久しぶりに

maiさんから久しぶりに感想を頂きました。
  

東京公演まで一週間となりましたので、後半から楽までの感想をまとめてみました。
※注意 激甘です。(自覚ありです。笑)

開演アナウンス。
「皆様、本日はようこそ宝塚大劇場にお越し下さいました。宙組の凰稀かなめです―-」
この開演アナウンスを聴く、ただ、それだけで私は、ゾワゾワしてきます。
カナメさんはトップになられたんだなぁとじわ~~、と自分でもなにか良く分からない感動が襲ってきます。(しかも毎回。笑)
私は毎回、この開演アナウンスを目を閉じ、じっと聴き入っています。
全てが完璧すぎて、もう、好きすぎて、開演アナウンスだけで感動するってなんなのさっ?(笑)

カーテンコール。
千秋楽の挨拶が終わり、カナメさんが舞台から満員の客席を上から下へ、左から右へとゆっくり全体を瞼に焼き付けるかのように、長い間、眺めておられたのが印象的でした。
さて、我々観客はカナメさんの目にはどのように映ったのでしょうか。
(客席側の私からはカーテンコールのカナメさんは、優しくって、素直でとっても可愛い、そして初日よりちょっぴり頼もしくなった?!トップさんに見えましたけどね。笑)

マント捌きについて。
回を重ねる毎にナチュラルに優雅に。
初日~~しばらくは大きく、次第にナチュラルに。
後半に入ってからは、再び大きくなって。
そして終盤、公演残り一週間は一幕最後の階段を降りてきて、「皇帝が亡くなった~♪」のメロディーでダンスの
最後の体を一回転させながらマントを翻すところは、描き出す軌跡がほんとに綺麗で、神懸かっているように見えました。(神々しい。)
この美しさ、一体だれに真似ができよう?
「凰稀かなめさま以外の何者に敵いましょう。」 byキルヒアイス(一度使ってみたかったこのセリフ。爆)

悠未さんオーベルと絡むシーン(オーベル義眼のテーマソング)では、
カナメさんが男装の麗人、オスカルの幻影がちらつき、(カナメラインハルト、ガンバレ)と思ったのも今は昔(?)
ガバッと悠未さんオーベルシュタインから離れる際の迫力のあるマント捌きは終盤からものすごーくカッコよくなって神懸かりマント捌きと同じ位、大好きなシーンになりました。

楽では、このシーン、少しばかりお二人の呼吸がずれたためか、迫力に少しかけましたが、それもいつもあうんの呼吸でされているからあの義眼のシーンがばっちりなのだとものすごく納得した次第です。
(この場面は他にもマントを放つ際の、カナメさんのナチュラルすぎる右足の出し方にも脱帽。←これは新公との比較で浮き彫りに。笑)

お芝居ラストは時間の制約上、強引に希望に向かっていくのを歌によって表しているところは何とも唐突感が否めなかったのですが、ラスト一週間から楽にかけては、それがカナメさんの心のこもった熱を帯びた演技によって心の変化を見事に表現されていて、自然に感じられました。
私は個人的には9月の最終日に観た舞台では、カナメさんにラインハルトが降臨した?と思えるほどに感動の熱い熱い舞台でした。(2階後方席で観た感想です。)

カナメさんの舞台での持ち味は素直で、繊細すぎるほど繊細なところにあると私は思っていて、その繊細さは、ファンである自分の想像を超えるときも度々あり、そういうところが大好きなのですが、今回はそれに加え、脚本でやむなく割愛したであろう部分、描き切れなかった部分を―演者の力でねじ伏せる―
それを私は、カナメさんの演技で初めて感じられたのがとても嬉しく、そして頼もしかったです。
(ここはファンなので、甘めかも。いや、甘いですとも。笑)
しかーし、東京ではここら辺りを改変するために休む間もなく、現在お稽古中なのだと思っています。
カナメさん、折角がんばったのになぁ。(でも初見の方は分かりやすくなるはずです。)

フィナーレ、赤の衣装のダンスも最高でした。
流れるような美しい軌跡が、キラキラの残像とともに私の心に残りました。
(ほんとに動きが綺麗でため息がでました。)

楽の御挨拶を聴いて、
私はようやく、カナメさんはトップになられたのだという実感が沸いてきました。(我ながら遅い。笑)
これからも天高く、遠い空を羽ばたいていくカナメさんを愉しんで見守っていきたいなぁと思いました。



maiさん、ありがとうございます。長いです~。(^^;
でも、maiさんのかなめちゃんへの「愛」が大いに感じられてニヤニヤしています。
私もあの千秋楽映像では、ご挨拶後に劇場全体を見回していたのが印象的でした。
忘れまい!とされていたのでしょう。
少なくとも上記のポイントを押さえて観なくてはね!<(_ _)> 


あぁ~、本当に、あと1週間(*゚▽゚*)



追記
みさきさんへのお返事を畳みます。
>ちなつさん!初ナウオンおめ!おっとり宮顔(化粧映え)・・やっぱり苦悩?
苦悩はみりお側だと思ってました。身分制度がないと、恋愛も単純で芝居もやりがいがないんでしょうね。昨夜「天使のはしご」を見たのでよけいそう思います。こちらは苦悩が報われてめでたし~~でしたが・・

いや、多分、メインキャストみんなが(宮様も)苦悩だと思っているのですが。

>芝居は総合芸術!!宝塚は娯楽の殿堂!ゲームからSFから三島まで手広いですね。
後1週間でSF初日(行かれるんですよね!)楽しみ。

はい、やっとお目に書かれます。私の中でのお披露目です。
コメントをありがとうございました(^_^)


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する