何事も経験なり。(追記あり)

昨日はご心配をお掛けしました。<(_ _)>

昨日は予想はできましたが、上演するのであれば行かざるを得ないと思い行きました。
やはり全線運転見合わせに遭遇し、帰宅難民を体験してしまいました。
夜の公演の方が行けない人が多かったのではないでしょうか?

その対応(振り替え)が公式に載っています。⇒こちらへ
中には行けない方もいらっしゃるでしょうが、チケット代を無駄にする事がないと良いですね。
でも、こういう大規模災害時の判断はより慎重にして頂きたいです。
私たちも的確な判断ができるように普段から考えておかないと。



ところで、
とんとんさん、コメントをありがとうございました。
お久しぶりです!!お元気でしたか?
ご心配をお掛けしましたが、なんとか帰宅できました。
最終的には京成上野駅まで行って開通を待ちました。
その駅では、多くの人が待っていましたが、なんとか開通後2番目の電車に乗れました。
ずっと立ったままぎゅうぎゅうでしたけどね。
12時を過ぎた頃、ようやく最寄駅に着きました。
劇場を出てから7時間近くかかった訳ですね。長かった~。
かなめ氏情報やら何やら、これからも書いていきますので、宜しくお願いします。(^^)v


さて、月組公演の事を書く前に、CSで雪組の新人公演の模様を見たので少しだけ。
初主演のしょうちゃん、良いんじゃないですか?バウの主演経験が生きているのか、はたまた持っていた実力なのか?それにしても、雪組の92期は、りんきらから始まり、まなはる君、しょうちゃん、さらさちゃんと実力者が多いですね。
意外に芝居巧者多し?な92期です。
相手役のあんりちゃん、横顔がたびたび映り、綺麗でした。まあ、見た目しか分かりませんでしたが。


さて、月組公演「アルジェの男」昔のは観ていないのですが、若者の野望と挫折。光り輝く座につかんとしている時に恋人との逃避行を選び、その野望の為に犠牲になった女性を思う元軍人に撃たれて。

霧矢さんのジュリアンは野心が見えました。
プログラムに大野先生が、演技のできる人でないとできない青年役と書いています。
うーん、アルジェ時代のジュリアンがもう少し若いと良いなぁと。パリ時代のジュリアンは凄く大人なんだけど。
まりもちゃんのサビーヌは健気でいじらしい一途な、ある意味強い女性。
もう少し・・・何か・・・ジュリアンに向ける熱さを・・・と。
エリザベートは気が強いけれど野心の男に魅せられるんだけど、ちょっと書き込み不足?
アナ・ベルは純粋無垢に育っていて、その身を神に捧げるとまで言っているのに自ら入水自殺を。
ジュリアンに対して常に敵対心を持つジャックのいやがらせ。ジュリアンが嫌いならほっとけば良いのに、パリまで追いかけて行くって、不思議?
龍さんは、いやな嫌われ役を独特に表現していました。(ほんまに悪い奴)
みりお君のアンリは、アナ・ベルを思うがあまり・・の男をストイックに演じてた。(怖いですね。)

確かに古い作品かもですが、余分な物を切り落として場面場面のメリハリがあって、分かりやすいお芝居。
ただ、ラストに向けての畳みかけについていけない初見者でした。
何か、アナ・ベルが死んだことを知ってちょっと心が動くとかあれば、もっとジュリアンの心変わりが分かり易かったかも?

ショーは、耳に馴染みやすいテーマ曲♪ダンスロマネスク ダンス ダンスロマネスク♪耳について離れない。(笑)
雪組の「ミロワール」の中村暁先生なので、曲も展開も装置や衣装の雰囲気も似ています。
プロローグから手拍子ノリノリに客席下りありで活気づきます。
龍さんが芯になる場面。そして、トップさんに宛てた場面が芝居仕立てな場面。
中詰めは踊り次いで、祈りのような場面はカモメを使って真っ白な衣装で全員が踊る。これ、なかなか良い場面です。
黒燕尾ではゆずの「虹」を使っていて、でも、正統派の振り付けです。ボレロにすると黒燕尾もできちゃうんですね。
あ、忘れちゃいけいない「月色男子」では若手がガンガンに指さし。
こういう若手の場面があるのは嬉しいですよね。ここね、花組だったらもっとクサイんだろうなぁとか思って。

気になる杏ちゃんは、黒い衣装で青樹さんの伯爵に従って妖しく濃く踊ってました。ふふ。
そして、月色男子も頑張ってましたよ。(がんばれー)
黒燕尾は、なんと2列目で下手端っこですが、前に誰も居ない位置で踊っていました。
ちょっとずつ前に出て来るのは楽しみです。
あ、パレードでは3人組で歌いながら楽しそうにニコニコと下りてきていました。

うん、楽しかったです。


そして、帰りがけには、グラフのかなめ氏にニヤリと。(疲れてしゃがみこみながら・・・)

なんなの、この楽しさ!!いや、でも、疲れた一日でした。




ここからは追記です。

グラフの表紙、および、その後のゆうひさんが素敵ですね。そして、その後のHarmonyも緩い感じで楽しい。
そして、いきなり現れるかなめ氏!ラフでアンニュイ!
様々なアプローチが載っていますが、それぞれに、うん、うん、と頷ける。
最後に、ちえさんのアプローチ。きっとそうなのでしょう。ファンとしても嬉しい言葉です。
改めて、頑張って欲しいなぁと。そして、かなめ氏を信じて見守っていこうと思いましたね。


そして、書き忘れを。
「アルジェの男」ラストの影ソロがとしちゃんなんですが、ちょっと高めの男役というよりも自分の声で歌っていて、いかにも「若者」「青春」を感じさせてくれました。短いフレーズなのに印象的!!上手い人です。
ダンサーだし、歌えるし、芝居もできて、良い感じね。






関連記事

Comment

Re: お疲れ様でした
kaoriya #- - URL
2011/09/23 (Fri) 16:54

>hanihaniさん

駅で4時間半は長かったですね。お互いに「お疲れ様でした。」
私は移動しつつの時間潰しで、最後は、上野の丸井地下のスタバでも過ごせました。
24日15:30公演は、FC組総見と聞いています。盛り上がるんじゃないでしょうか?
お楽しみに~♪

お疲れ様でした
hanihani #0R7U/vPU - URL
2011/09/23 (Fri) 11:48

21日は多分夜の部を観るのが正解だったと思います。

私も会社を出るのが遅れて京葉線、JR総武線、総武快速と次々に止まり、京成で都内にと思ったら・・・
四つ木駅でストップして4時間半ぼんやりしてました。
(携帯は充電切れで、本もなくて駅の売店はしまっていた)

用事で日比谷に来てみたら10時過ぎで生徒さんも出始めて
みんな出待ちしてました。
雨もやんで涼しくて快適でしたよ(笑)

知り合いが慌てて夜の部を当日で購入して観てきたと
その後聞いて、「なんて賢い子なのだ!」と思いました~

24日の15時半観劇開始です♪
早くみたいです。ちなつちゃんも超楽しみ~♪

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する