スカステニュースより

ベルばら500万人突破のニュースの中で、涼風さんが登場し、かなめちゃんへ薔薇の花束を渡したのですが、
その時「わ~、うれしい~」と高い声が聞こえましたよ。かなめちゃん、一瞬乙女と化していた気がします。(^∇^)

500万人目の千葉の女性も、テレビでベルばらを見て宝塚が好きになり、初めて生で見て感動し、更にこの500万人目という事で、人生の宝にしたいと話されていました。

皆さんの胸の中に残るベルばらの思い出は様々でしょうが、宝塚を代表する作品としての存在は大きいですね。
改めてそう感じました。


コメントご紹介追加

ちゃちゃさんより昨日の黒燕尾についてのコメントを頂きました。

こんばんは!
「愛の讃歌」は、地毛の金髪オールバックでした。
一瞬「エッ?」と目がテン状態に??
燕尾も靴も男性仕様でしたよ。
いつものくるくるアップ髪の薔薇の髪飾りをはずすところがかなめさんとキタさんのキスシーン???
二人のアイコンタクトがすごくて、というか
なんだか二人で「してやったり」てな感じで笑顔だったんですよね(o^^o)
今後もあるのでしょうか・・・
お得感満載の観劇でした。(((o(*゜▽゜*)o)))


ちゃちゃさん、二人で「してやったり」な感じって、なんとなく想像できますね~(^∇^)
コメントを読み漏らしていて、こちらに載せるのが遅くなりました。
ごめんなさい<(_ _)> 
コメントをありがとうございました。


黒燕尾の真実はさて?

まずは、

ねーねさんからのコメントを。

おはようございます
昨日の15:30公演、見ました。
オールバックでシンプルな男役の黒燕尾でした。
不意打ちに大泣きした私…
今日以降の公演はどうなのでしょうね。


そして、

なないさんからの初コメントを。

初めまして。なないと申します。いつも楽しく拝見しています。穏やかな愛にあふれるKaoriya様のブログに、癒されています。更新が楽しみです。

6/28の貸切と2回目、ダブルで観劇してきました。愛の賛歌はどちらも、男役、凰稀かなめとしての、男役黒燕尾でした。貸切の時、まだ暗い舞台にかすかにかなめさんが見えた時、全体のシルエットがいつもと違っていて、男役のシルエットだったので、「やった!」と興奮してしまいました!頭が小さくて、肩幅がある!隣にいた妹も「あれ?」って声に出してました(客席なのに!)。オスカルメイクなので、少々肌色が白く、男役にしては垂れ目ちゃんでしたが、そんなことは全然気になりません。ずっとここは男役で見たいと思っていたので、思いがけないサプライズに涙、涙でした。。。軍服にマント、ロングヘアも素敵ですが、かなめさんに一番似合うのは、やっぱりシンプルな燕尾に、オールバックかリーゼントだと思っています。余計な飾りがなくても、魅せられるスターさんになったなと。。。
2回目の時は、どっちで出てくるか、ドキドキでしたが、男役姿にまた涙。。。とっても大興奮の一日でした。

今更ですが。。。かなめさんの卒業が発表された時、想像はしていたのでショックはなく、とても静かな気持ちで受け止めました。公演タイトルが発表になった時の方が悲しくて一人大泣きしていました。今までたくさんの生徒さんを見送って、特にご贔屓の卒業の辛さは耐え難く、そのたびにこんな辛い思いはしたくないと思いながら、結局宝塚から離れることなど思いもよらず、30年同じ思いを繰り返しています。でもこれも含めての宝塚なんですよね。かなめさんは特別な方です。卒業の日まで、大切に見届けたいと思います。Kaoriya様のブログは心の支えになっています。これからも楽しみに読ませて頂きますね。どうぞよろしく致します!



お二人ともありがとうございます。

そうですか、昨日は両公演ともに男役燕尾だったのですね。
以前、地毛で出たいために髪を伸ばしているとのことでしたが、ばらタンは地毛では無理そうですよね。
だから、黒燕尾を自毛で・・・と考えられたのでしょうか?
キタロウ君アンドレからのサプライズは、とても嬉しいですね!!
そして、なないさんの仰るように、2回目はドキドキされて感動ひとしおでしたでしょう。
そのあたりの事は、お茶会で聞けるかも?(^∇^)
願わくばきたドレの期間はずっとそのままでお願いしたいです。よろしく<(_ _)> (誰に言ってる?笑)
私もお茶会までに観劇予定ですので、是非とも観たいです!!


ねーねさんへ
サプライズに大泣きされたのですか?うふふ。
終演までオスカルのままのかなめちゃんだからこそ観たくなる男役姿。
それはファンには嬉しいサプライズ!!ですよね。(^∇^)

なないさんへ
初コメントをありがとうございます。心の支えとまで言って頂けて・・・嬉しいです。ありがとうございます。
かなめちゃんは本当に素敵なジェンヌさんです。若かりし頃に見染めた(?)私の目は狂っていませんでした。(^^;)
今は、観劇回数は減り、かつてのようにかなめちゃんを追えなくなってきていますが、気持ちだけは皆さんと同じ一ファンのままです。まあ、確かにわーわーきゃーきゃーは抜け出し一歩も二歩も下がってのおばあちゃん的目線となっていますが(笑)、最後の日まで見守っていきますので、これからもよろしくお付き合いください。
そして、どうぞ気軽にコメントを寄せてくださいね。<(_ _)> 

ちょっと・・・

Twitterで拾った話題ですが、

今日のフィナーレ黒燕尾は、地毛で金髪オールバックの男役黒燕尾(靴も?)だったとか。

前触れもなく変わられるなんて、罪ですよね!?(^^;)←これ、貸切限定かも?????


ちょっと見たい気も・・・・(^^;)←貸切チケットは友人に譲ってしまった.あ~ぁ


追記
男役黒燕尾は、両公演だった?

どなたか真実を!<(_ _)> 

コメントご紹介

メロメロさんより頂きました。

こんばんは。あのキメポーズも茶坊主も辞めて欲しいけど、「卑怯もラッキョウもあるか」というセリフが原作にある以上、文句が言いづらくなります。おフランスにラッキョウとは!しょーもないことに関わらないで最高に美しいオスカルを愛でてください。

こちらは雪組のさよなら色に染まってます。壮さんはかなめちゃんと縁のある方ですし、良い作品に恵まれて充実した退団公演、周囲につられて涙腺がゆるみます。トップコンビは安定の実力ですし、ともみんとさきちゃんは正しく使われているし(さきちゃん、痩せてかっこよくなってます)なにより、松風のインパクトがすごいです。
れいこちゃん新公慶次、とんでもなく上手でした。ひとこちゃんも綺麗。この二人はショーでもシンメで使われていて、絶賛売出し中です。雪組さん、盤石ですね。
今日は記念すべき観客500万人突破、なにかとメモリアルな年のオスカル、後の人々に語り継がれよう!ですね。


メロメロさん、こんばんは。
ああ、なるほど、確かにしょーもない事ですね。(^^;)
雪組さんは壮さんの力強いリードを感じます。でも、だからこそ熱くまとまってきたのでしょう。
かなめちゃんの思いが詰まったこのベルばら、きっと良き思い出となり語り継がれますよ!
コメントをありがとうございました。<(_ _)> 


ベルばら500万人

初演から40年で500万人動員。
そのニュースが。→こちらへ

ベルばら初見

昨日観劇してきました。

1幕はオスカル誕生から始まり、駆け足で衛兵隊への異動までを描いています。
幕切れはペガサスに跨った黄金色のオスカル。
2幕は、衛兵隊とジェローデルとアンドレとお父上と、それぞれとのやりとりが描かれ、バスティーユへと流れます。
2幕かなめオスカルは、とてもナチュラルに演じていて一体化していました。
フィナーレへの流れも女性として立っていて、それがとても自然で、ニュースでのブツ切れ映像で感じた違和感はありませんでした。
ただ、ロングの鬘や長い燕尾の裾など踊りにくそうでしたね。

全体を観て、アンドレの描き方に不満が。オスカルとアンドレの出会い、成長をやはり入れていた方がより分りやすいと思います。あらすじを知っている者としては、勝手に埋められますが、それでは不備があると。

ジェローデルのかいちゃんが誠実で包容力を感じさせて好演。
キタさんアランは、とても大人で衛兵隊を引っ張る力を十分に感じさせ、彼女らしい温かさもあって良かったです。
まぁ君アンドレも男らしくて丁寧に演じていました。

気持ちが高揚している時の台詞廻しに危なっかしさがそれぞれにあってハラハラ。(苦笑)
オスカル様は美しい。でも、オペラで見るとそのメイクがちょっと・・・と欲張りな私。(苦笑)
全体的に女性寄りのオスカル様でした。
それで・・・・素敵なんだけど、ああ、やっぱり男役を観たい!!と思ってしまいました。(苦笑)

あと、ひとつだけ、お父上のオスカルへの叱責をかばうところのアンドレの膝立で剣を持ったあの決めポーズ。
あれは思わず心の中で笑ってしまいました。やめてほしい。植田先生の拘りって・・・そんなもん要らんわーと。(ーー;)

2幕が良かっただけに1幕が残念。雪組さんの時も1幕が残念でした。
どうしても改悪と感じてしまう、ベルばら。
でも、100周年で念願のオスカルを演じる事ができて良かったなぁと。
そして、とても彼女らしい自然体で演じていて感情移入できました。
斬新なフィナーレと相まって心に残るかなめオスカルでした。


実は2階席からの観劇で全体的に見渡せた分、初見故の構えもあって入り込み度は低かったかも・・・(^^;)

次は、Bパターンを観ます。さて、どのように変化を感じられるのか、楽しみです。


追記
はんなりママさんからのコメントをご紹介します。

ニュース映像のみのお姿・メイク、お芝居しかわかりませんが、大劇場よりはメイクがグレードアップしていた気がしました。女性としての仕草や声の出し方でしたが、バスティーユでの振り絞るような必死さのあらわれる声、千秋楽まで喉のケアに頑張っていただきたいなと思いました。

アンドレとオスカルパパの場面、あの剣と腕を交差させるポーズは和物のヒラテミキみたいに思える。変な感じでいらないなと思いますよ。

改変が改悪にならないように、錆びたか?植田先生演出、振り付けまで?
もともと言葉遣いが時代劇っぽくて…あ、ベルばらもフランスの時代劇?


ママさん、絶叫が多くて喉が心配ですが、喉が強いのかケアが優れているのか、本当に声が潰れませんね。
メイクはムラよりも良くなっているらしいのですが・・・私が欲張りなだけです。(^^;)
ヒラテミキかぁ~(笑)ね、ちょっと変ですよね。
大いに時代劇なベルばら芝居。まあ、当時の型芝居から抜け出すのもひとつだと思います。
だからこそ、あの変な構えは不要かと。思い切って陳腐な表現(茶坊主とか)も無くして欲しいです。
だって、理解できない若い人は増えているのですから~。(^^;)

メディア紹介とコメントご紹介

おはようございます♪
ぴあのHPに記事のご紹介から。→こちらへ

また、lepuさんよりコメントを頂きました。
今日がマイ初日でした。 素晴らしかったです! 
今まではどうしても突っ込みたくなる事が多くて、正直なところ苦手なベルばらだったのですが、初めて感動しました! 
これはかなめちゃんのオスカルに負うところが大きかったと思いますし、退団を発表した後なので、今まで以上に組も団結してお芝居に取り組めたのではないでしょうか。 
かなめちゃんのオスカルは本当に心のままに、男らしかったり、女性の部分が出ていたり、とても自然に思いました。 
愛の賛歌の、長い髪での黒燕尾も、今日までは部分的なものしか見ていませんでしたから、どうなのかしら?と思っていましたが、ストーリーがあるのですね。 これなら全く違和感は無く、素直に素敵だと思えました。
又、東京からの変更部分の衛兵隊の着崩しも荒くれ者が益々際立ち良いと思いましたし、アランの「俺も隊長にほれている」のセリフの後の流れも良かったです(初日とは又変わったのでしょうか? 「俺も」「俺も」はありませんでした。)
昨年の特出の時のオスカルと比べると又一段と進化ですね。 因みに特出の時は、バイオリンが音と弾く弓が全く合っていなかったのですが、今回は頑張って練習しただけあってぴったりでした(^^)v  
まあ君のアンドレはちえちゃんのような大仰さは無いものの、やさしく大きく包んでいたように思います。 
まあ君はどちらかというと可愛いタイプで、かなめちゃんが美人タイプなので、ちぐはぐにならないかしらと思っていましたが、声も少し低くなり、雰囲気も落ち着いて、まあ君も又、大人になったな~と感じられ良かったと思います。
「良かった」ばかりのボキャ不足で、そらちゃんみたいですが、公演の帰り道に私の後ろに歩いていた方の一言…「私も長い事色々なベルばらを観たけれど、劇画を越えた(ここ強調!)オスカルは、初めてだわ


lepuさん、ありがとうございます。
最後の一文、嬉しい表現ですね。
さて、実は今日が初見なのです。
ムラを観ていないので比べることは全くできませんが、正直なところ、スカステニュースの初日映像を見ても、衛兵隊が開襟になっていることしか分りませんでしたから。
かなめちゃんが自らとオスカルをリンクさせて・・・と囲み取材で話していたので、それをナマで感じ取ってきたいと思います。
上に記したぴあのHPでは囲み取材の写真と内容が少し掲載されています。






出版物 追記あり

TAKARAZUKA REVUE 2014
7/11発売予定→こちらへ


追記
初日のかなめちゃんのご挨拶を。

本日は宙組公演「ベルサイユのばら-オスカル編-」初日をお越しくださいまして誠にありがとうございます。宙組の凰稀かなめでございます。
「ベルサイユのばら」初演か年、様々な思いを胸に宝塚大劇場でステージとそしてお客様と共にこの作品を作ってまいりました。
40年の歴史の中で皆様の心に残るナンバーワンの「ベルサイユのばら」を作っていきたいと思っています。
どうぞ千秋楽まで宙組「ベルサイユのばら-オスカル編-」をご声援のほど宜しくお願い致します。
本日は本当にありがとうございました。


カーテンコール

ワールドカップでブラジルのオスカル選手がゴールを決めてように宝塚のオスカルも皆様の心に残るゴールを決めたいと思います。どうぞ千秋楽まで宜しくお願い致します。
本日は本当にありがとうございました。



その後、囲み取材でのかなめオスカル様は美しかったですよ(^∇^)

明日は

初日の模様がスカステニュースで放送されますね。
見たいのですが、明日明後日と家を空けるため見られません。感想は明後日の夜にでも。


追記
6/23発売の産経新聞大阪版にかなめちゃんの記事が掲載されているそうです。

伝えてピカッチ

7/12夜、NHKにて放送あります。→こちらへ
「鳳稀かなめ,朝夏まなと,七海ひろき,澄輝さやと,」出演
と、書かれています。
ホウキじゃなくて、オウキだよ!!!(ーー;)

かなめちゃんの記事

スポーツ報知記事→こちらからどうぞ。

日刊スポーツ,com→こちらへ

初日ですね♪

宙組東京公演「ベルサイユのばら-オスカル編-」初日 おめでとうございます。


いよいよ始まります。
私の初見は来週なので、まずは明日のニュースや、初日からご覧になる方達の感想を待ちたいと思います。(^∇^)



コメントご紹介

紫乃さんより頂きました。

復活お待ちしておりました!
先日2日連続で雪組さんを観て来ました。
壮ちゃんがおとめにやりたい役として書かれていたお役でサヨナラという事で、ご本人も思い入れがおありなのだろうなと。
壮ちゃんらしい明るく爽やかなご本人そのままの感じで、あゆっちはおっとりした妹キャラなイメージだったのですが、凛とした芯の強い、前田慶次ですら言う事を聞いてしまう女性をしっかり演じておられてました。
まっつさんはもうまっつさんで、登場は必ずどこからか声が聞こえて、落雷の音と共に現れて。
ブラックジャックみたいに顔に傷有。壮ちゃんとは対照的です。
またこの学年で壮ちゃん始めて?という位濃厚ラブシーンありで(笑)横ではまっつさんとせしるちゃんのラブシーンも展開され、盆回りなので、オペラグラス忙しい(笑)ショーは壮ちゃんあゆっちを中心に明るく皆が笑顔で楽しんでいるのが伝わってきました。
歌詞はサヨナラ色満載で、よく聞くと胸にぐっとくるものがあり涙が自然に出てきました。
若手も活躍の場があり、ちぎちゃん、みゆちゃんのプチお披露目かと言う位2人の場面や立ち位置が並んでたり・・お芝居・ショー共いい作品だと私は思いました。


紫乃さん、ありがとうございます。
日本物が続いた壮さんですが、これがまたぴったりお似合いですよね。日本物の雪組復活。この100周年の公演内容から、宝塚の日本物の良さを再発見できたと思います。
一時期、日本物は、退屈な作品もあり敬遠されていたようですが、やはり演目を選べば素敵な舞台になると思います。
そこに壮さん率いる雪組が一役買ったというところでしょうね。


また、mihoさんより、コメントを頂きました。

今日10時からBSプレミアムで宝塚歌劇華麗なる100年…と言う番組がありますが少しでも かなめさんが映らないか期待してます。


mihoさん、ありがとうございます。
丁度さきほどその番組の終わりの方を見る事ができました。
真琴さんが宝塚を一言で言うと「トキメキの世界」と仰っていました。本当にそうです!
こんなにも清く正しく美しくトキメク世界って無いですよね~。トキメキは歳を忘れさせてくれます。
それこそ老いも若きもトキメク。ああ、ドキドキしてくる。(笑)
因みに、昨年一年間の公演回数は、全部合わせて1400回だそうです。一日平均4回。。。凄い!






こんにちは。そして、こんばんは。

lepuさんからコメントを頂きました。

私は先日やっと、観に行けなかった中日公演のDVDを見る事ができました。 見終った後、何とも言えない悔しさと悲しさに心が充たされてしまい、そんな自分に驚きました。 退団は覚悟していましたし、会見の時の久しぶりに見るかなめちゃんらしい満面の笑みに自分自身納得していた筈なのに、やはりこれだけ魂をこめたお芝居ができ、且つ華のある人を失うのは惜し過ぎる!と封印していた思いが再度湧き上がってきてしまったようでした。 ワンテンポも数テンポも遅れていてすみません。
宙組はかなめちゃんに惹きつけられたように、若手の子達も本当に演技が上手くなったと思うのです。これからもっとかなめちゃん率いる宙組の色々なお芝居を見たかったと、未練たっぷりに我慢せずつぶやいた方が、精神的には良いかもしれません。取り敢えずは東京で間もなく始まるベルばらを、舞台の隅々までしっかり観劇しなくてはと思っています。
気持ちの整理はそれからに…。

p.s.
先日、月組を観劇した時に、月組のトップさんとかなめちゃんは好対照(真逆)だと思いました。 kaoriyaさんのおっしゃる「かなめちゃんの丁寧な舞台」も、とてもわかる気がしました。
お芝居に関しては、他組は物足りなさを感じてしまうのは贔屓目だけではないと思うのですが…。


lepuさん、ありがとうございます。
私はその日が近づくにつれて、もっと観たかったと強く思うようになる気がします。
でも、後ろは振り返らない。
彼女の人生の2番目の節目(1番目は宝塚の生徒になったことかな?と)を見守るのみと覚悟しています。
さて、かなめちゃんとまさお君、本当にキャラクターや歌、演技、踊り、全てにおいて好対照ですよね。
トップさんというのは組っ子の誰よりも強く個性を発信出来る立場だし、それをしている。
そして、組全体に与える影響力も大きい。
だからこそ、面白い。
来週初見です。舞台の彼女を観てどう感じるのか楽しみです。(^∇^)
lepuさんはきっと先にご覧になるでしょうね。また感想を寄せてくださいね。<(_ _)> 



そして、東京公演お稽古場映像を見ました。
キタロウ君アンドレ編でした。
皆さん、熱が入っていたような。かなめちゃん、髪の毛伸び放題。どうするのかな?(^^;)


追記
ねーねさんからも頂きました。

ご無沙汰しています。
相変わらずパソコンの調子が悪く、大劇場の千秋楽コメントも上手く送れなかったようで(^^;;
コメントするのを諦めちゃってました。

その後、かなめさんの退団発表もあり、本当に気持ちの整理をするのも大変でしたが…
今週には初日です。どんな気持ちで公演を拝見することになるのかT_T

そうそう、かなめさん、髪の毛を伸ばしているのです。
今のところ、我慢して切らないでいるのですね。

フィナーレを鬘ではなく、地毛でしてみたいと思っているようですよ。

さて、地毛でのお姿、東京で拝見できるでしょうか。楽しみですね。


ねーねさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
フィナーレを地毛で・・・ですか?とことんのかなめちゃんらしいです。
今は伸びかけの辛い(笑)時期だと思いますが、どんな風に登場されるのか、楽しみになりました。
教えてくださってありがとうございます<(_ _)> 

かなめちゃんディナーショー ランチショー追加 ほか

公式よりコピペしました。
赤い字が追加ランチショーです。

■ホテル阪急インターナショナル
<日時>
2014年8月26日(火)
ディナー 18:30~19:45/ショー 19:45~20:45
2014年8月27日(水)
ランチ   12:30~13:45/ショー 13:45~14:45
ディナー 18:30~19:45/ショー 19:45~20:45

<場所> 4階「紫苑の間」

<料金> 27,700円(税サ込)

<前売日> 2014年7月8日(火)10:00~
発売日当日(7月8日のみ)は特設電話にて受付けます。
[7月8日のみ専用回線]
TEL:06-6372-8666(10:00~19:00)
※ご予約は特設電話ディナーショー専用回線お電話でのみ受付いたします。
(代表電話 その他番号にお掛け頂きましてもお繋ぎ出来ません)
[7月9日以降のご予約・お問い合わせ]
ホテルイベント係
TEL:06-6377-2946(平日 10:00~17:00)


■パレスホテル東京
<日時>
2014年9月1日(月)
お食事 18:00~19:30/ショー 19:30~20:30
2014年9月2日(火)
お食事 12:00~13:30/ショー 13:30~14:30
お食事 18:00~19:30/ショー 19:30~20:30

<場所> 2階「葵」

<料金> 28,000円(税サ込)

<前売日> 2014年7月19日(土)

<ご予約・お問い合わせ>
パレスホテル東京 イベント専用ダイヤル
TEL:03-3211-5326(9:00~18:00)
※ホテル代表番号等、他の電話番号からのご予約はお受けできません。



追記
星組さんの来年度の演目が発表されました。
お芝居もショーもタイトル・内容から、ちえさんの退団を予想させます。
100周年は大きな区切りですが、スターさん達にとっても大きな区切りとなりますね。


おはようございます。

復活一日目。
さあ、気分一新して始めます。

宙組お稽古場は明日の放送でしょうから、まずは昨日のスカステニュース話題から。

新生花組中日公演初日映像。

みりお君、綺麗ですね。フェルゼンの強さも表れていてね。きっと緊張していっぱいいっぱいなのでしょうが、自然体に見えます。自然体な花組トップさん誕生という感じがしました。
蘭はなちゃんは、正直なところ、次のエリザベートがちょっとばかり不安な・・・歌唱。

かたや、柚香光くんのバウ公演お稽古場情報。
若いけれど自分に求められている事がよく分かっているような、浮ついた感じがしませんね。落ち着いてるのかな?
(自信もあるのかな?なら、それはちょっと天狗かも知れないけど。)
華があって舞台姿が美しいので将来が楽しみではありますね。

雪組突撃舞台レポート。
まずは、がおちゃんのメイクがまた一段と美しくなった気がします。(意外にがおちゃんファン)
そして、まっつさんもちぎちゃんも綺麗。
壮さんとあゆっちが幸せそう。こんな関係、素敵ですよね。


以上ざっと毒と愛のある(?)雑感。(笑)


さて、
これからも、かなめちゃんの退団の日までコツコツと続けていく所存です。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。<(_ _)> 


追記
うめちゃんさんからコメントを頂きました。

こんにちは。
雪組の2回目観劇が昨日でした。
一週間前も泣きましたが、ますます涙腺崩壊しつつあります。
素晴らしい2本立てで良かったです。
壮くんとあゆっちの笑顔がキラキラしていて、終わり良ければ全て良しだなぁ~と思いました。
お芝居は1回だけでは分かりづらかったです。(汗)
登場人物が多すぎて、関係も複雑で2回目でやっと理解できました。
久しぶりに東京にも行く予定です。(笑)


うめちゃんさん、ありがとうございます。
お芝居は登場人物が多いそうですよね。そして、壮さんらしいお役だとか。すっぱり&きっぱり(!?)
私も1回は観たいと思っています。

そして、mihoさん、無事に復活しましたのでご安心くださいね。コメントありがとうございます。(^∇^)

少しだけ

今日から16日頃まで、家の事情でブログをお休みさせて頂きます。

宙組さんは13日東京公演集合日。
お稽古は多分15日まででしょうか?
東京公演お稽古場の様子は、18日あたりにニュースで放送でしょうね?

それまでには復活していると思いますので~~よろしく<(_ _)> 








おはようございます。コメントご紹介。

あさきさんより頂きました。

ディナーショーかなめちゃんもきたろうくんも初めてなんですよね

なんか上級生のディナーショーにも出演してなかったんですね

どんなものになるか楽しみですね

チケット大変かな?
ランチショーが追加されたら良いのに
お昼だし家もあけやすい(笑)

今、丁度壮ちゃんのさよなら仕様のスカステの番組があるのですが
見ていると
なんだがかなめちゃんの歴史もその中にあるように思いました

バウでは壮ちゃん主演の二番手をしたり
新公では壮ちゃんの役をしたり

本当に懐かしいです

今回雪組を観たらやたらサヨナラ仕様のショーなので
かなめちゃんの時もそんな感じかな?って思ってしまいます

是非ショーは黒燕尾とスーツは見たいですね
男役の美学??



あさきさん、ありがとうございます。
壮さんの雪組時代は、研2(愛燃える)から研7(堕天使の涙)まで。
それに、スサノオの新公では月読(壮さんが本役さん)だったり、「春ふたたび」「あの日見た夢に」ご一緒したり。
本当に懐かしい・・・
ショーでは、色々なかなめちゃんを見せて欲しいです。



ディナーショー出演者決定!

<タイトル> 『Metamorphose ―メタモルフォーゼ―』

<構成・演出> 稲葉 太地

<出演者>
(宙組)凰稀 かなめ
美風 舞良、緒月 遠麻、桜木 みなと、留依 蒔世

キタロウ君も初ディナーショー出演。
そして、歌うまさんを揃えたのですよね。
ベテランと若手。どんな風になるのでしょうね?


追記
ちゃちゃさんよりコメントを頂きました。

こんばんは!2度目のちゃちゃです。
ディナーショー、緒月さんまでとなると、ホントにチケット争奪戦になるではありませんか…テルキタコンビ最強なん
ですけど(^O^)/ 
かなめさんの満面の笑顔を見て、「あぁ、やっぱり今なんだなぁ…」と思うのですが、かなめさんに演じていただきたいと思う役がありすぎて、胸の真ん中が痛いんです。(-_-;)
思っていた以上に、『凰稀かなめ』という役者の虜になっていたようです…
『モンテクリスト伯』の初回放送を見ながら、あの空間にいて心震える感動を共有していたのだと思い返すことでした。
ともかくも、ディナーショーのチケットをなんとしても確保しなければ <(`^´)> 


ちゃちゃさん、ありがとうございます。
私も振り返ると、まだまだ色々な役を観たいと思いますよ~。コメディや日本物が観たかったなぁ。
ディナーショー^は、チケット争奪戦必至でしょうね。
私もどうなるのか、心配です。いくらFCで申し込んでも「お断り」はあるでしょうから。
電話申込みって繋がった覚えが無いので、どうも苦手。どうなるでしょうね。