雪組ベルばら

壮さん、あゆっちお披露目ベルサイユのばら。
う~ん、1幕は眠くなると聞いていましたが、確かに・・・。

プロローグのあゆっちの人形振りの踊りはイマイチですね。なんだかあゆっちが可哀想。
2幕はやっとお芝居らしくなったのですが。1幕は、ゆりのカーテン前での説明台詞が多くて退屈してしまいました。フィナーレは、宙組ベルばら2001と同じでした。本編は似てるけどアントワネットの比重が全く違うので。

壮さんフェルゼンは一途に思う熱い人でした。
そして、あゆっちは、アントワネットにしては庶民的だったな。最後のシーンも初めのトーンを落とした台詞回しが単調でもうちょっとなんとかならないのかな?と不満でした。
ともみんがジェローデルにしては熱すぎたり、ちぎちゃんは綺麗だけど歌うと・・とか、まっつは落ち着きすぎかな。せしるがあのスカートだと大きいねとか、大ちゃんが目立たないとか、翔ちゃんベルナールは弱かったとか。がおちゃんのメイクが綺麗だった。キングも頑張ってたけど。ロザリーは地味だね。全般に役が少ない。
舞台は煌びやかで美しい。みなさんも熱演しています。黒燕尾はよく揃っていました。
それはそれで楽しんだのですが、もうベルばらは当分要らない!!(特に脚本が良くないんだわ。)
新生雪組には次回作に期待します。

-PS-
私が観たのは貸切公演だったのですが、舞台が始まる前と終わってからに挨拶があったり公演中の拍手ポイントが違ったりと、普段と違って面白かったです。
それから、黒燕尾でピックアップメンバーに翔ちゃんが入ってて咲ちゃんが入っていないのには驚きました。


最後に、退団されるソルーナさん、最後の役が国王だったのは残念です。
最近では太王四神記のホゲパパが好きだったかも。


追記
かなめちゃんの横浜ウォーカーはノーチェックでした。(発売中)→こちらへ
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する