お返事です。

かっちゃんさんから博多座の前に、ベルばら観劇感想を頂きました。


さすがベルばら、ムラの賑わいが半端じゃありません(久しぶりかも)
内容は今までのベルばらをいろいろ組み合わせてある感じで、大きく変わってることはなかったように思いました
役替りがあるからでしょうか、オスカルとアンドレが対で出てくる時が多かったように思いました
まさおオスカルは、劇画から出てきたようなビジュアルで、歴代オスカルの中では一番女性っぽく感じましたが、私的にはしっくりしていて、良かったです
みりおアンドレ、小柄でかわいいので、オスカルの方が絶対に似合ってると思いますが、アンドレとしての役作り自体はしっかりとしてました
目立ってたなあと思ったのは、ブイエ将軍(リュウ様)とジェローデル(タマキチ)でした
オスカルママの花瀬さん、気品があって、今回退団なんだから、どうせならアントワネットをやらせてあげたらよかったのにって思ったくらいでした
衛兵隊士はイケメンだらけで、特にアランのマギーが出色でした
(マギーって、あんなに黒髪似合ってたんだ)

そして、今回の真打は「空飛ぶガラスの馬車」(実はこれを観るのが一番の目的でした)
飛んでました! 飛んでました!
ペガサス一匹で、大きな馬車に二人乗っけてて、大変だろうなって思いました(笑)
その時に、銀英伝のように壁面が銀河になるんです(同じの使ってる?)
そこに真っ白で電飾付の馬車が出てきて上下左右に動くので、なかなか圧巻でした
クレーンが動く度にペガサスがカックンカックンするのがおかしかったんですけど、劇団も相当気合い入れて制作したなと思いました
フィナーレは、ボレロを除いて新作?だったように思います
明日からは蘭寿さんアンドレです
どう変化するのか楽しみですが、平日のため行けそうにありません(壮さんの時は博多座ですし)
かいつまんでのベルばら報告でした

追記
今日、カード会社先行販売で、奇跡的に雪ベルばらチケットをゲットできました!!
これでとりあえず、一回はカナメオスカルを拝見できます!!



ありがとうございます。
連日立ち見も出ているそうで、やはり「さすが、ベルばら!!」ですね。
特に月組はずっと再演がなかったのと、まさみり解体前という事もあり、宝塚ファン的には内容よりも気になるところ。一般的にも知名度が高いので、東京公演もチケットゲットが大変そう。。。

それよりも、追記の方が気になりますわ!
かなめオスカルのチケットゲット、おめでとうございます!!良かったですねー。





関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する