コメント(レポート)ご紹介です。

こんばんは。
お茶会が終わり、新公も終わりました。
どうなったのかなぁ?と気にしつつ・・・(苦笑)

メロメロさんより頂きました。

お茶会レポの度に書いていると自覚はあるのですが、やはりあのフォルムには慣れられません。現れるとヒェー!ってなります。
オスカル仕様での登場かと思いきや、黒スーツに髪はバックスタイル、『本業の男役』の出で立ちでした。なので、「アンドレ、この戦争が終わったら結婚式だ」のセリフの時は客席から顔が見えないから言って欲しいとのリクエストでは本気で恥ずかしがっていました。けれど、全体にリラックスした様子で楽しんでおられたとお見受けします。
クイズで、各ブロック毎に与えられたお題を参加者のジェスチャーを見てかなめちゃんが答える時など、かなり笑いのツボにはまっていました。「今宵一夜」とか「バラのタンゴ」なんて難しいお題を表現する強者たちのおかげですね。
最後に深々と礼をしておられました。

さて、新公そらオスカル、小さいのは承知の上でしたが、それにしても宙組では小さい。けれど歌、ダンス、芝居はさすがです。お化粧も上手でした。うららロザリー、ドレス姿が映えて美しいのですがロザリーではありませんでした。周囲が歌えるだけに、高音の歌えなさ(聞こえない)が目立ちます。アンドレ、初めての抜擢でしょうか、緊張が伝わってきました。スタイルが良く舞台に映えるので頑張ってほしいです。アランの貫録に驚きです。銀橋を渡りながら歌い切り、見得まで切る度胸はすごい。美月パパと風馬ブイエの安定感、舞台を締めていました。瑠風ベルナールが若い勢いでのびのび演じているのが印象的でした。

新公を見てベルばらの難しさを改めて痛感しましたが、新公メンバーも宙組のナチュラルな芝居で感情移入しやすかったですし、よくやっていたと思います。若いエネルギーを発散して挑戦し続ける姿からは、いつも元気をもらいます。タカラジェンヌはすごい!

ちなみに、お席が上手後方で上級生の入退場が良く見えました。オスカル様仕様のかなめちゃんの麗しさ、まぁ君とちーちゃんの仲の良さ、みりおんの可愛らしさが良く見えてお得でした。
公演も後半に入り、熱気に満たされて楽が見えてきました。次は東京が暑くなりますよ!



メロメロさん、レポートをありがとうございます♪
お茶会、リラックスされてかなめちゃん自身も楽しまれたみたいですね。(^O^)よかった、良かった。
そして、新公。ベルばらと言えども、若手の新公は、型にはまらず演じるのはどの組も同じかもしれませんね。
残念ながら夜の公演の観劇はちょっと無理なもので、全くどの組も観られないのが残念です。
自由が効くなら観たいなぁ。
6/2の千秋楽まで数えたらあと11日間。
更に更に熱く暑い公演を楽しみにしています。
ありがとうございました。<(_ _)> 


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する