そして、レポが・・・

メロメロさんより、やっと届きました!

お察しの通り昨夜は友人たちと盛り上がり、すっかり疲れて帰ってきました。
さて、初日ですが、いやはやお美しい。とりまく側近たちも端正な長身揃いですので、まさに劇画そのものです。
セットも衣装も豪華で、期待以上でした。全体に色目が少ないのは、原作に忠実であることと、宇宙を表現するメタリックのためですが、レーザーや映像の効果的な使用で、開演前から銀河の雰囲気が醸し出されています。
一緒に観劇した友人5人のうち3人が原作を知りませんが、よく理解できたと言うのを聞いて、さすが小池先生、腕は確かだと拍手です。
人物名や地名が長く多いので、心配していましたが、そこも分かりやすく工夫してありますし、舞台化に必須の改変もキャラはいじっていないので、スムーズだったと思います。
全体に、初日としては上等の出来でしょう。
わたしとしては、いろいろ心配で無心に楽しめず、入り込みきれなかったので、次回以降は存分に楽しむつもりです。原作を知らない友人たちのほうが手放しでたのしんでいて、羨ましかったぐらいです。 記念すべき挨拶ですが、奇をてらうことなく、語りすぎず、良かったのではないでしょうか。彼女の真摯な姿勢が好印象で、客席からも組子からも暖かい笑いが生じていました。
月組観劇のときに感じた若さが、宙組では一層際立っていて、芽吹く勢いが心地よく嬉しかったです。


ありがとうございます<(_ _)> o(^▽^)o

そうねぇ、私もその場に居たら、舞台をかなり冷静に観ていたかもしれません。
さあ、これからは楽しんで観てらしてください。(^O^)
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する