宙組と星組

宙組公演は、後半戦突入していますね。

さて、本日もメロメロさんからレポが届きましたのでご紹介します。

舞台写真、ゲットしてきました。ルサンクの写真と比べると、やはり疾風のメッシュ、増えてますね。
冷たい声にゾクゾクしました。「はよう!」が素敵。二回言ってくれるので、嬉しいです(恥)
それと腕組を解くしぐさが・・・
ショーはね、美しすぎて、電流が走ります(大げさ?)
ルフ君が「ほんとに探してくれたの?」と言っている地声が聞こえました(キャー)
月下美人は金髪ストレートロング、光物の髪飾り。妖艶で、甘口を承知で聞いてもらうと、かなり踊れてる!(拍手)ゆうひさんとのアイコンタクトが多く見られて、ほっこり嬉しい。
帰りの電車、隣に箙さんが着物姿で座ってはりました(驚)


まあまあ、HNそのままに『メロメロ』なメロメロさんだこと!\(^o^)/
読んでてこっちまでニヤケます。
私もル・サンクと舞台写真ゲット。時間がなくて選んだのはたったの3枚ですが。(^^ゞ

メロメロさん、ありがとうございました。また何か変化あったら教えてくださいね。<(_ _)>


ところで、今夜の観劇ですが、「楽しかった!」です。
ノバボサノバは、全ての流れを覚えていました。拍手のタイミングも。
皆さん、パワフル!あのエネルギー消費は凄い!!
私が覚えているのは、かなり昔の安奈さんバージョン。
楽しかったけれど、ちょっと辛口も。

マカゼ君とれみちゃん、ともみんとねねちゃんの舞台の上手下手に分かれてのデュエットがはもっていないというか、バランスが悪いというか、弱かった。
でも、マカゼ君、頑張ってました。歌は舞台が進むにつれて徐々によくなってきたような。
ちえちゃんは流石なんですが、♪くずい~くず、くずは無いかね♪のくだりは、現代的だなって。いじり過ぎかも?そして、歌もちえちゃん流に崩しているのが、却って気になったり。昔と比べちゃいけないのかな。
そして、ルーア神父は、安奈さんが一番キュートだったなぁって。すずみんよりも若い人に宛てて欲しかった。(^^ゞ

お芝居は、楽しいコメディ。本公演でこれだけまとまったコメディ作品って無かったような。飽きずに楽しく観られました。
さて、こちらも銀橋でちえちゃんがねねちゃんに向かって歌う歌が、難しい曲なのか?歌いづらそうな。そして、抑揚なくて一本調子に聞こえて、「あら、どうしたの?」な感想です。うん、きっと難しいのよね。
ぶりぶりねねちゃんが可愛いし、れみちゃんは上手いし、紅君はやり過ぎ一歩手前だし、みやるりちゃんもニンに合ってるし、ミッキーも美味しい役だし。ともみんは、ノバよりこっちの方が良かった。
あ、アテガキが多かったので、よく笑いました。特に紅君ね!!
初めの長い台詞に、ちえちゃんが「長い台詞をよく言えたのは褒めるけど・・」とアドリブ入れていたみたい?
その紅君、フィナーレの群舞、かっこよく踊っていましたよ。
そして、マカゼ君、作家の役がお似合いだし、上手かったです。舞台の空気を掴めるようになってきた?大きくて舞台顔が綺麗だから目立つし、あの穏やかなぬーぼーとした雰囲気が大物を感じさせますね。
歌もよくなってきたので、期待しています。
ああ、みんな頑張ってる。でも・・・パレードを見ていて、ああ、あの人もこの人も居たのね、目立ってなかったなぁ・・・とちょっと寂しかったです。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する