嬉しいこと!

今日は星組公演を観てきました。
その間に、メロメロさんとオパールさんからコメントを頂いていました。
嬉しいですねぇ!!
心がホクホクしてきます。\(^^)/
それでは、それぞれご紹介しますね。(^O^)

メロメロさんより

行ってきました。
まず、プログラムの笑顔にヒィーッてなりました(^_^;)

キャパは、男らしさが増し、キリッとしたゲルダとの相性も良かったです。
ただ「崩れ落ちる兵士」の捏造疑惑が科学的に検証された後なだけに、
感動シーンがやりづらいだろうと思ってしまいました。
舞台演出上、変更は難しいし、キャパが傑出した写真家であり、数多の優れた作品を残していることに疑いはないのですけど。
時間が許せば、大女優との艶聞なども織り交ぜて、モテっぷりを見せて欲しかったけど、そうなったら一途なところが薄まりますよね。
作品としては、あれでいいのでしょう。
りくちゃんが、骨太の民兵をよくやってました。
翔くん、いい専科さんになりそう(笑)もちろん褒めてます。
何度聞いても、人民戦線の歌にぐっときます。


ショーは、幕が開く前に始まるコーラスから、もう過呼吸になりそう。
シトラスの中からショッキングピンクのかなめちゃんが出てきた感動に
ヒィーッてなりました(今回ヒィーが多いです)
わたし、いまでも全部歌えますわ。
かなめちゃんが客席におりてくる時に、手を握ってもらえました!
彼女、ハイタッチじゃなくて、一瞬でもギュッと握るんですよ。
周りのお客さんたちもそのことに感激一入でした。
舞台上からお客を釣りにいくときの視線にもヒィーってなりました。
黄色い声は出ませんので、呼吸停止か過呼吸です(^_^;)
赤と白の衣装のコンビ、イチゴのショートケーキみたいでした。
そよ風と私、舞台に近い席の弊害か、衣装の劣化が目に付いたけど、
若手ダンサーはじめ、皆よく踊れていたし、みりおんが綺麗でした。
ノスタルジア! みりおんが素晴らしく歌い上げた後に登場する若き士官。
これもヒェーってなりました。ずんこさんと重なる重なる。
彼女ほど華麗な軍服が似合う男役はいないでしょう。
そして明日へのエナジー、正直、不安を拭えないでいたのですけど、杞憂でした。
あのエネルギッシュな場面を 歌い踊り引っ張っていて、立派なトップさんです。(あら、キレよく踊れるんじゃないの)
デュエットと黒燕尾は貫録十分、大満足でした。


なんだか褒めちぎってますけど、ほんとによかったです。
舞台を見続けていると、内容がいいのに入りがわるいもの、大したことないのに入っているものにあたり、首を傾げることがあります。
心配したほどの状況ではないけど、空席があると「もったいない」と思う舞台でした。
気力体力をフルに稼働させる日々でしょうけど、限られたトップとしての時間を、輝き続けてもらいたいです。



オパールさんより

kaoriyaさん、いつもお世話になっております。
写真の色紙ご当選されたのでしょうか?
わたしもあの色紙欲しくて「横浜ウォーカー」応募しました(笑)


中日公演も残り一週間ですね。
芝居も進化して、ショーも本当にいいです。
色々見所もできて、楽しんでます。

お芝居の方では、翔君、太っちょフークがすっかり板について、毎回かなめさんの名前(アンドレ)を間違えるアドリブを入れるのですが、最初は「アシュレイ?」とか言って笑いを取っていたのですが、最近は、「アンチョビ」とか「アキレス」とかちょっと訳わかんない風になってきて(笑)
、でも千秋楽は、あの名前じゃないかな?
翔君「OOOル?」
かなめちゃん「いや、アンドレ」・・楽しみです。
フェデリコのりく君も、今回初めて注目した出版社の星月さんもみんないい味出してます。

かなめちゃんは、hanihaniさんもおしゃっているように、歌がとってもいいんです。
たくさん練習されたのでしょうか?
体は細くなったけど、喉の奥が太くなって声がたくさん出るようになったみたいな感じ?
八百屋舞台なので、かなめちゃんが舞台の奥に立って、客席の方に向くと、スタイルの良いかなめちゃんを見上げる形になるので、本当にカッコよく、甘く深い歌声と共に、惚れ惚れします。

ラブシーンも萌えます。
かなめちゃんの下からすくいあげるようなラブシーン素敵です。
でも、キスの後のみりおんちゃんが今イチです。
もっと色っぽい表情できないのかしら?
だって、かなめちゃんが相手ですよ!
うつろな目とか、涙に濡れた目とか・・ここだけは私だったらもっとうまくできるのにって思わずにはいられない(笑)

このお芝居、じわっと、でも深く、キャパを通して平和を愛するメッセージが届き、敢えてこの作品を選んだかなめちゃんの心意気に拍手です。
こういう作品も宝塚でやるんだって、名古屋の方たちにもわかってもらえたんじゃないでしょうか?
普通の俳優さんがやってもいいような、戦争の絡んだ人間ドラマを、敢えて、女の人が男役を演ずる宝塚でやるって所に、宝塚の奥の深さを感じて、100周年の宝塚ってすばらしい!そう思います。


それから、ショー!「シトラスの風」
ロマンティック・レヴュー最高です。
初演は観ていないのですが、のりも良くって大満足です。
「ノスタルジア」では、みりおんちゃんの圧巻の歌声と、かなめちゃんの
超絶かっこいい士官・・この場面のかなめちゃん、この姿をさせたら、かなめちゃんの右に出る人なんていないです。もう、それ位、カッコイイ!

それから、何といっても「明日へのエナジー」
迫力に圧倒されて、毎回鳥肌が出ます。
中日劇場がコンパクトな劇場で、舞台と客席が近いからこんなにすごい迫力なのか、それとも、大劇場で生演奏で、倍の人数だと、もっとすごい迫力だったのかわかりませんが、とにかく、今回観れて幸せでした。
歌い踊るかなめちゃんも見たいし、スッシーさんもチーちゃんもカイちゃんも下級生も見たい。目のやり場に忙しいです。
みんな弾けて、一生懸命で・・「明日へのエナジー」は、やっぱり宙組のものですね。伝統にしてほしい。
今回、ショーで特に感じるのは、伸びやかさとか、自由闊達な雰囲気で、真ん中で歌い踊るかなめちゃんは、まぎれもない「宙組のかなめちゃん」だと感じました。

そんなこんなで、後一週間で終わるなんて寂しいです。
「明日へのエナジー」は大劇場で、全員で、再演してほしい。
千秋楽はどんな迫力になるのでしょうか?楽しみです。



お二人ともありがとうございます。
えっと、ひとつ。
オパールさん、プロフィールに使っている写真は、そのプレゼントって掲載されているものです。
当たりませんのよ~(^^;)(^^;)(^^;)

追記にてお二人へのお返事を書きたいと思います。
まずは、夕食を済ませます。(^^;)


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する