逸翁美術館

4/5からこのような催しが→こちらへ

公演とは関係ありませんが、地元の方は足を運ばれては如何でしょうか?


中日公演はあと4日間6公演。いよいよ終盤です。
明日から金曜日頃までは暖かくなるそうな。雪の心配がなくなり一安心。(^O^)

その前に、青年館まぁ君の「翼ある人びと」初日を観てきます。
中日は勿論のこと、こちらも楽しみ


ところで、「シトラスの風」主題歌歌詞を思い出そうと探してみました。

シトラスの風   
  (作詞 : 平野恵子   補作詞 : 岡田敬二   作曲 : 吉崎憲治)

【歌詞】
Baidu IME_2014-2-24_23-55-47
関連記事

Comment

No title
るる♪ #- - URL
2014/02/25 (Tue) 12:22

ひさしぶりにおじゃまさせていただきます。
シトラスの歌詞、今回初めて観劇して、とても素敵なことにちょっとおどろいた自分でした。
この時代は、私は完全に離れていた時期なので関心もうすく、今回初めてしっかり観た作品でした。
なので、所見の最中に、生で初めて歌詞を聴く、という当たり前のようだけどあんまりない経験をして、
「その姿りりしく その声華やかに、
あふれるそのイメージ、胸いっぱいの野心に満ち・・」というところに、すごい新鮮さを感じて、
わくわくしました。
いわゆるそれっぽい言葉ではない歌詞だなと感じて。
そして、もうひとつの主題歌?の、♪夢アモール♪
これがまたとっっても素敵で。
「結ばれた小指 離しはしない」「愛し合うものを守りたまえ」
「結ばれた心 離れはしない」「愛しき人に幸あれかしと」
なんて美しい・・・。歌詞にきゅんとするなんて、すごい久しぶりでした*^-^*

マニアックになってすみません。
ところで、私は、2/8のマチソワ・雪で帰れずついでに9のマチネ、と3回観てきました。
8日は、「大雪の中ありがとうございました」と、心のこもったニュアンスのごあいさつが
聴けて、ほんとにちょっと大変だった(前を走っていたバスが立ち往生して、開演に遅れました)
ので、かなめちゃんに労われて心があったかくなりました。

キャパは、映像で私がかなめちゃんを注目しはじめた大好きな作品。
トップコンビの深い芝居創りを見せてくれ、キャパの、作品の中での成長がはっきり表現できていて、
より若く無鉄砲なダサい(でもかっこいい)感じから、ロングコートの似合う男性に至るまで、
数年間でのお互いに影響されての変化が見事でした。
かなめちゃんとみりおんのお芝居には、陰影があり、二人の二人でいる時の高揚感、何気ないシーン
(キャパが原稿に夢中のゲルダを驚かす一連など)にも、はたから見ていると心ががひそやかに寄っていく
のを私は感じられて、スペインでの突然のラブシーン、にはなっていないのが、さすがだなと。
みりおんは、たおやかな響きの声も持っているので、よい所で生きていました。
眼差しに恋が表現できるようになれば・・・もっともっと伸びると思いますし、かなめちゃんの強烈な眼差しに身を
委ねきっていいのにね。
でも、そういうところも日を追うごとに進化していると聞きます。
kaoriyaさん、千秋楽の感想を、楽しみにしておりますです*^-^*

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する