ところで、

 はっぴーばーすでー

今日は暖かな立春です。
えっと・・・7年前の今日、ブログを始めました。
そう、今日はブログ開設記念日です。丸6年。7年目突入。
そんなに経つとは思えません。中身が変わっていない・・・(ーー;)
そんな拙い私のブログにお立ち寄りくださってありがとうございます。
かなめちゃんの存在があるからなのですが、アクセスしてくださるので続けていけるというのもありますね。本当にありがとうございます。そして、これからも宜しくお願い致します。m(_ _)m


さて、あさきさんよりコメントを頂きました。

NHKのロバート・キャパ私もしっかり観ました
かなり科学的に写真の分析をして
謎解きのドキュメントで面白くみました
宝塚のキャパとは少し違いますが、宝塚の舞台はあくまでもフィクションの世界だから

ベルバラなんてその極みですものね
ベルバラの「マーガレット」に連載されていた時は最初はあくまでもマリーアントワネットが主役だったんですが、オスカルと言う架空の人物を入れる事によって話がどんどん広がり、私はOL時代読んだのですが、宝塚でそれを上演する事にすごく抵抗を感じていた1人なんですよ

「モンテクリスト伯」はかなり楽しみにしてます!
ダーティヒーローだと思いますが、石田先生の作品は娯楽性が高いから判りやすい作品って期待してます
でも何だかんだ孤独そう

「銀河…」は友達一人だけど
「モンテ…」友達0人かも(笑)
凰稀さんには孤独が似合いますよね



どこか陰のある雰囲気を持っているのでやはり孤独はお似合いだと思います。
でも、すると、相手役は、ほっとけない程の無邪気な可愛らしい女性か、逆に、ほっといても大丈夫な大人の女性が合うのかな?なんて。
みりおんちゃんは、まだ不確定。今までのイメージを覆す新たな個性が際立つ役を望みますね。じゃないと中途半端で可愛そう。コンビはどちらもが輝かなくては!
モンテが大人っぽいと良いな。そして、マリーは可憐に!
ふっとそんな風に考えました。

石田先生は基本は明るく仕上げてくださると思っています。(最近は変なシーンが無いので)



そして、西は雨模様?
月組公演千秋楽です。
退団されるあーさま、あちょーさん、ゆめちゃん、あまりらさん、楽しく思い出に残る一日となりますように


関連記事

Comment

KEIKO #- - URL
2013/02/04 (Mon) 18:26

ブログのお誕生日おめでとうございます!!
始めまして、KEIKOと申します。
毎日1度見させていただいております。
いろいろあって、3年前から、15年以上ぶりに宝塚ファンに戻りました。
その前は3歳位から母に連れられて、40歳位までファンだったのすが・・・
年がバレますね。
かなめちゃんのリラ壁は青年館15年ぶり位の観劇でした。
初演が頭の中から飛んでしまうほど、かなめちゃんが素晴らしくて・・・
その後も段々惹かれて・・・
こちらの博多座のコメント読んで、ため息を付いていたら、主人が千秋楽に連れて行ってくれました。
銀英伝は結婚している次男が原作のオタクファンで我が家には初版時の全巻揃っており、
勧められて私も途中まで読んでおり、次男とフィーバーしていました。
カイちゃんのオーベルシュタインの方が原作に沿った役作りでした。
東京公演時、息子とオーベルシュタインが1番原作と違うねと言っていたので、博多に行って良かった!!
かなめちゃんのお芝居も変わっていて、銀英伝の世界に浸って来ました。
若い子達が多くて、新人公演のようにならないか心配していましたが、皆、良くあそこまで演れたと、
褒めてあげたい気分です。
この公演で凄い力がついたと思います。

これからも、楽しみに見させていただきますので、よろしくお願いいたします。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する