これも載せねば! 追記あり

まずは、メロメロさんよりの特ダネ!

銀橋から舞台に戻るとき、アンドレがアントワネットの裾を踏んづけました(>_<)
たちまち素に戻ってあわてるちえちゃん、会場は爆笑。
ミキチグさん、さやかさん、真風くん始め観劇していた星組生のラッキーなこと。
爆笑で終わるベルバラなんて初めてです。
あの無礼者は即刻打ち首になっているはずですよね(^_^;)

まるでCG、姿、思い、感情、全てを伴ってオスカルが降臨したみたいでした。
毎日涙を流して熱演、その涙もキラキラと美しい二人。
この映像を瞼にとどめるため、わたしのベルバラシーズンは終わりです。

いやぁ、ええもん見せてもらいました。
    


(爆笑)で終わったとは・・・(*^^)v
ちえちゃん、可愛い!いや、それではイカンのですが。(笑)
ご報告ありがとうございます!!


そして、hanaさんからもコメントを頂きました。

先日はありがとうございました。私も昨日観劇してきました。
何度も読んだ原作のオスカルはきっとかなめオスカルなんだと私も感じました。
アンドレが撃たれアンドレーと叫んだ声が今も忘れられません。
原作で隊長は戦場を離れてはいけないとアランに言われた時
隊長であるまえに私は女だと自問していましたが上手く言えませんが秘めていた女心が伝わってきました。

後ろの方が平日にこんなに賑わっているのなら来年もやればいいのにと言われてましたが・・・
でもアンドレとオスカルが亡くなってから私はウトウトしてしまいました。疲れてもいましたが・・・

観劇できて改めて見守りたいと確信しました。
 


hahaさん、ご覧になれて良かったですね!!!
もう、皆さんから色々と「よかった」とご報告を頂き、嬉しいです。
一緒に見守って行きましょう!!\(^o^)/


お二人ともありがとうございました<(_ _)> 

嬉しいな   



追記
またまたレポが!!

かっちゃんさんより。

本日、初観劇してきました

もう~想像を超える舞台でした
呼吸困難になりそうで、心拍数も上がったままです(笑)

うまく書けないのですが、カナメさんのオスカル、理想のオスカルでした(といっても理想があったわけではないのですが)
自然なのかな、カナメさんが普段からされているお芝居の通り、その役になりきってしまわれるところから生まれる自然さというのでしょうか
荒々しくなったり、乙女になったり、拗ねたり(この拗ねた表情がめちゃめちゃかわいいんです)、これほど表情がくるくる変わるオスカルって、観たことないかもです

そんな自由奔放なオスカルを、陽性の包容力でしっかりと受け止めてくれるチエちゃんアンドレ
このお二人だからこそ出せる関係性も相まってか、実にいいんです(笑)
友人は、二人がはじめっからじゃれあって痴話ゲンカしてるみたいだから、フェルゼンがオスカルに向かって「君は僕のことを。。。」っていうところ、全然そうに見えないって笑ってました(笑)
私には、十分にオスカル→フェルゼンの愛が見えましたが(笑)

愛の巡礼を歌うオスカル、一筋の涙が。。。。
ここに、人間オスカルを見てしまい、そのあとは、私、もうぶっ壊れて観劇してました

カナメさん、他にも何か所か泣いてらっしゃいました
数分の場面の中で、ものすごい集中力なんでしょうね、ぐっと入り込んでらっしゃるといいますか。。。

橋の下でアンドレが死ぬところ、バスティーユの辺りも、気迫あってすごく良かったです
小雨のデュエダンも、さすがはトップさんお二人ですね、迫力ありまくりでした
カナメさんのスカートさばきが、かなり乱暴でしたが(笑)

とにかく、すごかったです
また明日、観劇してきます

とりあえず、今日はここまでとさせていただきます 



聞こえてくる声が絶賛につぐ絶賛で・・・・もう言葉がみつかりません。
この作品との出会い、オスカル役との出会い、相手役との出会い、全てが運命。
そんな運命に感謝ですね。


かっちゃんさん、ありがとうございます。明日は更に味わっていらしてください。\(^^@)/


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する