コメントご紹介

きすげさんより初コメントを頂きました。

はじめまして。
宙組のベルばらのとりこになり、先月からこちらのブログも楽しませていただいております。
私は宝塚も昔から観ていますが、ベルばらに関しては子供の頃からの原作大ファンで、原作ファンとしての感想を送らせていただきます。
凰稀さんのオスカル、ビジュアルが原作そのものということは想像できましたが、内面も原作のイメージに近く、とうとうこんなオスカル様が宝塚に!と感動しています。上官としてのリーダーシップもアンドレとの女性としての幸せや悲しみも底に一貫したものが感じられ、原作に忠実というより原作に対して誠実な役作りをなさっている印象です。
「私のアンドレ!」の時は私も観劇しておりまして、胸につきささりました。アンドレの死の場面ではありませんが、原作のオスカルが何度か口にしている台詞で、原作ファンとしてはツボのひとつかなと思います。原作を読みこんでどこかで使いたいと思われたか、感極まって出てしまったか、うかがってみたいです。
あと3週間、熱演で体調を崩されないように祈るばかりです。


きすげさん、初コメントをありがとうございます!!
「原作に誠実に」と書かれていて「ああ、なるほど!」と感じました。
何度も何度も常に原作を読んだとかなめちゃんは語っていました。
だから、原作ファンの方がまさにオスカル!!と感じてられることをかなめちゃんに知って頂きたい・・・いや、そんな声はもう届いているのではないでしょうか?
それだけ心を込めて演じているかなめちゃんがファンとしてとても誇らしく嬉しく思います。
そして、それだけ熱演されていれば終演後はぐったりされている事でしょう。
本当にあと3週間、無事に千秋楽を迎えられますようにと願います。
きすげさん、こんな拙いブログですが、見つけてくださってありがとうございます。
感じられたこと、思われたこと、どうぞまたお気軽にコメントを寄せてくださいね。
よろしくお願いします。<(_ _)> 


さて、お茶会で、そのようなお話が聞けると良いですね~(^∇^)

あと、7/2に吉原朱美さんの撮影があったようです。
TVnavi掲載でしょうね。

宝塚ニュースでベルばら新公の模様を見ました。
ムラよりも更に熱く一段と深く演じていたような気がします。熱演!良いですね。
そらちゃんはお芝居がうまいし綺麗で素直なかんじ。
皆さん、これを糧にして前に進んで欲しいです。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する