おはようございます。コメントご紹介。

さゆさんより頂きました。

久しぶりにコメントをさせていただきます(*^^)

マーガレットさんのコメントを読ませていただいたのですが、共感することが沢山ありました。
東京でのお客さんの入りに関しては、私は大劇場組で、数回観に行った時はお客さんの入りも良かったので知らなかったのですが、今回の演目に関してはどうしても不満が残ってしまいます…。

東京ではまだ観ていないので何とも言えませんが、グスタフでもショーでも、凜音さん・まなとさんとの絡みの少なさがすごく気になりました。緒月さんとの同期退団なので、絡む場面があっても良いとは思うのですが、あまりにも多すぎると…。

皆さんも仰っていますが、やっぱり凜音さんとのがっつりお芝居が観たかったです。お二人の演技は本当に素晴らしいので、コンビとしての集大成のお芝居を観せてほしかったと。ショーでも絡みが少なくて、すごく寂しかったです。

大劇場公演では大作が続き、お二人の絡みがあまり無かったためか、一部では不仲なのではないかという噂も出ていたみたいですね。もちろん、お二人には強い絆がある事は分かっているしそれはデマなのですが、そのような噂が出た原因は今回のような絡みの少なさと、緒月さんとの異常な絡みの多さにもあるのではないかと思ってしまいました…。

でも、グスタフでの皆さんのお芝居は素晴らしいし、ショーの内容はすごく好きなので、やっぱり何も考えずに楽しむのが一番ですね!(笑)
(あまり大きな声では言えないのですが、個人的に、ルパンを観に行った時にショーのあまりの内容の無さに驚き、宙組の今回のショーの素晴らしさを改めて実感しました^_^;)でもやっぱりコメディーも観てみたかったです…。(よく耳にします。)

長文失礼いたしました。
あと1回しか観劇することが出来ないので、楽しんでしっかりとかなめさんを目にやきつけてきたいと思います!
kaoriyaさんも楽しんできてくださいね(^^)


さゆさん、ありがとうございます。
ファンが思うことは同じなのかなぁ。是非は問えないけれど、居心地の悪さは否めません。
それでも真ん中のかなめちゃんを大いに楽しみましょう。
夢のお城のフェアリーですからね(^^)/
さゆさんもあと一回の貴重な観劇を悔いのないよう楽しんでらしてください!(^^)!


ナナイさんからも頂きました。

土曜日に二回、観て来ました。

一回目は、思いがけず1階1列目で観ることができ、大感激でした。上手側が多かったので、下手側からみると、これまであまり見れなかった下級生や景色を見ることができ、かなりテンション上がりました!お芝居は、ソフィアが情感豊かになっていて、唐突な感じもマシになりました。愛し方愛され方が分からないグスタフとソフィアというように私は解釈しましたが、原田君は、本当はどうしたかったんでしょうね?(笑)
ショーでは、ラストのソロで、下手から上手に歩いて行くかなめさんの端正な後ろ姿を目の前にして、宝塚を去って行く姿が重なり、まだ行かないで!って大号泣でした。かなめさんの後ろ姿、凛々しくて気品があって大好きなんです。

二回目は貸切公演でご年配の方がかなり多く、いわゆる昔ながらのお茶の間的な、率直な反応が面白かったです。グスタフが撃たれたところは、「あらあら、大変」みたいなざわめきが。そしてショーのプロローグでは、かなめさん登場に客席が大きくどよめきました。ラストの大羽根でも、かなめさんが階段上に現れただけで、まだ舞台が暗い中、歓声と大きな拍手が!ショーの間、「ステキねぇ。きれいねぇ。すごいねぇ。」と言った声がいろんな所から聞こえて来て、こんなに私語(?)の多い客席も珍しいかも(笑)。この回は、私もかなめさんの卒業を意識せず、客席を楽しんで来ました(もちろん舞台も!)。この方達は無条件に舞台を楽しんでくれているんですよね。舞台のかなめさん達にも、こんな空気が少しでも伝わっているといいな。
すみません、かなめさんレポではなく、客席レポになってしまいましたね。

いよいよ中日も過ぎました。かなめさん、今日はお休みできたのかしら。残されたあと少しの時間、大切にしていきたいです。


ナナイさん、客席レポをありがとうございます。
読んでてニコニコしちゃいましたよ~(^.^)
貸切での観客の素直な反応は、舞台上でも感じ取られているのではないでしょうか?
まあ、でも、撃たれたところの「あらあら」はとっても素直な反応・・・原田先生、分かってよね!ですね。(苦笑)
そうそう、中日を過ぎてあと3週間でしたね。体調万全で後半戦も戦って?頂きたいです。
孫が通う小学校はインフルエンザで二日間休校となりました。ファンの皆さんもくれぐれもお気をつけください。




関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する