月組+かなめちゃん

こんばんは~。
観劇し終えて新幹線の中です。

いやぁ、楽しかった

まずは、かなめちゃん。

宝塚をどりは、獅子の場面だけなのですね。
久しぶりの日本物化粧か美しい
オーソドックスな化粧とでも言えますね。うん、美しい

レビューも、久しぶりに近くから拝見して、美しい
ラテンはブルーカラーのヒラヒラ衣装が豪華
掛け声が素晴らしく男前
まさおぉぉぉ、かなめさぁぁぁん。
微笑ましい
みりおんちゃんと楽しそう
トップコンビ二組並びは豪華でした。
デュエットは、ザ・レビュー主題歌。
トップとしての余裕を感じます。
フィナーレはエトワール。あの素敵な衣装を着こなしてお似合い

本当に久しぶりに近くで見られて幸せでした。

月組さんは、ちなつちゃんがしょっちゅう四人組で出てきて楽しそうで…。
よさこいのちなつちゃんは、オススメです。はい、かっこ良かったです。

最後、フィナーレはどちらを見たら良いのか、目がウロウロ(^^;
でも、目の前にかなめちゃんですからね~(^-^)/

大劇場でこんな良い席は経験なかったので嬉しくてぼぉ~っとかなめちゃんを観ていました。だから、美しいとしか言えなくて…\(^_^)/

ひとまず帰宅前にご報告まで

追記
まさお君と銀橋での掛け合いは、
「明日休演日だけど私のこと忘れないでね〜。」
「忘れるかいな〜」だったような。
ねぇ、ここは「忘れるなよー!」では無いのでしょうか?(笑)


久々に夢の国に迷い込み、あっという間の観劇(一日)でした。
宝塚をどりはまあまあだし(なんと言っても、よさこいがアクセントに)
明日への指針も、軽く分かり易いお芝居。
レビューは、だれるシーンが無くて次々と展開。終わったかと思うと、何人かが残ってつなぎに短い場面が。
だから、飽きないですよ。
そして、まさお君が、さっき引っ込んだのに、また出るの?と、沢山の場面に出ていました。
特出期間はまさお君のダルマ衣装は見られないのですね。東京で見せて貰いましょう。

改めてかなめちゃんの麗しさを目の当たりにして「美しい事は良き事かな」でした。

そして、今回の月組公演は本当に豪華です。3本立て、楽しめます。
初心者さんにも受けると思いますね。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する