宙組新人公演配役

こんな時間になって、公式を見てきました。⇒こちらへ

主演は、研7のあっきー(澄輝さやと)とうららちゃん(怜美うらら)。
うららちゃんは、ルフ君の周りで美貌を見せて貰っていましたが、さて、実力は如何に?(成績はあまり?)
でも、背の高いあっきーの横でどんな風にヒロインを見せてくれるのか?
そして、かなめ氏の役が愛ちゃん、みっちゃんの役がりく君。この二人は欠かせないみたいです。
こうやって、この二人が続くのはそれなりに実力も見栄えもあり劇団も意図するところがあるのでしょうが、偏りが気になります。
それにしても、娘役は研3(95期)が多くなりましたね。
あっきーは、今までも目についてチラチラとは見ていました。とても真面目な感じがしました。
訪れた最後のチャンスを生かして欲しいです。カッコよくスーツを着こなしてね!

このところ、ラストの研7さんが主演というケースが多いですよね。
月組だととしちゃん、ゆりや君、花組があきら君にまよちゃん。(まよちゃんはちょっと違うなぁ。)
若手発掘も必要ですが、この後、組の中堅となっていく人も育てないと!

新人公演主演はひとつの夢、憧れでしょうね。
でも、主演こそできなくても、それなりに実力を評価されて役で息づく事はできます。
主演は時の運も関係します。主演をしたからってトップになれるものでもありません。
色々な人に色々なチャンスを!と願います。

至極当然な事を書いてるなぁ・・・(^^ゞ
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する