お返事のみ

杏里さんへ

こんばんは。

出演者の皆さんはきちっと演じてられて、頑張ってらっしゃるのは分かりましたよ。
でも、確かに、余計な演出に目が行き、本筋を追いきれなかったです。
そして、何度か見れば、ああ、こうなってるのね、とか、そうだったのか、とか理解できるでしょうね。
ただ、酷くて頭に来る程では無かったです。
熱演を感じれば感じるほど、勿体ないなぁ、残念だなぁって思ってしまって、作品への辛口感想となりました。
ショーは場面ごとに楽しんではいたのですが、疑問な場面が多くて、むしろショーの方が頭に来たかも。(苦笑)

次は「サムライ」を観られたら・・・と思っています。
オトヅキさんの新たな魅力が発揮されたら良いなぁと願っています。

コメントをありがとうございました。<(_ _)>





再びお返事を。

杏里さんへ

ショーの歌はそんなに・・・でしたか?まぁ、私はそんなものだと気にしないで観ていましたが・・(-_-;)
それでも、そんな作品をいい加減にしないで少しでも良くしようと皆さんが「一致団結」して乗り切ってられるのでしょう。それは、観ていて伝わりましたよ。
やっぱり今回は、作り手側の責任の方が大きいように思います。
組のムード、特長、そして、適材適所に使う。そんな基本的な事が抜けていたのでしょうか?
一ヶ月公演となりせわしなくなった分、雑になっているのでしょうか?
それでも笑顔いっぱいで舞台で演じられているから、こちらも笑顔になりました。



いつどんな時でもジェンヌさん達は真摯に舞台を務めてられますよね。
夢と愛を与える夢の世界。それをどうしたら楽しんで貰えるかと日々努力を重ねているジェンヌさん達。
舞台と客席のキャッチボールが最近の宝塚の特徴だと思います。
観客が迎合する舞台。それが基本ではないのかな?
100周年に向かって舞台上も客席も一緒になって盛り上がっていきたいですね。
難しい事は書けませんが、舞台を楽しみたい。それだけです。



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する