コメントお返事です。

るるさん、コメントをありがとうございます。
ピックアップしてお返事させて頂きます。

>2階から観る2幕あたまの新場面で感動してしまったのでした。
やはり年齢を重ねたせいだとわかっているのですが、上からだとフォーメーションや照明の効果で、伝えたいことが見えてきました。


1幕にセリフのやりとりがありましたよね。そこで出演者達の芝居が、心が、見えてこなかったのです。ただ順番に言ってる状態で薄っぺらに見えてしまいました。
でも、私も前方席からの観劇なので、そう見えたのかも。また、演出の問題もあるのかもしれません。

>さて、スカーレットの難しさ、です。
本当にそう思います。
限られたシーン・セリフの中でも、スカーレットの内面の魅力を感じさせる瞬間は、わりと多いと思いました、2回目で。
北軍進撃の本当に危険な局面で、しっかり場を仕切ってしまう哀しい強さ。本当は怖くて仕方ないのに、算段を思いつき、実行に移せてしまう生来の性格。
実はこれって損な役回りなのに背負ってしまう。でもそういうことをメラニーもバトラーもよく理解して、感謝し人として深く認めていると思うのです。
ピーターにピティパットさんを適切に託し、自分はメラニーのそばを離れないことを基本に、全員が助かる方法を何としても考える。すばらしい統率力。
わたしはそういう人にはとても魅力を感じます。
そして後ろにある切なさを感じます。
そんな人ほど、脆く、逃げ出したいという反面を常にかかえていて、でも近い人にほど、それを見せられなかったりする。


なるほどね~、当時の南部の人としてはイレギュラーな人だったのでしょう。
そして、元々勝気なのでしょうが、自分を強く見せないと自分の置かれている状況に耐えられなかったのかなと。
でも、心根は優しい。何にでもすぐに反応し必死で体現してしまう。そんな所が憎めないスカーレットだと私は思います。

>バトラーも、別の意味で二人は似ているのでしょうね。
だからうまくいくかいかないかは紙一重、わかります。
ほんとに、人間模様のあるあるをみているような、深くておもしろい作品だったんだと、今回わかりました。


本当にそうですね。南部の極端な保守主義。それに対してのスカレーットとバトラー。それぞれの人間模様。

>って、そんなこんな、ふとスカーレットの魅力を深く感じさせる瞬間を、しっかり逃さず表現していけば、レットが惹かれる理由に、より説得力が増すと思うのですよね。

私が感じたのはそこなんです。
でも、やはりスカーレットの心情や恋愛の機微というものを表現するのは大変に難しいのでしょう。
ただ、可愛いとかおキャンだとかではない魅力。それをより探求して欲しいです。

>かいちゃんBは観ないつもりだったのですが、作品自体が大好きなので、当日券で行けたら行こうと思います。

はい、私もカイちゃん版を観たいと、以前よりも強く思っています。
やはりこの作品はスカーレットがキーポイント。
スカーレットがきちんと成立しないとね。
ただ、演出にも問題ありかと。
もっとスカーレーットとバトラーの背景や出会いのシーンを入れて欲しかったです。
初演はそれで上演されたのですから、できない訳はないと。


るるさん、率直なコメントをありがとうございました。
私自身、まだ一回しか観ていないので違う発見があるかなと思います。
また進化していくことでしょうから、期待して!

雪組新人公演

その模様をスカステニュースで見ました。

咲ちゃんでも翔ちゃんでも無い、かなとくん。
とても新鮮でした。
見た目がキリッと二枚目さん。セリフも歌も良かったのでは?
ご挨拶前に客席を見渡していましたが、きっとその時初めて落ち着いて見る景色だったでしょうね。
感無量のご挨拶も初々しい。
今まで目立つ役を演じていないだけにドキドキだったでしょうが、新たなスター誕生を思わせました。
れいこちゃん(月城)頑張ってください。(かなめちゃんファンだと小耳に挟みました。)

そして、咲ちゃんのご挨拶を見て、ああ、時代が変わっていくのねって感じましたね~。


追記
コメントお返事を。

みさきさんへ

>男役が演じるスカーレットには限界がある・・・
そうですね。
私の中では映画のヴィヴィアン・リーが強烈に残っていて。
だから、コムちゃんのような一種独特の魅力を持った人の方が面白いなぁと思ったり。
>男役芸を極めつつあるかなめちゃんだから・・・
そうですね。
もうここまで来たら後は見守るのみ。
子どもが独り立ちしてホッとしたような、そんな感覚なのですよね。
コメントありがとうございました。

風と共に去りぬ

かなめちゃんバトラー初見でした。

まず登場したかなめバトラーの存在感が大きい。
そして、銀橋の歌は歌い込んだだけあって安定していました。(ホッと安心)
後半苦悩するバトラー。その酔っぱらいぶりが真に迫ってる。(ここオペラで追いました。)
こんなにも深く愛していたなんて・・・ふとスカーレットが羨ましくなる。
バトラーが悲観&絶望して家を出て行くあたりは、かなめちゃんの丁寧な演技でとてもバトラーの気持ちに共感できました。スカーレットを突き落としてしまい、後悔しているところでは、うっすらと頬に涙が。
(これは、轟さんが演じた時には理解できなかった覚えがあります。)
かなめバトラーにはとても説得力がありました。

ただ(ここから辛口)、
バトラーがスカーレットのどこに惹かれていったのか?
ただの気の強い女性だからでは無いと思います。
その点で、まぁ様スカーレットにはその魅力を表現できていないような気が。
我が儘で気が強くても、憎めない女らしさ、飾らない魅力があるはず。
それが、こんな女性に惹かれてたの?惚れてたの?と思えてしまったのが残念でした。
元気良すぎて・・・スカーレットは難しいなぁ。
メラニーのみりおんちゃん、お化粧がきれいになりましたね。
そして、慈愛に満ちた女性でした。
ともさんのアシュレは、ニンじゃない気が。
ゆうちゃんさんのマミー、良いですよね。
プリシーも(ちゃんと!)変な子になっていました。
あゆみさんがいつもと別人のようで良かった。
スカーレット2のせーこちゃん、まぁ様とよく似てる。
全体に役が少なく、ダンスナンバーも少ない。寂しい。

フィナーレのショー部分は、全体に硬いなぁと。
余りに従来の型に捕らわれすぎているのでは?なんて違った目線で見てしまいました。

かなめちゃんファンとしては出番が少なくて残念。
でも、本当に余裕を感じる演技で、芝居好きな彼女らしいなぁと思いました。
そして、こんなに立派に男を演じていてと感慨深かったです。

初見から偏っていて辛口ですみません。
過去に見た事があるだけに色々とこだわっているのはこちらの方かも知れませんね。

次は来週Bパターン(かいスカーレット)を観ます。
今度はどういう風に見えてくるのか、興味津々。
実は割りと前方席での観劇でしたので、部分的にしか捉えていない気がします。
もっと後方からか、2階から観たいですね。( ←贅沢な!?)

初日映像

昨夜遅くにやっと初日映像を見る事ができました。

ご挨拶を書きます。

本日や宙組公演『風と共に去りぬ』初日にお越しくださいまして誠にありがとうございました。
凰稀かなめでございます。
宝塚歌劇99周年の最後を飾る作品で宝塚の代表作である名作に挑戦できましたこと、大変幸せに思っております。
36年前に作り上げた先生方スタッフの方々先輩方の舞台に対する熱き思いや愛、そして宝塚歌劇の長き伝統をしっかりと受け継いで100周年その次に繋がる架け橋となりますよう出演者一同心をこめて務めて参りたいと思いますので、どうぞ、千秋楽まで温かいご声援を宜しくお願い致します。
本日は本当にありがとうございました。


カーテンコール

ありがとうございます。温かい拍手を本当にありがとうございます。
この公演は役替わりもありますのでそちらの方もどうぞ宜しくお願い致します。
そして、まだこの公演は始まったばかりでございます。どうぞ、何度でもお越し下さい。
本日は本当にありがとうございました。



囲み取材より抜き出し

作品の中でレット・バトラーと言う役はもう描かれているのですね。
なので、これだけ宝塚が何度も何度もされているのは、その時やられているトップさんの魅力がレット・バトラーに加わるからこその宝塚の男役、最強の男役のレットバトラーになるのかなと思いました。
私自身は自分自身全て洗い直しました。自分の人生や今まで生きてきた中での事、自分の中にある不安や迷いというものを全て解決させて今こういう状態になっています。
自分で言うのもなんですが、榛名先生と似ていると。平べったい発生や声が高かったり。声のキーを下げてしゃべったりしましたが、そんな事よりも内面的に作れていれば気にならないのでは?と言われました。



初日映像のかなめバトラーは、とてもスマートでダンディでした。
そして、とても強い覚悟で臨んでいると受け取りました。
そんな熱い思いの込められたレット・バトラー船長の姿を明日観てきます。


ファン指数

ネットde宝塚の毎年の企画です。
ファン指数の変化が分かります。
因みに、今年の私の指数は「73」でした。84→78→77→73と減少傾向です。(^^;)
(DVD購入や回数の抜けていたのがありやり直しました。72→73に訂正)

お試しあれ→こちらへ


追記
かっちゃんさんよりコメントを頂きました。

こんばんは!
宙組クイズ、めちゃめちゃおもしろかったですよ!
みんな元気ですし!
再放送、楽しみにしていてくださいね!

さて、年末アンケート、トライしてきました
結果は73でした
去年より5ポイント下がっています(笑)
観劇回数は、15回も増えているのに(笑)

よくわかりません(笑)
組へのはまり度は、宙組が72で、他組はすべて一桁でした
相当、偏っています(笑)

さて、大劇場より進化(深化)してるとのもっぱらの評判の風共、次の日曜日に観劇です!!


かっちゃんさん、ありがとうございます。
クイズは12/21(13:00~)再放送。必ず録画します。
来週は遠征されるんですね。楽しみですよね!!


忘れた。

スカイステージクイズ「宙組編」の録画を忘れました。
来月もう一回放送ありますよね。
それを待とう・・・・


そして、忘れないうちに月組全ツの感想を。

「仁」雪組さんのは一度しか観られなかったので、所々思い出しつつ観劇。
やはり個性の違うトップさんですし、サヨナラ公演と全国ツアーという違いもあり、お話は軽く明るくあっさりと。
まさお君は台詞まわしが独特(マミさんとかアサコさんとかみたいに?)なので、何を演じても同じに見えがち。
でも、見ていて変だとは思わなかったので、芝居心はあると感じました。
そして、お気に入りのちゃぴちゃん。可愛かった!膝折りしてて健気。(^^;)
みやちゃんの恭太郎さんは堅物なのにモテてる。ちょっと小さいけど感じが良い。
コマちゃんの龍馬は面白かったですよ。歌はちぎちゃんよりは良かった。(^^;)
るうさんの勝海舟も小ぶりかな?悪くないけど。
みくちゃんの野風、歌声が綺麗です。あゆっちの方が貫禄があった。
他には、としちゃんの佐分利さん、からんちゃんの山田先生が楽しかったです。
としちゃんは各地のアドリブ担当らしい。
こうやって見ると、コメディ色が強いかな?
あとは・・・唐辛子売りと高岡玄斉のちなつちゃん。
町人は飄々としてるのに、玄斉は切れ長の目が効いていてニヒルな表情ができてしまう。
また、ピンスポの中、顔の刀傷をなでつつ流し目とか・・・ヤラレましたわ。

さてショーは、やっぱり楽しいショーでした。
ダンスが好きだからどの場面も楽しい。
そして、ちなつちゃんは、かちゃさんの歌やポジなどで踊ったり彼女比で大活躍。
彼女の宝塚の男役ダンスのツボを心得た踊りがシャープで、フォルムがカッコ良いです。

一人一人が見える舞台って全ツならではで楽しいですね。

思い出し
タマキチ君がちゃぴちゃんとデュエットで歌っているのですが、そこでカッコつけて踊ってるの。
そして、最後キスして終わる。客席は一瞬「何があった?」みたいな感じでした。(笑)
なんだか見てて恥ずかしいというか、プッとなりそうで。
マギーさんのムード歌謡は、こなしてましたよ。自信をつけてどんどん育ってる感じ。
でも、動きの面でいまひとつスッキリしないというか・・・ガンバレ!
グラフの表紙のメンバーの中では技術点的には一番平均点が高いと思うけれど。。。

あと、美翔さんが鬘が似合ってとても綺麗な二枚目の中岡慎太郎さんでした。

あとひとつ。
飛鳥さんが歌って踊って張り切ってられました。
雪組時代の組長さん。懐かしかったし嬉しかったです。

コメントご紹介

るる♪さんよりコメント頂きました。

風共、東京初日を観てきました!
西野先生の指揮が素晴らしいだろうと、こちらに以前書きましたが、東京も演奏は大丈夫のようでしたよ。馴染みの清川先生と御崎先生でしっかり振っておられました。

さて、風共ですが、私昨日は2列目!!で拝見しました。
え~と、こんなに近いのって、うーん、30何年ぶり? 「彷徨のレクイエム」(←ご存じですか~?)以来かな~。もうもっぱらB席の住人ですので。
おまけに下手だったので、かなめさんの登場するスッポンが目の前で。いやいやいや、皆さんがかなめさんをフィギュアって言うのに真面目に納得しました。見上げる位置でみると、ひときわすごい、です。
直視するのが気恥ずかしい勢いの近さに若干ビビリながらも、こんなことは二度とないかもしれないので、気を確かに!?がっつり観させていただきました。

ともあれ、かなめちゃんですよ!!
スッポンからの登場時、ライトが入る前から観ていました。
私はかなめちゃんの芝居心がダントツに好きなのですが、あ~、堪能しましたよ~。
せり上がり、その集中力に、吸い込まれそう、でもはねのけられそう、地に足のついたバトラーが、そこには居ました。
モンテの初日には正直感じた、がんばってる凰稀かなめ感、が今回はまったく感じられなかった。
なんで?こっちのほうが手が届かないほど(かなめちゃんも言ってましたね)難しく、高いハードルだと思うのに?

私「努力」って言葉、好きで、でも嫌いです。だって努力したって得られないものは確実にある、と、大人は知ってしまっているから。
ならなぜ 好き、かと。
こういうことに出くわしてしまうことが、あるからです。
かなめちゃんのバトラーは、おこなった努力、悩み葛藤しただろうさまざまなことに、自身がその上にしっかり立てている、と感じられているように、感じました。
その精神力が、華奢なその姿を何倍かに大きく見せてさえいると。
よくやったなぁ、と。
イメージではない、ニン違いとされる役に、トップの立場で、でもトップだから、一定の完全を創り上げねばならない現実に立ち向かって、背負いきった気概のうしろには、「努力」以外の言葉はみつからない。

こういう姿を見るとき、「努力」という言葉は、輝いてみえますね。
あ~、自分はさぼってるなー、人生しっかりしなきゃな~、と、身を律したくなるのでしたとさ。

褒めちぎりましたが、ひいき目もかなりあるでしょう。
いや、贔屓ですからいいんですけど。

でも、誰にも文句は言わせない!くらい良かったところ!
酔っ払い~フェニックスの一連!
かなめちゃん、好きそうなシーンだよね、熱演するだろうね、との安定の予測の、ななめ上以上いってました。
いろんな演劇で酔う演技って観てきましたけど、うんまいな~~と心から感心してしまいました、嘘っぽさがないんですよね。
そもそも嘘っぽくない芝居をする人ではありますが、今回は基本大芝居、でも絶妙なさじ加減で、凰稀かなめの説得力のある芝居をきっちり魅せていて、迫力にも無理がなく、まさに酔った男性のぞっとする感じがありました。
加えて、今夜は駄目だよ・・というくだりの背中!
ああ、こんな背中が表現できるなんて!想像のナナメ上です、まさに。
間、繊細さ、芝居センスがよいんですね。
だから好きなんですけど。

この役を演りきれたことは(まだ終わっていませんが)、相当な財産になると思いました。

唯一ホロりそうになったのは、メラニー臨終のシーン。
かなめちゃんは、本当によいお嫁さんをもらったと思います。
あらためてそう思いました。
ほんとに彼女は、上手い。
器用というのではなく、観る人の心を動かせる、若いのにすごいですね。これまた繊細ですし。
二人のゲルダとキャパを、すごく期待しています。

私は生まれて初めて観た宝塚が、「風共」の初演でした。
それでいきなりハマったとかではないのですが、(記憶も階段落ちのシーンくらい)やはりこれがなかったら、今の仕事もしていないし、人生の大きな出会いであったことに違いありません。
この時も、スカーレットは超がつく男くさい男役、順みつきさんでしたから、スカーレットは男役のやるキャラ、に不自然感がないので、みりおんはメラニーの本来の芯たるべきポイントを掘り下げて演じられていたので、素晴らしいトップぶりだと思っています。

かなめちゃんを筆頭に、宙組さん全体の見目麗しいことこの上なく、この組のトップになれたことも、演じる側も観る側も、本当に幸せな巡り合わせだなあと。
美しさは大いなる実力、と、確信した次第でありました。


るる♪さん、ありがとうございます。
>その集中力に、吸い込まれそう、でもはねのけられそう、
この言葉にとても想像力を掻き立てられました。
>嘘っぽくない芝居をする人
とても自然に役に染まって芝居する人ですよね。
まず個性ありきで、その上で芝居する人と、個性を消して役に染まろうとする人と居ると思います。
これだけの個性の強い役は、かなめちゃん自身の個性では無く、演じる力で見せているのだと。
観劇がますます&ますます楽しみになってきました。
決して期待を裏切らないであろう舞台を観られる事を楽しみに!!

コメントご紹介

おはようございます。
さっそくlepuさんが初日の感想を寄せてくださいました!

東京初日観てきました! やっとかなめバトラーに会えて、「これぞ存在感!これぞ男気!」 もうすっかり堕ちてしまいました。
東京のお稽古場映像を見た時に、今まで見ていた映像との違いをはっきり感じたので楽しみにしていたのですが、予想以上でした。 いつの間にあんな大人の男になったのかと、かなめちゃんの努力を思わずにはいられませんでした。 本当に高いハードルだったのでしょうが、それを越えた手応えをかなめちゃん自身がしっかり感じ取った故の堂々とした演技だったと思います。
まあ君の勢いのあるスカーレットを始め宙組生の頑張りでメリハリもあり、古風な(笑)演出も意外に気になりませんでした。
植田先生のコメントにも「凰稀かなめが努力に努力を重ね・・・その熱情に動かされて宙組の全員が必至で取り組んでくれた」とあって、組子に後姿を見せるかなめちゃんらしいトップさんになられたんだなと嬉しくなりました。
その植田先生、幕間でお見かけしましたが、たいそうご満悦の笑みを浮かべていらっしゃいました・・・そうでしょうとも! あんな素敵なバトラーではね(^^)v



lepuさん、とても嬉しいご報告をありがとうございます<(_ _)> 
お稽古場映像でもしっかりと土台が出来上がって自信に満ちていた気がしました。
それに、舞台稽古も順調だったようでそれだけ仕上がりが良いと言う事かな?と思っていましたが。
名作を蘇らせる。これも宝塚には必要なこと。それを担って舞台で生きているかなめちゃん。
頑張ってられるんですね!
来週、バトラー船長さんとお逢いできるのがますます楽しみ\(^^@)/


宝塚100周年夢の祭典、そして特出

来年4月の祭典の出演者等発表されました。→こちらへ
衛生中継もあるのですね。どっちにしてもチケット激戦!!(そりゃ、無理だわ)

宙組からは、かなめちゃん、みりおんちゃん、きたろう君、そしてまぁ君。

記念すべき行事ですから、見られたらラッキー!(やっぱり無理でしょ)


月組公演への特出は→こちらへ

ますます激戦。そんなもん、見れる訳おまへんがなぁ・・・ですよね。
私の親戚で月組下級生のお母様をご存知の方が居て、その方が、一度宝塚を見たい!その人に頼もうかしら?
と言い出しまして・・・では、行ってみようか?と思っているのですが・・・
チケットはどの時期もとても無理そうな・・・

てんやわんやしそうですね。(はぁ~っとため息・・・)

なお、月組公演詳細は→こちらへ


追記
以前使った見易いテンプレートに変更しました。

風と共に去りぬ

東京公演初日おめでとうございます。

今日の関東は青空。
気持ち良いです。
昨日までの舞台稽古は順調のようで早く終わったようです。

さて、私、来週観劇できることに!(チケットが降ってきました。)
義母との旅行日程が変更になって良かった!?
楽しみ!!


明日は埼玉で月組全ツ、こちらも楽しみです。



余談ですが、
知人がつい最近某ホテルにてランチしてたら、安奈さんと初風さんが入ってこられたそう。
お元気になられたようです。
良かったぁ。

スマ×スマ

今朝番宣が流れたようですね。その収録内容についての説明です。→こちらへ
来年の放送とのこと。今から放送が待ち遠しいo(^▽^)o

詳しくは公式へ→こちらへ

追記
宝塚GLAPH12月号表紙は→こちらへ
真風君、翔ちゃん、愛ちゃん、キキちゃん、そして、リョウ君。
次代を担う人たちという事ですね!

花組千秋楽

その模様をCSで見ました。

最後のご挨拶で蘭トムさんが退団者3人へ贈る言葉が温かくて、グッときました。
そして、つい、つられて画面の前で拍手してました。(^^;

みーちゃんはずっと笑顔。
みーちゃん、ちのさん、蘭丸くん、お幸せに~♪

昨日のこと

かっちゃんさんよりコメントを頂きました。

もう日付が変わってしまいましたので、昨日になりますが。。。
11月18日(月)の雪組公演客席が超豪華!!
カナメさん、みりおん、キタロウ、ちえちゃん、ねねちゃん、まさこさん、さゆみちゃん、しーらん他、大勢ご観劇だったようです!!
偶然、観劇していた雪ファンの友人より、興奮メールもらいました!!
宙組さんは、昨日でお稽古終了で、東京への移動前の貴重なお休みの中、ご観劇で、星組さんはお稽古休みだったのでしょうか?

関西組といたしましては、しばらくカナメさんに会えないのがとてもさみしいのですが、この間にたまった日常の仕事をこなしておきます(笑)



かっちゃんさん、おはようございます。
お稽古が終わって翌日の大劇場を観劇のパターンなのですね。
宙組、星組とは、豪華!!
良いですね~(^O^)
羨ましい(^O^)ご報告をありがとうございました。<(_ _)> 

今日あたり移動日で東京へ~でしょうね。


追記
Twitterで知ったのですが、

東京で花組組長副組長(さおたさんとまりんさん)があるセミナーでお話をされたそうです。
12/17の日経新聞にダイジェスト版が載るそうです。
手に入れて読んでみたい気がしますね~。

この前花組さんを観た時に、さおたさんがセンター近くで踊ってらしてウキウキしてました。
やっぱり気になるんですよ。(^O^)

雑談かな?

久々に某入り待ち写真掲載ブログを見たのですが、

かなめちゃん、相変わらずFCお茶会土産だったカードケースを使っていますね。
変えるのが面倒なのか、こだわってないのか?(うふふ・・)
それから装いだってきちんとした時っていつも同じように見える。(私にはそう見えるけど)
実はあんまりこだわってないのかな?

かなめちゃんのそんなところが好きです。


そして、話題変えて、
月組全ツ初日ニュースを見ました。
ちなつちゃん、ソロ歌ってるのが映りました。それもややアップにカメラが近づいた!
それから青天の鬘が似合ってて綺麗なお侍さんでしたね。
こちらも、うふふ・・・でございました。


宙組初日が近づくのに観劇がまだまだ先というのが残念です。
そうこうするうちに来週は義母を連れて一泊旅行。
(大丈夫?その後疲れて寝込まれたら・・・などと余計な心配を。)
←これ、12月に変更に。
でも、チケット高いのは買う気が無いので、最初の予定通り12月に入って楽しむしかないですね。
楽しめますように♪


追記
はんなりママさんからコメントを頂きました。

こんにちは~(o^_^o)

昨日は雪組観劇で大劇場へ参りまして久々に入り待ちをしてきました。

雪組の方々は既に入られた後で、手前でたくさん集合されていたのがまあくん所で、それから下級生やスターさんたちの後ようやくかなめちゃん登場!!

ん、かっこよく決まっていました。黒ずくめにアニマル模様のマフラーが非常によく似合っており、ヘアスタイルもお化粧もバッチリしかし細くて、寒い季節に脂肪がなくてさらに寒いのでは?と心配してしまいました。

ほんとにタカラジェンヌは眼福をくれるなあと、なかなか楽しい時間を過ごしました。


ママさん、ありがとうございます。
入り待ちから、良いですね!
かなめちゃんは勿論、皆さん、カッコ良い!
私にとってもあの楽屋前の空間は異空間です。
結婚前はさんざん通ったのですが、それ以後は数少なくていつ行っても慣れない異空間です。
だからこそ、行った思い出は宝物。それぞれのシーンが思い出されます。
ママさんにとっても同じでしょうね。(^O^)
大切にしまいましょう!!(^O^)/

花組千秋楽

東京公演千秋楽でしたね。
お天気は良くて暖かだったから良かった。
みーちゃんそして退団者の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

そして、千秋楽お疲れ様でした。

宙組さんは東京公演お稽古を終えました。

月組さんは相模大野公演を終えました。


刻々と時が進んでいきます。取り残されないようにしなくては!


スカステの明日の放送が楽しみです。

地震

また最近揺れるんです。
一時間ほど前もドンと来てユラユラ。
震度4でした。

さて、宙組お稽古は明日までのようです。
また水曜日あたりにはお稽古場の様子が放送されますね。



寒いですね!

今日は曇り空から小雨が。そして冷え込んできました。

月組さんの全ツ相模大野が初日ですね。
皆さん、怪我のないように。


さて、

メロメロさん、一言「羨ましい!」のコメントをありがとうございます。(^O^)
生徒さんと遭遇の友人が本当に羨ましいですよね。
そんなラッキーな事って、家でじっとしている私には考えられない事です。
彼女は星組ファンなので、心の中ではきっとムヒムヒしていたことでしょう。
そんなお話を聞くだけでも楽しくなりますね。(^O^)




その後

今日、私の友人が大阪に用事があって羽田から飛行機に乗ったら、なんと、かなめちゃん、ちえちゃん、キタロウ君、まぁ君など星組宙組主要メンバーと遭遇したとメールくれました。
午前中に帰宝だったようですよ。
なんてラッキーな友人でしょ。(^O^)