NHKドキュメンタリー同期生

昨夜、NHKの黒木瞳、涼風真世、真矢みきら67期生のドキュメンタリーを見ました。
同期生というタイトルで取り上げた放送です。
今もなお67期生の方達の胸の中に生きている北原瑤子さんのこと。
そして、北原さん(吉田由美子さん)を囲む人達、黒木さんや涼風さんの思いを知り、宝塚独特の同期の絆をとても感じられて切なくなりました。

確かに、家族以上に長い時間を共に過ごす同期生。
その絆は、番組の中で語られていたように、勝ち負けではなく、共に讃え励ましあい、共に笑い悲しみ、そして、感謝に繋がるものなのですね。
うまく表現できませんが、家族以上に同じ時を過ごし同じ体験をした人達だけが知り得るものなのでしょう。


宙組お稽古は今日が最終日。
昨日放送のクロニクルを見て、この一年も早かったなぁと思いました。

ロバート・キャパも改めて映像で見ると、うららちゃん、よくやってたなとか、かなめちゃんの眉毛がトゲトゲしてるとか。(^^;)
でも、かなめちゃんのお芝居が心にジーンと沁みてくるなぁって。

ゆうひさんさよなら公演は、かなめちゃんよりもゆうひさんに目を奪われた気がします。
ゆうひさんが素敵でしたよね。

お披露目の銀英伝は、すっしーさん、あゆみさんが語られているように、宙組に、トップのかなめちゃんにぴったりな作品だったなぁと改めて感じました。

時々、特に若い頃のかなめちゃんを瞬間的に懐かしく思い出します。
あんな事、こんな事、色々あったなぁって。
そして、今も進行形で宝塚の男役のゴール目指して進んでいるかなめちゃんを目を細めて見守るぬるさが心地いいです。



追記
年末の放送を更新しました。(ステーションコールなど)

コメントお返事を畳みます。(みさきさん)
みさきさんへ

コメントありがとうございます。
歌劇届きましたか?早いですね!うちはまだですよ。
ゆうひさんの退団からほぼ半年。あっという間ですね。
私の中ではゆうひさんがとても美化されていると思います。(^^;)
その素敵さに気づくのが遅かった?(笑)

クロニクルでタカスペのかなめちゃんを見ていて、あのオールバックの髪型がより落ち着いて見せていたのかな?と思いました。
そんなのも似合う男役さんになったんですよー。(^_^)

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する