のとは違う物を使用!
人の髪の毛は一年間に20センチメートルほど伸びると美容師さんに聞いたので、2幕のは長め?になってるみたい
この舞台は一年間の展開になっているそうです。

プログラムのこだわり
一人写りを減らして、メインキャストの集合写真にそれは本当はダメなんだけど、劇団と交渉したらしい。
表紙のTAKARAZUKAの文字、いつもなら写真の上に載るらしいのですが、自分の後ろに背負わせたと(写真添付)
ここで、「宝塚を背負わせていただいてます」っていう頼もしい発言!!

組がえのメンバーについて
みりおん(カナメさんは、りおんって呼んでます)人生相談みたいなことをよくされると器用に見えて不器用で、そういう意味で可哀想って。
キタロウ君とは、全然しゃべる時間がないらしい。ここで、会場から、えーって悲鳴あげた人一名、謝るカナメさん。
帝国軍と同盟軍と、全然絡みないからのようです。でも休憩時間に食事とかは一緒に行くとか。
まあ君とは、自由にやってる。彼女はとっても気~つかいらしい。それが今回の役にあってると。
オーベルシュタインから義眼渡された時の感想は、人の体内に入ってたものを手渡すなんて、気持ち悪いって、ホンマに嫌そうでした(笑)

オーベルシュタインとのマントプレーについて
エリザのトートとルドルフの感じで小池先生のこだわりらしいのですが、何回も演出かわり、何が正しい振り付けかわかんなくなったと。夜中の真っ暗な稽古場で大変だったようです。
小池先生が見本見せてくれるのですが、マントにくるまった「みのむし」みたいだったようです(笑)

握手会パート1があり、続いて恒例のドクターカナメ先生
親友のカナメから頼まれたってことで、東京公演中に発売予定の、キャトルから販売されるカナメさん監修のgoodsを披露し、宣伝。きゃなめちゃんのマークがあるだけの超シンプルなデザイン。敢えて名前を表に入れずに、普段使いできるように配慮されてます。アイボリーの布にグリーンの縁取り、中が鮮やかなオレンジ。そこにカナメさんの名前が入ってるとか。ドクターカナメ先生は宣伝上手でした。

さて、今日の先生は往診で、八才の女の子のお悩み相談
将来、男役になりたいとのことで、カナメ先生は、カナメさんの受験生活を例に出して、諦めないで頑張ることと、男役に関してはカナメのDVDで研究すべしと、またしても宣伝上手でした。

それから握手会パート2
往診終わられたドクターカナメ先生に、司会の方が会場の皆さんの様子を尋ねられたところ。。。
「熱あるんじゃない?」って抑えた声でサラッと言い放ったカナメ先生。あの声のトーン、表現できませんが、めちゃめちゃ素敵でした。さらに熱が上がりそうでした。

その後、抽選会やら表彰が。
そしてそして。。。究極のイベントが、カナメさんのお誕生日会!!

お茶会始まる前に、みんなで練習バッチリしたのですが。。。
カナメさんに目をつぶってもらって(実際はカナメさんは後ろを向かれました)、その間に会場のライトが消され。。。
私たちが「カナメさ~ん」ってお呼びしたら、カナメさんが振り向かれました。
すると、一面ペンライトの光の洪水が!!大感動なカナメさんです(笑)
その後、みんなでバースデーソング歌い、さらにホテルのパティシエの方が観劇されてイメージしたバースデーケーキが会場に。これにも大感動なカナメさんでした。
それから。。FCからのバースデープレゼント、お茶会参加の皆さんからのプレゼントなど、いっぱい続きました。
さらに、りおんちゃんからのお手紙、同期の皆さんからのお祝いメッセージが流れ。。。。
メッセージ聞かれたカナメさん、胸がいっぱいになられたのか、涙流されてました。
そらちゃんとキタロウのメッセージが面白かったです。みんなに愛されてるカナメさんに、私もホロリとしました。

今後の予定を話されてる時だったか、東京公演では場面が増えたり、変更あるようなことをおっしゃられてました。
今回のお稽古、ギリギリで作り上げたようで、さらに完璧を期すために手直しされるようです。
どう変わるのか、東京にも観に行かねばならなくなりました。博多でも変わるかも。。。のようです。
もう、付いていくしかないですね。

最後のご挨拶。。。とにかく感謝感謝のお言葉でした。
絶対に今の気持ちを忘れないで頑張ります、みたいなお言葉だったように思います。
トップになると、退団への一歩を踏み出す。。。ようなニュアンスのことを言われてドキッとしましたが、だからこそ、今を頑張りますって感じだったと思います。

最後のご挨拶に私も胸がいっぱいになり、はっきり覚えてなくてすみません。
とにかくカナメさんは毎回、心を込めて舞台を務められてますので、そのお心に少しでも応えられるように、応援し続けます。



かっちゃんさん、最後は決意表明みたいですね。(^_^)←心強いですよ!
さて、
他にも参加された方は沢山いらっしゃると思います。フォローがあれば遠慮なくお願いしますね。<(_ _)> 




追記
メロメロさんからのコメントを畳みます。
Read more
メロメロさんより

素晴らしいレポに拍手です。熱気があって、ギュウギュウ詰め、次回からはシアター形式必須ですね。
いやあ~かなりの増員でよかったよかった。
毎回思うのですが、聡明で穏やかな大人に成長しました。大したものです。
ところで、お茶会って握手で近づくので、緊張しすぎてほんと疲れます。
遠くからガン見したい派なもんで。


何度行っても握手ってドキドキしますねぇ~♪
間近で見ると、キラキラしていたり、良い香りだったり。それに、近くではガン見できませんものね。(^_^;)

コメントをありがとうございました。
Hide

始まりのとき

スカステで放送されましたが、プロダクションノート等と被るような内容でした。

まずは、かなめちゃんの「霧のミラノ新公」から宙組公演までの舞台歴紹介。
そして、みりおんちゃんの初舞台からの紹介。

お互いの第一印象を。
みりおんちゃんは、「(りかさんは)クールなのかな?と。お稽古が始まってからは、自分の事よりも他人(ひと)の事を思う心が強い方だなと。ある意味熱いのかなと感じました。」と語ると、「初めは天然さんなのかな?と思ったのですが、不器用な子だなと。凄く一生懸命だし頑張ってる姿を見るのが嬉しいです。」とかなめちゃんは語っていました。
(通しを終えた時期だから)舞台に行くのが楽しみとお互いに語っています。
銀英伝には3つの国が舞台となっているが、國毎のイメージをだしてくれているので見所ですとも。
みりおんちゃんも、宙組さんは群衆の場面で個々のパワーを出されているので凄いなぁと。
そして、小池先生の演出が意外に細かくて、お稽古中ふと見ると小池先生も集中されていてお稽古場の雰囲気が良いなぁと感じているとかなめちゃんは語っていました。

一部ですが、こんな内容でした。ご紹介まで。


公演は中盤線となりました。公演期間が一週間長いので、楽まであと3週間ですね。



追記

今日はお茶会ですね。(^_^)


舞台写真

近々発売されます。→こちらへ
どの写真も軍服+鬘なので、フィナーレの自毛が新鮮に見えます。(これも、少しずつ変えているとか?)

2013年度カレンダー

詳細が公式に→こちらへ

雪組翔ちゃんが卓上に初登場だったのですね。そうなのかぁ・・・(なんだか不思議)
みやちゃんは順当で、花組へ行ったみぃちゃんが、壮さん、みわっちが抜けてポジションアップなの?

いや、スミマセン。私の正直な反応です。

今日は・・・

今夜の「カンブリア宮殿」で阪急・宝塚がとりあげられ、宙組の舞台も流れたとか。
見られなかったのですが、少し経ったらこちらで動画が見られるようです。→こちらへ



そして、

メロメロさんよりレポを頂きました。


またまた遭遇しました。今日はキムミミです。
しかも、わたしたち(友人2人と)の膝元を通ってですよ。
間近でみると綺麗でいい香り♪

やはりアドリブは出来ないので、キタロウもかなめちゃんも嬉しそうに目線を送っていました。
キムちゃんは時々目元を押えていたようで泣いていたのかも。
去り際に、「JIN、楽しみにしてます」て言ったら「ありがとうございます。お待ちしています。」とあの笑顔で言ってくれました。

その友人たち、親の代から宝塚を見続けて約1世紀、辛口の連中なのですが、かなめちゃんの金髪ロングの似合いっぷりは絶賛しています。
芝居も、演者たちが生き生きと役に息づいてきて良くなってきました。入りが内容に比例していない現状が残念ですが、必ず認められる時が来るはずです。
kaoriyaさま、乞うご期待でございますよ。



メロメロさん、キムミミ情報をありがとうございました。
大劇場のチケット販売状況を見ると辛くなってきますが、東京公演はそこそこ売れています。
きっと東京では沢山の方がご覧になると思いますね。
はい、期待しています!!

VISA誌

VISAの情報誌に掲載されているようです。
以前の取材の写真と同じようですが、かっちゃんさんから写メ頂きました。

こんな感じです。
DSC_0255-1.jpg