おはようございます。コメントを。

kameさんよりコメントを頂きました。

初日観劇してきました。
退団公演、こんなものかなと。
作品で泣くことはなくても、出演者への思い入れで思わず涙が・・・。
役名は大勢についているけれどほとんどセリフもなく、背景になっている人が多く残念でした。髪型など個々に工夫されていて見た目は素晴らしいのに。
また、全般的に舞台が暗いように感じました。
一番明るいのは、最後の悲劇の場面だったのでは。
かなめちゃんは、ショーも含め眼福。
私のお気に入りは、ピンク(パープルかな?)の宮廷服。あまり見たことのない色合いで素晴らしいなと。

写真集、もう求められましたか?
私がヘぇ~と思ったのは、カバーを外したところの写真です。

明日二回目の観劇です。
初日はかなめちゃんを追うのに一生懸命でしたが、もう少し全体を観れたらなと思います。


kameさん、ありがとうございます。
よくよく考えると、トップさんの退団作品って、イマイチ~と感じる作品が多いと思いませんか?
kameさんの仰るように「こんなもの」なのかも知れませんね。
それでも、宮廷服のかなめちゃんは眼福。それはそれで楽しみな事です。
ショーも七変化があるとのこと、色々なかなめちゃんを見られるのは嬉しい事です。
写真集は、取り寄せ中です。(阪急ブックスは届くのに日にちがかかります・・・)
カバーを外したところの写真、いの一番に確かめましょう!(笑)
また感想をお待ちしていますね♪


追記
Lucyさんからも頂きました。

こんにちは。
2日目に見てきました。
お芝居は皆さんの意見を覆すことができず(笑)同調します。(^^ゞ
でも見目麗しくかなめちゃんを見てるだけで幸せでした。
(サヨナラ公演だからゆるされるかな)

ショーの始まり、幕が開いて大階段の真ん中に一人立つ姿を見て
劇場中が感嘆詞をあげました。
黒と金のスーツ、ソフト帽、そして笑顔
本当に息をのむ、ため息等々。
わたしはその一瞬に凰稀かなめの宝塚男役の集大成を感じました。
これが見れただけでいいと思いました。
他のことはまあいいか~となりました(大笑)
東京の千秋楽まで無事にと祈っております。



Lucyさん、ありがとうございます。
あぁ、否めなかったですか?(苦笑)
もうね、なんだかんだ言っても始まってしまった公演です。
見目麗しいかなめちゃんを見つめ、そのラストへ向けるエネルギーを感じて過ごすとしましょう。
アパショナードでも印象的な(生で観ていませんが)オープニング、最後にこんな場面が見られるなんて、とても嬉しい。
残念な気持ちは押し下げて楽しみましょう!!(なんか、元気になってきました~!笑)←ほんと、単純です。(~_~;)







関連記事

Comment

Lucy #- - URL
2014/11/10 (Mon) 12:43

こんにちは。

2日目に見てきました。
お芝居は皆さんの意見を覆すことができず(笑)同調します。(^^ゞ
でも見目麗しくかなめちゃんを見てるだけで幸せでした。
(サヨナラ公演だからゆるされるかな)

ショーの始まり、幕が開いて大階段の真ん中に一人立つ姿を見て
劇場中が感嘆詞をあげました。
黒と金のスーツ、ソフト帽、そして笑顔
本当に息をのむ、ため息等々。
わたしはその一瞬に凰稀かなめの宝塚男役の集大成を感じました。
これが見れただけでいいと思いました。
他のことはまあいいか~となりました(大笑)

東京の千秋楽まで無事にと祈っております。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する