お二人からのコメントをご紹介します。

るる♪さんより頂きました。

やっぱり、私は、初日が好きです。
もちろん、終わり近くの成熟した舞台も観ておきたいですが、そこに居合わせた人、空気感、全てが、全てにいろんな意味で緊張感があり、運命共同体みたいになっている感じで。
舞台の出来は初日らしくもあり、いろいろ思うところもありましたが、組長さん挨拶の前の鳴りやまない拍手に、私も全力で参加していました。
大丈夫、大丈夫だよ、自信持って!!と、伝えたくて。(ほんとに良かったので)
おそらく、作品としてかなめちゃんも、先生方とすごくディスカッションしたでしょうし、「ベルサイユのばら」上演の意味は、通常公演とはある意味角度が違い、加えて100周年の、そこを含めて、主演の担うものは多重にあり、ドラマとして一本筋を通すことばかりでは、立ち行かないことがあると思います。芝居を深く追求して納得して演じたいところが、割り切って埋めなくてはならないことも多いのがこの作品だと思うので。
かなめちゃん、立派でした。きっちり、張っていました。すごいですね、トップスターって。年齢を考えると、社会人として信じられない立派さです。
私は、昨今の「ベルばら」は、実は生では観ていなくて、平成1作目の一路オスカル以来です。なので、どういつも通りか、新鮮か、間違っているのはご容赦ください。
かなめちゃんに(もちろん宙組さんみんなに)「大丈夫!!」と伝えたくなったのは、結構、挑戦的に創ったな~、というのが、私の感覚だったからです。
薔薇タンも、オスカルでの黒燕尾も、まだまだ探っている感満々でしたし、新場面や、ラストの締め方を含め、お客様の反応が本当に不安だったのではと推察したくなる、私には斬新なものでした。
「凰稀オスカル」でオスカル編を、きっちり歴史に残すのだ、という創りになっていたと思います。
まったく私の主観ですが、凰稀さんのオスカルは、「オスカル」でした。
オスカルはフェルゼンやアントワネットと違い架空のキャラクターですから、原作のその人が「オスカル」です。女性たちに「キャー!」と言わせるかっこよさ、麗しさ、色気。近く接するとわかる内面の女性らしい細やかな気遣い、優しさ、もろさ、感情の激しさ。倒錯した生き様が醸し出す独特の孤独感、助けを求めている空気感。
おそらく多くの「ベルばら」ファンが抱くオスカルそのものが、なぜか動いて歩いてしゃべっている。すごく驚くことなのに、それすぎて普通に観てしまう。という感じでしょうか。
多分、昨年の特出がなかったら、今頃相当、騒然としていると思います。
それほど、宝塚で演じる人ごとに語られる、女性っぽいとか勇ましいとか、形容をつけるのが意味のないことと思えるほど、ただ、オスカルがそこにいました。
なので、「凰稀オスカル」の足跡を絶対に主演公演で残すべき、との判断は、とても正しいと思いました。
賛否ありそうなフィナーレでのオスカル仕様は、初日の我々の拍手を信じて^-^;もっともっと思い切って振りきってほしいところです。
ピンヒール、男役の型では通用しない衣裳での黒燕尾の所作、とても難しそうでしたが、意識の振りきりで、進化してくれると感じますし、かなめちゃんがトップだからこそできるシチュエーション、挑戦だと思うので、私は全力で応援します。
あと、最後に歌うのが新曲なのですが、キーがとても合っていて(当たり前なのですが;)、よかったです、これもどんどん進化するのでは、と思いました。
ここまでの「オスカル役者」は、なかなか出ないでしょう。だからこそ、ばばーんと100周年を記念して、通常演出版以外に、演出を一新してバージョン違いを(演出家も脚本も一新して)発表もしてほしかったな、と、その「本物のオスカル感」をみて、思ったことも、お伝えしまーす*^0^*。



るる♪さん、ありがとうございます。
そうですかぁ、まさしくオスカル様だったのですね。
オスカルは憧れの女性。理想的なオスカル像は、池田理代子先生の創造力の賜物ですよね。
そんな人物を舞台に乗せて理想的に演じる。それはとても素晴らしい事だと思います。
最後の3行は、頷けますね~。100周年なんですものね。でもまあ、そこはそれ植田先生なりの拘りの結果かも。
まぁ、100周年を期に演出家も脚本も変えて・・・と望む人は多いでしょうね。
私の場合は、まずはかなめオスカルを観ない事には始まりませんね。(^^;)
始まったばかりですが、進化して東京へ早く来て~!!ですよ~。(^O^)


次は、kameさんからもコメントを頂きました。

5日、本日の母の日スペシャルと観劇してきました。
今日は、涼風さんファンだった後輩と一緒でしたが、「とってもよかった~!!」とお褒めをいただきうれしかったです。
薔薇のタンゴのシルエットが見えたときは「ほっそ!」と驚き、黒燕尾には「いいですね!」の感想が。
朝夏さんが、白薔薇を抜いた瞬間は見逃したようで残念そうでした。
初日には少し慣れないなと(私が)感じた黒燕尾も、今日は素敵だなと見入ってしまいました。

かなめちゃんのご挨拶のある貸切公演は初めてだったのですが、「QP様も、宝塚歌劇、特に宙組をよろしくお願いします。」というものでした。
おみやげにマヨネーズをいただいたのですが、宝塚100周年という文字と、大きい羽を背負った男役、ラインダンス等の絵が書かれた瓶入りのものでした。重たいけれど、とっても嬉しいおみやげでした。
1回観終わるたびに、早く次の観劇日が来ないかなと心躍ります。


kameさんもありがとうございます。
母の日スペシャルは、キューピーさんとの貸切だったのですね。
お友達からのお褒めの言葉は嬉しいですね~。
女性仕様の燕尾は、たまに娘役さんが着て踊ることがありますが、なかなかカッコよくて素敵なんですよ。それをかなめちゃんが着て踊るのですから、カッコ良い筈です!!
ああ、早く観たい!!
まずは、明日5/7から始まるナウオンステージと、5/13からのプロダクションノートの放送を楽しみに待ちます。



さて、今日から役替りのお稽古が始まったようです。
次はキタさんアンドレ。8年前に実現しなかったオスカル&アンドレのお芝居。
こちらも感想を楽しみにしています。

お二人とも、ありがとうございました。<(_ _)> 










関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する