本日は、

初日まで3週間程と迫ってきましたね。
でも、かなめ氏の話題って、今は無いですよねぇ。

それでという訳ではありませんが、
明日海りお君の「スターロングインタビュー」を録画してあったのでふと見てみました。

まずは「かなり正直にお話しした・・」とご本人が言うように、ご自分の気持ちを素直に話されていたように感じました。
男役として常に疑問や不安を持ちながら、それに負けずに前を向いて「宝塚が好き」という思いのまま頑張ってらっしゃるのだと思いましたね。
そして、順風満帆のように見えるけれど、決してそうではないということ。
新公主演4回というのは、期待がかかっかていると分かるし、期待を裏切らないようにとプレッシャーがのしかかってきます。
チエちゃんもそうだったでしょうが、きっとそれが花開く時が来るのだと思いますね。
いつもダイヤモンドのような輝きを感じてきた人なので、そこにダイヤモンドの切れ味と深みが加味されると良いなぁと思いました。

かなめ氏も10年を前にして悩んでらしたので、どなたもそういう時期があるのでしょう。
男役10年は結果ではなくて通過点でベースだと思います。
頑張って欲しいなぁと思いますね。

あ、「暁のローマ」新公のみりお君が可愛かったです。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する