コメントご紹介

お二人から千秋楽コメントを頂きました。

kameさんより
こんばんは。遅くに失礼いたします。
千秋楽、観てまいりました。
初日から1カ月。観劇を重ね、チケットが一枚ずつ減っていき、ついに最後の一枚も終わってしまいました。

初日には少し不安定だった小公子の歌も素晴らしくなり、バスティーユへ向かう民衆の歌は迫力を増し、革命への強い思いにのみ込まれそうになりました。
バスティーユが陥落し、オスカル隊長への衛兵隊一人ひとりの思いが熱く伝わり、気がつけば涙が頬を伝っていました。

幸いにも、東京でもA・B両パターンを観ることができますので、燃え尽きて、少しお休みを取り、さらに宙組全員で進化した日比谷のベルサイユ宮殿での舞台を今から楽しみにしたいと思います。



オパールさんより
ベルばら千秋楽
千秋楽の挨拶で、「舞台は、お客様と共に作るものだと実感しました」と、かなめちゃんが言われていた言葉通り、わたしもいつも客席の反応を肌で感じていました。
ペガサスが登場した時の高揚と拍手、バスティーユの時の涙と集中力、それだけ舞台と客席が一つになって、盛り上がっていたのだと思います。

「シトワイヤン行こう~!」 「アンドレ~!」
かなめちゃんの絶叫が耳から離れません。
千秋楽になって、声が枯れるどころか、益々声量が増し、歌も素晴らしかったです。

芝居が又、本当にリアルで!
オスカルが、銃弾に倒れ、ロザリーに抱き抱えられる所、ここでかなめちゃん、体をピクピクッとするのです。
けいれん? 本当に銃弾に倒れた人みたい・・・驚きました。随所に感じるリアル感!

そんな全身全霊のオスカルを受け、組子も毎日進化して、宙組の気力、迫力、団結力を感じた素晴らしい「ベルばら」
でした。

わたしは、かなめちゃんの溢れるパワーにはいつも驚かされるのですが、見かけと違って、内に秘めるパワーで
グイグイと組をひっぱり、最終的にかなめ流の熱のこもったリアルな芝居になるのだと実感しています。

フィナーレも、もうこのフィナーレ以外は考えられません。
「ばらタン」はもう姉御で、「舐めたらいかんぜよ!」と啖呵きってるかの如く、色っぽくてカッコいい!
「愛の讃歌」は、もうかなめちゃんにしか表現できない世界!素晴らしく美しい!何とも言えない色気!

もう、オスカルがどれだけ原作とピッタリかは、言い尽くしたけど、池田理代子さんが描こうとしたオスカルの魂や人間性をも体現していると思ってます。

今の宙組なら、東京でも益々進化した舞台を見せてくれるはずです。



kameさん、オパールさん、お二人の熱い熱い思いの込められた感想をありがとうございます<(_ _)> 
こんなにも熱い感想を頂き、マイ初見はきっと緊張・・・。
全身全霊で立ち向かったオスカルの如くのかなめちゃんのオスカルを観られると思うと、ドキドキ、ゾクゾクしてきます。

マイ初見は、6/25と先なのですが、楽しみ~♪

かなめちゃ~ん、お疲れさまでした。しばらく身体を休めて東京へ向けてまた新たに取り組んでください・・・




関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する