こんばんは。

さよなら公演初観劇してきました。
「グスタフ」は、お話しは分かり易かった分、淡々と流れていき、
ラストの暗殺への持って行き方が駆け足すぎてその背景が理解できないまま涙を誘って終わったという印象です。
ショーは、プロローグは楽しめましたが、七変化に時間を取りすぎかな?
まぁ君メインのダンスシーンは良かったですね。
あとは、フィナーレの進め方がいつもとちょっと違い幕が下りた時は少し動揺。でも、フィナーレへの流れは良かったな。
藤井先生っぽいけどぽくない???

本日午後公演はFC総見で大きな拍手で盛り上がっていました。

二度三度観ていけば、感想、印象は違ってくると思います。
大劇場との変更点など全く分かりませんが、もっともっと変化していくことでしょう。
でもね、やっぱりどれもエレガントで麗しいかなめちゃんでした
何だかんだ言ってもこれが最後。楽しみます

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する