コメントご紹介

あさきさんより頂きました。

オスカルはかわいい女性

久々に宝塚観劇がベルバラ初日(笑)
復活第一作目だからすごく楽しみにしていました
藪下さんの観劇ブロクのように
女性としてのオスカルで結構お芝居している作品でした
アンドレ、アラン、ジェローデルをオスカルに対する男性の気持で描いているので
オスカルが中々可愛い女性に感じられます
作品的には賛否両論かもしれませんが
凰稀かなめさんのオスカルとしては絶対的に良く似合ってます
ただし娘役さんや相手役さんにはあまり報われ作品にはなってないような気がします
ロザリーはベルナールとの夫婦として絡みはあるがオスカルとの絡みがほとんど無く、今宵一夜の寸前くらいしか絡まないし
せめて、女王陛下の近衛兵隊長としてマリーとの絡みの方が良かったのではないかな?
作家でないから偉そうな事は言えないが
宝塚を娘役目線で見る私だからなんだか相手役無視みたいで淋しい気がしました

今回はフィナーレを見るだけで観劇代の8割を払っていい位
かなめちゃんのスタイルに釘付け(笑)
薔薇タンはもちろん
燕尾も女性仕立てでラストに髪がばさらりとほどけ
程よい色気に男女共々ファンはドッキリ

初日だから又変化はあると思いますが
しばらく観劇予定もないので

鮮烈かなめちゃんのスタイルを暫く胸に刻んでおきます



あさきさん、観劇復活よかったですね(^O^)/
かなめオスカル決定版という事でしょうか?
実際にこの目で観るまではよく分りませんが、賛否両論なのはなんとなく聞こえてきました。
フィナーレは女性的なラインが美しいようでそれは眼福ですよね。程よい色気・・・うふふ、ですねぇ。
まだまだ先ですが、観劇が楽しみ♪
あさきさん、コメントをありがとうございました。(^O^)


さて、
今夜はいよいよNHKスペシャルの放送です。
我が家は、この時間は韓国ドラマ(義母が好む)「馬医」を見るので録画鑑賞はその後となりますが、楽しみです~☆


メロメロさんからも頂きました。

ひたすら息をのんで現身のオスカルを堪能する初日でした。
ストーリーはいつものように、原作を知っている人にしか分からないのではと言う出来で、脳内補完が必要ですが、オスカルだけでなく演者の面々のスタイルの良さが物を言う演目だと意を強くしました。
かなめオスカルを見る、このことに尽きます。
麗しく悲しいほどに美しく、感情移入が容易くできるから、一気にベルばらの世界に誘われました。ご期待あれ。


メロメロさん、ありがとうございます。
あぁ、メインキャストはたっぱありますものね。
それに何と言っても・・・かなめちゃん!ですからね。(^O^)
きっと今までとは違うベルばらなのでしょう。はい、期待して待ちます!!


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する