博多座公演取材

博多座Hpより→こちらへ

髪を短くされたようですね。
maiさん、お知らせありがとうございます。(^-^)
久々の登場、嬉しいです。

さて、
明日はいよいよ博多座集合日です。
配役が変わり、また新たな舞台作りに励まれる事と思います。
元気に頑張って欲しいですね!


追記
かっちゃんさんより星組新人公演の感想を頂きましたので畳みます。

超個人的感想になりますが、雰囲気だけでも

まずは全員よーやりました
お芝居とショーの両方ですから、お稽古大変だったことでしょう
20年越えて星組応援してる私としては、途中から親心で観てしまってました

特にショーでは、個性が試されますので、実力の差はかなりあるものの、こんなに魅力的なジェンヌがいっぱいいるなんて、新たな発見でした

めぐり会いは再び
これは。。。本役の方がはまりまくってますし、それに続編ということもあり、もう本役のキャラでしか、それぞれの役を見られなくなってる私としては、(新人公演が単に本役の真似をするものではない以上)良いも悪いも判別しようがありません
ただ、コメディは難しいんだなと改めて思いました


エトワールド宝塚
チエちゃんのパートを、真風、十碧、麻央、礼君が分けもって、四人のトップの競演って感じでした
マカゼ君。。。すでに場馴れしてるし、安定したオーラで、幕開きとデュエットダンスとパレードを受け持ってました
もう新人公演やらなくてもって思いますが、やっぱり、ショーの大階段に立つ貫禄は、メンバーの中では真風君しかいないかと
十碧君。。。しいちゃんみたいな感じで、太陽のような、屈託のない笑顔で、人柄の良さがにじみ出ます
このキャラも貴重ですので、そのまますくすく育ってほしいです
麻央君。。。ヘラクレスのシーン、ビジュアル最高でした
舞台姿も大きく華があるので、あとは歌に精進をしてほしいです
礼君。。。おそらく今回の新人公演で一番絶賛されてるはずです
歌にダンスに申し分なし
サソリダンス(チエちゃん)もこなして、感動しました
男っぽい野性的なチエちゃんのサソリダンスとは違ってましたが、綺麗なシダンスでした
そのあとのゴールドの衣装の場面も礼君が担当
両隣が十碧君と麻央君と大きいのに挟まれてましたが、それを凌駕する存在感でした
このシーン、涙出ました

涙出たと言えば、サソリダンスの前のアカペラが素晴らしく、涙溢れてしまいました
夏樹れい君がソロ担当でしたが、
じゅんこさんとは違った歌い方で、自分のものにしてたのがすごかったです

で、ロケットはなしで、新人公演のみのシーンが付け足されてました
礼君と風ちゃんが銀橋で夢々しいデュエットを披露
歌が上手な二人なので、聞き惚れちゃいました
礼君が着ていた白と紫の軍服は、たぶんカナメさんが、クライマックスで着ておられた軍服だと思います

他に、芝居でルーチェやってた瀬央ゆりあ君、芝居上手いし、綺麗だし、これから注目したいジェンヌさんです
それから紅さんのジェミニやった漣レイラ君も男女のパートを歌い分けて上手かったです
メイちゃんの根津ちん以来、気になってましたので、もっと本公演での活躍の場を期待したいです

ショーは本公演以上にいたるところで手拍子入ってて、みんなで応援して見守ってる感満載でしたので、テンション上がりまくりでした

あと、パレードまであってビックリしました
真風君がチエちゃんの羽根背負うの?って、正直ドキドキしましたが、背負い物は、全員、本公演で自分が使ってるものでした

ご挨拶は、真風君と十碧君の二人からでした
感極まってる十碧君を見てると、また涙溢れてしまいました

新人公演メンバーだけで、通常のショーをやれるなんて、破格の経験だっただろうと思いました
本公演二本をしっかり観たくらいの充実感でした


かっちゃんさん、ありがとうございました
雰囲気は伝わってきましたよ。(^-^)
お芝居とショーの新人公演なんて滅多に経験できるものではありません。
星組の若手さんたちが更にはばたく礎となった事でしょう。
東京の新公は観たくなってきましたが、う~ん、夜は出られない日ですね。。。
いつの日か、CS放送で!!

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する