スカイステージより

ベルサイユのばら制作発表の模様が放送されました。

かなめちゃんの「役について」を。

「自ら咲く場所を選ぶ一輪の花、バラという印象を一番最初に持ったので、そのイメージを崩さずに、なぜ白バラと言われているのかというところもかなり重要になってきますし、今回は役替り公演もありますので、その朝夏と緒月のアンドレを相手にしてどういう風になるのかは分からないので、見てのお楽しみと言う事で。(^O^)」
と、語っていました。

また、植田先生は、「オスカルの生まれるところから」「ベガサスにまたがるオスカルのシーンも」と。


生まれる所からの方が、よりオスカルの背景が見えて良いですよね。(是非ドレスのオスカルも観たい)
また、コムさんの時のベガ子ではなくて、やっぱりフライングでしょうね?と考えたり。(同じじゃつまらないでしょ)


ところで、こちらの記事もご紹介。→こちらへ
心を開けば甘えられる・・・それはそれは、そうですか・・・(笑)


やっぱりご贔屓さんが演じるオスカルには、興味が湧いてきましたね。
でも、この発表会のメイクは目を描き過ぎててバランス悪く、眉の形もイマイチ。鬘も(色とカールは綺麗だけど)トップが高すぎて面長すぎるし・・・と、不満たらたら。(^^;)
ちょうどハプスブルクの宝剣をやっていて、それを見たら、「今のように濃くなくても十分に美しいのに・・」と感じたので、余計かも知れません。
「見てのお楽しみ」本番に期待しています。(^O^)


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する