星組公演ざっと。

昨日観劇のざっとの感想を。

The Lost Glory―美しき幻影―
見終わってマカゼ君が一番良い人だなって。
どの人にも感情移入し難い浅さでした。
そして、ラストにそんな事言われても、そんな事されても・・・みたいな、そこまで感じさせていないお芝居なので、中途半端で印象に残らない終わり方。植田景子先生って、最後が適当ですよね。以前もそんな作品がありました。
どの役も納得できなくて、残念でした。
そして、トップを頂点に出来上がっている組体制のもとに、専科を主演に持ってくる不自然さをとても強く感じました。
どの人物も魅力的に描いて欲しいなぁ・・・
つまりは作者に対する不満が強かった。

パッショネイト宝塚
ちえさん中心に星組のパワフルさと熱さにうまくマッチングしてて、そりゃ、ダイナミックで賑やかなショーでした。
アップテンポなリズムに乗ってどんどん進み、手拍子バンバン。
難易度の高い振り付け。(他の組でもこんなの観たいなぁ)
客席も乗っていきますよね。
だから、あっという間に終わりました。
体力勝負でしょうが、舞台も楽しそうで、楽しめました。

個々では、ねねちゃんの歌唱力アップを強く感じました。
もう次はラストなのに・・・もっと早く習得して欲しかったな・・。
紅さん、ショーで真ん中に立っても負けなくなりましたね。でも、お芝居ではいつもと同じような役柄設定が残念でした。
マカゼくん、ほんと良い人キャラが前面に。でも、その分、ショーが弱いのでは?
まこっちゃん、歌はさすが!でもね、夏樹れいさんあたりもかなり歌えるのに使って貰えない(多分そうだと)のが残念。
話題のカポエイラでは知り合いのお嬢さんもメンバーに入っていてプチ感動。




関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する