コメントご紹介

lepuさんより千秋楽コメントを頂きました。(^∇^)

幸いな事に昨日千秋楽に行く事ができました。
多くの方がつぶやいていらっしゃると思いますので、重複しない程度の感想ですが、とにかく暖かい千秋楽だと思いました。
かなめちゃん、最後まで喉は大丈夫。 叫びにも渾身の思いがつまっているようでした。 アドリブがしにくいお芝居でしたが、1幕の最初の方、ジャルジェ将軍が男の子の誕生を待ちわびているところで、ばあやが「そんな可愛いお顔でお願いされても…」。 もうひとつル・ルーがオスカルの真似をした後に、「もうこんな子供っぽい事から卒業するわ!」と言ってお人形を置くところがありました。
お花渡しの時、同期からのお花を二人の同期が出てきて渡していましたが、二人というのは今までにもあったのでしょうか…? ちーちゃんは同期がまあ君だけでしたから一人でしたが。 そして一原けいさんが大階段上にいらした時には、せーの、で全員で「プリマさ~ん!」と声をかけられていました。 プリマさんも「初めて宙組さんとご一緒しましたが、とても優しくして貰った」と話されていました。
かなめちゃんの素が出たところが3か所あったと思います。 一つは、ばらタンの掛け声でオスカルが囲まれて、「大好きだ~!」と言われた時に、思いがけなかったのか、少し慌てて見えました。 そして、最後の退団者にかなめちゃんが一人ずつふって一言言ってもらうところで、ちーちゃんの番になったら、「りかさんも退団を発表され、最後までお幸せに」と言われ、これも焦ってペコペコ頭を下げていました。 そしてその後、一原けいさんに「こんな素敵なオスカルさまのばあやでいられて…」と言われ、これも又照れまくりでした。(言葉はうろ覚えですので、スカイステージで確認してくださいね。)
そしてかなめちゃん、最後の最後のカーテンコールで、「私の愛、皆様の愛、宙組の愛、宝塚への愛…この愛は散らない!」と締めていました。 うん、決まったね(^^)v
昨日のCafebreakで愛ちゃんが、公演中毎日ずっと同じクオリティを保つのは難しいと言っていましたが、宝塚は外部のものと違い、本当に毎日毎日体力勝負のような公演ですから、大変なのは頷けますし、ベルばらはその中でも形式もあり特に難しかった事でしょう。 そのクオリティを最後まで保ったと思いますし、たくさんの上級生が宙組からいなくなり、下級生が本当によく頑張った公演でしたね。 これもかなめちゃんの背中が見せてくれたものだとしたら嬉しいです。
次にかなめちゃんのお芝居が見られるのが最後になる…いえいえ、年末のタカラズカ・スペシャルで、是非ひと芝居!!、期待しています(^^)

lepuさん、ありがとうございます。<(_ _)> 
>とにかくあたたかい千秋楽だったと思います。
それは何より。かなめちゃんの充実感が伝わってくるようです。
連日お客様がいっぱい。下級生に至るまで更に力が入った公演だったでしょう。
本当にお疲れさまでした!!
あ、かなめちゃんの素って、特にお茶目さんで可愛いですよね。
その様子はニュースで拝見しましょう。
タカラヅカスペシャルの前に大運動会がありますよ。そこではかなめちゃんの素がうんと見られそう。
私はスカステでしか見られないと思いますが、それも楽しみです。
さて、次は最初で最後のディナーショーです。
まぁ様、みりおんちゃんの全ツは一ヶ月ほどで初日です。

100周年での大きな大きな作品が終わりました。まずは、皆さん、お疲れさまでした。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する