銀英伝千秋楽のご挨拶

CSニュース千秋楽映像よりかなめちゃんのご挨拶を。

「本日は宙組銀河英雄伝説@TAKARAZUKAの千秋楽にお越し下さいまして誠にありがとうございました。宙組の凰稀かなめでございます。
1ヶ月間大好きな町博多でこの作品に挑戦できた事、そして、誰一人欠けることなくここに居るメンバー全員でこの日を迎えることができましたこと、本当に嬉しく思っております。
多くの方々にご覧頂き皆様から温かい拍手ご声援を頂きましたこと、私たちにとりまして大きなパワーとなりました。本当にありがとうございました。
約半年間、この作品を上演してきましたが、役が変わった者も役が変わらなかった者も、毎日日々新しく発見し、とても愛着のある作品となりました。
今日でこの作品とも博多の町とも温かいお客様とも一回さよならするのは、とても寂しい気持ちでいっぱいです。が、これからも宙組生一同皆様に楽しんで頂けるよう日々精進して参りたいと思いますので、今後とも宝塚歌劇を宙組をどうぞ宜しくお願い致します。本日は本当にありがとうございました!」

 
幕が上がり、

ありがとうございます。では、宙組のクールムードメーカーのいっちゃん」(笑)「はい、いっちゃん、最後の一言を皆様に。」 

「鳳樹いちでございます。お客様の笑顔と拍手は私にとって最高のご褒美です。光溢れたこの景色を一生忘れません。9年間ありがとうございました!」

「寂しい気持ちは本当にありますが、これからのいっちゃんを応援しておりますので、頑張ってください。」
二人は右手を上げてイェイ!と。

「皆様、3月の大劇場公演もお待ちしております。本日は本当にありがとうございました。」

客席はスタンディング。

「ありがとうございます。それでは、福岡県出身者を紹介したいと思います。」3人を紹介。
「ここから遠く離れた宝塚の地で3人とも精一杯頑張っておりますので、ご声援の程どうぞ宜しくお願い致します。
また皆様にお会いできるのを楽しみにしております。本日は本当にありがとうございました!!」




それから、宙組青年館公演の千秋楽映像も見ました。
ともちんの温かなご挨拶、そして、組替えしていくかちゃ君の泣き出しそうな様子に、
これからも頑張って!と思いました。
ともちんの横のちーちゃん、涙が光ってました。涙よね?汗じゃないよね?


どちらもお疲れ様でした。次回公演も大いに楽しみにしています。\(・o・)/!


追記
映像の中で、アンネローゼにラインハルトが「キルヒアイスを愛して・・・」と尋ね振り返った時に、たらちゃんの笑顔に一筋の涙が頬を伝いました。そして、それを受けてかなめちゃんの頬にも涙が伝っていました。
熱い想いのラストを客席はきっと息を詰めて観ていた事でしょう。
私はかなめちゃんの自らの感情の赴くままのお芝居が好きです。
千秋楽の放送が本当に待ち遠しい。(1年ほど先でしたっけ?)

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する