色々と。

花組の今年後半の作品の発表がありましたね。
青年館とDCが蘭蘭コンサート、バウホールはだいもん君初主演、そして、青年館のみが、トドさんとみつる君。

だいもん君のバウには、付け足しが。→※当初発表の予定より変更し、バウホール公演のみとなります。

わざわざそんな事書かんでも、ああ、そうなのねって受け取るのに、かえって「何か裏には意味があるのか?何かが変わったのか?」と余計な邪推をするってものです。

それから、蘭蘭コンビのコンサート、つい最近蘭トム君はコンサートをしました。
え、また!?と思い、やはり余計な事を考えてしまいます。

しかし、トドさんと肩を並べるみつる君、凄いですね。


ところで、今日は、みわっち青年館公演を観てきました。「良かったです!」
しょっぱなの人形浄瑠璃の振りから入いる演出がユニーク。この二人は最下級生なのね。
ゆずカレー君、綺麗。日舞はよく分からないのですが、ダンスの人が頑張ってる。
まずは、べーちゃんとみつる君の二人のそれぞれの設定の説明があり、この二人が主人公でもOKな感じで始まります。(みりおんちゃんの「さが」の過去は語られていないですよね?)
みわっちは真面目一方故の一途主さがけなげ。
みつる君も主従の気持ちと慕う気持ちがよく分かりけなげ。
それに対して、みーちゃんの世をすねた風情も理解でき、更にあきら君の悪役に徹する姿に対比があり面白かったです。
みつる君達二人は心中を図るも助けられ生きる道を与えられ。
でも、主役の二人は、周りの無情な動きによりどんどん死への道に進んでいく。
芝居の始まりの時に、少しは予想できましたが、その道が逆転して面白い。
そして、もうひと組、ふじPとりりかちゃんの二人は、ちょっとオマケっぽいけれどどうなるのだろうと思わせて面白い。
それでも、主役二人が死んで添い遂げる最後は悲しみが残る。
たまにはこんな作品も良いですよ。日本人だもの、こんな感情も共感できます。
あと印象に残ったのは、若いのにベテランに感じるたそ君と銀河さん。可愛いべーちゃん、そしてさすがのゆうちゃんさん。光さんもキャパよりずっと良かったです。
浄瑠璃が挿入されて更に雰囲気を盛り上げていました。
明日は明後日が千秋楽。見て欲しいな。


話変わって、雪組さんは明日が千秋楽。そう、リサちゃん、キタロウ君の雪組最後の日です。


最後は、カフェブレイクの放送予定です。→こちらへ
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する