コメントご紹介

かっちゃんさんより頂きました。

ヴェルサイユ宮殿から帰ってまいりました(笑)
GW中、ずっと観劇してカナメさんを追いかけるという至福の時を過ごしており、日常生活に戻った今も、目を閉じれば、美しいオスカル様の姿と歌声がリフレインしています

この5日間で、ぐっとお芝居が深化しました
特に、まあドレが大きくなってきて、オスカルと対峙できるようになったことが、一番の収穫だったかなと思います
初めの頃は、お姉さんと弟みたいに見えたので(笑)
また、カナメさんの入り込み様もすごくて、6日だったかな、ジェローデルの「身を引きましょう」のシーンで、涙流してらっしゃいました
そのまま、愛の巡礼を歌うオスカル様の苦悩した顔の美しいこと!

カナメさんをはじめとする上級生たちの心動かすお芝居を、衛兵隊士の下級生たちは、もっと見習ってほしいと思うばかりです
立ち姿は申し分ないので、そこに芝居心が宿ると、更にいいのにと

今回、全体的に叫ぶセリフが多いように思いました(ベルばらってこんなに叫んでましたっけっていう印象)
熱演なのは感動的なのですが、どうか喉をつぶさないように気を付けてほしいです
6日は、キタロウとちーちゃんの声がちょっと違和感ありでしたので
カナメさんは大丈夫なようでしたが、それでもすごく叫んでらっしゃるんです
どこからあんな声が出るんだろうっていうくらいに男声で(笑)
最初、誰が叫んでるのかわかんなかったとこもありましたし

天国のシーンでのカナメさんソロ(新曲)、カナメさんの声質にあってるのか、すごく響いて素敵なんです
で、プログラムで歌詞を確認したら。。。ちょっと胸にジーンと来てしまう歌詞で、まるでサヨ〇ラ公演?って思ってしまい、それからは、観劇する度に泣けてきて(涙)
純白の衣装とも合わさって、心が落ち着かないのです
そんな気持ちのまま、フィナーレになると「愛の賛歌」で黒燕尾なので、もうたまらなくなってしまいます

バラタンと黒燕尾のカナメさんのカツラや女性っぽいスタイルには賛否両論あるようですが、私には、両性具有な雰囲気のカナメさんにしか表現できないフィナーレナンバーで、自慢したいおすすめどころです(笑)
うちのカナメさん、すごいでしょ!きれいでしょ!
カナメさんにしかできないでしょ!って(笑)

今も書きながら胸が疼いて仕方ないのですが、次はキタドレとのお芝居がどうなるか、これも楽しみです
では、また2週間後に報告できればと思います



かっちゃんさん、お帰りなさい(^O^)
日々深化。どんどん深まる。ただ、余り入り込み過ぎても軌道から外れそう・・・などと思うのは素人の考えかも知れませんね。

ところで、衛兵隊士達は、初日映像ではセリフの滑舌が悪そうな。
芝居心・・・一朝一夕に付くものではないですよね。
もっともっとみんなで力を合わせないと・・・新公も心配になります。

かなめちゃん達は、舞台上で役として生きるのは大変に疲れそう。千秋楽まで体力温存で頑張って頂きたいです。

役替りもこれまた楽しみ。その前に喉が潰れませんように。(まぁくん、キタロウくん)
かっちゃんさんは、あまりにも心が疼いて倒れられませんように!(笑)
かっちゃんさん、ありがとうございました<(_ _)> 


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する