コメントご紹介

おはようございます。
今朝のスカステニュースで会見の様子を見ました。
記事の笑顔は編集されていて見られませんでしたが、穏やかににこやかに会見されていたように思います。
声をかける事はしないが、下級生には舞台や稽古場の姿を見て学んで欲しいと話されていて、彼女らしいなぁと。
これから最後の日まで、更に宙組が成長するよう宙組を引っ張っていって欲しいですね。


るる♪さんよりコメントを頂きました。

さて、発表・会見の記事などを拝見しました。
かわいい!!(失礼かしら^-^;)
でも、本当にかわいいかわいい笑顔が載せられていましたね。
たくさんのショットの中で、多数のメディアがあの笑顔を選んで載せるのですから、強烈に印象的だったのがそこ、ということでしょう?素晴らしいですね*^-^*
真からの笑顔と、私には受け取れたので、画面を見て嬉しため息^-^;が出て、こちらも微笑みに変えてくれました。
以前にもお伝えしましたが、私はバトラーの創りこみの深さ、任違いと思われるバトラーを手中に収め高い表現を打ち出して見せた姿に直面して、その努力とプロ意識に、これはものすごい達成感だろうな、やり切ったのではないかな、と感じました。そして、新春のスカステの特番の様子で、ああ、決めたんだな、隠せない人だな~^-^と感じていました。そういうところも、彼女の魅力だと思います。そして、決めたことに、切なさがにじみ出ているように、あのカルタからすら!感じてしまいました。

はぁ~~、でも、もったいない、ほんとうに、“麗しい”とはこういう人にだけ使う形容だと思う、綺麗なジェンヌさんです。
芝居の深さがあれだけあって、加えてビジュアルの整え方がすばらしくセンスがいい。中のスタイルの良さは言わずもがなですが、補正後のシルエットの整え方のバランスがすごくすごく美しい、と思うのです。頭が小さ“すぎない”、後頭部の形もとてもよくて、360度美しい。くせのない、端正な、かつ憂いのある顔立ち。
そして最も魅力なのは、まぎれもなく演技力。私は今の彼女の歌は十分だと思っています。下手におかしなビブラートに逃げたりせず、まっすぐ心をのせて発声する彼女の歌が、とても好きです。発声は、相当の努力をしていると思います。

オスカルの叫びは、オスカルを演じる限り欠かすことは出来ないものですが、かなめちゃんのような生々しい絶叫(にちゃんと聞こえる)を週10回も公演していて、潰さないほうが無理、と、仕事柄私は思っていました。おまけに直後にあの歌い上げ系の新曲!!
でもやり切った。どうやっているのか教えてほしいくらいです。すごい努力、立派すぎる。

過去のオスカルさまたちも、絶叫部分は、喉の調整を意識した発声だな、と感じてしまい、無理もないことと思いながらも、感情が頂点のそこで、発声による嘘っぽさが漂ってしまい、醒めてしまうのが否めませんでした。
かなめちゃん、もう!! 立派です、大事なことは2度言う。
かなめちゃんを褒めちぎりたいことは、たくさんありすぎます。ベタ褒めするのは、ファンとしてどうか?と思い自粛していましたが、今やもう、語らずにいられようか、となってしまっています^-^;すみません。

ちょっとずつ、小出しに褒めたいとおもいま~す、おつきあいくださると、うれしいです。

なんだか、昨日は、わかっていたけどちょっと呆然として夕飯作りに手がつかず、家族に叱られたりした私でしたが、会見の笑顔にとてもホッとして、元気をもらいました。
今年のように、2月が豪雪になりませんように、今からてるてる坊主の準備です*^-^*


るる♪さん、ありがとうございます。
それぞれ仰る通りですね。
彼女の喉は強いのでしょうが、それをケアする事もよく心得て努力されているのでしょう。
全てにおいてコツコツと努力し研究し気を配ってられるのでしょう。立派です。でも、人間はオールマイティではない。
何が重要で大切か?と問えば、「舞台」と返事が返ってきそう。「舞台」に尽きます。
会見を見て、それを全うしようとされていると改めて感じました。そして、ちょっとホッとされているような(^O^)
かなめちゃんをずっと見守ってきた割には認識できていないこともいっぱいあります。
皆さんのコメントから改めてそれを知る日々です。

皆様、ありがとうございます。<(_ _)> 


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する