忙中閑あり(?) コメント追加

そんなに「忙中」ではないのですが、宙組観劇の間が空いていて「閑あり」なんです。

そんな時には余計な事を色々考えます。

かなめちゃんのこと。
かなめちゃんは一目会ったその時から・・・の一目ぼれ。そしてトップになる!と信じてきました。
かなめちゃんのお芝居はその役の心(内面)から演じようとしている。
やっぱり彼女の演技は好きです。
ただ、彼女は歌で自分の足を引っ張っていたようなふしがありました。
きっと心では「なにくそ」と思い頑張ってきたのだと思っています。
彼女のスタイルも声も好きです。そして、今の色気があってエレガントな風情も好き。
退団発表の際には「お疲れ様でした」と思ったけれど、まだまだ色々な役を見たかったなぁと思います。
今はもうそんな彼女を愛でるばかり。
あと3週間ほどの『男役凰稀かなめ』の集大成を見守ります。

キタロウ君のこと。
私はかなめちゃんの横に居るキタロウ君を見ていました。
『猛き黄金の国』では、たぶん、かなめちゃんよりもキタロウ君の方が注目を集めていたと思われます。
「なに、あのひと、面白い」と。そしてかなめちゃんとニコイチのことが多かったですよね。
でも『スサノオ』の新公でアオセトナを演じた時に、彼女は努力していると強く感じました。
入りの時に見せる腰の低さやスカイステージで見せる口の重さから彼女の実直さも感じていました。
小さな箱ではその存在感を増してきて頼もしく、また、銀英伝のヤンで見せた温かさが心に残ります。
彼女の個性は独特でしたね。誰もマネができない。決して器用なタイプでは無い努力の人。
一作は残るかな?と思っていたのですが、最後はニコイチで卒業してしまう。
これもご縁ですよね。まあ、退団同期のキタロウ君あってのかなめちゃんのような気もします。
最後まで応援しています。

まぁ君のこと。
以前、ここで花組ではまぁ君のダンスが好きだと書いていた気がします。
長い手足を生かしたダンスと笑顔が目立っていました。今もそう。
かなめちゃんのトップお披露目から5作品、2番手的に扱われきての次期トップ。
歌が苦手っぽかったけれど、『復活』では立派に歌っていた気がします。
発表があってからは堂々として自覚と自信すら見えてきた舞台。
そのおおらかさと明るさを生かして新たな宙組を作っていって欲しい。
マカゼ君も加わっての宙組、楽しみにしています。

組のカラーって有るようで無いような。
その時その時のトップさんに依って変化する部分があります。
でも、根底ではカラーが残っているのかな?
設立されて16年の宙組。
そのカラーは、やはり若者のイメージで明るくて温かで元気な気がします。
一番若い組のエネルギーを信じて!

最後に、鳳月杏さんのこと。
先日バウ単独主演の発表があり驚き戸惑いました。
それは、組替えになったとは言えまだ花組生として舞台に立っていないこの時期での発表だったから。
組替えや主演(新公も小さな箱の公演も)発表の度に出てくる周りのファンの様々な感情。それはもう付き物ですから仕方のないこと。
私はちなつちゃんのお芝居が好きです。
こんな風に演じるだろうなぁと思うような表情や芝居をするのです。それも的確に。
だれもがそう願って演じていても、そこはそれ、それぞれの芝居心や技術で違いが生まれます。
言ってみれば、ヅカファンの欲求を満たしてくれる芝居巧者だと思っています。
かなめちゃんとは演技の質が違う気がすると以前も書きました。何かが違う・・・
加えて脚長のスタイル、よく通る男役の声、そして男役の色気を持っている。
その舞台を観れば「なるほどね」と思われる人です。
だから、戸惑いの後、確信に変わりました。きっと「やってくれる!」と。


はんなりママさんからコメントを頂きました。

同感です(^-^)
こんにちは、少しの間アップがなかったから心配してました。今朝は、新しい記事の数々を知り安堵しました~v(^o^)
かなめちゃん、キタロウ君、まあ君、ちなつちゃん、すべてkaoriyaさんの温かな思いが伝わる文章に共感しています。退団するお二人には心からのエールと感謝を送り、終わりは始めに続く…新トップ、そして新しい組での新境地開拓を心躍らせて待っています。
宝塚は観劇時はもちろんのこと、色んな情報にこんなにもワクワクさせてもらって楽しくなる、20年になろうかというファン生活、宝塚を知って良かったと心から思います。



ママさん、コメントをありがとうございます。
短時間のパートを再開したり友人との約束で外出したりしていたら、更新してなくて内心焦りました。(^_^;)
それでふっと今の思いを・・・と。
宝塚は心を豊かにしてくれます。それと同時にお財布を軽くもしてくれる(苦笑)
その代価を払う価値のある幸せ感とでも言えますかね。
でも、今はスカイステージ放送があって観劇は限られても楽しむことができます。
かなめちゃんで一区切りつけて、そのあとはゆる~く楽しんでいけたらなぁと考えています。
ゆるくってどの程度?という問題はありますが。(^_^;)

そうそう、大運動会のDVDを友人が貸してくれて見ているのですが、かなめちゃんの素の表情が可愛い!!見てるこっちも目が垂れてきそう・・・(^^)
ドンガンジャンゲームの後の「お嬢さん、恋には気をつけな」のセリフがカッコよくてシビレました!!!(^^)!



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する