レポ頂きました。

おはようございます。
あさきさんからレポを頂きました。

普通のベルばら

チエちゃん・かなめちゃんが特出して普通のベルバラになりました
プロローグの後センターのセリから出てくる、アンドレ&オスカル華やかです(トップと言う風格)
どちらかと言うとオリジナルもフェルゼン・オスカル版だからオスカルの出番の方が芝居的にも多く
一幕は完全にフェルゼンへの愛・フェルゼンしか見えてないオスカルは大粒の涙が

二幕は革命の話を告げるジェローデルが「オスカルの父上が私との結婚を進めた」のセリフ(オリジナルには無い)からアンドレの殺してでも自分の者にする~毒ワイン~お母さんとお姉さんの会話(オリジナルにもあります)~今宵一夜~民衆~アンドレの死~オスカルの死ど月組バージョンと同じような流れです

しかし今回の役配分のせいかあくまでもオスカルがかなり上の存在
アンドレはあくまでも脇っぽいです
オスカルの大きな愛で包み込まれてるアンドレって感じでした

かなめちゃんのオスカルもナチュラルで叫んだり怒る場面はかなり男・今宵一夜もあまり色っぽくはありません
アンドレのチエちゃんはかなり荒々し感じです(抱き合ってもかなめちゃんの方が大きいからかかなり力任せって感じ)
こうして見たらかなめちゃんってお芝居の人だなぁ!って思いました
フィナーレは小雨バージョンで白っぽいお衣装でかなめちゃんはターバンみたいな被り物??
多分2006年のコム・水・カシゲ・キリヤ・ユウヒと同じバージョン(色違い)
東京では涼さんと麻尋しゅんちゃんだったかな?
あの時はわたるさんだったからどんな男役が来ても皆さん女らしかったけど
今回は二人とも男らしく、やはりかなめちゃんがリードしている雰囲気でした(少しチエさんより大きいからか??)でも見栄えがして綺麗

なんとなくこれは本当のベルバラでした
ちぎちゃんはこの間はベルナールですが、特出の時のみりおくんと同じ衣装で少し上等
フィナーレの階段降りはあゆっちの次に歌は無く降りてきます
そして並びに入らず一歩前で壮フェルゼンを迎えます

私の勝手な偏見かもしれませんが
かなめちゃんは古巣にかえったからか?かなりリラックス
チエさんはかなり緊張してように見えました
あくまでも私の私感です


あさきさん、ありがとうございます。(^-^)
見目麗しいけれど男役らしいオスカルなのかな?
そして、トップの壮さんも周りも馴染みがあり違和感無しなのでしょう。ちえちゃんの緊張は想像できます。(笑)



そして、KEIKOさんからも頂きました。

お久しぶりです。
2度めのコメントですが・・・
毎日、見させて頂き、楽しんでいます。
初日を観た友人達からメールが届きました。
かなめちゃんファンの人からもですが、出演者のファンではない友人が、柚希さんとかなめちゃんなら観たいと日帰りで遠征して、無理して行って良かったと言って来ました。
かなめちゃんキレイ!キレイ!で、思わず比べちゃいけないと思いつつ、他のオスカルとつい比べちゃいましたって・・・
チエテルコンビは息が合っていて、最高ですねって・・・観劇したら萌えますよって言われました。
主人が特出期間行ってくればと言ってくれたので、新大劇場での本公演観劇は始めてですが、遠征してきます。(OG出演の時のイベントで行ったことありますが)
今から、心だけ乙女のようにドキドキしています。
皆さんからのコメント読んで、期待度が更にアップしました。


大劇場への初遠征おめでとうございます。(おめでとうは変かしら?)
お友達の嬉しい感想に、観る甲斐ありの舞台、とても楽しみですね。
あのお二人のラブラブ具合は想像できますよね。うんと楽しんでらしてください!!
コメントをありがとうございました。(^-^)


もうね、観る事ができないのは残念な事なのですが、こうやって色々な声を聞かせて頂けて嬉しいです。
ありがとうございます。<(_ _)> 

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する