スカイステージ

今日はお昼前に壮さんの「スターロングインタビュー」を見ていました。

壮さんらしい勢いのあるさっぱりとした語り口。
今まで話した事が無い事も話したと思いますが・・・と率直な言葉を並べてらしたみたい。
研18の壮さんならではの「組っ子に背中を見せているのだから」とか「トップは大変だけど、それ以上に楽しみを持って」とか。特に下級生には、もっと舞台を楽しんで欲しいと。本科の文化祭のビデオを見て振り返るとその頃の思いを思い出し初心に戻れる。そんな事も必要と。こちら側もうんうんと頷いてしまう言葉でした。
(かなり意訳していますので、ニュアンスだけ受け取ってください。)

そして、同時にかなめちゃんの思いも同じだろうなぁと。

今週は日比谷に出て行けなくて・・・ちと寂しい・・・。

まあ、ひとつトンネルをくぐり抜けたような私なので、これもありかなと。

来週の観劇が楽しみです


それから、輝月ゆうま君の「オシエテ!?」も見ましたよ。
あのまったりと語るまゆぽんが、色々と堂々と演じていて驚くばかり。
二枚目が苦手らしく、悪い役(本当に悪い)を演じたいそう。

まだまだ脇路線に走るには早すぎるよね。二枚目も見てみたいです。


追記
コメントお返事を畳みます。(はんなりママさんへ)

ママさん、コメントをありがとうございます。

感じ入りました

私もようやくえりたんのロングインタビューが見れました。
『ベルばら』フェルゼン役は上品さと爽やかさを感じ『貴族』らしく新しいフェルゼン像を見た感じがありました。
トップになるまでの葛藤や努力も全て自分の養分にして素敵な雪組にしてくれると思います。
色んな時代を語るえりたんに 涙が込み上げるような事もあり、正直にはきはきと語る彼女に敬意を抱きました。見れてよかったです。

輝月ゆうまさんの『オシエテ』も見ました。とてものびのびといい育ち方をされた方の様にお見受けしましたし、『ロミジュリ』の大公役であの歌声を生で聴いた感動~は忘れられません。グングン伸びて行って欲しい人です。
悪役って深めて行くと愉しくなるみたいですね。彼女の声を生かした悪役も見てみたいですね。



ママさんは、花組時代からの壮さんを見てこられたから、より一層感慨深いものがあることでしょう。
壮さんの率直に飾らない言葉が私たちにダイレクトに訴えてきます。
周りの組っ子たちもそうなのではないでしょうか?きっと信頼関係を築いていってくださるでしょう。

まゆぽんは、歌う声が男役としてはまだ高めですが、これからの彼女への期待は大きいと思います。
でもまだ若いだけにくじけそうになる事もある事でしょう。
宝塚にとって貴重な存在だと思いますので、頑張って欲しいですね!
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する