そして、かいスカーレット

メロメロさんより再びコメントを頂きました。

本日カイちゃんスカーレット見てきました。
オペラを忘れたので、化粧など細かいところはわかりません。
全体の印象です。

スカーレットは感情の振れ幅が大きく、個性的なために男役が演じることが多いのでしょうけど、あの大きな劇場で強い感情を伝えるには身体全体を使って表現する必要があります。
その点、カイちゃんは手や体の動きが少なく、声の抑揚も高低が小さく、まだまだ改善の余地ありです。
宙組バージョンは、大芝居が少しはスタイリッシュになっているとは言え、ほとんどの役者が大きい動きの中、カイちゃんのナチュラルな芝居は周囲とは違う空気感があります。
まぁスカが全身で感情を表し、コケティッシュな役作りに成功している分、独自のスカーレット像を早くつかんでほしいですね。
意外にもうららちゃんのスカⅡがいい芝居をしてました。
まぁ君はさわやかな優男、ぴったりです。

キタロウのベルに泣かされます。あの人、あったかい芝居をしますね。

かなめバトラーが、渋さと茶目っ気、大胆さと繊細、相反する要素を絶妙なバランスで演じていて、引き込まれます。あの超絶スタイルは言わずもがな。
公演毎の成長に目を瞠ります。

カイスカは次の予定が立たないので、どこかで飛び込み観劇したいなぁ。
頑張れ!カイちゃん!




メロメロさん、ありがとうございます。
かいスカーレットは、まだまだこれからでしょうか。
貴重な経験を生かして更に芝居を深めてかいちゃんなりのスカーレットを作り上げて欲しいですね。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する