雪組千秋楽

スカステニュースで見ました。

桂ちゃんの楽屋入りは笑顔!!桂ちゃんらしい!(昔、ずっと桂ちゃんと呼んでいたので)
サヨナラショーラスト、涙が光ってませんでしたか?
それ見たら、グッと来て、ハウル君の宝塚を虹に例えたご挨拶にまた刺激され、あんなさんの素敵な言葉に涙こぼれ、みみちゃんの健気さにやられ、桂ちゃんの(頑張ってる)笑顔に涙して。
でも、最後の最後、幕前でついに涙腺が切れちゃった桂ちゃん。きっと温かい劇場の空気が風船のように膨らんだ熱い思いを爆発させたのでしょうね。
やはり馴染みのある雪組だけに、切なくなりました。

みみちゃん、まだ研6だったのね。やっぱり勿体無いわ。そして、桂ちゃんもまだまだやれた筈。
残念だなぁ。
でも、ふっと、桂ちゃんはずっと肩に力が入っていたように感じました。ま、感じるのは勝手なので。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する