コメントご紹介

きすげさんより頂きました。

Kaoriya様
いつも楽しく拝見しています。昨年、一度だけお便りしたことがあるきすげです。
先日宙組公演を観劇しました。いろいろな方のご不満はわかります。でも、宝塚の脚本は往々にして…ですし、さよなら公演は特に。今回の公演は全体の色合いが上品で心地よく、凰稀さんの美しさと、静かで凛とした台詞を堪能しました。
宝塚を観ていると、「この人は役ではなく、その役を演じる宝塚スターを演じている」と感じることがあります。というか、それが宝塚かもしれません。でも、凰稀さんは直にその人物になろうとする。脚本がいまいちの場合、割り切って腕力で役をねじふせるというか、とにかくかっこよさを見せることも多い気がしますが、凰稀さんはあくまで役に歩み寄ろう、あくまでドラマとして納得できる形にしようとなさる(的外れだったらすみません)。それはもしかしたら、宝塚ではしんどいことだったかもしれませんが、私はとても好きです。
千秋楽の中継にも行く予定なので、それを観ながら、素敵な舞台をありがとう、お疲れさまと心の中で申し上げたいです。



きすげさん、ありがとうございます。
そうです。そうなんです。不器用だからこそ、その役の人物が経験したであろう事をやってみたりその心理を深く考えたり。
その結果、今のお芝居でグスタフとして生きているのですよね。
きすげさんの仰ること、わかる気がします。宝塚という枠の中で演じるか、枠を外して演じるかの違いのような。
まだ早いけれど、今までの経験が今後のかなめちゃんの人生にどのように生かされるのか?までついつい考えてしまいます。(^_^;)
さあ、あと13日間。それぞれの心の中にかなめちゃんの姿を残せますように♪


観てきました。

とてもとても繊細に演じている姿に拍手するのも忘れて見入ってきました。
「下がれ!」の後の流れが、とても切なくて。
場面場面を切り取って観ていると美しい.

知人が実際には観ていないけれど「最後に宝塚の醍醐味であるコスチューム物で王様で美しく気品があってまさにピッタリな役よね」と言ってくれました。
本当に、こんなにもコスチュームが似合うトップさんってそうそう居ないですよね。
最後の明るい金色にブルーの帯を掛けているのがとても美しい。

ショーはお芝居の感情を吹き飛ばすように楽しい。そう、楽しんでなんぼ。

ということで、徐々に満足度が上がってきています。


ここで、hanihaniさんより新人公演の感想コメントを寄せていただきました。ご紹介します。

新公拝見しましたが、大劇よりもさらに良くなっていました。
先ず卒業の94期の芝居のうまさに感動。
ラストの長の挨拶で大劇でも感動しましたが、風馬翔くんの挨拶のうまさ!
また主演のずんちゃんの挨拶が良くてね…私もじわっと涙しましたが、後ろでリリホルンのあーちゃんがワンワン泣いていて面白かったです。そしてよ、そして!
今回もあーちゃんの歌が素晴らしかったです。ビジュアルも良かったし。
ところで、レポにありましたがこの芝居は難しいですが
ずんちゃんはかなめさんとは全く違う方向に造ってきたと感じました。
この王様ならソフィアとの間に子供いそうだし、
ヤコブとももっとうまく付き合えたように感じました。
なんというか、同じ原田先生の演出なのに要所要所に違いを感じさせられる芝居で、
今回初めてこの作品を面白くみれましたよ~(笑)

ハプニングでは戴冠式でマントが取れちゃったとか
(やはりかなめさんのマントさばきは最高なのねと実感!)
リリホルンが自殺しかけるところで、全然出て来なくて
王様が脇から出早しちゃったり…
リリホは衣装早変わりに何か引っかかったとかで
間に合わなくなったらしいですわ。
ソフィア様は、みりおんより更に寂しげな空気をまとったかんじ?
勝利の女神とはなりえなさそうでしたが
ずんちゃんの明るさで「君は勝利の女神だ」というので
そうかそうかと納得です。あそこ抱き合いそうでした(笑)
瑠風くんの農民リーダーは大劇よりすごく良くなってて
オケボックスから上がってくるときにオーラが強くなってて
「スター登場☆」と感じました。
後ろの仲間たちは下級生ばっかりなのでなんかぼけっとしてるというか、
ぽちゃぽちゃしていて、少し男役度をアップさせる必要あるな。
そういうところが、雪や月新公に比べて宙組がゆるいと私が感じるところです。


hanihaniさん、感想をありがとうございます。
最後に本音が・・・(笑)
今日も下級生男役さんを見回していて、小さくてぽっちゃりさんが多いな、男役度が低いな、と感じていたところでしたので、hanihaniさんの感想を読んで苦笑いでした。
なかなか新公までは見る機会が無くていつもレポを読むばかり。
でも、本公演を観ている時に、あの役の人ね、とか、この人かぁと思いつつ見回しています。
新人発掘には打ってつけですが、チケット入手が・・・問題でございます。


雪?雨?

おはようございます。
今朝はこちらは雨ですが、都心は雪が降っています。寒そう・・・
でも、今日は観劇ですので行ってきます。

さて、epuさんよりコメントを頂きました。

こんばんは。
新人公演を観てきました。 そして改めてこの作品の難しさを感じました。
宮廷物の演出は色々あると思いますが、これは所作やセリフが植田先生に近いのかもしれません。 ですから本公演でかなめちゃん始め上級生が自然に演じている演技力の高さを逆に感心してしまいました。
勿論ずんちゃんも自分なりのグスタフを演じていたり、ららちゃんのイザベルが中々良かったり、楽しめました。

私もお芝居は色々突っ込みどころがあり、皆様の忸怩たる思いに共感しきりなのですが、東京公演のプログラムの原田先生のコメントを読み、舞台を観ているうちに、原田先生はグスタフを描くというより、凰稀かなめを描きたかったのではと思うようになりました。 その思いが強すぎて空回り(^_^;)してしまったのではないかと。 
イザベルの「そんな優しげなお顔をしながら、芯はお強い方なのですね。」とか、テッシンが言う「歴史に名を残す王にお成りになる・・・新たな伝説をお作りになる。」又、グスタフの「私の命に代えても守らなければならぬものがある。 それはスウェーデン、そして私の国民だ」「私は新しいスウェーデン王国の礎を築けたことを誇りに思おう。」等々。
グスタフとかなめちゃんを重ね合わせて観劇していると、退団公演とはいえ、これほど思い入れて作品を作って貰えた事に感謝してしまいます。 ずんちゃんの挨拶で「グスタフは本当に皆に愛されていた云々」とありましたが、かなめちゃんも同様なのでしょうね。

最近はムック本など読み漁っています。 その中にかなめちゃんの思いの籠った言葉が散りばめられていていちいち感動しています。 本当に不器用だけれど愛に溢れていて、深く鋭く感じながらやってきた人なんだと改めて思い、そして私もこういう人だから惹かれたのだと思わずにはいられないのです。
りおんちゃんの「私はりかさんじゃなかったら成長できなかったと思う」(宙組本)、まあ君は「りかさんにお芝居の楽しさを教えて貰った」(宝塚グラフ、宙組本)、そしてスカイステージの93期が「2014年の宙組は?」と聞かれて「団結」「りかさん」と答えていたり、すっしーさんが「りかが皆の視野を広げてくれたり、皆の可能性を広げてくれた」(宙組本)と言ったりしてくれている巻頭の座談は、正座して読みたいくらいでした(^^)
本当に私たちが知りえないかなめちゃんの側面を一番身近な人たちが語ってくれているので、とても嬉しいですし、ちょっとホッとしたりしています。

今は幸せに卒業していかれる事を祈るのみです。 ファンとしては思いは残るかもしれませんが、とにかくかなめちゃんが心血注いで臨んでいる舞台を温かく観てあげたいと思っています。

そうそう、先日のお芝居で、アンカーストレムと言い争う後に「下がれ!」と言う時の、グスタフの哀しみに満ちた冷たい目が、とてもインパクトがありました。 この目だけで、最後の場面につながる演技だったと思います。 是非オペラで見てみて下さい。


repuさん、愛のこもったコメントをありがとうございます。
確かに、グスタフのセリフにかなめちゃんを重ねて作られていますね。所々でそれを感じながら観ています。
昨日グラフを買ってきたのですが、その中でも色々と語っておられました。(グラフ2月号は絶対に買うべき!)
その思いは深い。その深い思いを伝える事も不器用だったかなめちゃん。
舞台上では自分の心に忠実に演じる事を心がけ、実践して進んでこられた。
宙組の人達はそのかなめちゃんの姿を見て感じてきて今があります。今が最高に幸せな時なのかも知れませんね。
だから最後まで無事に終えて欲しいと。
今日は「下がれ!」の時の心のこもった表情をオペラでガン見して来ます!(^^)

掲載情報

今日(1/29)の東京中日スポーツ VIVAタカラヅカ にかなめちゃんが掲載されているようです。


コメントご紹介

今夜は宙組東京新人公演ですね。ずんちゃん以下メンバーの皆さん、頑張ってください!!

ところで、メロメロさんからコメントを頂きました。

こんばんは。
トップコンビの濃厚な絡みへの期待を肩透かしされるがっかり感に共感しています。
ただ、みりおんは残ってまぁ君と組み、これからの宙組を背負っていくことが発表済みですから、現トップの色に染めきってしまうことを避けたのではないかと思っておりました。
そして、それは組を思うかなめちゃんの意に叶うことでもあったのではないかと。
それならば、わたしは次期トップのまぁ君とのがっつり芝居を最後に見せて欲しかったと思っています。
男同士の友情なり敵対なり、宝塚はお手の物ではないですか。明確な1,2の関係を見たかったです。
雪時代から好待遇だったキタロウに不満なわけではありませんが、今の形は歪ではありますね。
でも、同期と共に退団するのも幸運な事、なににつけ、ファンは見守り見送るしかありませんよね。


メロメロさん、ありがとうございます。
うんうん・・・と頷きながら読ませて頂きました。
劇団がどうしたかったのか?何故なのか?は知る由もありませんが、ファンは受け入れるのみ。
だって、そんな中みんなが苦悩して苦労して演じているのですから。
キタロウ君だって理解し難い役を懸命に演じてられる。誰が悪いって、それは・・・ね!!
ということで、最後まで「見守り見送り」たいと私も思っています。


さて、みりおんちゃんについて触れていなかったので書きます。

こんな事を言うと、ファンの方からはお叱りを受けるかもしれませんが、学年差はあって若いのに落ち着いて見える、まだまだ成長途中である、そして、お芝居は丁寧だけどこじんまりとしてしまうように感じています。
みりおんちゃんはまぁ君との方が相性が良いように感じます。
まぁ君の横で輝いて欲しい。それはかなめちゃんも望まれているのかも知れません。
これからが彼女の正念場となるのではないでしょうか。
歌える強みを生かして頑張って欲しいです。

グラフ2月号

発売されて日にちが経ちましたがご紹介を。→こちらへ
サヨナラ特集です。
昨日はうっかりと忘れてしまいました。今度観劇の時には買わねば!!


それから、全くの余談ですが、
めおちゃんが1/26に男児を出産されたのですね。おめでとうございます。
OGさんのおめでたい事ってご贔屓さんでなくても嬉しいですよね!
いつか、かなめちゃんも・・・!?(笑)

コメントご紹介

bluebellさんより頂きました。

こんばんは。本日3回目の観劇をして参りました。
前回はお友達と一緒でしたのでウキウキドキドキを共有出来たのですが
今日は一人でしたので黙々と自分一人の世界に集中しました。そのせいでしょうか・・・
何度も涙ぐみました。いろいろな感情が押し寄せてくるようです。

お芝居は16日に観たときより更に深まっていました。これは宙組の皆さんが持てる力を余すことなく出していたからに他なりません。その気持ちが嬉しくて健気で・・・(涙)・・・。
演者によって大いに助けられている作品かもしれません。少なくとも見応えのある舞台に仕上げているのはかなめちゃん達のエネルギーや努力ですね。

ショーは本当に盛りだくさんで何度見ても飽きることがありません。
プロローグの黒に金の模様のお衣装も素敵です! ウエスタンな感じがしませんか?
カナメールの七変化は毎回笑いが起きています。
かなめちゃんはコメディエンヌとしての才能もありますね。アドリブも楽しい!!
火の鳥の怪しいまでの美しさはかなめちゃんならではです。
本当に彼女のオーラは堂々たるもの・・・エンターテナーとしての15年の集大成だと思います。
こんなキラキラした舞台は宝塚以外ではもう出来ないでしょうから、しっかり目に焼き付けておきましょう・・・と(涙)・・・。

かなめちゃんの卒業まで20日を切りましたね。
何人かの方が書いておられますが、最後は大ロマンスかコメディーか・・・いずれにしろ
みりおんちゃんとのトップコンビの集大成を期待していたと・・・当然そうなるものだと
私も信じて疑いませんでした。が・・・蓋を開けてみると、えっ!! 何!?
もう遅いのですが、そういう要望を劇団側に出すべきだったと後悔しています。
しかし劇団がファンの気持ちを分かっていないというのは問題ですね。

かなめちゃんは本当に頑張られました!!
「ありがとう!!」と言うのはこちらです。
プレッシャーで潰されそうだった日々も乗り越え、精神的にも強くなられてますね。
最近、スカイステージ等や歌劇、グラフその他の雑誌でのインタビューを通してかなめちゃんの芝居に対するストイックなまでの取り組みを知るにつけ、全力疾走のトップの日々は大変だったろうと察しています。
最後までキラキラ輝いて走って下さいね。ついていきます!!



bluebellさん、ありがとうございます。
私も15日に観た時よりもより深まっていたと感じました。
最後に波乱の舞台となり、それはそれで組がひとつになって取り組む姿勢が見えて「終わりよければすべて良し」とすべしだなと。サヨナラの舞台を観られるだけでも幸せだなと感じています。
そして、仰るように、辞めたらこんなキラキラした舞台は二度と観られないかも知れません。
ファンの方でも実際にその舞台を観られない人は多いと思います。その人たちの分まで楽しまねば!!

さて、私も昨夜観劇してきました。
お芝居は、グスタフとアンカーストレムの行き違いをより強く見せるようになっているのと、ソフィーの心の変化に気づきそっと抱くシーンが加わった事で、より分かりやすくなってきたと思います。
今はもう限られた場面、セリフで深めていくのみですよね。
舞台の幕を開ける前に見極めて欲しかったとつくづく思います。「仮面の男」のような事が再びあってはならないのに・・・
ショーのオープニングは洒落てて(アパショナードみたいで)楽しめます。ここのかなめちゃんは好きです。
ただし、最後にかいちゃん以下5人が銀橋で歌うのですが、これからの人達ご紹介の意味と観客を釣ろうというのならもっと洒落ててリズムのある歌と振り(みんな同じ振りなので変化をつけにくい)をつけて欲しかった。残念です。
そして、初見の時にも書きましたが、七変化は長くて時間が勿体無いと。まあ、でも、楽しめる場面になっているのは確かですが。
サラマンダ-は唯一ダンスを楽しめる場面でこういうのは好みですね。真ん中のまぁ君、そして、あいちゃん、リク君、そら君、あーちゃんや娘役さん達を順番に見たり。
その後中詰めは慌ただしいのと色の氾濫と、かなめちゃんの衣装が踊りにくそうなのと。(もっと踊って欲しい)
若手さん達を銀橋に登場させるのは良いけれど、テンポが速すぎて歌詞聞き取れないのと誰なの?で終わってしまう不満が。
火の鳥は、一番好きです。不思議な振りをかなめちゃんがきちんと表現されているのが嬉しい。(桜木先生の振りは良いなぁ)その後のフェニックス(再生)は、ジメッとせず軽快で爽快な別れの場面。
黒燕尾では、次々と相手が変わっていくのは仕方ないかなぁとは思いつつも、みりおんちゃんとラストぐらいがっつりとデュエットダンスを踊って欲しかったなぁと。
そして、かなめちゃんが一人で銀橋で歌うところは、毎回何故か突然に胸にグッと迫ります。その後幕が下りたのには、初見時に驚きましたが。(笑)
昨日も2階席からの観劇で全体を観ていましたので、やっと感想がまとまりました。(楽しみつつも辛口ですが)
まだ何回か観られる筈ですので、より集中して観たいと思います。

おはようございます。コメントご紹介。

さゆさんより頂きました。

久しぶりにコメントをさせていただきます(*^^)

マーガレットさんのコメントを読ませていただいたのですが、共感することが沢山ありました。
東京でのお客さんの入りに関しては、私は大劇場組で、数回観に行った時はお客さんの入りも良かったので知らなかったのですが、今回の演目に関してはどうしても不満が残ってしまいます…。

東京ではまだ観ていないので何とも言えませんが、グスタフでもショーでも、凜音さん・まなとさんとの絡みの少なさがすごく気になりました。緒月さんとの同期退団なので、絡む場面があっても良いとは思うのですが、あまりにも多すぎると…。

皆さんも仰っていますが、やっぱり凜音さんとのがっつりお芝居が観たかったです。お二人の演技は本当に素晴らしいので、コンビとしての集大成のお芝居を観せてほしかったと。ショーでも絡みが少なくて、すごく寂しかったです。

大劇場公演では大作が続き、お二人の絡みがあまり無かったためか、一部では不仲なのではないかという噂も出ていたみたいですね。もちろん、お二人には強い絆がある事は分かっているしそれはデマなのですが、そのような噂が出た原因は今回のような絡みの少なさと、緒月さんとの異常な絡みの多さにもあるのではないかと思ってしまいました…。

でも、グスタフでの皆さんのお芝居は素晴らしいし、ショーの内容はすごく好きなので、やっぱり何も考えずに楽しむのが一番ですね!(笑)
(あまり大きな声では言えないのですが、個人的に、ルパンを観に行った時にショーのあまりの内容の無さに驚き、宙組の今回のショーの素晴らしさを改めて実感しました^_^;)でもやっぱりコメディーも観てみたかったです…。(よく耳にします。)

長文失礼いたしました。
あと1回しか観劇することが出来ないので、楽しんでしっかりとかなめさんを目にやきつけてきたいと思います!
kaoriyaさんも楽しんできてくださいね(^^)


さゆさん、ありがとうございます。
ファンが思うことは同じなのかなぁ。是非は問えないけれど、居心地の悪さは否めません。
それでも真ん中のかなめちゃんを大いに楽しみましょう。
夢のお城のフェアリーですからね(^^)/
さゆさんもあと一回の貴重な観劇を悔いのないよう楽しんでらしてください!(^^)!


ナナイさんからも頂きました。

土曜日に二回、観て来ました。

一回目は、思いがけず1階1列目で観ることができ、大感激でした。上手側が多かったので、下手側からみると、これまであまり見れなかった下級生や景色を見ることができ、かなりテンション上がりました!お芝居は、ソフィアが情感豊かになっていて、唐突な感じもマシになりました。愛し方愛され方が分からないグスタフとソフィアというように私は解釈しましたが、原田君は、本当はどうしたかったんでしょうね?(笑)
ショーでは、ラストのソロで、下手から上手に歩いて行くかなめさんの端正な後ろ姿を目の前にして、宝塚を去って行く姿が重なり、まだ行かないで!って大号泣でした。かなめさんの後ろ姿、凛々しくて気品があって大好きなんです。

二回目は貸切公演でご年配の方がかなり多く、いわゆる昔ながらのお茶の間的な、率直な反応が面白かったです。グスタフが撃たれたところは、「あらあら、大変」みたいなざわめきが。そしてショーのプロローグでは、かなめさん登場に客席が大きくどよめきました。ラストの大羽根でも、かなめさんが階段上に現れただけで、まだ舞台が暗い中、歓声と大きな拍手が!ショーの間、「ステキねぇ。きれいねぇ。すごいねぇ。」と言った声がいろんな所から聞こえて来て、こんなに私語(?)の多い客席も珍しいかも(笑)。この回は、私もかなめさんの卒業を意識せず、客席を楽しんで来ました(もちろん舞台も!)。この方達は無条件に舞台を楽しんでくれているんですよね。舞台のかなめさん達にも、こんな空気が少しでも伝わっているといいな。
すみません、かなめさんレポではなく、客席レポになってしまいましたね。

いよいよ中日も過ぎました。かなめさん、今日はお休みできたのかしら。残されたあと少しの時間、大切にしていきたいです。


ナナイさん、客席レポをありがとうございます。
読んでてニコニコしちゃいましたよ~(^.^)
貸切での観客の素直な反応は、舞台上でも感じ取られているのではないでしょうか?
まあ、でも、撃たれたところの「あらあら」はとっても素直な反応・・・原田先生、分かってよね!ですね。(苦笑)
そうそう、中日を過ぎてあと3週間でしたね。体調万全で後半戦も戦って?頂きたいです。
孫が通う小学校はインフルエンザで二日間休校となりました。ファンの皆さんもくれぐれもお気をつけください。




コメントご紹介(^^)

マーガレットさんより初コメントを頂きました。

サヨナラ公演によせて

Kaoriya様
はじめまして。いつも暖かい文面で癒されております。
私は星組時代からのファンですので、まだまだ、かなめちゃんを観足りないのが正直な気持ちです。
ですが、かなめちゃんが決断したのだから、最後まで応援しようと自分を納得させました。
せめて退団公演は、トップコンビとしてガッチリ組んだ作品をあててもらえると信じていたのです。
しかし蓋を開けてみたら願いとは真逆の作品。芝居だけでなくショーまでも(泣)・・・

かなめちゃんの娘役を見つめる眼差しが堪能できる作品を見たかったです。
みりおんとなら素敵な芝居を作れただろに。残念でしかたありません。
ショーも、せめてデュエットダンスは一曲すべて踊ってほしかったと強く思いました。
芝居もショーもあまりに緒月さんとの場面が多すぎて・・・この事についても受け入れる人と受け入れられない人もいるように感じます。(私は後者なんです)

今回の作品、かなめちゃんのエレガントな仕草や優しい声が逆に女性っぽく見えて、芝居内容からも『オスカルとアンドレ』、ショーにおいては扱われ方から娘役トップは緒月さんとか、辛い評価です。
ずい分悲観的なコメントですみません。

けれど、かなめちゃん初め宙組が一丸となって公演を盛り上げようと頑張っているのは良くわかります。
最後まで観客に楽しんでもらえる舞台を作る努力をされているのが、芝居の変化でも感じます。
ですので、ぜひ宙組公演を観に行ってほしいと思うんです。

事実、サヨナラ公演にしては客入り良くないですよね(涙)

土日でも当日券は余裕だし、先日の土曜日にたまらなくなり
立ち見券で入りましたが、たったの10人でした。
客席でも入りの悪さを話す声を聞くと胸が痛みます。

決まって、星組と違って楽ね!とか。
実際、柚希さんのサヨナラ公演は終始ものすごい客入りなのでしょうね。
花組の2つの公演も大劇場の雪組も絶好調の入りでサヨナラ公演だけが影が薄いと揶揄されているのを聞いて
辛くて辛くて・・・

ですので、私にできるのは空席を埋めることだけだとほぼ毎日通っております。
昼公演しか行けませんが、石垣の1つになれればと。(今は就活中なので)

私はファンクラブにも所属していませんし、お茶会も参加したことはない無力なファンでして。
誰ともかなめちゃんについて語りあえないので、皆さまのブログで一喜一憂して。

Kaoriya様はいつも穏やかでなんでも受け止めて下さる方だと
感じておりましたので、私の気持ちを分かっていただけるのではないかと書かせていただきました。

ですが悲観にくれている時間はありません。

私に毎日トキメキを与えてくれたかなめちゃんに感謝しつつ
彼女が最後まで輝けるように石垣の1つとして応援したいと思います。
そして、一人でも多くの人がかなめちゃんの最後の舞台を観に行って下さることを祈ります。

長文、乱筆乱文で失礼致しました。



マーガレットさん、コメントをありがとうございます。<(_ _)>
ファンの本音の部分を、そして、思いの丈を語ってくださって・・・
きっと勇気を振り絞って書いてくださったのではありませんか?
グスタフはオスカルにも通じます。それは私も感じていました。その時代背景も同じですから。
それに、最後だけはみりおんちゃんと愛を育む作品を!と誰もが望んでいたと思います。

沢山観劇なさっているのですね。無力なファンじゃありません。立派なファンですよ!
それだけに客入りを肌で感じてられるから余計に辛いと思います。

客入りは、作品うんぬんもありますし、色々な事が原因としてあるのでしょう。
色々なトップさんが居て、そのファンが居て、好みもあって、それぞれの評価もあって。
でも、仰るように、残された時間はどんどん少なくなっていきます。
この際、周りは気にせず、自分の思いのままに納得できる応援をしていきましょう。
それぞれの心の中に大切な思い出を残すためにも。
私はそんなに多く観劇できませんが、思いは同じです。
最後まで見守って応援していきましょう!!
またどうぞコメントを寄せてくださいね。お待ちしています。<(_ _)>


コメントご紹介(^^) 追記あり

koroさんより頂きました。

明日ご観劇とのこと、またどんな感想を聞かせていただけるのか楽しみにしております。
kaoriya様のおっしゃっていた運動会でのかなめさんのセリフ、録画してあった宙組クロニクルの中で見ることができました。
本当に素敵!
たった5作品しか見られないのなら、風と共に去りぬじゃなくて、みりおんちゃんとの大恋愛ものか、ラブラブなコメディーが見たかったと思っていましたが、あのバトラーがあったからこそ、あんな渋い色っぽい声の、今のかなめさんがいらっしゃるんだろうなと思いました。
でも相思相愛の役は大劇場ではなかったことは、本当に残念です。お二人ともお芝居の完成度が素晴らしいから、毎回素晴らしい公演ではありましたが、やはり寂しさが残ります。劇団はファンの気持ちわかっていないなぁと・・・
先週観劇した時、今までと変わったと感じたところが一つ。
ショーのみりおんちゃんとのデュエットダンスでの、いつも唐突だなと思っていたキスシーン。たまたまなのかもしれないのですが、タイミングがピッタリあって、ものすごく素敵でした?あつ~いキスで、きっとみりおんちゃんもドキドキしたのではと思いました。
もうkaoriya様のお茶会レポートも聞けないんだなと思うとさびしい限りです。普段知ることのできないお話ばかりでしたので。
かなめさんのこと、まだ新人の頃から応援していらしたkaoriya様の愛情たっぷりのお話、まだまだ楽しみにしております。
明日の観劇、またご感想お聞かせくださいね。


koroさん、ありがとうございます。
そうそう、あのセリフ、クロニクルでも流れてましたね。本当に色っぽい声でドキドキ\(~o~)/
デュエットダンスでのキス・・・みりおんちゃんがいつも嬉しそうですが、より嬉しかっった・・・いや、komさんのおっしゃるようにドキドキされたでしょうね。(ニヤニヤ)あそこは、見ているこちらもドキッとしますよね。(^^)
明日は久しぶり(?)の観劇なので、変化、進化を感じ取ってきたいと思います。
拙いブログを楽しみにしてくださっていてありがとうございます。
様々な思い出を思い出し、全てが過去となっていく寂しさを感じていますが、ファンの期間が短い方ほど熱い思いを持ってらっしゃるかも知れません。私の場合は長いが故にゆるやか~(苦笑)
koroさん、またコメントを寄せてくださいね。お待ちしています。<(_ _)>


追記
hanihaniさんよりコメント頂きました。

大劇場を1回しかみていなかったので、東京で色々と変わったところを説明をうけたのに、ピンときませんでした。

メリコさま、私のそういえばあんなこととかこんな台詞あったよね!
というあれこれのツボを付いた感想を本当に有難うございました。

そうですよ、あ~すっきりしたっ!!


hanihaniさん、コメントありがとうございます。
すっきりされましたか!?良かった(^^)

この舞台はいつも以上に神経を使う事となったようで、ファンとしては残念な気持ちが残りますが、目の前にある舞台を全うする事だけに集中されていると思います。
それがまた組っ子さん達の学びの場となります。
そんなかなめちゃんを、宙組メンバーを、温かく(時折厳しく?)最後まで見守っていこうと思いますね。

いつも同じ様な事を書いていますね・・・(^_^;)


コメントご紹介

メリコさんより頂きました。

こんにちは~
今年もよろしくお願いいたします。
今年初めてなので、とりあえずはご挨拶を、、、

土曜日、東京宝塚、観劇してきましたー。
大劇場から比べると、大分かわりましたね、セリフも多くなったり、カットになったり、イザベルは、連れて帰りたい人ではなくなったんだね。わたしの故郷を見せたい人になってた。
個人的には、唯一、恋物語的な場面だったので、ちょっと残念。

ヤコブとの言い争いの場面で、私は王であるまえに軍人だ、の場面が
王であるまえに、ひとりの人間だ。みたいに変わってたところは(うる覚えでごめんなさい) いつも、疑問に思っていたので、凄くよかったです。
だって、王である前に軍人だってー
ちょっと変じゃない?って 思ってました。ヘェ?って
かなめさんもそう思ってたのかな?と思うと(知らないけど) ちょっとうれしいなぁ。(そこかい?)

そして、今日はこの場面を観にきました。と言っても過言じゃない場面が、
グスタフがソフィアにイザベルを舞踏会に招待していることを打ち明ける場面の二人の抱擁のところ、

なんか、いい感じだったね。
とっても静かだけれど優しくて広い胸にだかれて、嬉しそうだった。みりおん、よかったね。役どころだけれどグスタフに嫌われているのは、見ていてこっちまで辛かったわー。
わたし的には、お芝居が特に好きなので、今回のお芝居はとらえどころがなく、盛り上がりもなくて、なにが言いたいのかもちょっと分からず、時々眠たくなってきたりして困っていましたが、東宝観劇して、少し場面の広がりもでき、話しも分かりやすくなっていて、自分でも幕間の想像がしやすくなってきました。しかし、ヤコブが暗殺までしなければならなかった訳が、
少し、時間が足りなかったかな、と言う感じです。
しかしなから、ジェンヌさんたちの日々の努力には、いつも頭が下がります。一生懸命、よりよいものを見せようとしてらっしゃるのだなと思うと、ほんと、愛さずにはいられないわぁー
ですね。^_^ 個人的には、せっかくの退団公演なのだから、賞賛の嵐のなかで送り出してあげたかったですね。
イヤイヤ、今でも十分素敵ですが。

それでは、本日はこの辺で。kaoriyaさま、いつも、ありがとうございます。


メリコさん、ありがとうございます。
ムラを観てらっしゃる方にはその変化がよく分かりますよね。
そうですよ、それでもまだ不満がある・・・しゃーないです。このまま踏ん張って頂きましょう。
かなめちゃんの美しさや優しさ、そして、懸命さは十分に伝わってきますから~。
最後まで無事に終えられることを願っています。
あと3週間あります。久々に長い公演期間です。あと何回もは観られませんが楽しみます。
まずは、火曜日の会の総見に行ってきます。



続けてコメントご紹介

るる♪さんより頂きました。

東京公演が始まっての私の大!大!興奮は、パンフの「光源氏」です。
公演よりなにより、この事実に、かなめちゃんにエアーお礼。もう、こんなにしてもらっていいのかしら、と、勝手にわけのわからない感覚が押し寄せました。
ああ、私、こんなにかなめちゃんの源氏を見たかったんだ、でももう当然諦めるしかないとわかっていることだったので、異常に感動が大きかったのかもしれません。
それに、かなめちゃんにとっては初舞台の「あさきゆめみし」なのでしょうが、メイクと佇まいは、まさに私の望んでいる「新源氏物語」であり、それも大きいです。
「新源氏物語」は、曲もストーリー運びも私の中でピカ一で、たぶんコロスも含め全曲歌えます^-^;かなめちゃんでやるなら絶対これ、と、今でも思っています。あの姿のバックに、♪恋の曼荼羅~ごじゅうよじょお~~ 似合う!絶対、鉄板です!^-^v
みりおんの紫の上も学年的にもぴったり、あれ?トップさんは藤壺か・・・そこは創りなおしていただいて、紫の上に先立たれて慟哭するところまでやっていただいて、藤壺はさらっとゆうりちゃんで、これもぴったり。頭中将はまあくん、ぴったりでしょ。・・・オタク的発想は尽きません、でも今回のポートで妄想は十分させていただけます*^-^*
静止画に息を吹き込むことのできる、稀なジェンヌさんです。

さて公演は、こちらでもうかがっていましたし、かなりの手直しもあったので穏やかに観られています。
ただ、個体で深めることをやりすぎると、全体のメッセージバランスがぼやけてしまい、作品として心に残るものが薄くなる恐れがありますよね。
もちろんかなめちゃんや組全体がそんなことわかっている上でしょうが、肝心の作品メッセージの統括が演出から強く発信されていない(ように感じる)ことが、今回の迷走を生んでいるように思いました。
ま、こういう作品も、ありますよね。くらいに、私は思います。いえ、基本的には好きな部類に入ります。そこまでひどくないし、良いのではないかと^-^;。
ソフィアにイザベルのことを話すところは、賛否みかけますが、多分それぞれの人生経験の違いで感じる面が変わるのかと思いました。
私は、あり、なんです。内容は全く違いますが、「最も近い共に歩む人と思うなら自分にこそ言ってほしかった」という経験が自分にはあるので、そういう存在にソフィアを置いている、という意味に私はとれました。
そして「先にやすみなさい」とは、共に心安く添えるようになったふたりの生活の変化が前提にあり、いつもは先にやすんではいない、ということよね、睦まじいのね、と、素直に思えました。
おめでたいですか?それなりに私も苦労はしているんですけど、だから良くとらえたいのかしら。
欲をいえば、指輪のくだりも無くしたなら、「~心から愛した人」も、「~恩人」に止めてもよかったのでは。
そう言っても、様子から女は察しますから。選ぶ言葉が、せめてもの思いやりかと。そういうのは、原田先生には、わからんだろう^-^;
でも、ソフィアを抱き寄せることで、次のシーンでのソフィアの芝居がお妃の安定感と慈愛の方向になって、だからこそ、面前で躊躇も遠慮もなくイザベルに話しかけるグスタフになれるのですよね。
このあたりの終盤のお芝居は、そもそもこうでなければならなかったと思いました。
長くなりました、ショーはつづきで~*^-^*


るる♪さん、ありがとうございます。
初見の人には分かりやすいと言われますし、絵づらも美しい。
ただ、グスタフが撃たれるところは「えっ!?」と驚き何故?と思う。それが一般的な声ではないでしょうか?
迷走・・・たしかに描きたい事が山ほどあって整理しきれず板に乗せようとしたからの不整合なのでしょう。
でも、グスタフがソフィアを抱いた事で、たしかにその後のソフィの印象が変わりましたよね。
アンカーストレムと対立化したセリフのあとのグスタフの「下がれ!!」はかなり語気を強めてきました。
それに依ってアンカーストレムの心の憎しみを増させる・・・そんな風に持っていこうとしているような。
でも、その背景がイマイチ分からない、伝わらない。そんなことも感じました。
もうここまで来たら大きな変化は無いのかも知れませんね。あとは深めること。
さて、ショーの感想も楽しみにお待ちしています。

来週の観劇が(久々なので)楽しみです。(^^)/

忙中閑あり(?) コメント追加

そんなに「忙中」ではないのですが、宙組観劇の間が空いていて「閑あり」なんです。

そんな時には余計な事を色々考えます。

かなめちゃんのこと。
かなめちゃんは一目会ったその時から・・・の一目ぼれ。そしてトップになる!と信じてきました。
かなめちゃんのお芝居はその役の心(内面)から演じようとしている。
やっぱり彼女の演技は好きです。
ただ、彼女は歌で自分の足を引っ張っていたようなふしがありました。
きっと心では「なにくそ」と思い頑張ってきたのだと思っています。
彼女のスタイルも声も好きです。そして、今の色気があってエレガントな風情も好き。
退団発表の際には「お疲れ様でした」と思ったけれど、まだまだ色々な役を見たかったなぁと思います。
今はもうそんな彼女を愛でるばかり。
あと3週間ほどの『男役凰稀かなめ』の集大成を見守ります。

キタロウ君のこと。
私はかなめちゃんの横に居るキタロウ君を見ていました。
『猛き黄金の国』では、たぶん、かなめちゃんよりもキタロウ君の方が注目を集めていたと思われます。
「なに、あのひと、面白い」と。そしてかなめちゃんとニコイチのことが多かったですよね。
でも『スサノオ』の新公でアオセトナを演じた時に、彼女は努力していると強く感じました。
入りの時に見せる腰の低さやスカイステージで見せる口の重さから彼女の実直さも感じていました。
小さな箱ではその存在感を増してきて頼もしく、また、銀英伝のヤンで見せた温かさが心に残ります。
彼女の個性は独特でしたね。誰もマネができない。決して器用なタイプでは無い努力の人。
一作は残るかな?と思っていたのですが、最後はニコイチで卒業してしまう。
これもご縁ですよね。まあ、退団同期のキタロウ君あってのかなめちゃんのような気もします。
最後まで応援しています。

まぁ君のこと。
以前、ここで花組ではまぁ君のダンスが好きだと書いていた気がします。
長い手足を生かしたダンスと笑顔が目立っていました。今もそう。
かなめちゃんのトップお披露目から5作品、2番手的に扱われきての次期トップ。
歌が苦手っぽかったけれど、『復活』では立派に歌っていた気がします。
発表があってからは堂々として自覚と自信すら見えてきた舞台。
そのおおらかさと明るさを生かして新たな宙組を作っていって欲しい。
マカゼ君も加わっての宙組、楽しみにしています。

組のカラーって有るようで無いような。
その時その時のトップさんに依って変化する部分があります。
でも、根底ではカラーが残っているのかな?
設立されて16年の宙組。
そのカラーは、やはり若者のイメージで明るくて温かで元気な気がします。
一番若い組のエネルギーを信じて!

最後に、鳳月杏さんのこと。
先日バウ単独主演の発表があり驚き戸惑いました。
それは、組替えになったとは言えまだ花組生として舞台に立っていないこの時期での発表だったから。
組替えや主演(新公も小さな箱の公演も)発表の度に出てくる周りのファンの様々な感情。それはもう付き物ですから仕方のないこと。
私はちなつちゃんのお芝居が好きです。
こんな風に演じるだろうなぁと思うような表情や芝居をするのです。それも的確に。
だれもがそう願って演じていても、そこはそれ、それぞれの芝居心や技術で違いが生まれます。
言ってみれば、ヅカファンの欲求を満たしてくれる芝居巧者だと思っています。
かなめちゃんとは演技の質が違う気がすると以前も書きました。何かが違う・・・
加えて脚長のスタイル、よく通る男役の声、そして男役の色気を持っている。
その舞台を観れば「なるほどね」と思われる人です。
だから、戸惑いの後、確信に変わりました。きっと「やってくれる!」と。


はんなりママさんからコメントを頂きました。

同感です(^-^)
こんにちは、少しの間アップがなかったから心配してました。今朝は、新しい記事の数々を知り安堵しました~v(^o^)
かなめちゃん、キタロウ君、まあ君、ちなつちゃん、すべてkaoriyaさんの温かな思いが伝わる文章に共感しています。退団するお二人には心からのエールと感謝を送り、終わりは始めに続く…新トップ、そして新しい組での新境地開拓を心躍らせて待っています。
宝塚は観劇時はもちろんのこと、色んな情報にこんなにもワクワクさせてもらって楽しくなる、20年になろうかというファン生活、宝塚を知って良かったと心から思います。



ママさん、コメントをありがとうございます。
短時間のパートを再開したり友人との約束で外出したりしていたら、更新してなくて内心焦りました。(^_^;)
それでふっと今の思いを・・・と。
宝塚は心を豊かにしてくれます。それと同時にお財布を軽くもしてくれる(苦笑)
その代価を払う価値のある幸せ感とでも言えますかね。
でも、今はスカイステージ放送があって観劇は限られても楽しむことができます。
かなめちゃんで一区切りつけて、そのあとはゆる~く楽しんでいけたらなぁと考えています。
ゆるくってどの程度?という問題はありますが。(^_^;)

そうそう、大運動会のDVDを友人が貸してくれて見ているのですが、かなめちゃんの素の表情が可愛い!!見てるこっちも目が垂れてきそう・・・(^^)
ドンガンジャンゲームの後の「お嬢さん、恋には気をつけな」のセリフがカッコよくてシビレました!!!(^^)!



スカステニュース

アーネスト千秋楽
ききちゃんが食べるキュウリサンドが二人分!?指揮の塩田先生も召し上がって。
コメディだからアドリブあって楽しそう。
最後のご挨拶は、ゆ~っくりなみりおちゃんのホンワカ挨拶。これが彼女なのでしょう。
気の利いたことが言えたら・・・というように話されていたけれど、このままで良いのでは?そのうちに慣れてきますよね。
人それぞれ性格があって皆同じわけが無いのですから。

雪組新人公演
月城さんは二番手に回り、主演は永久輝せあちゃん。すらりとスマートなんですね。
悩んだり葛藤したりっていうのが無いようでまだ演じやすかったのでは?
ただメイクが・・・たれ目を気にされるのなら是非かなめちゃんのメイクを学んでね・・・なんて思ってしまいました。
まだまだこれからの方。歌は無難だったみたい。
新星登場。雪組さんは演技の上手い人が多い印象。
星南さんはアントワネットにしては品が無かったような?
頑張ってください。

ところで、月組スカイナビゲーターのしもんさんとさちかちゃん。いつも衣装を合わせていて、オシャレだなって。
とても目を楽しませてくれます。また、お二人の笑顔に癒されますよね。
これからも楽しませてください。

次の観劇までまだ5日あります。早く・・・

ナナイさんより頂きました。

こんにちは。ムラ初日からあっという間に時間が過ぎて行きます。ラスト1ケ月を切りましたね。

お芝居もショーもすごく進化していると思います。お芝居は、ムラ初日の段階でせめてこのくらいの脚本演出が出来ていれば、かなめさん達の負担も少なかったのにと思ってしまいました。でもいろんなところに、かなめさんの熱い思いが現れていて、本当に全てをかけて真摯に舞台に向き合う人なんだと、改めて胸が熱くなりました。次々に変化していくお芝居やセリフが、すごく楽しみです。かなめさんのお芝居には心を鷲掴みされるような感覚があって、本当に引き込まれます。
そしてこの作品、セットと衣装が美しいですね!冒頭のパリの舞踏会のドレスも、ゴテゴテしていなくてスマートですし、ラストのオペラ座のシャンパンゴールドの衣装も上品でゴージャス。それにかなめさんの美しさ!!。
ただ個人的にはショーの最初のワイルドなスーツ姿も大好きです。みりおんと踊る時の彼女を見る一瞬のギラッとした目。以前、エルアルコンでとうこちゃんが演じたような、情状酌量の余地のない、大人の悪役もかなめさんで見てみたかったです。
最後のお茶会も大切な思い出です。握手の時、ありがとうございましたって言いたかったのに、途中で押し黙ってしまった私に、うんうんって大きく頷いてくれました。今日もこの後、二回目を見に行って来ます。昨日と、どう変化しているのか、楽しみです。ハードスケジュールなので、頑張らなくては。Kaoriya様もお身体ご自愛下さいね。



ナナイさん、ありがとうございます。
連日のご観劇を楽しんでられるようですね。でも、くれぐれも体調を崩されないようにお気を付けください。
明るいコメディや、悪い役、また雅な平安物、スーツ物、まだまだ演じてほしかったですよね。
色々と考えつつの観劇も一回一回が過ぎ去って過去となっていきます。
自分の中での思い出が作れる貴重な観劇タイムを大切にしていこうと思います。
またどうぞコメントをお寄せください(^^)/


コメント追加

koroさんより初コメントを頂きました。

毎日欠かさず読むのを楽しみにしています。
昨日の観劇が、kaoriya様と同じ回だったようなので、嬉しくて初投稿しました。
トップになられてから、ショーはたった2作品でしたが、大介先生にとても感謝しています。かなめさんの比類ないスター性が、遺憾無く発揮されている素晴らしいショーだと思います。まずテーマ曲が素敵?歌詞が、見た目が完璧なクールビューティーでありながら、不器用で、心が火の玉みたいに熱い(オスカル様のような)かなめさんにぴったり・・・
そして私も火の鳥の場面が一番好きです!まさに魂の踊り・・・自分を犠牲にしてミリオンちゃんを生き返らせる・・・クールな表情なのに、かなめさんの激しさ、優しさを感じます。
ミリオンちゃんがどんどん美しくなってきましたね。
キタロウさんからマー君、ミリオンちゃんとつながってゆくデュエットダンスも最高です。
初日も観劇したのですが、ミリオンちゃんとの息がますますピッタリ合ってきたように感じました。
初日一列目の左端で見ていたのですが、かなめさん、客席側から宙組の仲間の方に振り返る時、突然目尻にシワを寄せて素の優しい顔で満面の笑みになるのがわかりました。食い入るようなマー君とミリオンちゃんの視線にも胸打たれました。
こんなに最高のパフォーマンスを見せてくれるかなめさんが、ラストステージだなんて、本当に悲し過ぎます。ファンの悲しい気持ちをおいてきぼりにして、飛び立ってしまうようで・・・でもはかないところがまた、タカラヅカの良さですよね。
普段は1回か2回の観劇ですが、今回は時間の許す限り観に行きたいと思っています。kaoriya様と一緒に応援します。
ああ、でもまだ見てみたいかなめさんが沢山あったのに。やはり寂しいです。
昨日スカイステージのキャパの放映を途中から見て、あせりました。見に行けなかったからDVDをかったのですが、放映は楽日なのでしょうか?演技が全然違う気がしました。これは録画しなくちゃと思いました?なんでこんなに良い役者になったのでしょう。かなめさんのセリフも歌も上手く言えないけれど本物にしか見えない!役の魂が入り込んでいるようで圧巻です。
長くなってしまいましたがこれからも更新されるのを毎日楽しみしています!いつも暖かい文章で大好きです。



koroさん、ありがとうございます。
楽しみにしてくださっていて嬉しいです。ありがとうございます。
宝塚が好き。男役が好き。そして、かなめちゃんが好き。そして、かなめちゃんファンが居るから続けてこられたのだと思っています。
私ももっと色々な役を観たかった・・・残念。
はかなさ・・・胸がキュンとします。

さて、何度お茶会に参加しても握手の瞬間はドキドキ。それがファンの真実かも。
何かの番組で「スカイステージによって昔の雰囲気が消えてきた」というような事を話されていましたね。
その昔、確かに生の生徒さんを映像で見る機会は少なくて、フェアリーという言葉がぴったりな神秘のベールに包まれていました。でもね、グラフや歌劇では、プレイベートも公開されていたのですよ。ご家族の写真やご自宅の写真まで。
そして、お稽古待ちや入り出待ちをすれば、親しくお話しできました。その点では今は遠い存在です。
映像で親近感を感じても実際には遠い世界の人たち。だからこそ、そのギャップも楽しめるのではないでしょうか?
それに舞台を観れば、もうまさに異空間で圧倒されますもの。
だから、そのかなめちゃんの発言を聞いて、そうなのかな?・・と少し疑問に思いました。
だってね、かなめちゃんが生まれる前からヅカファンでしたので~。

あらら、話が逸れました。(^_^;)
koroさん、是非またコメントを寄せてくださいね。お待ちしています。
そして、ラストデーまで一緒に応援していきましょう!!

コメントご紹介

bluebellさんより頂きました。(^^)

本日2回目の観劇でした。前回は2階席で、全体が見渡せて舞台上の群舞の美しさを堪能しましたが
今回は1階席の前の方でしたので、皆さんの顔がくっきり見ることが出来て良かったです。
お芝居は観る方の気持ちの持ち方にもよるでしょうが、さらに深まった気がします。
ソフィアとの心が通い合う場面は抱擁がありました。これだけでも気持ちが寄り添ったことがはっきり分かりましたので、ソフィアがイザベルに会ったときに寛大だったことも辻褄があうようになりました。
本当はもっと掘り下げた内容が欲しいところですが、時間内に盛り込めなかったのでしょうね。
国を思い、国民を思うグスタフ?世をかなめちゃんは本当に演じきっていましたね。
一緒に行ったお友達は初観劇だったけれども、内容も良く理解でき感動したと言ってました。
舞台美術も品があって良かったですね。

ショーは観るところが満載で楽しくて、盛りだくさんで贅沢なステージでした。
客席降りでは通路側にいたのが幸いしてアイコンタクトを頂き、舞い上がってしまいました。
こんなことは初めてでした。きっと周囲の人は皆同じ気持ちでいたと思います。
私も火の鳥が好きです。鳥の動きも研究されてますね。
何しろ美しい!! 粋な男役は大好きですが、中性的なかなめちゃんも違和感なくステキですね。
まとまりのない感想ですが、感動でボーーっとた状態で書いていますのでご容赦下さい。
折り返し点ですが、最後まで無事に全うされることを心から祈っています。
次回の観劇は再来週です。また来させて頂きます。


bluebellさん、ありがとうございます。
本当に、あの抱擁のシーンが加わるだけで違ってきましたよね。
私が誘った友人たちもお話は分かりやすかったと言っていました。
初見の時には、あまりに淡々としていて、どうなの?と思いましたが、それぞれが深めて変化してくると印象も変わります。
見る側も千秋楽まで気が抜けませんよね。(^^)

火の鳥

ショーの中で一番好きなのは「火の鳥」
しなやかに物語を紡ぐようなダンスが好き。
なんかね、その他の場面は力抜き過ぎのような。
それって、この場面の為に体力温存なの?とまで思ってしまう。
でも、もう良いんです。それもこれもかなめちゃん!(笑)

さてさて、来週は色々と予定があって観劇できません。
間が空くのは寂しいのですが、再来週まで我慢です。
従ってこちらの更新もあまりできないかな?
是非コメントをお寄せください。お返事しますから~(^_^;)<(_ _)>







今日は観劇でした。

宙組公演観てきました。
今日はやや前方席でしたので、よく見えました。美しくて麗しかったです。
やっぱりグスタフはラスト撃たれた後がグッときます。
そして、ショーもフィナーレソロを歌うかなめちゃんを見ていると目頭が熱くなります。
毎回そうなんです。楽に向けて泣かないという自信はなくなりそう・・・

そして、あぁ~と感慨深くため息をつきながら外に出て携帯をONしたら、なんと、ちなつちゃんバウ単独主演の報が。
びっくり!!
花組栄転とは思っていましたが、こんな急展開は戸惑いますよね。
でもまあ、嬉しいニュースでした。

今日は気持ちがあっち行ったりこっち行ったり。(^_^;)

ところで、写真がいっぱいの記事が。→こちらへ
あぁ、美しい・・・

そうそう、ここにも書かれていますが、今日観ていて改めて舞台美術の美しさを感じました。
セピア色のセット(宮廷)に貴族たちの衣装もトーンを落とした色使い。
ラストの場面は殆どがベージュからクリーム色に纏められていて穏やかでシック。
また、グスタフとアンカーストレムとの対立場面はより一層力が増していて。
でも、それだけに、この二人の関係性をもった知りたかったなと。
そして、この二人をまるで主役コンビのように扱うのはさてどうなのかな?などと考えてしまったり。
(諸般の事情があるのでしょう・・・)
そんな中、グスタフとして生きているかなめちゃんが愛おしくてね。優しいセリフ回しなので余計に愛おしい。こんな皇太子、王様なら誰でも好きになるわ!と。

3度目の観劇でしたので、やっと沢山ご覧になっている方たちに追いついてきているのかな?(笑)

追記
友人が「ショーのプロローグの髪型、ムラの千秋楽では前髪があってテンションが上がった」と言ってました。
それで気をつけて見ていたら、オールバックばかりでしたね。
友人も私も「金髪オールバック」は好きじゃないのよねーと意見一致。(笑)
ああ、前髪下してるのを見たい!!・・・言霊・・・



お茶会後半

スライド上映を見ながらの舞台を振り返ってのトーク。
本公演初セリフは『猛き黄金の国』の「ええおなごじゃったのぉ」
新公初主演『霧のミラノ』では、お稽古で8キロ痩せてしまった。
アクア5では、舞台に賭ける思いなど聞けて勉強になった。
組替え後の『太王四神記』では骨折して迷惑をかけてしまった。
オケ合わせで歌ったら小池先生が「あの子はできる!」と上層部に掛け合ってくれた。また「走ってみろ」と言われた時に痛くても必至で走ったら、トレーナーさんが「痛い顔を見せなかったからOKを出した。公演中はサポートしてやる。」と言ってくれた。
ロミジュリはお稽古が20日間しかなくて、お稽古場も無くて梅田に通った。ティボルトは凄く好きな役でありのまま演じた。
『愛と青春の旅だち』大劇場千秋楽前に組替えを言われた。柚希さんには相談した。

後半の握手会

会で実施したアンケート回答を見ながらのトーク。
ファンになったのは宙組に来てからが多い。
メディアからファンになった人も多い。
やってほしかった役はトートが一番多い。みりおちゃんのを観ていて私だったら短髪にすると思った。
宙組公演はコメントは特になくて。(時間が押していたからかな?)

ここで、みりおんちゃんからのビデオメッセージとお手紙とケーキが。
ホテルの人にラップしてというようなジェスチャーをしていました。(^^)
コンビを組んで今日で1000日目。
これからの実咲凛音を宜しくお願いします。
握手会は最後までやりたいと。握手をして皆さんの思いが伝わってきた。
最後に「今後の予定を」と言われて「少ないな」と。
最後まで変わらずに1日1日進化してゆけるように頑張っています。
最後の日まで笑顔でがんばりたい。心をそのままにありのままの状態で観ていただけたら嬉しいです。

もっともっと色々語ってられたのですが・・・こんなところでしょうか。

握手の時に、周りの友人たちは「やっぱり手は冷たかったね」と言っていましたが、私は何も覚えていません。
じーっと彼女の眼を見て握手していたからでしょうか。
いつもいつも背の高い彼女を見上げての握手。一番近い距離での握手を続けてくれて嬉しかったです。
私は、あの時のまっすぐな彼女の眼を忘れないでしょうね。(^^)




お茶会前半

かなめちゃんの装いは、ベストと白黒千鳥格子?のパンツ。
ベストの後ろにはパンツと同柄の飾りベルトが付いていました。白いブラウスは確かふっくらとしたお袖。
ボーイッシュだけどプリティだなと後姿を見て思いました。

では、前半を。(思い出した事を箇条書きで)
皆様あけましておめでとうございまーす!のご挨拶で始まったラストお茶会。
まずは会場からの質問コーナー。
大劇場公演の時から原田先生とは話し合ってきたが、今も戦いが続いている。
りおんちゃんソフィアの芝居が変わってきて、やっとできるなと思った。
アナウンスの演出のところにオウキカナメと入れた方が良いのでは?
グスタフとかなめちゃんの共通点は?国を思うところと組を思うところ。
ショーのオープニングでは沢山のスタッフさん達が動いてくれている。
メイク(シャドー)は、芝居はグリーン系。ショーはターコイズっぽい色と赤を。
キタロールとのアドリブはその場で考えてやっている。ネクタイは色々な長さです。
中詰客席下りは、大劇場ではできなかったので東京ではやりたいと。
プログラムの源氏は?さよならポートを載せないといけないので、漫画の通りにと言われたが、春日野先生の本の中の源氏をやりたいと言ったら、反対された。メイクして見せたらOKだった。
組本の「私が着てみたい衣装」は私じゃなくてみんなが希望した。
自分が女子だと感じる事はない。女子がわからない。やめてから女子だと思ったら教えてください。
やめてからは未知の世界なのでワクワク感があったりするが。

会場半分の握手会。
握手は最後までやりたいと考えていた。
握手で皆様の思いが伝わってくると。

後半は両サイドの大スクリーンでの組っ子さん達のビデオメッセージや、過去の舞台写真を見ながらのトークでした。
それは、また明日書こうと思います。

レポの前に ・追記あり

あさきさんからコメントを頂きました。


ラストパーティ

そうですね
宝塚の凰稀かなめさんとしてはラストパーティですね
まだ、会員の方はフィアウェルもありますが
誰でも(笑)参加出来るお茶会は最後かな?

退団されたらトークショーやディナーショーをされる卒業生も沢山いらっしゃいますが
また違うんですよね

宝塚のファンクラブが主催される
素人感がなんとなく親近感が湧くんですよね

カナメちゃんのお茶会は案外カナメちゃんは何時も本音で
若い頃はハラハラする発言もあったけど
失言とかそんなんではなく、タカラジェンヌより一般人的発言で笑える発言(笑)(笑)が多かったけど
今はしっかりされました(笑)

お茶会の話を読ませて頂いて変わらない雰囲気のカナメちゃんで安心しました

私は多分後一回だけ宝塚の凰稀かなめさんの舞台を見られると思いますので
その日を楽しみにしています
その後は私もまだまだ何も考えていません
だだし Top Hat のチケットはしっかり友の会で当たりました
全て前向きに(笑)(笑)



あさきさん、ありがとうございます。
そうそう、確かにオフレコで何かしら本音を語ってらした。
昨日のお茶会で本音を語るかなめちゃん。むしろその本音を聞けてホッとしています。
じゃないと、こちら側だってモヤモヤしたまま終わってしまう。


ところで、今日は二回目の観劇でした。
昨日のお話を聞いて臨んだ観劇。より集中してみる事ができました。
そして、かなめグスタフは、みりおんソフィアを温かく抱きました。それが自然な流れ、心の動き。
ラスト撃たれて、アンカートレムを撃つな!と命令するグスタフを見ていてピンポイントで私の感情がグッと動きます。
初見も今日もそうでした。
それは、やはりかなめちゃんがしっかりとグスタフになっているからだと確信できました。
私の中では新鮮な2回目でした。
アーネストは、樹里ちゃん、蘭寿さん、あすかちゃん、いちかちゃんがご観劇。みりおちゃんがご挨拶で紹介されていました。緊張したそう。そうでしょうね。
みりおちゃんと花乃ちゃん。良い感じに見えましたよ。組替えの城妃美怜ちゃんもしっかりしてて。そしてまりんさんは花乃ちゃんママを演じて流石!!

さて、お茶会レポを・・・と思ったのですが、
宙組観て、花組アーネストを観たら、疲れてしまって・・・。
明日には・・・?


追記
ねーねさんよりコメントを頂きました。

ねーね

こんばんは
お茶会、深い話が聞けて楽しかったですね。
何人か他のジェンヌさんのお茶会に行ったことがありますが、かなめさんのように役について、公演について深く語る生徒さんに会ったことがありません。
妥協しないその姿勢に魅力を感じます。
卒業のその後も、できれば舞台にと願ってしまいます。


ねーねさん、ありがとうございます。
やはりトップさんだからこそ語れる部分もあるのではないでしょうか?
でも、本音を出さないで終わる方もいらっしゃるでしょうね。
原田先生とはキャパの時から話し合う基盤ができているのかもしれません。
卒業後・・・お芝居がお好きだから・・・
お茶会で、退団後の新たな世界を思うとワクワクする気持ちもある。でも、今は・・・という風に話してられました。
私も演じるかなめちゃんを見たいですね~。

おはようございます。

昨日のお茶会、本音で語るかなめちゃんでした。
始まりはテンション低め。(お疲れもあるでしょう)
でも、質問に対して答えたり、過去の舞台作品の写真(スライド上映)を見ながらエピソードを語っているうちに、かなめちゃんのテンションも上がってきたようでした。
一人一人笑顔でつぶやくように「ありがとうございます」と言いつつの握手。
あ、それから、
ソフィアを抱きしめる・・・これは、そんな流れになると良いねと話し合っていて、芝居を深めていってそうなったらしいです。
昨日午後公演を観た方からは「今日はそうじゃなかった」とお聞きしました。
日々のそれぞれの気持ちが反映し変化するお芝居。それこそがかなめちゃん!なのでしょう。
原田先生には要望を出して話し合っていたそうですが、かなめ先生演出がかなりありそうですよ。
そんな目でご覧くださいと司会の方が話していました。

最後とは思えないとかなめちゃん自身が語っていたように、私も最後と口に出しながらもそうは思えないお茶会でした。
ただ、今後の予定を・・となった時、少ないと言った事で実感され、実感したような。

今日はこれから支度をして観劇に向かいます。
午後はアーネストも観劇なので、お茶会のレポは夜になります。<(_ _)>
午後公演は組総見。盛り上がることでしょうね。(^^)