お知らせ

関西地方限定のようですが、Kameさんからの情報を。

先週の観劇報告の際、毎日放送が取材しておられると報告しましたが、明日放送があるようです。
 mbs毎日放送5月31日(土)午前8時~「知っとこ」真琴さんがご出演のようです。
内容はわかりませんが、とりあえずお知らせいたします。
(たぶん、関西ローカルの番組だと思います。)


明日、ご覧になってみてくださいね。
Kameさん、ありがとうございました。<(_ _)> 


追記
情報更新!

上記番組は、関東でも、TBS朝8時から見られるとのこと。(^O^)
愛華みれさん、 遼河はるひさんもゲストで出るようです。

スナさま、お知らせありがとうございました。<(_ _)> 



コメントご紹介など。

こちらをご紹介していませんでしたね。→こちらへ

これを読んで皆さんから頂いたコメントと併せても、やはり実際にこの目で観ないとなぁ~と。

ところで、
メロメロさんからもBパターンの観劇感想を頂いていました。
またまた迷惑ホルダーに入ってしまっていて・・・メロメロさん、すみません。<(_ _)> 

Bパターン、任から言うとこちらが嵌っているのだと思います。
そばにいるのが当たり前の温かいアンドレ、貴族然とした貴公子のジェローデル、結構オラオラが好きそうなアラン。
Bを見た後にもう一度Aを見たかったな。東京の感想待ちです。
黒燕尾のときの靴ですが、キラキラパンプスからいつもの男役の靴に変わり、またキラキラパンプスに戻ったので、御直しに出していたのかもしれませんね。
ムラはラストスパート、目に焼き付けないと…。


ありがとうございます。
東京はA~B~Aパターンでしたね。
目に焼き付けて心にしまってくださいね。(^O^)/
私も東京公演は、両パターンを観る予定です。私自身がどんな感想を持つのか、楽しみでなりません。



コメントご紹介

さゆさんからコメントをいただきました。(^O^)

Bパターンを観てきました♪

少し前になりますが、Bパターンを観劇してきました。

キタさんアンドレは、優しく、オスカルを包み込むようなアンドレでした。
銀橋での歌の時に、涙を流されていたのが印象的でした。
ずっと一緒にやってきた同期だからこそ出来る、オスカルとアンドレだったと思います。

まなとさんのジェローデルは出番が少ないので、少し寂しく、物足りないように感じました。
七海さんのアランは、可愛らしいアランでした。キタさんに比べると、少し迫力が無かったように思いますが、頑張っておられました。

かなめさんオスカルは、やはり凛々しくて格好良いオスカルでした。でも、アンドレといる時は女の色気が出ていて、見入ってしまいました。
かなめさんとまなとさんは、歌がすごく安定していました。

あと、座っていた席からすみれ乃さんのルルーがよく見えたのですが、すごく可愛らしかったです(笑)

愛の賛歌でかなめさんとキタさんが踊っている時に、顔を見合わせて微笑みながら楽しそうに踊られていたのも印象的でした。ここの場面は、まなとさんとの時もお互いに微笑みあっていました。

大劇場公演もあと少しなので、体調に気をつけて皆さん頑張ってほしいです。
嬉しいことに、あと1回観劇できることになったので、しっかりと目に焼きつけてきたいと思います!



さゆさん、ありがとうございます。
かなめオスカルときたろうアンドレのデュエット、そんな時が来るなんて、感慨深い・・・。
それは見る価値大アリ。(^O^)
しっかりとご覧になってきてくださいね!!



色々な発表

Baidu IME_2014-5-29_16-11-50

タイトルだけ並べてあります。

いよいよ武道館でスーパーリサイタルですか!(うわ~っ)
そして、星組全ツは紅ちゃん主演。(いよいよですね)
そして、十碧・麻央ダブル主演。(そうなのかぁ)
タカスペは最後だけ東京月組さんと同時中継。100周年イヤーの締めくくりです。

そんな先の事・・・
もうどれにも付いて行けそうにありません・・・・
傍観者として楽しむことにするかな?(苦笑)

私にしては後ずさり。(笑)


ところで、

午前中「凍てついた明日」をやってましたね。
私、やっぱりこのかなめちゃんが好き!!そして、物憂げさがハマっていて適役でした。
彼女にしか出せない味わいでした。
私の中での代表作です。

追記
るる♪さんよりコメントをいただきました。

「凍てついた明日」わたしもです!^0^! 
当時は離れている時期だったので、映像が出会いでしたが、ほんとにいろんな意味で、いい!!
当時リアルに観ていたら、これで私は確実にかなめちゃんにハマったと思います。
新公卒業後の空白期ですよね、大事な時期によいチャンスをもらって、いい芝居してますね~。
スター性がずばぬけてて、すっごいかっこいい!!
あと、地味にこの作品の香綾しずるくん、すごいと思います。目が離せない、無言なのに!

これで彼女のことも大好きになりました。
あ、忘れちゃいけないキタさんも、このキタさんがとっても好き!
いやー、良い公演ですね~*^0^*
ワークショップでしたが、共演者にもめぐまれていますよね。


そうそう、キタロウ君も大きな役でかなめちゃんを助けてくれていました。
がおちゃんは、無言で踊るだけなのに物凄く表現していて、クールで、当時好評でした。
ワークショップとは言え相手役を変えての2公演主演は大きな力となったはず。
そう、すっごいかっこいい!!(*゚▽゚*)
るる♪さん、ありがとうございました。

尚、当時のブログは→こちらへ





コメントご紹介

あさきさんよりコメントをいただきました。

Kameさんの反対バージョンで観劇してきました
11時バウ
3時大劇場

やはりベルバラは大劇場向きですね

バウを見て衣装.セリフにリアル感を持って文学性の高い作品のそれぞれの心理など深い内容
主演の礼真琴君の役は外部では藤原竜也くんがしていたと聞きましたが
それでも納得行く役
女性3人(音花、音波、城妃)の生き方や心理も年を重ねている私には何と無く共感できる部分もあり
なかなか面白い作品でした

その後大劇場をみるとやはりそれは夢の国
絵本の様な世界を感じました

ベルナールの妻のロザリーだって庶民なのにいいドレスを着てるし
矛盾が一杯
でもそれが大劇場向きの宝塚歌舞伎なんだと思いました
生活感がなく夢の世界

家に帰りどちらの作品が印象的かと言うとやはりバウの「かもめ」かも。
だれのファンでもなくて満遍なく役者を見られるから?

大劇場はベルバラでご贔屓中心に見てしまうから?オスカルしか印象が無い(笑)
やはり夢の世界だから目覚めたら忘れてしまうのかも

でも正直な話、一日二作はかなり疲れますね(笑)



あさきさん、ありがとうございます。(^O^)
箱が違うと見え方も感じ方も違うんですよね。
特にバウホールは、実験劇場として芝居を見せる、歌を聴かせる、ショーを見せると様々な設定での経験の場。
それぞれの良さですね。
いつか、バウ観て大劇場観て・・という余裕のある観劇をしてみたいものです。
いつもご贔屓さんに向けてまっしぐら(?)ですから。(^^;)
お疲れさまでした。


追記
tonyさんからもいただきました。

先日、B日程を観劇してきました。役替わりの方の印象に感想をお伝えします。
キタロウアンドレは、爽やかで、包容力のある優しいアンドレでした。
そして、ベルバラ独特の大芝居ではなく、自然体で熱く演じられてました。
ジェローデルとの結婚の噂を聞いた後、銀橋を渡りながらの歌では、頬に流れる一筋の涙が。

AもBもそれぞれ素敵なアンドレでしたよ。

まあくんジェローデルは、貴族の優雅な雰囲気が素敵でしたよ。
かいちゃんジュローデルはオスカルへの一途さがすごくよかったし、
まあくんは、包み込むような感じで、それぞれ素敵でした。

アランは、品の良い、かわいらしいアランでした。
オスカルとの剣の勝負では、若干動きが鈍いのがツボに入りました。
そういえば、モンテクリスト伯では、投げ返されたレモン落としていたのを思い出しました・・
先日は、叫ぶ芝居が続き、のど痛めたのか、フィーナーレの歌が声がでていなかったかなと。

かなめさんは、お父さんに殴られる場面で、いつも豪快に倒れるので、紫色のパンツがかなり擦れてきており、
もしや、あざになっているんじゃないかと、友人と心配していました。

今回は、前方の席だったのですが、セリフもない衛兵隊の子まで、涙を溜めながら演じている
姿に、宙組としても、一回一回の感情を大切に演じられて、熱い舞台となっていると思いました。

ちなみに、今回の黒燕尾の靴は、キラキララメのパンプスでした。

次回は、前楽で最後の観劇です。


tonyさん、ありがとうございます。

何度か観ていると、「あざになってる?」って心配事も起きてくるのですね。
相手役が変われば当然お芝居も変わる。それぞれの良さも見えてくる。
比べるのではなくて、それぞれを観てそれぞれを感じる。役替りの面白さですね!
もうあと少し、ガンバレ!!>宙組の皆さん



産経新聞記事

先にご紹介した記事のWEB版がアップされました。→こちらへ

読み応えありました。

植田先生の言うとおり、容姿の良さは武器です。どんな場であっても。
それをより際立たせる努力をされている。
男役の補正だってキャリアを重ねるに連れて舞台姿がうんと男(役)らしくなる。
常に「男役」追求なのでしょうね。


追記
okaさんより
「ルサンク、役代わりの写真はなかったです。残念です。」とコメントを頂きました。
ああ、残念。グラフや歌劇の舞台写真待ちですね~。

kameさんからもいただきました。

こんばんは。
本日、大劇場11時公演、バウホール14時30分公演を観劇してきました。
このごろは、キャトルレーブやロビーが込み合っているので早い目に劇場に行くのですが、それでも当日券を求める人でずいぶん賑わっています。今日は毎日放送(たぶん)のアナウンサーが当日券に並ぶ方にインタビューしてました。そのほかも色々回っておられたようですが、いつの放送かな?
また、キャトルでは、メモパッド、フェイスペーパー、公演バッグが売り切れになっており、入荷未定の紙が張り出されてました。

さて、11時公演ですがカメラが入っていました。
緒月さんのアンドレを、大人で大きなアンドレと思うと以前に報告しましたが、さらに深みがましてきたなと思いました。
1幕でも、何も言わなくてもオスカルを思う気持ちがひしひしと伝わってきました。
先日観劇した際、毒殺の場面の前の銀橋で、目がウルウルしているなと思っていたら、銀橋に涙がぽたぽたと落ちていました。
かなめちゃんのオスカルも、アンドレがいることが当然な雰囲気がさらによく出ていたような。
それと、今宵一夜の場面ですが、Bパターンは日によって違うようです。(かなめちゃんが)

バウホールですが、大劇場を観て結構テンションを上げていったので、その持つ雰囲気にかなり戸惑いました。
若い琴ちゃんを中心に、経験のあるベテランを配し、支えるという感じに思ったのですが、私にはかなり難しかったです。
うめちゃんさんのおっしゃるとおり、みきちぐさんの歌は、人生の終焉を迎えようとする人の思いが強く伝わり素晴らしいと思いましたし、場面、場面ではわかっても、全体としての人間関係や流れがなかなか頭に入ってこず、観ながら??の状態でした。でも、琴ちゃんのお歌は相変わらず素晴らしかったです。


kameさん、ありがとうございます。
段々に熱が上がってきていることでしょう。そんな熱演を早く観たい・・・。
やはりロシア文学は難しいのでしょうか?何事も経験なり!かな?



コメントご紹介

うめちゃんさんより補足?です。(^O^)

かもめは土曜日に仕事終わってから見ました。
太陽王は日曜日に大阪から日帰りで行って来ました。
琴ちゃん自身は歌も、ダンスも芝居も素晴らしかったです。
今の学年だからこそ出来る役だったと思います。
けれどこれは女性の話だと思いました。
琴ちゃんの母(音花)琴ちゃんを慕う娘(音波)琴ちゃんが慕う娘(美伶ちゃん)三人のお話だと思いました。
私はミキチグさんの歌に泣かされました。本当に良かったです。
ミッキーも素敵でした。
瀬央くんが可愛くて、お得な役でした。


うめちゃんさん、ありがとうございます。
チェーホフ作品初の取り組み。今年のバウは、どなたの作品であれ、意欲的。
それが何よりです。



メディア情報

本日の産経新聞にかなめちゃんの記事が載っているそうです。
関西版ですよね。←夕刊です。


追記
Kameさんよりコメントを頂きました。

こんばんは。
産経新聞の記事について少しだけ報告を。(大阪版です)

「伝統継ぐ男装の麗人」という大きな見出しで、「新たな試みをしつつ、伝統も継承した『100周年のベルばら』となった。」とのことでした。(すいません中途省略しています)
そして、植田先生に「自分に厳しい反省するトップ」と称されたとし、「端麗な容姿も努力なくしては光らない。役の感情なくして感動は生まない。宝石は磨いて輝くことを改めて体現してみせた。」と結ばれていました。

概要のみ報告させていただきます。

明日は、大劇場、バウホールと観劇です。
また報告させていただきます。


Kameさん、早速教えてくださってありがとうございます。<(_ _)> 
かなめちゃんは15年間、公演ごとに学び、次の公演ではその成果を見せて一段ずつ階段を上ってきたように思います。
そして、大切なことは何か?を常に問い続け、トップになって3年近く、その何かをより突き詰めてきた事でしょう。
まだまだ完璧は有り得ないし追求し続けていかれるのでしょうね。
私はそんな風に感じ取りました。

ありがとうございました。(^O^)




ル・サンク

「ル・サンク」本日発売→a href="http://www.hankyubooks.com/shop/g/g630156/" title="こちらへ">こちらへ

Baidu IME_2014-5-26_19-38-21

オスカル様がカッコ良い!!(^O^)/

デジタル版もあるのですね。(風共から始まったようです)→こちらへ

スカイステージなど

蘭寿さん退団後の初仕事→こちらへ
ダンサーの蘭寿さんの初仕事、カッコよさそう!!(^O^)

スカステニュース
かもめの初日映像を見ました。
が、しかし、やたら台詞が多そうで・・・よく分りません。
実験的な舞台演出のよう。
最近星組さんは余り視ていないせいか、何を観てもいつものまこっちゃんに見えて・・・すみません。
まだ男役としての個性確立は遠いのでしょうね。これからの人ですものね。

宙組92期のStage side talkは、れーれ、まっぷう、りんきら。
穏やかな3人という感じ。

宙組さん千秋楽まであと7日間。


追記
うめちゃんさんよりコメントを頂きました。

かもめ観劇致しました。
難解と聞いてましたが、普通にお芝居でした。チェーホフ作品は宝塚で初上演とか。
あえて宝塚でするのは、実験的だと思いましたが、琴ちゃん主演として見ると物足りなかったと思います。
しかし、作品的には良かったですし、「太陽王」よりは良かった気がします(汗)

太陽王は昨日見て来ました。
礼音ちゃんが珍しく台詞を噛んでいて、お疲れなのだろうなと思いました。
「ナポレオン」が素晴らしかったので、少し期待外れでした。
あまり耳に残る楽曲がなかったです。


うめちゃんさん、かもめをご覧になってきたのですか?
太陽王は、実は今日観劇予定でしたが、都合が悪くなり行けませんでした。
ちえちゃんは、大作新作続きでお疲れなのかも?舞台ではお芝居して踊ってですよね。
どちらもスカイステージで放送されるのを待つとしましょう。
感想コメントをありがとうございました(^O^)<(_ _)> 


コメントご紹介

おはようございます。
今日も晴天。心晴れ晴れ・・・

なおさんより初コメントを頂きました。
なおさん、ありがとうございます。

初めまして
いつもブログを拝見させていただいております、なおです。このブログを見ているとかなめさんはこんな良いファンの方々に支えられてさぞ幸せだろうと思います。
ところで、ちーさんや他の退団者の方が退団10日前なので化粧前を白にするべく皆さんで仕込んでいたそうですね。それを聞いて本当に退団してしまうのだなと、改めて実感しました。退団するその時まで笑顔で応援していきたいですね。


ああ、楽屋の化粧前が白くなってしまったのですね。いよいよかぁ。
ちーちゃんは、宙組というのもありますが、スカイステージですっかりお馴染みとなり頭の回転の早さやおしゃれセンスの良さ、また、おしゃべりが上手なことなど、記憶に残る人です。
ちーちゃんの事だから(実のところは知りませんが)ずっと笑顔で千秋楽を迎えられるのじゃないでしょうか?(^O^)
ここは皆さんのお蔭でまったりと続けられています。どうぞこれからも気軽にコメントを寄せてくださいね。



藪さんの役替りと新公の感想がアップされていました。→こちらへ
かなめオスカル&きたろうアンドレは「さもありなん」というところですね。
東京は余り多くは観劇できないのですが、今からこの二人のお芝居が楽しみです♪


コメントご紹介

こんばんは~。
tonyさんからBパターンの感想コメントを頂きました。

昨日、2時頃に仕事が終わったので、急いで、宝塚に移動し、2幕から立ち見で、B日程を初めて観てきました。
昨日11時公演は立ち見も完売だったようで、15時は残っていて良かったです。
予備知識あまり入れずに、ボーッとみたせいか、新しい驚きがありました瀨
役替わりすると、やはり違った雰囲気になりますね。
疲労のピークでボーッとみたので、あまり、ちゃんと見れなかったので、明日、ちゃんと観てきます。

昨日の出待ちは、サバーズ?のイベントだったみたいで、まぁくんのクリスマスコンサートの5名が登場したのですが、たまたま、蘭寿さんが出くわし、盛り上がっていましたよ。

ちーちゃんが、出待ちの会の方と一緒に座って、こんな風に見えるんだ~と言われていたのが、印象的でした。イベント後は、まーくんとかいちゃんは、劇団内に戻り、他の方は、派手な格好のまま、帰られて行きました。
かなめさんやその他の方は、遅かっのか見れなくて残念でした。


tonyさん、ありがとうございます。
お疲れの中、立ち見が買えて良かったですね。
本編は、明日、しっかりとご覧になってきてください。(^O^)
かなめちゃんは、昨日はお仕事で出るのが遅かったようですよ。残念でしたね。
ただ、蘭寿さんやサバーズイベントをご覧になれたのはラッキーだったのでは?
ちーちゃん、きっと色々な一瞬を楽しんでられるのでしょう。もうあと少しですものね~。





コメント(レポート)ご紹介です。

こんばんは。
お茶会が終わり、新公も終わりました。
どうなったのかなぁ?と気にしつつ・・・(苦笑)

メロメロさんより頂きました。

お茶会レポの度に書いていると自覚はあるのですが、やはりあのフォルムには慣れられません。現れるとヒェー!ってなります。
オスカル仕様での登場かと思いきや、黒スーツに髪はバックスタイル、『本業の男役』の出で立ちでした。なので、「アンドレ、この戦争が終わったら結婚式だ」のセリフの時は客席から顔が見えないから言って欲しいとのリクエストでは本気で恥ずかしがっていました。けれど、全体にリラックスした様子で楽しんでおられたとお見受けします。
クイズで、各ブロック毎に与えられたお題を参加者のジェスチャーを見てかなめちゃんが答える時など、かなり笑いのツボにはまっていました。「今宵一夜」とか「バラのタンゴ」なんて難しいお題を表現する強者たちのおかげですね。
最後に深々と礼をしておられました。

さて、新公そらオスカル、小さいのは承知の上でしたが、それにしても宙組では小さい。けれど歌、ダンス、芝居はさすがです。お化粧も上手でした。うららロザリー、ドレス姿が映えて美しいのですがロザリーではありませんでした。周囲が歌えるだけに、高音の歌えなさ(聞こえない)が目立ちます。アンドレ、初めての抜擢でしょうか、緊張が伝わってきました。スタイルが良く舞台に映えるので頑張ってほしいです。アランの貫録に驚きです。銀橋を渡りながら歌い切り、見得まで切る度胸はすごい。美月パパと風馬ブイエの安定感、舞台を締めていました。瑠風ベルナールが若い勢いでのびのび演じているのが印象的でした。

新公を見てベルばらの難しさを改めて痛感しましたが、新公メンバーも宙組のナチュラルな芝居で感情移入しやすかったですし、よくやっていたと思います。若いエネルギーを発散して挑戦し続ける姿からは、いつも元気をもらいます。タカラジェンヌはすごい!

ちなみに、お席が上手後方で上級生の入退場が良く見えました。オスカル様仕様のかなめちゃんの麗しさ、まぁ君とちーちゃんの仲の良さ、みりおんの可愛らしさが良く見えてお得でした。
公演も後半に入り、熱気に満たされて楽が見えてきました。次は東京が暑くなりますよ!



メロメロさん、レポートをありがとうございます♪
お茶会、リラックスされてかなめちゃん自身も楽しまれたみたいですね。(^O^)よかった、良かった。
そして、新公。ベルばらと言えども、若手の新公は、型にはまらず演じるのはどの組も同じかもしれませんね。
残念ながら夜の公演の観劇はちょっと無理なもので、全くどの組も観られないのが残念です。
自由が効くなら観たいなぁ。
6/2の千秋楽まで数えたらあと11日間。
更に更に熱く暑い公演を楽しみにしています。
ありがとうございました。<(_ _)> 


今夜は

ベルばら新人公演でしたね。
どうだったのかな?
パープルさんが少しだけ書いてられるけど、はてさて?


ディナーショー

<タイトル>『Metamorphose —メタモルフォーゼ—』
<構成・演出>稲葉 太地
<出演者>(宙組)凰稀 かなめ ほか

以上発表されました。

稲葉先生は、ルナ・ロッサの先生です。
タイトルからは、かなめちゃんの様々な魅力を見せて貰えそうな予感。
初めてのディナーショーですもの、力が入る事でしょうね。

NHKアサイチ

アサイチでタカラジェンヌの第二章(退団後の人生)をやっていました。
以前紹介されたタクシードライバーさん、メイクのCHIHARUさん、歯科医さん、主婦、他。
そして、ボードに紹介されたメンバーの中には、かなめちゃんの同期86期生も何人か写真がありました。
在団中の思いや退団後のそれぞれの人生の紹介でした。
そのベースは宝塚で培われたくじけない、諦めない、前向きな精神。
そして、共通して好きな食べ物1位は肉・焼肉。2位はご飯。

朝から夫が「こんなのやるよー」とテレビを付けてくれて朝食の後片付けを一休みして見たのですが、
とても心が膨らむというか温かくなりました。

私は宝塚歌劇が好き。男役が好き。人生を掛けて日々精進されている姿が好き。
健気だなって思い、元気を貰える事が良いですよね。
その宝塚でひと握りのトップになったかなめちゃんは素晴らしいと。
そして、そのピラミッドの中で頑張っている生徒さん達が愛おしい。
そんな気持ちを再確認したのでした。




コメントご紹介

かっちゃんさんより頂きました。

こんばんは!
Bパターン観劇してきました
KAMEさんの感想に同感です
カナメさんオスカルとキタロウアンドレを観ていると、普段の二人の関係を彷彿とさせるようでした
なので、すべてにおいて説得力がありました(笑)
キタロウ、感情を抑えた演技で、まさにアンドレでした
初日は緊張がこちらにも伝わってくるほどでしたが、今日はすでに入り込んでました
そして、これは勝手な思い込みかもしれませんが、カナメさんがとっても安心してオスカルになってらっしゃるように感じました
やっぱり同期ですね

フィナーレの「愛の讃歌」、大階段にカナメさん、キタロウ、みりおん!
キタロウが、その立ち位置にいることにジーンと胸が熱くなってしまいました

まあ君とカイちゃんも役替わりを通して、数段に舞台姿が大きくなって、ほんと頼もしい限りです
AパターンもBパターンも甲乙つけがたいです
どちらがって話になると、これはもう好みの問題かなと思いました(笑)

お茶会
カナメさん、とてもニコニコ、終始笑顔でした

橋の下でアンドレに言う「この戦闘が終わったら結婚式だ!」を、リクエストに応じて(客席からはお顔が見えないので見たいとのこと)、超恥ずかしがられながら、私たちにセリフを言ってくださったり(笑)
黒のスーツ、オールバック、男役でキメてらっしゃいましたので、「男役で来たのに・・・」って言ってらっしゃいました(笑)

握手会が終わって(だったかな?)壇上に戻られた時に、机に置いてあったキャンディ?を、こそっと口にほおばってらっしゃったり(笑)
その時の、ちょっといたずらっ子みたいな仕草がかわいかったです

Bパターンの舞台稽古の時、今宵一夜で、真近にキタロウの顔を見て、歌いながら吹き出された話とか(笑)
本舞台では大丈夫だそうです(笑)

最後のご挨拶(握手の時の皆さんの笑顔で元気をもらったなど話されてました)の後、壇上で、深々とお辞儀をされてたのが、とっても印象的でした

今回も、とっても楽しかったです
東京も行こうかなあ(笑)



かっちゃんさん、公演とお茶会のダブルの感想をありがとうございます。
そうですかぁ、やはり同期ならではの空気感なのでしょうね。
雪組ベルばら新公の時には、二人でオスカル&アンドレを演じる日が来るなんて思いも寄らなかったのに・・・
観たらきっと感無量になるかも。
お茶会、笑顔でしたか?笑顔は美しいですからね~\(^o^)/
最後に各ブロック毎に薔薇の花を渡していかれたとかチラッと小耳に挟みました。心憎い演出ですよね。
今から東京お茶会が楽しみ~。(今度は参加できそうなので)
ありがとうございました。(^O^)


ところで、本日の月組公演、やっぱり美しくて華やかで楽しかったです。
ちょんぱはやっぱり良いですね~。
宝塚をどりの100の人文字は、2階からだとはっきりと分かって綺麗でした。
よさこいはやっぱりカッコ良い。
すみれのボレロも動きが美しくて。
センチュリー号も色々な人達をオペラで確認。
それぞれに役の設定があるらしく、楽しい事をしていそうなのですが、全部一度に見られないのが残念。
ショーもパッと明るく始まり、場面がどんどん進み、でも、あらまだあるわって。(笑)
大劇場では前方席だったので全く見え方が違いました。
100人ロケットは壮観。衣装が可愛いくて、振りも揃っていて良かった!!

こんにちは。

昨日のお茶会はどんなだったのでしょうね?
参加された皆様は、きっと今日もご観劇!?(^O^)

そして、この私は、これから月組公演観劇に出かけます。
2階席だから、全体を見渡せそう。
宝塚をどりのオープニングの100の人文字と、ショーの100人ロケットのフォーメイションが楽しみ♪
あ、鳳月さんも楽しみ♪



今日は・・・

Bパターン初日で、かなめちゃんお茶会の日でした。

さて、どちらも気になりますね~。

どうだったのだろう・・・・はて、さて。



それで、KAMEさんからコメントを頂きました。(^O^)

役替わり公演初日観てまいりました。
緒月さんアンドレ、大きくて大人なアンドレだなと思いました。
また、観る私の思い込みもあるのかもしれませんが、オスカルとアンドレ二人のこれまでが目に浮かぶような気がして・・・。
オスカルとアンドレを観ていると「ソロモンの指輪」の白い天使と黒い天使が思い出されました。あの天使たちも、二人で一人だったような。
かなめちゃんは、今日も素晴らしかったです。
バスチーユの場面は、最後まで涙がいっぱいで、観ている私も胸が締め付けられそうになりました。

残った観劇日も楽しみたいと思います。


やっぱり二人の歩みがバックボーンとなっているのかも知れませんね。
これは両パターン観ておかないと後悔しそう・・・。
KAMEさん、嬉しいコメントをありがとうございました。<(_ _)> 
もっともっと楽しんでらしてください。(^O^)/



コメントご紹介

KAMEさんより頂きました。

公演も折り返しですね。この間、初日が開いたばかりだとおもっていたのに・・・。
観劇回数、順調に増えております(#^^#)
かなめちゃんの歌も、ずいぶん落ち着いてきたようで。また、緒月さんの銀橋の歌も、初日あたりは手に汗を握る感じがあったのですが、安心して聴けるようになってきており、明日からの緒月アンドレ楽しみです。

さて、先日阪急電車のラッピング車両に乗車してきました。先頭と最後尾の車両に、大階段の男役のダンス、デュエットダンスそして黒燕尾の男役が、乗降口を利用して描かれていました。電車が止まって扉が開くと見えない・・・。
中間の車両には、宝塚100周年の文字がいっぱいでした。
車内では、次の停車駅の案内と並んで、各組を紹介するビデオ(かなめちゃんは、ラインハルトでした)が流れていました。昔のパネルも張られており、私の前には「ジャワの踊り子」がありました。でも小さいので、座ってしまうと他に何があるのかよくわかりませんでした。

山手線は1時間で一周で毎日走っていたようですが、阪急は、当日の朝にならないと、何時ごろに走るかわからないそうです。場合によっては、走らない日もあるそうです。
普段はJRを利用しているのですが、一度は乗ってみたいと4回問い合わせ、2回は当日走らない、1回は時間帯があわず、何とか1度だけ乗ることができました。
通勤に利用してる方に聞くと、よく走ってると言われますが、いざ乗りたいと思うと難しいようです。

明日の役替わり初日行ってきます。
オスカルがどのように変化するのか、ワクワク、ドキドキ楽しみです。


KAMEさん、ありがとうございます。
ラッピング電車はなかなか乗れないのですね。
山手線は何度か見かけましたが、乗れたのは、たった1回でした。
いよいよ役替り。ほんとドキドキしてきますね。
お芝居が安定してきての、待望(?)のカナキタのオスカル&アンドレ。
感想をお待ちしています。よろしく<(_ _)> 


ところで、今日は月組東京公演初日でした。
月組公演初日おめでとうございます!
つい先日蘭トムさん達の退団だったのに・・・あっという間に次の公演。
華やかな3本立て公演。初心者にもオススメできる作品ですが、どうやら完売らしいです。
日曜日、観られますように!


追記
紫乃さんからも頂きました。(^O^)

まあ様アンドレ最終日で本日DVDの収録日でした(^O^)
10日ぶりの観劇でしたが皆さん熱のこもった演技でどんどんよくなっておられるなぁと感じました。
緒月アランのPale Rose も声がよく出ていて聞きほれていました。
オスカル様は今日は女子力が高かったです(*^o^*)
まあ様アン
ドレ最終日だからか日々その時の気持ちで演技されるからなのか、声は明らかに女子でした。
でもこれが植田先生が仰ったオスカルの声なのかなぁとも思ったり。
私は漫画のベルばらも大好きで小学校の頃に買った単行本をベルばら上演の度に読み込んでいるのですが、今回のかなめちゃんのオスカル様はご本人も漫画に近いオスカルを演じたいと仰っていましたが、本当に漫画に近いと云うかそのものです♪凰稀かなめさん=オスカル様です(^O^)/
後々までも語り継がれるオスカル様だと思います。
バスティーユの場面でオスカル様が撃たれて「アンドレもうおまえはいないのか」と泣き伏す辺りから漫画とリンクして涙が止まりませんでした(;_;)
来週は観に行けなくて次は最終週です。どんなアンドレ、アラン、ジェローデルかそれを楽しみに明日からまた頑張ります(^-^)/


紫乃さん、ありがとうございます。
女子なオスカルも可愛いでしょうね。(^O^)
まずは明日からのBパターンをご覧あれ!ですよね♪


お知らせ

かなめちゃん出演の番組情報です。
ただし、有料放送ですので、見られない方は多いと。
私も見られません。(^^;)

CS放送 フジテレビONE TWO NEXT
「男おばさんL」
5/15(木)17:40~18:00 NEXT
5/16(金)24:30~24:50 TWO再放送
5/17(土)23:40~24:00 TWO再放送
5/18(日)15:40~16:00 TWO再放送
5/19(月)24:40~25:00 TWO再放送

スカイステージ突撃舞台レポート

メンバーは凰稀、実咲、緒月、朝夏、蓮水、レポーターズ七海、純矢

ペガ子登場で盛り上がる客席の話で「ウィーンってあっち行ったりこっち行ったり」というかなめちゃんに「ウィーンて言ったら機械みたいじゃん」とつっこむキタロウくん。(笑)

役替りは皆さん楽しみなようです。

見所を聞かれて「私は全部好き!全部好きだから選べない!」とかなめちゃん。
「プロローグが好き」とみりおんちゃん。

最後、「蓮水さんが退団と言うことで…」となり「えー聞いてないよ」「いつ決まったの?」「認めてないひとー」「はーい(みんな挙手)」「国民議会で決まった」そうです。(笑)

ナウオン同様に(同じメンバーでしたね)、こちらも終演後の和やかな空気でしたよ。ちーちゃんも幸せ~って。


追記
メロメロさんへ

コメントありがとうございます。

舞台レポート、楽しそうで仲好さそうで麗しい皆さんでした。舞台そのものも、見るたびに熱く深く美しく進化しています。
お芝居はもちろん、皆さん歌がのびのびと声が出るようになっていて、満員の客席はますますうっとりです。
駐車場に観光バスが並んで、初めてと思しき方々を沢山お見かけします。ベルばらの威力でしょうし、宙組の嵌りっぷりの力ですね。
ちーちゃんの言葉通り、眼福、眼福の連続、東京もさぞや盛り上がることでしょう。ご期待あれ。


そうそう、ちーちゃんがバスティーユの場面でオスカル様の涙が美しくて眼福だって言ってましたね。
あの仲良さそうな雰囲気が今の宙組を語っていますね。
あと1ヶ月と少し、待ちますわ。(^O^)



せわしない。

今日は専科さんの「第二章」日本青年館公演初日。おめでとうございます。
明日は花組集合日。
明後日は月組東京公演初日。
そして、明々後日は星組東急オーブ公演初日。ベルばらBパターン初日。

公式には花組「エリザベート」のポスター画像がアップされていました。
みっちゃんにだいもん、キキちゃん、れいちゃんが小ちゃく丸く。
オサさん以来のエリザベート。一度は見たいなぁ。

私はいたって静かに~義母の世話です。
あ、でも、日曜日に月組さんを観劇予定でした。
あと、オーブ公演も再来週に見る予定です。
ぼぉ~っとしてても夢の世界を訪ね、心ときめかして息抜きする!
ときめく事は脳を活性化させるそうです。バンザーイ\(^^@)/


追記です。
プロダクションノートをざっとですが、見ました。
うーん、記者発表にお稽古場を絡めただけみたいでした。
お稽古場映像はニュースよりは映っていましたが。
最後はキャパのDVD紹介などあって・・。
ロミジュリ初演の頃のプロダクションノートが見たいなぁ。

紫乃さんへ
コメントありがとうございます。

こんばんは!!私もざっとプロダクションノートを見ましたが、制作発表にちょっとお稽古場風景をプラスしていただけで物足りませんでしたね・・・・もっと役作りしているところとか一歩踏み込んだ映像が欲しかったなぁ・・・と思いました。

そうですねぇ、私もちょっとがっかりでした。
スカステさん、手抜きじゃないのかな?
NHKの短いけれど突っ込んだ映像を見た後なので、余計にそう感じました。










プチ情報

ねーねさんよりプチ情報を頂きました。

こんにちは
燕尾の時の靴を変更されたのは、日曜日の読売旅行、貸切公演からです。
もうパンプスに戻さないのかはよくわかりませんが…
プチ情報でした。


ねーねさん、ありがとうございます。
どうでしょうね、もう戻さないかな?
燕尾のしっぽが長いから引っかかると言ってられたので戻さない方が良いでしょうね。



追記
今日の読売新聞夕刊にかなめちゃんの記事が載っているそうです。