観てきました。

クラシコとナイスガイ。

今回は、センターブロックからの観劇だったからか、やっと(?)テンション高めに観てきました。

2階は全体が見えて良いけれど、舞台からの距離が遠いので、ちょっと物足りない。
かと言って、前方席はそりゃ皆さんの表情が良く見えて、意外に広い範囲に目が届くんです。
今回は、程よく離れてセンターで、オペラでじっとその表情を追える観劇でした。
これが一番快適!(なかなかそんな席を手に入れられないのですが。)

かなめ氏は、やっぱり麗しい。
お芝居の軽さは、その冒頭の登場シーンで決定付けられていて仕方ないなぁと。
でも、遺跡を前にしてのお芝居の台詞は、力強くなっているような。

ショーは楽しそう。みなさん、楽しそう。笑顔がいっぱい見られます。
かなめ氏がメインでの場面も多く存在感は増しているけれど、場面ごとの個性をもっとはっきりと見せて欲しいなぁって、まだまだ欲張りなファンです。

ジャズの最後の高音が(慣れてきた?)良い感じになっています。ここ、好き!!
そして、やっぱり、ピンクのゆうひさんが良い。曲もノリがよくて楽しい。

そして、確かにプロローグはカッコいい。でも、もっと踊って欲しかった。

フィナーレは、かなめ氏メインとゆうひさんメイン、そして、3人のトリプルダンスと、盛り上がって楽しい。
周りもセクシャル9から盛りあがっていますが、一段と。


ねぇ~、や~っとテンションが上がってきたら、もう一回でお終いなんですよー。(~_~;)

自分らしさを追求されているでしょうが、それだけが個性では無いと思うのです。
新たな見せ方や、テンションの変化とか見られたら良いなぁ。
やはり、緩急やメリハリを付けてもっともっと違うオウキカナメを見たいです。




ここで、カリブのtonyさんへお返事を畳みます。
こんばんは!

バウチケットをやっとゲットされて良かったですね!!
あとは、帰国できるかどうか・・・・なんとか頑張ってください。(どう頑張るのか???ですが。苦笑)


>遅ればせながら、FNS歌謡祭を見ました。かなめ氏の優しい眼差しが素敵でした。祐飛さんもすごく雰囲気でていて、私的には◎でした。そして、なんといっても、組長さん!そのかっこよさに一撃を受けました。来年からはこのメンバーが随分抜けるんですよね、みっちゃんとがっつり組んだところもみたかったですが、専科だから、そんな日がくることを期待しています。そして、キタさんとのコンビ復活!当面はそれを純粋に喜ぶことにします。


ええ、ええ、あの眼差しは彼女の宝物かも知れませんね。
『純粋に喜ぶ』本当にそう思います。

コメントをありがとうございました。
無事に帰国されますよう、お祈りしています♪\(^o^)/



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する