ベルばら初見

昨日観劇してきました。

1幕はオスカル誕生から始まり、駆け足で衛兵隊への異動までを描いています。
幕切れはペガサスに跨った黄金色のオスカル。
2幕は、衛兵隊とジェローデルとアンドレとお父上と、それぞれとのやりとりが描かれ、バスティーユへと流れます。
2幕かなめオスカルは、とてもナチュラルに演じていて一体化していました。
フィナーレへの流れも女性として立っていて、それがとても自然で、ニュースでのブツ切れ映像で感じた違和感はありませんでした。
ただ、ロングの鬘や長い燕尾の裾など踊りにくそうでしたね。

全体を観て、アンドレの描き方に不満が。オスカルとアンドレの出会い、成長をやはり入れていた方がより分りやすいと思います。あらすじを知っている者としては、勝手に埋められますが、それでは不備があると。

ジェローデルのかいちゃんが誠実で包容力を感じさせて好演。
キタさんアランは、とても大人で衛兵隊を引っ張る力を十分に感じさせ、彼女らしい温かさもあって良かったです。
まぁ君アンドレも男らしくて丁寧に演じていました。

気持ちが高揚している時の台詞廻しに危なっかしさがそれぞれにあってハラハラ。(苦笑)
オスカル様は美しい。でも、オペラで見るとそのメイクがちょっと・・・と欲張りな私。(苦笑)
全体的に女性寄りのオスカル様でした。
それで・・・・素敵なんだけど、ああ、やっぱり男役を観たい!!と思ってしまいました。(苦笑)

あと、ひとつだけ、お父上のオスカルへの叱責をかばうところのアンドレの膝立で剣を持ったあの決めポーズ。
あれは思わず心の中で笑ってしまいました。やめてほしい。植田先生の拘りって・・・そんなもん要らんわーと。(ーー;)

2幕が良かっただけに1幕が残念。雪組さんの時も1幕が残念でした。
どうしても改悪と感じてしまう、ベルばら。
でも、100周年で念願のオスカルを演じる事ができて良かったなぁと。
そして、とても彼女らしい自然体で演じていて感情移入できました。
斬新なフィナーレと相まって心に残るかなめオスカルでした。


実は2階席からの観劇で全体的に見渡せた分、初見故の構えもあって入り込み度は低かったかも・・・(^^;)

次は、Bパターンを観ます。さて、どのように変化を感じられるのか、楽しみです。


追記
はんなりママさんからのコメントをご紹介します。

ニュース映像のみのお姿・メイク、お芝居しかわかりませんが、大劇場よりはメイクがグレードアップしていた気がしました。女性としての仕草や声の出し方でしたが、バスティーユでの振り絞るような必死さのあらわれる声、千秋楽まで喉のケアに頑張っていただきたいなと思いました。

アンドレとオスカルパパの場面、あの剣と腕を交差させるポーズは和物のヒラテミキみたいに思える。変な感じでいらないなと思いますよ。

改変が改悪にならないように、錆びたか?植田先生演出、振り付けまで?
もともと言葉遣いが時代劇っぽくて…あ、ベルばらもフランスの時代劇?


ママさん、絶叫が多くて喉が心配ですが、喉が強いのかケアが優れているのか、本当に声が潰れませんね。
メイクはムラよりも良くなっているらしいのですが・・・私が欲張りなだけです。(^^;)
ヒラテミキかぁ~(笑)ね、ちょっと変ですよね。
大いに時代劇なベルばら芝居。まあ、当時の型芝居から抜け出すのもひとつだと思います。
だからこそ、あの変な構えは不要かと。思い切って陳腐な表現(茶坊主とか)も無くして欲しいです。
だって、理解できない若い人は増えているのですから~。(^^;)
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する