スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全然関係ないけど・・・

すみかちゃんのブログ→こちらへ
読んでいるとブログの風景と相まって、穏やかな優しい空気を感じます。
良いなぁ~って。

明日から8月です。
今日は非常に蒸し暑かった!!
また首都圏は暑くなるようです。
全ツ、次は長野ですね。西日本よりは涼しいでしょうが、雨が心配。。。




スポンサーサイト

コメントとお返事

まずは、かっちゃんさんよりコメントを頂きました。

こんばんは!
風共ポスターのビジュアル、最強ですね!!
公式のフラッシュ画像もバトラー出てらっしゃいますよ
バトラーを見たら、ルドルフのこと、忘れてしまいそうです(笑)

さて、愛媛まで追いかけて行った友人より
銅像は「正岡子規」で、「道後温泉を曲がっていく」。。というアドリブだったようです
ショーの客席降りでは、カナメさんの手をつかんで離さないお客さまがいたようです(怒)

それから、福岡レポで言い忘れましたが、パレードの最後、ナイアガラバッサーされてます!!(梅田ではなかったはず)

風共の宣伝されたとき、地響きのような「おー」っていうどよめきが起こってたようです!
各地で宙組旋風巻き起こし、宝塚宣伝隊長を立派に勤められているカナメさんのようです

今日は、道後温泉でゆっくりされているのでしょうかしら(笑)


風共は、世間的にもよく知られている作品だからでしょうか。
客席の反応に手応えを感じてられるかも?
さて、全ツも後半戦となります。
31日西条、2日長野県ホクト、3日上越、4日新潟、6日幸田、7日日進、9日川口、10日11日横浜

公式はHTML版ばかり見ているので反応が遅いですね。(^^;
フラッシュ画像も見てきます。(^O^)
かっちゃんさん、コメントをありがとうございました。
また宜しく~!(←???)

そして、

mihoさんへ

スカステ加入済み、歌劇もグラフも購読されていたのですね。ばっちり!(*^^)v
でも、今回は地元広島でご覧になれず残念でしたね。
メールは、リンク欄の「kaoriyaへのメール」をクリックしてメールホームにアドレスを記入して書いて送ってくださればお返事できますので、遠慮なくどうぞ。<(_ _)> 

風と共に去りぬポスターアップ

二人のスカーレットとバトラー様(みりおんちゃんとともちんは俗に言われる切手サイズ→こちらへ

バトラー

小さい画像なので、まぁ君もかいちゃんも分りません!(^^;
バトラー様は、やっぱりカッコイイわー。素敵よ!!(^_^;)


追記

mihoさんへ

初めまして。
「嵐にしやがれ」をご覧になってかなめちゃんのファンになられたのですね。
凄いなぁ、そして、嬉しいですね。
かなめちゃん、カッコよかったですものね。(^_^;)
周りにヅカファンがいらっしゃらないのはちょっと寂しい。
できれば、スカイステージに入会されることをお勧めします。
宝塚の情報や、今の舞台の様子が分かります。舞台をご覧になれずとも宝塚の事を知ることができるのでお勧めです。
できなくても、ネットでYouTubeなどでスカイステージの映像が出ていたりするので、それも要チェックですよ。
歌劇や宝塚GRUPHは、大きな書店でも取り扱っています。
また、アマゾンやほんやくらぶ(リンクしています)でも通販で手に入ります。
それらの雑誌をご覧になるのも楽しいですよ。あ、「宝塚おとめ」も必須アイテムです。(^O^)

そして、是非とも本拠地宝塚大劇場の公演をご覧になって欲しいです。
一人で行動を起こすのは勇気が要りますが、オケピなどでチケットを手に入れて行ってみましょう。
是非一度ご覧になれるようにと願っています。
でも、その前にスカイステージや宝塚おとめ、雑誌から始めましょう。
分からない事があれば、リンク欄の「kaoriyaへのメール」から質問なさってください。
わかる範囲でお答えしますので、どうぞご遠慮なく!!

コメントを寄せてくださってありがとうございました。(嬉しいです。)
何事も初めの一歩から!!です。
またのコメントをお待ちしています。そして、宜しくお願いします<(_ _)> 



追記その2
mihoさん、大劇場で電話にてチケット購入の手段もありました。
一般前売日以降の発売ですが、遠方であっても気軽に購入できますね。
劇団公式HPを覗いてください。ご参考までに。

ロミオとジュリエット

かなめちゃん話題でなくて、スミマセン。→こちらへ

観られないので、こんなのを見て読んで妄想します。(^_^;)

コメントご紹介

かっちゃんさんより公演感想を頂きました。

福岡公演ご報告!

舞台も客席も気温も何もかも熱いです!暑いです!!
銀英伝以来、すっかりカナメさんファンになった九州の友人も、大興奮、大満足でしたよ(笑)
私も、カナメさんはじめとする宙組パワーをチャージさせていただきました

まずは梅田初日と変わったと思った点です(思い違いでしたらすみません)
ルドルフの髪型、ぺったんこなオールバックではなくなりました(私はこの方が好きです)
ロシェックがマリーを案内する時に言うアドリブは「菅原道真」でした(北九州では「松本清張」だったと友人より)
マリーがロシェックに、自分がいかに幸せかを伝えるところ、ロシェックの両手をつかんでグルグル回ってました
かくれんぼのシーン、マリーの「まだでございますわー」がなくなり、短縮されちゃいました
ご当地メンバー紹介は、九州佐賀出身、まあ君のみ!

カナメさんの役作りが、また一段と深まってました
眉間に皺を寄せて苦悩している様子、たまに見せる笑顔、その一つ一つが愛おしく、いつものことですが、私も入り込んでしまって、ルドルフが幸せな様子を見たら、その後の悲劇が脳裏に浮かんで涙がこぼれました
もうルドルフだか、カナメさんだかわかんなくなってます(笑)
 ←この感想、おそらくいつも言っているような(笑)エドモンもオスカルも確かそうでしたね(笑)

みりおんも、観る度に可愛らしさと美しさが増してきて、マリーがルドルフに愛されて美しくなっていくのとダブります

父との確執の場面も迫真の演技でした
皇太子として懸命に国の将来を考えて、毅然と父に意見する青年ルドルフ
その一方で、その時に母エリザベートに「心配しないで」ってささやくルドルフは、まるでガラス細工のような心の持ち主になっていて、ルドルフに死の足音が近づいてくる(トートが傍に寄り添ってくるの)がわかるようで、鳥肌が立ちました

ショーでは、カナメさんの客席登場が下手からになっていました
会場によって、変わるのでしょうね
でも、登場された時のテンションMAXな会場の盛り上がりは、梅田以上!!
ただ、通路周辺のお客様から引っ張られまくられてるカナメさんが心配です(泣)
最高潮は、やはりリオのカーニバル!!
パイナップルの女王さまの登場に、会場中から歓声が沸き起こってました
(オープニングのチョンパも歓声あがってました)

地方公演は、梅田以外観たことなかったので、あまりのフリーダムさと熱さにただただ感動してしまった福岡公演でした
ずっと追いかけていきたいところですが、それも叶わず、最終地で集大成の舞台を待つとします(でも終わってほしくないので、その日が来てほしくなかったりもします)



かっちゃんさん、ありがとうございます( ̄∀ ̄)
この顔文字は「ニヤニヤ」です。読んでいて妄想してニヤニヤ。
かなめちゃんとルドルフが同化しているのかぁ。良いですね。(´▽`)
かなめちゃんは銀英伝で博多座公演をしたので九州では知名度が高くなっているのかも知れませんね。
最終の横浜で進化を確かめてください。(^O^)

CSニュースより

CS放送をつけたら、REON!!をやっていました。
丁度、ロミジュリのシーン再びの所でした。
1年前だったなぁと思いだしましたね。
それで、ニュースの録画を見たら、ロミジュリ東京の初日も。
断片的なのですが、皆さんの自信のようなものと安定を感じました。
役替わり公演を経て身に付いた物は大きいようです。

観られないのは残念。
本編は勿論ですが、特にフィナーレナンバーを観たかったなぁ。
星組さんの小池作品の振り付けは文句なしにカッコイイんだもん♪


お返事です。

hahaさんから感想を頂きました。

こんばんは

遅ればせながら私も梅田うたかた観てきました。

maiさんの感想にうんうんと頷きニヤニヤしてました。
花全ツDVDしか観た事なく何故か私が恥ずかしく観れなかったかくれんぼの場面、今回はしっかり目を開いて観てました。
2人共楽しそうで可愛かったです。
それからのかなめさんの落ち着いた声が素敵でもあり悲しくもありました。
娘は浮気する話は好きではないけど一途な話もどうかなあと思うと言っておりました。

ショーは本当に客席降り楽しく皆さんの熱気が伝わってきました。ただかなめさんは遥か彼方でした。
ツンデレダンス 笑ってしまいましたがうまい表現ですね。
あのダンスの2人の表情が何故か大好きです。

きっと神奈川では待たれた分もっと盛り上がるのでしょうね。


hahaさん、ありがとうございます。
このお話は不倫も苦手だけど、恋愛表現がベタ過ぎて、こちらが恥ずかしくなるのですよね。
定番のひとりの女性を二人の男性が取り合う・・・なら平気で見られるのになぁ・・・。(笑)
何故でしょうね。

一途に思いつめ死で決着をつけるというのは、切ないけれど、美化しきれない。重いですよね。
私も覚悟して観劇に挑まねば。(笑)


ところで、ロミジュリはやはりチケット難ですね。
私も予定していたのですが、見事にお断りが!昨夜の友人もお断りが多いと言ってました。
仕方ないわね。今回はCS放送まで待つとしましょう。(諦めが早い!)


追記
かっちゃんさんより

こんにちは
昨日は友人たちが北九州公演を観劇し、大興奮してました(笑)
客席降り、お客さんが全然手を離さなくて、舞台に戻れず大変みたいです
危険な状態にならないことを祈るばかりです
さて、私も今から福岡へ行ってきます!



ありがとうございます。
手を離さない・・・そうですね、盛り上がっているのでしょうが、怪我なさらない事を願います。
今日も楽しんでらしてください!(^O^)



昨日は・・・

バウ初日、かなめちゃんはキタロウ君たち宙組生や雪組さんたちとご覧だったようです。
広島なら近いですものね。楽しまれたかな?


ところで、昨日は、月組さんの振り分けも発表されました。
どうやら、「月雲の皇子」はゆずはちゃんの代わりに海乃さんが入るだけでメンバー変更無し。
きっと配役もそのままよね!?
全ツとみっちゃん組も出ました。
全ツ、観てみようかな。


そうそう、2014年度スケジュール発表で、理事長は「月組公演は各組トップが特出する」と言ってましたね。
さらっと言われたので気づきませんでした。
忙しい(生徒さんたちもファンも)一年となりそうです。



追記

メロメロさんよりバウの感想を頂きました。

本日観劇、大ちゃんとせしるが来ていました。

ウェスタンですが、なんだかてんこ盛り、メインテーマは家族?
シリアスなのかコメディなのか、両方なのかな。。
ストーリーはありがちでしたが、役者の個性で見せてます。

まりあちゃんの扱いの良さに驚き、
パレードでアッキーがりくちゃんより前で驚き
火薬の音と火花に驚きました。

主演は、二人ともかっこよく、楽しそうでした。
忘れ物を投げかけられるカイちゃんは、もはやお約束?受け取れなくて
笑いが起きてました。
カーテンコールで、指文字でW M W を客席に教えるカイちゃん、
あれは楽まで、毎公演になりそう。

ちーちゃんとカイちゃんが並ぶと、銀英伝の双璧がまだ記憶に新しく、
双璧編もみたかったなと思いました。
追記。
開演アナウンスも二人なのですが、抑揚が面白くて開演前から客席が沸きます。
やっぱり、狙ってると思います。




メロメロさん、ありがとうございます。
生田先生のオリジナルですが、てんこ盛り?賑やかなのかな?
CSニュースで確かめるとしましょう。(まだ、ナウオンも見てなかった・・・)
風邪ひかれたのですか?
暑さが体力を落とします。暑いと余計にしんどいですよね。
私も気をつけますね!


また追記
忘れてましたが、今日は星組東京公演初日でした。
初日、おめでとうございます。
ロミジュリ観劇を楽しみにしています。
多分観られると思いますが・・・


友人からロミジュリ感想をもらいました。
ちえちゃんロミオは、初演の時よりも若いぐらいに作り込んでいるそうです。
再演のハードルが高い中、とても良くて、感動したそうです。

ポストカード、レポ

バウ・ウェスタン・ピカレスク
『the WILD Meets the WILD』-W.M.W.-
初日おめでとうございます!!
ちー&かいの(きっと)充実した舞台をお楽しみに~。


さてと、新しくポストカードが発売されます・・・たまには気づく(^^;→こちらへ

かなめちゃんのサンプル画像

0400006733931.jpg0400006733306.jpg0400006733290.jpg


ここで、tonyさんから広島のレポを頂きましたのでご紹介します。

お芝居の地方ネタは、すっしーロシェックの「こちらが平清盛の肖像です、
そして平和公園をまっすぐいくと・・」なんて言われて会場を盛り上げていました。

お芝居、さらに進化していましたよ!
今日は、とも皇帝との対決で、マリーを修道院に・・と告げられると、
「父上」と涙を流しながらの 迫真の演技でした。

あと、うらら皇太子妃がマリーを嫉妬の眼差しで睨みながら踊るシーン、
うらら皇太子妃の表情がすごくよいです。

あとマリーからルドルフにキスするシーン、手で隠してたりしていなかったので
ええ、、とドキドキしました、前回は気が付きませんでした。

2幕のショーは、歓声がすごかったです。
客席降りも多いので、盛り上がりが半端ないです。
ただ、わたくし、2階席でしたので、かなり取り残され、
プロローグのかなめさんの途中登場のシーンも、ともさんときたさんのザフラッシュも
全く見えませんでした(泣)
でも、盛り上がってる客席を みるのはそれはそれで楽しかったです。
一人一回はジェンヌさんに触れるように、ショーの最中なのに、席移動しているおばさまがいたり、、

プチハプニングは、ストームのシーン朝夏まぁくん
片足バランスの場面で、いつもゆらゆらしていますが、
今日は、バランスを崩して思いっきり前方に一歩出てしまっていました。
ドキドキしました。

今日、2階席からストームを見て改めて、かなめさんのダンス好きだなと感じました。
ラインが、すごく綺麗に踊れていると思います。
2階席で全体を見ながら、求心力も抜群だと再確認しました。

それと、今回のスパニッシュ。
き たさん、ともさん、すっしーさんの並びが大好きです。色っぽいです。
ちなみに、まだ、2回目の掛け声のなぞが、解決できない私です。。

シャンゴも上からみるとすごいですね。
最初は、少しばらばらしているのが気になりましたが、
かなめさん登場してからの総踊りは圧巻でした。

黒燕尾後、ばらをプレゼントする場面、
今日は舞台から客席が遠いので心配していたら、
いつものように大切そうにバラにキスした後、客席に投げ入れました、、
その投げ方のかっこよさにキャーっとなりました。

最後のご当地紹介、かなめさんから、「初めに、中国地方、岡山県、和希そら」
そらくんかなりアピ ッていました。。

「はじめに」って言ったので、今回少ないから四国まで紹介しちゃう?と思っていたら
それで終了で、おいってずっこけました。。

今頃、みなさま、広島のおいしい食事を楽しまれているのでしょうか、
しっかり食べて、これからの全国ツアー頑張って頂きたいと思います。

いつもながら、取りとめのない感想を長々と書いてすみません。


いえいえ、tonyさん、いつもありがとうございます。<(_ _)> 
バランス取りにくいのは、(勝手な推測ですが)劇場の床の違いかも知れないですね。
「はじめに」は、つい口を出たのでしょうね。(´∀`*)

次は26日北九州ソレイユホール、27日福岡市民会館ですね。
あ、かなめちゃんは、23日月組公演ご観劇だったようです。


うたかた感想を頂きました。

maiさんから感想を頂きました。

では、遅くなりましたが、
全国ツアー『うたかたの恋』梅田芸術劇場をまとめてみました。
(お芝居のみ)

初日、カナメさんにしては珍しく演技が固く、
ダンスも不安定で、
お芝居の歌は今はかなり安定してきているのに、
愛するには短すぎるの冒頭、
「た~と~え~、まみえる~・・・」
以来の不安定っぷりで(半笑)、
歌われる毎にカナメさんがんばれと手に汗握り、
作品に入り込めぬまま、
緊張が解けぬまま終えた初日。(なぜ、私が?笑)
(音校記念式典とかがあったりとお稽古時間が短かったのかなと推測。)

カナメさん=軍服?
カナメさんは、一人軍服着せ替えバービー人形のごとく、
これでもか、これでもかと繰り出す軍服姿。
(たしかにどれもよくお似合い。)
私が一番好きなのはジャン演じるまぁくんとの
二人の場面で着ている、
大きめの襟がたったマントとセットの軍服姿。
(頭のてっぺんからつま先まで、描き出す三角形のシルエットが半端なく美しい。)
もうひとつ(一番なのに二つ。笑)、
最後の最後、みりおんちゃんと二人の時に着ている、
純白の軍服。肩章とかもすべて銀色なので、
死後の世界を描いてるのだと思ってもはかなくも大層美しく。

カナメエレガント王子。
後ろに手を組み、歩くその姿、
椅子に座って右足を少し前に出すその仕草、
マリーが落とした扇子を拾い、サッと手で払う仕草、
マントを半分肩にかけ、紐を結ぶ、ただその仕草が
本当の王子様以外の何もでもないという位、
気品に満ちていて、エレガント。
(なんでもないちょっとした仕草さに惚れる。いつも?笑)

お芝居の内容について。
ルドルフとマリー(みりおんちゃん)、
この二人が互いに運命の人だったというよりは、
マリーはまだ世間を知らない、恋に恋する乙女、
お伽話を夢見ている少女で、
対するルドルフは、
その地位から、幼少の頃から、
誰にも心許すことなく育った孤独な青年で、
父との確執、政治思想の相違から、
自分の意思で祖国のために生きることもままならず、
常に閉塞感にさいなまれ、
身分階級の違う下町の娘を恋人に持ち、
自由に生きるジャン(まぁくん)のように生きることは叶わないとは知りながらも、
人間らしく生きることに憧れを抱くルドルフ。
マリーは自分をヒロインに、ルドルフを
お伽話に登場する王子様として、
ルドルフはジャンの人間らしい生き方に触発され、
その流れの中で二人は出会ったという
ように私には思えたのでした。

笑いの場面。(カナメさん以外)
と言えば、まずは、
ロシェック(強烈に可愛いすっしーさん)と
マリーのばあや(スズナさん)。
ここにウィルモア卿とロバート・カッパーを並べたい。
(想像しただけでキュート過ぎる。笑)

笑いの場面。(カナメさん)
前振りありのかくれんぼや狼男ごっこの
わりと?(いえ、ものすごく)、
こっぱずかしいシーン(爆)も
これまたキュートになんなくこなすカナメさん。(←尊敬。笑)
間とか無邪気さとか可愛らしさとかが、
ほんとにすばらしいので、
カナメさんでコメディがみたい。(希望&熱望)
あとでカナメルドルフに「大根役者めっ!!」
とバッサリ切って取られる
カナメハムレットの大芝居っぷり
(カナメさんでこのクササは逆に貴重。)
とグレーのタイツ。
(爆。初見はこのグレーのタイツが違和感ありすぎで、
このタイツがなにを意味しているのか
(劇中劇なだけで意味はなし。笑)、
理解するのに時間がかかったのですが、
複数回観るとこの衣装バランス&足の細さ、長さの違和感がツボに(笑)


追手の馬車の音が聞こえ、死期を悟るルドルフ。
マリーに銃口を向けるもためらう場面。
初日は眠るマリーに駆け寄り、
2日目はその場に両膝を落とし、
梅田ラストはちょうどその間のマリーが眠るベットの傍で膝をつきと変化あり。
この場面はカナメさんも試行錯誤されているところで、
銀英伝の「おまえはいったい、おれのなんだ・・・。」ばりに
最終的には変わっているのではないか?
カナメさんはこの場面の最終形をどのように持っていくのだろう?と今から楽しみ。
(歌もこなれて、いつもの心のこもったカナメさんの歌声になることを期待。どさくさ)


ラスト。
影コーラスが皇帝陛下(悠未さん)で、
いやいやこれは皇帝陛下ではないともさんなのだ、
と言いきさせてはみるもののどうも腑に落ちず(笑)
幕が下りる最後のカナメルドルフの憂いを帯びた微笑みに、
お墓の中に一緒に眠ることも許されず、
天に召されてまでも、晴れやかな表情にはなれないのか・・・と思っていたのですが、
打って変わって飛ばして、
ショーのラスト、
デュエットダンスで本公演では影コーラスの影がとれ(笑)、
バーンと左端に純白のドレスを着て舞台上に現れ(笑)歌われる美穂圭子さんをみて、
これは、現代に蘇りし、カナメルドルフとみりおんマリーが、
母エリザベートの祝福の歌声に包まれながら、
この上なく、幸せそうにツンデレごっこ、(かくれんぼ、狼男ごっこからの幸せツンデレダンス。)
あ、いやデュエットダンス(笑)を踊っているのだと
なぜだかそんなふうに思えてからは、観ている私もとっても幸せな気持ちに。
あー、これで私も救われる。
めでたし、めでたしとなったのでした。(笑)
ショーはすっきりして流れがよく、盛り上がるので、半端なく楽しいです。
文句なしに楽しいショーについては書ければ次回に。
(書けなかったらごめんなさい。)




maiさん、お久しぶりです。初日はそんなに緊張されていたのですか?
梅芸だし舞台稽古も1日少なかったからでしょうか?ああ、きっと舞台稽古が少なかったからだと思いますね。
読みながら、クスクス笑ったり、目に見えるようです。
最後の横浜にはいらっしゃるようですね?どんなに進化されているか、楽しみですね~(^O^)/
長文をありがとうございました<(_ _)> 


追記
遅くなりましたが、
ソルーナさん、ご卒業おめでとうございます。
千秋楽のご挨拶の時は、万感こもられたご様子でしたね。長い長い年月を過ごされた宝塚。
ここまで頑張れる宝塚って素晴らしい。
新たな人生、お幸せに~(^O^)

色々と。(追記あり)

22日にはイギリスではロイヤルベビーが誕生。おめでたい。

そして、

関係なく、Voce8月号の中身にちょっとだけ触れます。

買わないと書いたら、不憫に?思ったのか、友人が写メ送ってくれました。(苦笑)
なので、少しだけ。

写真は、ビジュアル系ロックバンドの男がコンセプト。(そうそう、入団前はロックバンドの○○さんが好きだったとか)
質問にも答えています。端的に書くと、

☆1年経った今の心境は?
 自分自身にムチ打つ。

☆理想とする男役像は?
 特になく、自分らしさを。

☆ここを観て!!というポイントは?
 人間くささ

“トップに就任させて頂いた時、宙組のみんなに一度、「中心に全神経を集中して欲しい」とお願いしました。
組全体の意識がグッと集まってこそ、観て下さるお客様に最大限のパワーを発信できると思うんです。”

とも語っていました。

IMG_3480(1).jpg


追記
あさきさんへ

初かなめちゃんは、“暗闇の中の天使”でしたか?
ならば、私の場合は、”宝塚の女神”だったかな。ええ、輝いてましたから。(^^;
大それた事です。。。


更に追記(すみません)

グラフのかなめちゃんですが、裏の見開きを開けたとたん、「まっ、カッコイイ男!!」って思いました。
黒&白の装いにアクセサリーもなく、メイクもシンプル、靴もノンヒール。
これは良いな!と。
でも、まるで「男」だなぁ。
そこまで男らしさを求めてはいませんが。(^^;
私はどこかに「あ~、女性だな」と思えるのが好みです。丸っきり男に見えるのはイヤ。
でも、今回は珍しくシンプルだったので好感持ちました。
あ、Voceのは、こういうのは、あまりね・・・好きじゃない。。。見てて照れちゃう。。。


最後に、来年度スケジュール発表の際の「キャッチフレーズは?」の質問の答えを。

「進化する花組」「雪組はさらに前進」「星組はパワフルに」 「宙組は一番愛される組に」「若さ溢れるキラキラした月組」そんな答えでした。

コメントお返事

あさきさんへ

>100周年と言えば、大運動会
80周年は行かれたのですか?私の友人が行き、「すごく小さかった」と感想を聞いた覚えが。
90周年も行かずに済ませました。多分、今度も行かないでしょう・・・(^^;
地元の方たちは是非どうぞ!!10年に一回のお祭りですから。

tonyさんからもコメントをいただきました。

こんばんは。明日はいよいよ広島公演。もう皆さん広島入りされてますかね・

そういえばご当地の方、誰かいるかな?と調べてみると、いなかったんです[泣]
しかも中国地方も含め、そらくんだけ。ちなみに今回のそらくん、ショーでかなり目立ってます。
宙組にしては、ちょっと小さいので、目につくこともありますが、表情がオラオラで、気合い感じます!

さて、来年のラインアップでましたね。
ベルばら~とちょっと複雑ですが、原作は好きなので、色々エピソードが私もいいです。
でも、あのオスカルは相当すごかったので、また観れるのは嬉しい気持ちも。
やはり脚本次第ですかね。。
銀英伝のかいちゃんみたいに、あのひとはこんなこと言わない・・と脚本変更を依頼してくれる生徒さんいませんかね・・・


tonyさん、ありがとうございます。
私の知人にも、もうベルばらは要らん!という人が居ます。
今年の2公演は、まだ月組の方がましだったかも?(雪組ファンの方、ごめんなさい)ですが、それでも、主役を役替わりにした為にアンドレが不自然に出しゃばってたり衣装が豪華だったりでした。
雪組さんのも、役替わりの為に1幕は捨てたようなものでした。
鈴木先生もはてな?でしたね。
でも、かなめちゃんとしては、オスカル集大成と思って頑張ってくださる事でしょう。
それこそ、後世までも伝わるオスカルを!と期待して待ちます。

でも、役の少ない大作が続くのは、宙組若手にとってどうなの???が本音です。


ちーちゃんとかいちゃん

こんな記事が。

演劇人のリアル→こちらへ


今日のCSニュースでは記者発表の模様が流れました。
各組トップさんが抱負や、(質問で)組のキャッチフレーズを語っていました。

そして、バウのお稽古風景も流れ、手応え、見ごたえがありそうな気がしました。
メンバーも良いものね。


それから、今日は、Voce9月号が発売でしたね。(^^;
買う予定なしですが、どなたかチラッとご報告を・・・お願いします。<(_ _)> 


そして、遅ればせながら、薮下さんの全ツ記事を。→こちらへ


あと、
来年のベルばらでは、
昭和初演、再演時の演出のようにいろいろなエピソードを盛り込み、ドレスを着たオスカル、そして、マリー・アントワネットも登場するようにと願っています。

100周年スケジュール発表

ひとまずPDFを。

Baidu IME_2013-7-22_21-4-18

そして、簡単に。

星組がナポレオン(小池)
花組は生田先生デビュー(斎藤)
月組は3本立て(植田、石井、藤井)
宙組はベルばらオスカル編(またもや一本物)(植田、谷)
雪組は日本物。(大野、中村一徳)

バウが含まれていないのは、今年のように後で決まるのかな?


各種イベントも貼ります。
Baidu IME_2013-7-22_21-55-39

初日の様子

CSニュースで見ました。
見るたびに違う軍服。
劇中劇の台詞がちょっとクサイ!?(苦笑)
ショーはパワー全開でしょうか。
パイナップルの女王様はウインクバンバン!!
ともちん、キタロウ君の客席降りは、余裕そうに見えたけれど、実はドキドキ緊張だったのかな?
あと、かける君がとても目立ってました。

そして、あすのニュースで100周年公演概要発表があるようです。
どんな大作が出てくるのでしょう?


では、かなめちゃんのご挨拶を。

「本日は宙組全国ツアー公演の初日にお越し下さいまして誠にありがとうございました。宙組の凰稀かなめでございます。
宝塚の名作「うたかたの恋」と99周年アニバーサリーイヤーの記念となった「アムールド’99-99年の愛-」
どちらも甘く切なく情熱的に沢山のステキな愛にあふれたこのふた作品を全国各地の皆さんにご覧頂けますこと心より嬉しく思っております。宙組らしく元気にパワフルに、そして、熱中症にも負けずに千秋楽まで精一杯頑張って参りたいと思いますので、千秋楽までどうぞご声援のほど宜しくお願い致します。本日は本当にありがとうございました。」カーテンコール
「温かいご声援を本当にありがとうございます。全国ツアー公演始まりましたが、もうひとつの方、蓮水ゆうや、七海ひろき出演のバウホール公演は7月25日から公演しておりますので、そちらの方もどうぞ宜しくお願い致します。そして、大阪は明日明後日と公演しておりますので、どうぞ是非また観にいらして下さい。本日は本当にありがとうございました。」



ねーねさんから観劇感想を頂きました。

うたかたの恋、観劇してきました。
私はこの作品は過去に観ていないと思うので、初めての観劇だと思います。
でも観ていて、こんなにお着替えするもの?と思ってしまい。
2回しか見なかったのに、2回目はお衣装の枚数を数えていました・・・
白・赤・紺・グレー・ベージュ・ラスト別の白の軍服で6枚。(ラスト大泣きだったので、記憶があいまいです)
劇中劇でハムレットを演じた時のタイツ・部屋着のベージュの長い上着・死出の旅に出る際の白いブラウス、マントが2枚。これを取り換え引き換え、忙しいです。
そしてパンフレットと違って、髪型が完璧な金髪のリーゼントでした。
その立ち姿は美しく、着せかえしたくなる先生の心情もよくわかります。
でも、かなめさんの場合、外見だけでなく、お芝居も本当に切なくて。
演ずる中にルドルフの弱さと優しさが見えて仕方ありませんでした。
最後にマリーを撃つ時に見せるためらいや躊躇も、とても自然で。
だからこそ尚更、切なくて仕方ありませんでした。

また神奈川で観ます。
欲を言えば、もうちょっと歌いこむと更によくなると思いますので、神奈川が楽しみです。



ねーねさん、ありがとうございます。
欲を言えば・・・課題は歌ですね。(^^;頑張っていただきましよう!!
ラスト神奈川での公演が楽しみですね~(^O^)/


そして、tonyさんからも頂きました。

かなめルドルフは、金髪オールバックで、ありとあらゆる色の軍服を着られて登場。どれもお似合いでした!
プロローグのうたかたの恋のデュエットでかなめさん、高音がでにくいのか、顔をしかめながら歌っているのですが、その歌詞、心情と相まって、キュンとしました。

同行者は、うたかたの恋では凛音ちゃんが…と今ひとつ物語に入り込めなかったという感想でした。
ルドルフは政治に対し、自由主義を肯定しながら、軍事革命ではなく、時間はかかっても内から改革したいと熱く語る一方、マリーとの結婚を反対され、心中を選ぶ。マリーには全てを投げてもよいと思える魅力が必要なのですが…
うららちゃんが美貌の皇太子妃だっただけに・・・
メイクを改善するとかなり可愛くなると思うのですが凛音ちゃん頑張って!!

個人的には、ルドルフと皇帝との対決シーンがお気に入りです。
ルドルフがローマ法王庁への離婚申し立て、それを皇帝にとがめられるシーン。ただ、カトリックは離婚が禁止されているから、別れるなら、婚姻の無効を申し立て、婚姻していた事実さえも取り消さなければならない、かなり難関なことをするのかな?と余計なことが頭をよぎりました・・

ショーは客席降りもあるので盛り上がってました。
特にプロローグ途中で、紫の衣装で客席から登場する場面は、突然かなめさんが客席から歌い出し、一気に会場のテンションアップ。かなめさんは客席から触られ放題でした。あんなに触られるのは初めて見ました。
先生の紹介がなくなりスッキリ。昔の映像もないので、寂しい方はいらっしゃるかもしれませんが…

新場面は、ララフロール、あいちゃん、かけるくん、うららちゃん、れいちゃんでした(たぶん)
クレッシェンドにかわり、ともさん、きたさんが黄緑色衣装でザフラッシュ。

中詰めでは、双璧のバナナの男は組長さんと愛ちゃん?で新鮮な組み合わせ!
中詰めはかなり後ろまでの客席降りで、上手後方に座っていた私達の目の前にグレープとドラゴンさんが
あまりにも近くで目線を頂けるので、目を奪われ、パイナップルさんを殆ど観ずに終わってしまいました・・

シャンゴの場面は迫力がましてびっくりしました。人数の少なさを全く感じませんでした。

ご当地紹介は、関西出身者を各県毎に紹介されてしました!
最後は大阪弁で、まいどおおきにってお礼を言われていました。すごく楽しめましたよ。
次は広島です。かなめさんの広島弁に期待です!!



tonyさん、ありがとうございました。
あ、そうそう、ご当地出身者紹介は、近畿地方の出身者紹介でした。多いので、名前は呼ばれず、各県出身者紹介でした。
触られ放題のかなめちゃんですか。うわーっ・・・。
ハイタッチもあるらしく通路側のお客様はドキドキものですね。
次は広島。また教えてくださいね。(^O^)

雪組さん

今日は千秋楽でしたね。
今年1月から始まったベルばらも最終日。
来年は・・・やらないでください。

さて、その模様は明日放送されるのかな?
併せて、全ツ初日も。

見なくっちゃ!!


すみかちゃん

昨夜の番組は見られなかったのですが、歌声も素晴らしく好評だったみたいですね。

すみかちゃんの出演された番組より→こちらへ

宝塚の底力発揮!!

先日のTV出演でも可愛いなぁ~と感じたのですが、これからのご活躍をお祈りしています。


ところで、メロメロさんより


昨日の夕方公演で、早速キタロウが歌詞とばしてました。客席の笑いに本人も苦笑。
ご当地出身者紹介では、かなめちゃんは大羽が邪魔にならないように傾けるもんで、よろめいてます。


と、ご報告を頂きました。


さて、今日は大丈夫かな?(笑)

宝塚GRAPH8月号

表紙がかなめちゃん。

シンプルで、The男役。カッコいいなぁ。


Baidu IME_2013-7-20_11-12-23


あ、メイクもシンプル(薄い?)(^-^)


追記

VoCE (ヴォーチェ) 2013年 09月号 [雑誌]
 7月23日(火)発売
 知られざる「タカラヅカBeauty」! 
 蘭寿とむ・凰稀かなめ 掲載

う~ん、買おうかどうしようか・・・



ナウオンステージ見ました。
司会者は元花組娘役だった華陽子さんでした。
いつものようにゆる~い感じ。
しきりと右隣のともちんを見て話してました。
みりおんちゃんは全ツ初参加。
この全ツは、客席と一体化したいとかなめちゃんは言っていました。
客席降りのキタロウ君は、客席降りすると歌詞が飛んでしまいそうで、ともちんと二人で、それを頭に入れてこのあとお稽古しようと言い合ってました。
ルドルフは、色々な方が演じていて、どんなルドルフにしようと悩んだそうですが、普通にひとりの人として演じたら開けたそう。自分なりのルドルフを目指しているようですよ。
ご当地出身者紹介は、組長さんとかなめちゃんで話し合ってるらしく、東京のともちんが横浜でできるかも?
兵庫のみりおんちゃんが梅田でできるかも?
さて、実際はどうだったのでしょうか?

思い出せたのは、この程度。思い出したらまた書きますね。

main.jpg



また追記
みさきさん、コメントありがとうございます。
月雲の皇子は、多分チケット難になりそうな気がしますね。友の会頑張る!!(笑)
バトラーさんの写真、渋くて素敵でしょ。
あ、ナウオンで、ルドルフとマリーのかくれんぼの所は「素でしょ」とか言われていましたね。隠れる場所変えよう・・とも話していました。


関西地方は連日暑いようですが、最近、関東地方は、朝晩が涼しいです。
薄い夏掛けにくるまって寝ています。まだ7月なのに・・・秋みたいです。

感想追加

おはようございます。

あさきさんからも感想を頂きました。


たぶん、エリザベートを見ていなかったら、素直にこの作品に共感を持ったのかもしれませんが
私の中でかなめさん=エリザベートのルドルフとリンクするのか?
私がエリザベートを見すぎているのか?(東宝版が一番最近かも)マリーをトートと置き換えて見てしまったり
両親の愛が少ないのだなぁーと思ってしまったり
国の違いかもしれないが妻のある男性から愛の手紙を貰うマリーは何故あんなに喜んでるのか?とか
いっぱい考えてしまう作品でした

多分、マリ子さんで見た頃は素直にこの作品をみて、可愛い女性と出会えたなぁー(笑)位しか考えてなかったのですが
かなめちゃん的には自分は皇太子としての立場も大切にして、中々賢い皇太子(その辺はエリザベートのルドルフより大人)
父へ反抗がローマ法庁へ自分の離婚を申し出てた事だけで、後は謀反は策略にはめられただけなのか?
なんて話が新鮮でした
まさに「不倫は文化」って作品ですね

ショーは多少変更はありますが、やはり楽しい
全ツならではの客席サービスもあるし、今までの影ソロさんが舞台に出てくるし(笑)
掛け声に地元の名前を織り込むし

でも若手イケメン軍団がほとんどバウ組でかなり上級生か?ぐっと下級生
それも又たのしいかな?最下位を改めて観察

でもそんなに沢山観劇しないから顔と名前の一致は出来ないかもしれません(下級生好きの私)
次に見るのは8月に入ってからその時は又感想が違うかもしれません


あさきさん、ありがとうございます。
マリーがルドルフを好きになっていく所のお芝居の書き込みが薄いのでしょうか?
わたしはちょうど一年前に和音さんのマリー(ルドルフは井上くん)を観たのですが、あのマリーはとても進歩的で積極的な思想の持ち主でルドルフの精神に惹かれていくのがよく分かり、また、その解釈(演出)が新鮮でした。
しばらく間を空けてご覧になれるのは楽しみですね。


初日感想

かっちゃんさんから頂きました。

こんばんは!
全国ツアー初日、観劇してきました!!

うたかたの恋
ルドルフって、これほどお着替えするんでしたっけ(笑)
とにかく、出てくる度に軍服が変わってまして、さながらファッションショーのようでした
もう、これほど貴公子の似合う方もいません

この作品、実はあんまり好きな作品でもなかったんですが、それでも、途中から涙腺決壊してました
悲劇の結末を知っているからでしょうね、ルドルフとマリーが無邪気に幸せそうにしているのを見ているだけで、涙がこぼれてきました

そうそう、かくれんぼのシーン、あれは素のカナメさん?って思ったのは私だけでしょうか(笑)
めちゃめちゃ無邪気に遊んでおられました(笑)

ショーは、演出家の先生の紹介や写真が全カットされまして、とてもスッキリしました
またところどころ新しい曲が入ったり、役替わりもあるので、今まで散々観てきた私でも、とても新鮮に観ることができました
本公演でやってきたショーなので、ベースは安定していますし

カナメさんが客席から登場された時は、悲鳴に近い歓声があがりましたし、組子の客席降りもものすごく盛り上がってました
カナメさんも、確かな手ごたえを感じられたのではないでしょうか

全国のあちこちで、宙組パワーを発揮されることでしょう!
これからご観劇の皆様、どうぞお楽しみに!




そして、メロメロさんからも。

初日、3階のてっぺんから遠望してきました。
OG同窓会の流れがお見えだったのでしょうか。

てっぺんからでも長い脚、あれは尋常ではありませんね。
気高く、儚く、類のない美しさ、悩める貴公子でした。
苦悩の果てにみせる笑顔が晴れやかで、二人は幸せだったのだと思えます。

とっかえひっかえ着替える軍服の、どれも似合うこと!
マリーも、若くひたむきで可愛かったです。

ショーは、演出家のアップも紹介台詞もなく、綺麗な流れになっていて、こっちのほうがずっといいです。
客席降りが多く、その度に歓声が上がっていて、いいムード。

楽しみに待っててください。あと二日、通います。


お二人ともありがとうございます<(_ _)> 

そうですか、軍服のよく似合う麗しいルドルフ殿下、そして、可愛いマリーさん。
はい、楽しみにず~っと待つとしましょう。(千秋楽観劇ですからね。)

知人から少しだけ報告を貰ったのですが、マリーさんが現代的な感じだったとか。
どうなのでしょうね?
あと、出待ちでは、FCからの投げキスに応えて投げキスだったとか。(^O^)
無事にスタートされたようですね。
暑い夏の全国ツアー公演、元気に回られますように!!

初日

宙組全ツ初日おめでとうございます♪

もう公演は始まっていますね。
どんな舞台なのでしょう。
今夜のナウオンステージが楽しみですが、その前に公演の感想を聞けるのでしょうか?
さて、さて?


今日のCSニュースのキタロウ君の「イチオシ!」は、「同期」でした。
少なくなった同期が一番大切。やめるあっこさんの舞台を見ただけで涙だったそう。
「同期愛」ジェンヌには欠かせないものですね。


追記
別件ではありますが、
月組の「月雲の皇子」が東京天王洲銀河劇場にて再演決定。
良かったですね。とても評判が良かったですから。
絶対に観なくては!!

コメントお返事

コメントを頂きましたのでお返事を。

みやさまへ

初コメントをありがとうございます。<(_ _)> 
私も15年程のブランクがありましたが、すぐに馴染んでしまっていました。
昨日のラサール石井さんの言葉同様、常に変わらない宝塚があります。だからなのでしょうね。
かなめちゃんのファンになられ、こちらにたどり着いてくださってありがとうございます。
皆さんとゆったりと語り合えたらと思っていますので、どうぞいつでもコメントをお寄せくださいね。




かっちゃんさんより

こんばんは!
明日が、うたかた初日の今日に、バトラーの画像がアップされるとは、なんというタイミングなんでしょう(笑)
気持ちの整理が。。。追いつきません(笑)
あのニヤリとした笑い、すでにバトラーへのカナメさん自身のこだわりを彷彿とさせるようです!
俄然、やる気満々なカナメさんのようですね(笑)

さてさて、スカステで稽古場映像が流れた昨日から、明日の初日が待ちきれなくて、ドキドキしています
そんな私に友人たちは、パイナップル味の商品の画像を次々に送ってくれます(笑)
とどめは、さっき、近所のスーパーで小ぶりの生パイナップルが山積みされていたのを見て、それだけでニヤけてしまいました(笑)


こんばんは。コメントありがとうございます。
パイナップル見てニヤケて・・・それは凄い!(笑)
シャンゴの衣装も変わるらしく、ちょこちょこと変更点があるのでしょうね。
あすの初日が楽しみですね!!
皆さんのご報告をお待ちしています。

風と共に去りぬ画像

こちら♪

revue_img.jpg

素敵、ダンディ、ナイスなバトラーさん。
またまたですが、お髭がお似合い。。。



全く余談ですが、

昨日のNHK9時のニュース内容を見直して、
何故あのアナウンサーさんは、ヅカメイクしてインタビューしたのでしょう?
あれはナンセンス。舞台上でライト当たって映えるメイクなので、意味なしですわね。

まあ、かなめちゃんの映像が多く、86期の人たちまでありがとう!ですが。(^^;


追記
ラサール石井さんの言葉がファンの思いをそのまま伝えてくれていましたね。(^-^)

TAKARAZUKA REVUE 2013

予約していたので本日届きました。


見開きとその裏面に大きな写真が3枚。本文は「銀英伝」「モンテ&アムール・・・」と「ベルばら」に触れ、更に2013年後半に向けてのコメントでは、全ツに触れていました。
そして、舞台写真が一面、PERSONAL Q&A、各組トップスターからのメッセージも。

かなめちゃん、アイメイクが少し薄くなっています。囲んではいるけれど、シャドーが薄い。

そして、この構成で舞台写真や本文がやや少なく、みりおちゃん、ちぎちゃん、紅君が。

まぁ、近い将来を見るのでしょうか?

それから、個人的ではありますが(^^;
ちなつちゃんも掲載メンバーに入っていました。良かったね。おめでとう♪

そして、別枠で、翔ちゃん、キキちゃん、咲ちゃん、ポコちゃん、愛ちゃん、りく君、たまきち君、ゆっこちゃん、れーれ、わかばちゃん、うらら(ゆうり)ちゃん、みゆ(ゆうみ)ちゃんが載っています。

(2013.3月までの新公主演者を掲載してる?違う?よくよく見てるとあれれ?が出てきます。)

こちらも将来の候補生かな?みんなガンバレ!!


付録のDVDは、まだ見ていません。


Baidu IME_2013-7-18_15-0-4


そして、余談ですが、
86期のマギーちゃんの記事が。→こちらへ
最近のマギーちゃんを見て、やっとスターさんらしくなったなぁと思っています。
昔、かなめちゃんが抜擢されてる頃、まだ通行人ぐらいしか目立つ役がなくって。でも、小芝居していました。
そのうちに新公主演(トドさんの役)が回って来て、でも、まだ、まだまだでした。
記事にあるように、やっと自分を出せるようになってきたって。彼女なりに悩んできたのですね。
知人が前からファンで、「日本人より日本人らしいのよ!」と言っていた。
そんな彼女が自分の立場をプラスに変えて挑めるようになったこと、嬉しいですね。
同期ファンとして応援しています。
かなめちゃんを筆頭に、キタロウ君、マギーちゃん、ふみかさん、じゅりあちゃん、すーちゃん、(やめちゃうけど)こころさんとあっこさんの86期生。頑張ってください!!




記念式典

その模様の記事が→こちらへ
写真には86期のりせちゃんやそらちゃんが写っています。(^-^)

こちらの記事もどうぞ。→こちらへ


OGさん達大集合とのことで、豪華で壮観なことでしょうね。
前夜や今夜は、あちらこちらで同期会があったりしてね。


追記
さきほど、NHKの(昼の)ニュースを見ました。
あれ?かなめちゃん、映った?(苦笑)
CSニュースで見るほうが良いのかな?


CSニュースの全ツお稽古場の模様より
うたかたの恋は、優しげなルドルフと可愛いマリーのような。
声が青年!でした。きっとステキなルドルフが現れそう。
上下真っ白なお稽古着のかなめちゃん、真っ白でもスマート!
ショーは、楽しそうでしたよ。
一部曲が変わっていたみたい。(ともちんとキタさんが歌ったり)
パイナップルの女王は、白のレオタードに黒タイツ、白のスカートひらひらさせてました。


追記その2
お返事です。
>メロメロさん
お久しぶりです。そうそう、同期会(同窓会)やってますよね!
無駄に華やか・・・確かに!

>スナさん
ありがとうございます。かなめちゃん、そんなに映ったのですか?
それが、夜のNHKニュースは事情があって見られてない。録画もできてない。。。
もしかして、舞台や前回のような映像?
いずれにしても、かなめちゃんばっかりだったらしく・・・残念。。。

それでですね、今回もこちらでご覧になれます!→こちらへ
やはり、前回の取材の映像を使用していましたね。沢山映ってました。
でも、ラスト大羽根しょったコムさんでした。
何故に?(笑)

おはようございます。

まずは、lepuさんからコメントを頂きましたのでご紹介します。

こんばんは。今日は東京方面は久しぶりに凌ぎやすい日でホッとしましたね。
宙組情報の無い長い空白期間もずっとブログを更新し続けて下さり、本当に有難うございます。ファンにとっては長い空白であっても、生徒さん達には短いくらいのお稽古期間だったでしょうが、やっとやっと初日が開けるのかと思うと、本当に楽しみです。
遅ればせながら全ツ・スカイレポートを見、かなめちゃんの辛そうな様子に少し心配したものの、宙組全体の事になると、俄然自信にあふれて楽しそうにお話しするかなめちゃんにホッとしました。 そう、年度賞の受賞の時も自分の事より団体賞を喜んでいたかなめちゃん。 りおんちゃんがどこかで書いていた(と、記憶しています)「自分のことより他の人を大切に思う人」というかなめちゃんの人柄に納得しました(*^^)v
きっと儚く美しいルドルフとマリーを、かなめちゃんとりおんちゃんが演じきってくれると信じて、皆様のレポを楽しみにしています。


lepuさん、お久しぶりです。
私の中でもここずっと空白期間でした。
今朝のニュースはまだ見られていないので、見たら後程追記しますね。
以前、ゆうひさんもかなめちゃんのことを「優しい人」と称してらした覚えがあります。
でも、舞台に関してはストイックだから、ファンとしてはそこが楽しみでもあり、また、心配でもある。
そうですね、お話としてはヘタレなルドルフなのですが、どんなルドルフを見せて貰えるのか、また、みりおんちゃんもどんなマリーを演じてくれるのか、やっとコンビらしい作品に出会えたので楽しみです。
コメントをありがとうございました。(^O^)/


さて、

本日7/17は宝塚音楽学校100周年記念式典が宝塚大劇場で開催。
花組、月組、星組、宙組、音楽学校生徒、現役、OG、2300人集結!!
今日の夕方、夜のニュースで放送。
全国放送NHK19時~、21時~のニュース
フジ関西TVが17:54~サンTV21:30~

だそうです。

生徒さん達も客席で式典参加なのかな?

あすのCSニュース

いよいよ宙組全ツのお稽古場映像が放送されます。

さて、どんなでしょう?

楽しみですね


そして、17日は音楽学校創立100周年記念式典があるようです。
雪組以外のトップさんが出られるみたい。
かなめちゃん達の舞台稽古はあるのでしょうか?無いの?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。